Hatena::ブログ(Diary)

関内関外日記(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008ねん12がつ26にち

有馬記念にテンション上がらない

 有馬記念テンション上がらず。べつに「ウオッカディープスカイオウケンブルースリがいないから」などということではない。いたらいたで、もう何を買っていいかわからず匙を投げている可能性が高い。ただ、なんとなく。今のままでは、なんというテーマもなく、なんとなく買って終わりそうだ。それはそれでおもしろくない。有馬記念は特別なお祭りだもの。ちょっとふり返ろう。

 ……あー、いい記録(記憶はもともとない)ねえじゃん。まあ、だいたいのレースそうなんだけれども。なんだろうか、どのあたりがいけないのだろうか。どうも、堅実に獲りにいって失敗しているように見える。いや、本命から変な穴馬で失敗しているようにも見える。ともかく、失敗しか見えない。しかも、あんまり楽しんでいないような。

 やっぱりあれか、グランプリだけに、好きな馬から買うか? たとえば、条件馬の時代からJRA-VANのmy注目馬(出走確定と結果のメールが送られてくる)に登録してたようなの。どれだ、今年? スクリーンヒーローだ。

 あー、スクリーンヒーロー。これねえ、ここんところのブレイクまったく買えていないのだ。あー、それを今追うか? なんか不毛なような気がする。でも、今日の日刊スポーツの一面で、渡辺明永世竜王本命にしていたっけ。ついてる人間に乗った方がいいのだろうか。関係ないが、自分が熱心にプロ将棋を見ていたときの印象で、竜王藤井猛イメージが強い。棋聖谷川浩司。まったく競馬関係ない。いや、ちょっとまて、2007年回顧を見直そう。マツリダゴッホの欄にこう書いてある。

考えてみれば、有馬出走馬の中でケータイサービスの「My注目馬」に登録してるの、この馬一頭だった。

 あー、そうなの。そうか、どうするスクリーンヒーロー? ちなみに、親父のグラスワンダーの二回の有馬、結果を見てみたが当てた覚えはないな。あれ、有馬買わない方がいいの? タップダンスシチーがファインモーションを潰して夢を見せてくれた、あの最高の瞬間以外あんまりいい思い出がねえな。あとは、競馬始めたばっかりの、マヤノトップガンタイキブリザード。ああ、古すぎる。いやはや。でも、こういうときこそ、直前にポーンとなにかが降ってくるかもしれない。それを待つ。

飯島愛の死を契機に、エロビデオについてあらためて考えたい

 ……と、思っていたのだけれど、デヴィ夫人ブログを見ていろいろ吹っ飛んでしまった。

昨日夕方、愛ちゃん訃報をきいて、

深い悲しみに陥りました。

そして、後悔の念にかられました。

何でもっと側にいて、話し相手に

なってあげられなかったのだろうか? と・・・

飯島愛さんの死 | デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

 この書き出しは普通なのだけれど、その後の展開には呆気にとられた。不謹慎と言われてもしかたないが、カイヤのくだりは手を叩いて大笑いした。これはおそろしい爆弾だ。デヴィ夫人のひととなりやブログへの取り組み方などはよく知らないが、そう思った。なんというか、邪気より怖い無邪気があると、そういう思いを抱いた。デヴィ夫人が属していたような社会の人々ならではのものなのか、夫人自身の性格なのかわからないが……。もちろん、邪気でも無邪気でもなく狙いがあるのかもしれないが、どうにもよくわからない。なんというか、強烈なワールドに迷い込んでしまったような気がした。

