Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

関内関外日記(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008ねん06がつ17にち

宮崎勤について語るときわれわれの語ること

法務省は17日、88〜89年に東京都埼玉県で起きた連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚(45)=東京拘置所収容=の死刑を執行した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000001-maip-soci

 宮崎勤と俺、俺と宮崎勤中学に入ってすぐのころだったろうか。俺はたくさん漫画を持っていた。たくさんといっても、こち亀を全巻とか、三国志を全巻とか、そういうレベルでだ。単に、漫画をいっぱい持っているだけだった。だが、この事件を境に、「オタク」のレッテルが貼られてしまう。漫画をたくさん持っているということが、急にネガティヴなことになってしまう。俺がオタクというものに対して距離をおいてしまう、おきたがるのもこの影響があるのかもしれない。一方で、オタというにはあまりにも知識が、消費が少ないという負い目もある。それも確かだ。

 ともかく、まだ小学生漫画好きのちょっと先くらいの少年に、それだけマイナスイメージ意識させた宮崎勤。その当時、もっと宮崎と年齢も近く、オタクとして確立していた人たちが被った波の大きさは想像できる。もちろん、それ以前から宅八郎などによって……。

wikipedia:宅八郎

 いや、違う。宅八郎がテレビに登場したのはその後か。やはり宮崎勤おたくイメージが世を覆ったのだ。もちろん、オタク自体、馬鹿にされやすい対象であるのかもしれないが、それにひどい追加要素が加わったのだ。

 ところで、もしもこの事件が起こらなかったら、今日のオタを取り巻く環境は違ったものになっていただろうか。……何の根拠もないが、少し違っていたのではないか、と想像する。もうちょっと漫画アニメゲームといったものが、それほどオタ濃度の強くない人にも、あまり意識させることなく受け入れられるようになっていたかもしれない。しかし、一方で、オタクに対する世間のマイナスイメージ、それが引き起こす鬱屈、そういった空気があったからこそ生まれた作品、あるいは世間にすり寄ったからこそ生まれた作品なんてものも存在するのではないか。もちろん、事件を肯定する要素は一つもなく、また、起こった歴史と起こらなかった歴史を比較することもできない。しかし、一つの事件が、一人の犯罪者が文化に影響を及ぼす、そういった例ではないだろうかと思う。

______________________

 ……というわけで、オタク論の本なども読んだこともないのに、やはり宮崎勤というとオタクの話にならざるをえない。当時の現役オタクに比べればたいしたものではないかもしれないが、少なくとも俺もオタクというレッテルに直面し、それとどう距離をとるべきかどうか、それを掴めないまま、この2008年を生きてしまっている。我が身のことなのだ。だから、宮崎勤精神異常性やその責任能力だとか、彼個人の生い立ちや精神世界だとか、死刑の是非論などの話をする気は起こらない。あるいは、こういう態度こそがオタクネガティヴイメージを与えようとするマスコミなどの動きとまったく同調・協働していることになるのかもしれない。それでも、もはや宮崎勤は負の偶像。その生身が処されようとも、その亡霊はわれわれの間を歩きまわることをやめない。われわれに暗い影を落としてやまない。われわれってどのわれわれなのかよくわからないけれども。

『人志松本のゆるせない話』のことなど

 テレビブロス番組欄で「人志松本のゆるせない話」なるものを発見。新しい企画なのかと思ったら、第二弾だったよう。ちょうど伊集院光ラジオと重なるのでどうしよう。場合によっては、ラジオのイヤホンの上からヘッドホンを重ねて、両手と目が余るから漫画を読んだりすることもある俺だけれども、まあとりあえずテレビだけにしてみた。「いまどき水野美紀話で大丈夫なのか?」というような懸念や、「すべらない話」みたいな肯定の空気がちょっと気になったりとあったけれども、いや、なかなか面白かった。「すべらない」とは違って、“ギザ困ったちゃん”フジモンに対して引く空気なんてのもあるし。まあ、そのフジモン松本人志に投じたでかいウンコ爆弾は面白かった。メンバー云々はようわからんけど、やっぱり松本千原ジュニアなんかは安心して見ていられる。

 そのジュニアの兄の方、千原せいじがその少し前の「お試しかっ!」で、タカアンドトシタカに対してドッキリの仕掛け人役。まあ、今さら、こんな仕掛けのドッキリってどうなんよって思わないでもないが、せいじがどういう風に切れるのかが見ものだと思って見続ける。と、これがなかなかヒット。「くだを巻く」という言葉の事例として辞書に載せたいようないい加減な話術にしびれる。それだけはよかった。でも、たとえばこのドッキリがタカに対して実際に有効で、楽屋とかで「対吉本興業」という枠組みでの生臭い話(前々号のテレビブロス、前号で「エンタの神様」に謝罪文出すはめになった特集記事参照のこと)でもしていれば面白かったのにとか、そんな想像も悪くない。そんなところで。

