Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

関内関外日記(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012ねん07がつ08にち

学校なんてものは自殺練習所にすぎない

 こんなん読むと胸糞悪くなる。だいたい、こんなん同根で、学校以外の世界小学生にも教師にも開けてねえからだろ。いじめられてるやつに逃げ場は見えないし、教師はクラスの中で処置しなきゃいけねえと思い込んで、こんなことになる。もういいから、とっとと学校行かなくていいような感じになれ。親も学校とか行かせるな。小学校なんかで学ぶことなんてねえよ。逃げ場のない教師が逃げ場のない生徒相手にした閉鎖世界、心殺し、人殺しのクソ舞台だ。仕組みっつーのか、構造っつーのか、システムっつーのか、おれにはよくわかんないけど、なんかもう根本的に間違ってる。

 だからさ、たとえばイジメ問題とかで、校長やらなんやらが出てきて必死に否定して、「おまえら人間かよ」みてえな論調になるし、おれもそういう気持ちになるけどさ、たとえばそいつら自身だってそう見られるのわかってんじゃん。それなのに、ああする、ああ保身するっつーのは、その、否定によってえられる強烈な動機づけみたいなもんがあるわけだろ。逆にいえば、イジメの発覚ですげえデメリットがあるっていう。それで、聞こえない、聞こえない、子供の声も、その親の声も聞こえないってなって、自殺するやつがまた出てくる。

 そんなんむしろ逆で、イジメとかそういうの見つけたら褒められるべきだし、対処すんのに飴玉やるべきであって、「なかったことにしたで賞」とかあんのはおかしいし。とはいえ、見つけたらどうすんだってなったら、書類仕事とか親の対応だのなんだので手一杯の教師がやんなきゃいけなくて、「いつ、誰が、どこで、何時何分何秒、地球が何回まわったとき?」ってプリントアウトわたすとかいうおもしろ状況になる。そこんところでたぶん逃げ場ねえし、かといってスキル時間もない。こんなんでものを教える技術を磨けるわけもねえし、しょうもない憎悪疲弊でなにもかも台無しになっていくだけだろ。

 だからもう、ちょっとでも手に負えないと感じたら、教室の外、学校の外に投げる、明確な仕組みが必要じゃねえの。恐喝暴行、傷害だったら警察っつー専門家でいいし(警察が輪をかけてすごくでかいクソという可能性は否定できないが)、いじめの方も加害者のガキをロボトミーすんならそういう医者に(いないだろ)、あるいは、もう加害者の家庭が救いがたいとかだったら、しかるべきなんかに、だ。もちろん、被害者の方もケアしきれないってなったら、専門家に任せればいいんだ。

 だったら、その施設や専門家しかるべきなんかを屏風から出せってことになるだろうけど、まあたぶんないんだろ。ないものねだりみてえな、そんなんだろ。

 そうしたら自衛しかねえし、人の親だったら、ガキにはまず「はい」と言える素直な心じゃなくて、むかついたり嫌だったりしたら、「ノー」って言えるように教え込まなきゃだめだ。人間あんまり気づかないもんだし、気づきたくないときにはさらに気づかないもんだし、そこんところで意思表示できねえと、話し合いにもならねえし、どんどんどんどん事態が悪くなっていって、いきなりドカン、だ。プリンス・オブ・ウェールズとレパルス沈められたときチャーチルが嘆いたとか嘆かなかったとかいうあれだ。もはやこれまでって死ぬか殺すかするまえに、嫌なものは嫌だと、言っていいってふうにしてくしかねえよ。言うのがあたりまえだと。まあ、世の中はコミュニケーション強者のマッチョが作ってるから、そうはならねえか。

 でもさ、だからさ、いじめられてるやつに言いたいけど、とりあえず「ノー」でいいんだ。学校とか行かなくていいってところにもっていくしかないし、もうそれしかないし。代案とかそんなんもどうでもいい。不登校ひきこもりニート、ただそれでいいじゃねえの。俺もなんとか「ノー」の意思表示できたから小学校すげえ長く休んで、大学も辞めて、まともな職にもつかずひきこもって、そのおかげで死なず殺さずで、『ゆるゆり♪♪』とか見てる。結果はまったくの偶然だが、仮病、ズル休み、逃走、それがなかったら、俺はぜったいに死んでたし、確信がある。生きてたほうがマシかどうかというと微妙なところで、先のどん詰まりも目に見えてるが、まあ成り行きだ。