______________________

 が、やはり考えるか、エロビデオ。いや、考えようかという考えが浮かんだということについて書き留めようか。エロビデオってなんだ、ポルノってなんだ、どうなんだ。べつに飯島愛AVによって精神をむしばまれ、今回の死につながった。AV女性人権を踏みにじるけしからん搾取だ云々、というところではない。いや、というところに行きつくのかもしれないが、今、そう思っているわけではない。予感としては、そういう風に捉えられる(捉えるべき)ところと、そういう括りではどうしようもないところの、その幅がある。あまりにも大きい。そんな風に。そして、その幅の向こう側の、どうしようもないところの、どうしようもない人間の業ゆえに、エロメディアはありつづけるし、またそれを抱え込んでいけるというくらいに、人間に対して楽観する、そんな予感がある。でも、その予感通りだったり、裏切られたりと、そういうこともあるだろう。何か読んだりしていくうちに。え、何を読むんだ? そっからはじめなければ。とりあえず、高橋源一郎の『あ・だ・る・と』でも読み返すか。

関連______________________

『喰霊-零-』が終わってショックだったこと

 こないだ「ともかくこれからミニスカートの女子高生が日本刀を振り回したりするシーンは多くなるのだろうけれども、ミニスカートの女子高生同士がいちゃいちゃするシーンは少なくなるかというと残念な次第である」などと書いた喰霊なのだけれども、いきなり終わってしまって驚いた。

 ……「何を言ってるの?」とアニメファンの方々なら思われるだろう。当然だ。最初からそう決まっていたはずだ。しかし、自分には「このアニメは何クール」といった発想というか、下調べというか、基本的な知識というか、そのあたりがなく、また調べようという姿勢もなく、この有様なのである。それで、子供時分に見ていたアニメと同じ感覚で、「打ち切りにならないのであれば、原作連載漫画が続くかぎり続くだろう」という暢気な意識で見ることになる。いや、この春からアニメを見始めて、さすがにそんな深夜アニメはない(かどうかは知らないが)、というのはある。でも、「あれ、もう?」のショックは大きい。もっと、延々と神楽と黄泉がたたかっていくものだと思っていた(そうなったら日本の人口の半分くらい黄泉ちゃんに殺されてしまうかもしれないが)。

 それで、作品感想なのだけれども、いや、俺は好きだな。好きだから見ていたんだけれども。なんだろうね、たとえば、最後の決闘で、でかい石でガチコーンやってぶっ殺そうとするじゃん。ああいうところがいい。いや、ほかに石でガチコーンやるような要素ってどこよ? なんというか、最初の全殺しひっかけからだけれども、あんまり回りくどくなかったり、直截的というか、容赦ねえな、と。いや、キャラがちゃんと死ねば面白くなるわけじゃないけれど、これはそれでどうにも成功していたんじゃねえの、と。でも、それによって黄泉ハッピーなエンドがないという確定っぷりは残念。なぜなら俺は、ミニスカート女子高生同士がいちゃいちゃするのを見るのがよかったから。いや、でも、いいよね、ガチコーンって。

 そういうわけで、漫画の方はどうしよう? つーか、アニメの続きねえの? どうなの? まあいいや。とりあえずHDDの録画ロックしておこうっと。

喰霊-零-イメージソング集 百合ームコロッケ

REGZA32H3000用外付HDDRHD-UX500を買う

 おれ、すごい勘違いしてて、自分REGZAUSB2.0の外付HDDに繋がるもんだと思ってたんだ。それで、やっぱり年末録画の機会も多いし、一台買っとくかと決心して伊勢佐木町の石丸電機行って、BUFFALOの「Regza対応」って書いてあるやつ手にとって、レジ行ったんだ。それで、レジの兄さんが、「こちらの対応で問題ありませんか」って確認のこと言うわけ。もう9割くらい「ええ」と答えようと思ったんだけど、なんかわかんないけど「ええと、Regzaに対応してるんですよね?」と確かめた。したら、「一応型番お確かめになりますか」というので、「H3000」と言った。それで、レジの兄さんひっこんで、なんかパソコンで調べてるみたい。しばらく待った。待ったら出てきた。「東芝BUFFALOのどちらとも調べましたが、お前のテレビはUSB対応してねえから、これ使えない、マジで」とか言うので、「あー? マジ? やべえ、サンクス」と言って出てきた。