 あ、あと、伊集院ラジオもちょっと聴いた。“マンモスコング”という名前がよかったが、歌で急に“キングコング”になっていて、「違う、マンモスコング、マンモスコング」と勘違いを正してほしくてしかたなくなる。こういうささいな勘違いとか、他人事ながら恥ずかしくなってしまう。ちなみにマンモスコングは以下のようなもの。

 うーん、川内先生原作だから、悲しみがあるということか。比喩として出していた『闇金ウシジマくん』の風俗嬢は、あのデブの盗まれたあとバージョン、うむ、悲しい。

『闇金ウシジマくん』10〜11巻/真鍋昌平

闇金ウシジマくん 10 (ビッグコミックス)

闇金ウシジマくん 11 (ビッグコミックス)

 今、唯一買いそろえている漫画が『闇金ウシジマくん』。ひりひり、ざらざらでこれだけ怖い思いをさせてくれる漫画も珍しい。……のだけれど、だんだんテンションが下がってきているというのは否めない。だんだん最初のころの、特異な漫画としての怖さが減りつつある。個人的には自分史と重ね合わせて恐ろしい「フリーターくん」編で大盛り上がりだったけれど、じゃあその次はどうだ、というところ。「ギャル汚くん」編と「フーゾクくん」編のように、ウシジマ自体も安穏としておれず、欲と欲が絡まり合うジェイムズ・エルロイ的展開に向かうのか、それとも……。

 ……それとも、の方だった。「フリーターくん」編のように、「奴隸くん」側の生活を丹念に描いている方へ。正直言って、普通サラリーマンとは言い難い我が身のこととは重ね合わせづらく、前編のような盛り上がりはない。漫画としても、あくが抜けて、えらくすっきりしてしまったような印象。もちろん、オナホールから空気が抜ける音(?)とかの描写も見事だし、なんかもう読後感もやもやさせてしょうがない、あの、人間の、汚い日常っぷり、閉塞感に押し潰されそうな、そんな感じ、そりゃあ読ませるさ、読ませる。でも、もうちょっと初期のようなズレ方、そして単に狂言回しでないウシジマくんの活躍を見たい、とも思う。とりあえず、この「サラリーマンくん」編が終わるまでは絶対に読む。つーか、その先も読むんだろう、この我が身の行き場のない人生と付き合わねばいけないかのごとくに。

エリザベスクィーンを讃えたいような讃えたくないような

 エリザベスクィーンはもういいんじゃないのか? と書いてから一年、ようやくサラブレッド最多連敗記録を打ち立てたよう。

161連敗と競馬の最多連敗記録に並んでいた7歳牝馬エリザベスクイーンが16日、兵庫県姫路市姫路競馬場に出走。7頭中2着で162連敗となり、中央、地方競馬を通じた国内最多連敗記録を16年ぶりに更新した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000928-san-soci

 まあなんだろうか、健康に走り続けるのはたいしたものだよ……などというくらいにしか言えない。競馬ファンが、そして武豊ハルウララブームに対して持った違和感の一端。それと同じものがある。

 しっかしまあ、ここ最近の園田での成績は危うい。乗り役の方も、けっこうドキドキしていたんじゃないだろうか……、って問題発言か。いや、わざと負けてるとは言わないけれど、そりゃあドキドキするんじゃねえの、みたいな。ドージマファイターもけっこうきわどい競馬があってそのとき二着の騎手のドキドキとかさ。いや、わざと負けたいと考えるこたあないと思うぜ。でもな。

 それでな、そこんところのモヤモヤはなんかその、競馬にとって面白くないモヤモヤであって、まあともかく、次は勝ってくれな、ということで。

機靈駿馬、凱旋門賞へ

 エリザベスクィーン世界最弱馬とは決して言うことはできないが、カーリン世界最強馬と決して呼べないとは言えない(否定の連続)のではないか。むろん、ダート中距離級という括りはつくが……。

カーリン凱旋門賞に挑戦!芝の王者も目指す

http://www.sanspo.com/keiba/news/080617/kbd0806170504001-n1.htm

 しかしこういう話があるという。もしも、もしもがあったら、そりゃあゲームみてえな世界最強馬だ(スプリントは? マイルは? 帯広でトモエパワーに勝てんの? とかの細かい話は抜きで。最後のは細かくねえけど)。この野望は応援したい。でも、ヨーロッパの芝の前に、ちょっと日本の軽い芝どうですか? とか言いたくもなるが、目標凱旋門という話なのでとくにメリットはないだろう。うーん、楽しみだ。まあ、楽しみにしたところで、凱旋門賞ライブ中継で見られる可能性なんてないのだけれど。

関連クイズ______________________

 カーリンと同じレースに乗ったことのある日本人騎手は、武豊ヴァーミリアンドバイワールドカップ)の他にもう一人います。誰でしょうか?

→答え:http://d.hatena.ne.jp/goldhead/20070421#p5