Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

関内関外日記(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009ねん11がつ10にち

気分はニューヨーカー!? メッセンジャーバッグで泥ネギを運ぶライフハック

 爽やかな秋は、サイクリングの季節! 云々。

 最近では、健康エコのために自転車通勤をしている人も増えています。云々。

 ニューヨーク街角では、メッセンジャーバッグを背負った小粋な、云々。

 そこで、季節の風物詩‘泥ネギ’をメッセンジャーバッグでうまく運ぶテクニックをご紹介! 今回使用したモデルは、プロメッセンジャーはもとより、ファッションユースとしても根強い人気のTimbuk2(ティンバック2)のクラシックメッセンジャー(Sサイズ)です。

f:id:goldhead:20091110114133j:image

 カムバックルの余り部分の輪に、ネギのヘッドを固定します。

f:id:goldhead:20091110114135j:image

 走行中は右側にあるネギのヘッドが下に来るよう意識します(左肩にベルトを掛ける場合、普通はこの傾きになります)。

f:id:goldhead:20091110114136j:image

 ネギを挾み込んだあと、ストラップタイトにセットして、より固定力を高めます。

f:id:goldhead:20091110114134j:image

 メッセンジャーバッグリフレクタータブなどの反射素材を装備していますが、ネギは光りません。ネギ用にリフレクターを用意しておくのもおすすめです。

f:id:goldhead:20091110114132j:image

 次回は、バックパック型のドイタートランスアルパインで泥ネギを運ぶ方法をご紹介する予定です!

※以上の記事は個人の感想に基づくものです。実行される場合は、この記事をプリントアウトしてお近くの精神科医にご相談の上、法律、法規をご確認の上、安全に気をつけて走行してください。

関連アイテム______________________

[rakuten:kakinokizaka:10016556:detail]

[rakuten:senk1009:10000247:detail]

[rakuten:millet:10000154:detail]

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。