 調べてみたら、たしかにUSBのUの字もない。U字工事のUの字もない。つーか、USB口ねえじゃん。で、何に対応しているかといえば、eSATAというやつらしい。なんだeSATA? おれ、正直パソコンまわりのことよく知らん。でも、eSATA対応外付けHDD楽天などで検索すると、あんまり出てこない。それで、数少ない選択肢の中では、Transcendのものが安かった。安かったけど、REGZA対応かいまいちよくわからん。もしこれで失敗するとダメージは大きい。だから、東芝のサイトの方で「対応」と書いてあるのにした。I.O.DATAのものだ。

[rakuten:murauchi-denki:12253091:detail] これだ。これ買った。単なるUSB2.0対応外付けにしてはやや割高だ。ただ、これはカートリッジ式で、容量がいっぱいになったら換装できるという仕組みらしい。その仕組みで、中身500GBとガワ合わせてこの価格。ならば安いとはいわんが、なんとなくいいのではないか。つーか、かといってカートリッジ単品がそんなに安いわけでもないが。

 で、REGZAの裏側のわかりにくいところについているeSATA口にコードをぶっ差し接続。すぐに認識。さっそくコピー。『RD』とか、ちょっと古いアニメから移すことにする。……と、遅い。こんなにコピー遅くていいのか。そう思った。なんかコードのささり具合が弱いのかと思って、確かめたりした。でも、やっぱりこの速度だ。なんてことだ。

 ……と、思ったが、よく考えてみれば、今自分が動かしてるデータってすげえ重さなんじゃねえの? 少なくとも、普段パソコンでは、単品でせいぜい100MBのpsdファイル扱うくらいが重い方であって、動画なんてどうこうしたことない。バックアップ用にしろ、本体のHDDにしたって、ウン100GBいっぱいになることなんてない。そう考えると納得か……。

 とはいえ、ちょっとめげそうではある。たとえば、「連ドラ録画」したシリーズ全部一括とか、選択したファイル一括とか、そういうことができない(と、思う。たぶん)。ファイル一個一個をいちいち転送せねばならん。これが面倒だ。時間がかかるといっても、ポケーッとテレビつけっぱなしにしている間働いてくれれば、それほど手間じゃあない。ここんところを改良してほしい。というか、上位機種だとそういうのできるんかな?

 というか、まあ、REGZAの録画思想は、「メモ代わりに気軽に録画しとけるぜ」というくらいのことであって、別に映像ライブラリとして保存しておきたいとか、そういうのはちょっと外れたところがある。だからまあ、これでいい。少なくとも、本体300GBと外付け500GBあれば、あと2年は戦えるだろう。一度見たものをほとんど見返していないという現状を鑑みれば、と。

[rakuten:kaden21:988421:image]……福山雅治CMREGZAが売れ始めたとかでうれしいかぎり。いや、べつによろこぶ理由もないけれども。

もう年末か

 昨夜スーパー正月がらみの食品の並べられるさまを見て、なにかゾッとしたものだったぞ。この光景はついこないだ見たばかりだったからだ。俺は、栗きんとんと伊達巻き、それにチョロギ。あとはクワイがあれば言うことなしだ。そういう今年の気分が、まだすっかり生きているのだぞ。おそろしい。ここまでの早さか。

 年末年始にはなにをしよう? 明日は朝九時から昼の十二時までアパートが断水なので(この時期に何を? ひょっとして貯水槽に変なものがあったとかいう話ではないだろうな?)、とりあえず漫画喫茶にでも行こうかと思っている。人生で三度目だ。しかし、あるいはのこのこ会社に出てくる可能性もある。よくわからない。日曜は家に籠もって有馬に立ち向かう。月曜は東京大賞典に、行くかもしれない。その後の二日は……わからん。まあ、どうでもいいや。