 ……って、以上ほとんどが以前に書いたものの再掲である。この続きは以下を読まれたい。

f:id:goldhead:20120708120209j:image

 して、問題は、おれの「先のどん詰まりも目に見えてるが、まあ成り行きだ」の成り行きが、これを書いてから2年経って悪化しているということを書かないのはアンフェアだということだ。希死念慮はおれに付かず離れずのものではあったが、その濃度というものがある。濃度は濃くなったし、医者に行くようになった。いろいろの脳のくすりをバクバク食べないとこうしてキーボードを叩く余裕もない。晩年武者小路実篤が「ますますかしこく」なっていったのに対して、おれは「ますます死にたく」の状態になっているといっていい。

 結局、逃げても無駄なのかもしれない、結局この社会はこの社会向きの人間以外には自殺という名の死刑執行猶予期間にしかすぎないのかもしれない。

 おれはそもそも幼稚園のころか、小学校に入るあたりには、身体の小ささのわりにIQだけは比較的高くて回りが馬鹿に見えるという嫌なガキで学校も教師も同級生馬鹿にしていて結局いじめられたわけだが、小学校に通う前くらいの段階から、ことあるごとに父に「教師などろくでもない能なしだし、まともなやつはいないから何を言っても相手にしなくていい」くらいのことは言われていたし、おれが引きこもろうとも放任されてはいた。

 その挙句、上に書いたようにとりあえずは逃げて死なずに生きているが、結局、どうもそんなに雲行きはよくないし、たまたま幸運でいくらか先延ばしされただけじゃねえかという気もしている。おれは勇気がないから死ねないし、いくらか狡猾だから死なない方法を見つけ出すかもしれないが、そうでない可能性も低く見積もれないという話だ。

 だから、おれはもうあまり、ガキに「逃げろ」と言ったところでどうなるのか、という気にすらなっている。就活自殺するやつにも、無責任に「べつの道もあるよ」、「なんとかなるよ」、「見ろよ青い空、白い雲」とか言えないような気がしている。適応できなければ食えないし、食えなければ死ぬ

 主語ボリュームを目一杯上げて言えば、日本はなにか大きな失敗をして、クソのかたまりみたいなものをぶっ立ててしまって、おれももう成人してからしばらく経つのでその責任大河の一滴くらいはあるんだが、まったくこの世は間違ってしまっている。

 なにかのすばらしい一撃で、その全部の改変だのやり直しなどできないのだから、だったら、その間違いのなかで、小さなことからコツコツとやっていくしかない。まず、眼の前のクソをぶっ殺す。ぶっ殺してもいい。自殺練習所に押し込められたと気づいたやつ、まわりのクラスメートかいうクソが失敗社会マトリョーシカみたいなものにすぎないなら、もうやってしまってもいい。自死路上刑務所かの三択は、生まれたときから始まっている。

 ……って、できないのが人間だ。第一おれができていない。できるやつはできるが、あまり多くの人間にできるわけがない。しかし、自死かいうまわりのクソが喜ぶような結果だけが選択肢だと自殺練習所が教えるならば、それへの抗いとして逃走のほかに刺す道もあると、おれは言いたい。「おれは身体が小さくて喧嘩をしたら負けるのは不公平だから」という理由で、通販で買ったバタフライナイフカバンに隠し持っていたおれはそう言いたい。やられるくらいなら、やってしまえ。ほら、話題になってるだろ、なんだっけ、駆け込みレバ刺しか?

 と、だれも信用できないクソ社会を構築した人間の中で、もっともろくでもない部類の口先だけのペテンであるところのおれが日曜日の昼のひまつぶしに言うのだから、信用したまえ。これはひどい、だいたいあってる。違うか?

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。