Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

関内関外日記(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2015ねん04がつ03にち

『村上春樹、河合隼雄に会いに行く』を読む

村上春樹、河合隼雄に会いにいく (新潮文庫)

村上春樹、河合隼雄に会いにいく (新潮文庫)

 まだ実家があったころの話だ。おれの父方の祖母が河合隼雄好きだった覚えがある。本も何冊もあったかと思う。そして、祖母が「この人の語り口は関西のどこそこの訛りがあってなつかしいのだ」などと言っていたような気もする。とはいえ、おれはどこそこの訛りも知らないし、河合隼雄の本を読んだことも……なかったのかどうか。よくわからないが、読みかけたことくらいはあったかもしれない。その上で、なんとなくそりが合わないな、と思ったような気もする。

 ……というようなことを、『村上春樹河合隼雄に会いに行く』を読んで思い出した。なぜ今この本を? といえば、村上春樹の時期限定質問サイトが面白く、なんとなく村上春樹気分になっていたからなのだが。それで、サイト内でも河合隼雄への言及があって、いっちょ読んでみるか、となったわけだ。

 わけだが、しかしなんだ、『ねじまき鳥クロニクル』を読んだのもずいぶんと昔のことだし、正直、なんというか、ふーんという感じで読み終えてしまった。もうちょっとじっくり読んでもいいのかもしれないけど、『ねじまき鳥クロニクル』よく覚えてねえし、というのが来てしまった。そんなものだろう。

 そして河合隼雄である。やっぱりどこかわからないが、そりが合わない。おれが向精神病薬と脳内伝達物質挙動を愛し、ユングとかちょっと馬鹿にしている(無論、馬鹿にできるほどユングを知っているわけがない。まるで知らないといってもいいかもしれない)ところがあるせいかもしれない。

 ただ、不思議なことに、「こいつはこんなこと言ってるから、おれの性に合わないんだ」っていう「こんなこと」が無いのだ。だいたい普通のこと(普通だとおれが思っていること)、おれが了解できることを言っている。反発するような意見というものが見当たらない。世界人間を大雑把に二分するとすれば、なんとなく同じ側じゃあないかと思う。なんだけど、なんとなく、どっかしら、少なくとも対談の文章からは、合わないなあってのがある。

 どうも村上春樹の心酔(とは言い過ぎか)ぶりからも、大人物というか、なんらかの達人であることは間違いないように思える。ただ、その達人ぶりが、達人の言質の取り方のようなものが、苦手なのかもしれない。実際に会ったらコロッといってしまう可能性が高い。まあ、おれのような人間が高名な人と会って話すなどということはありえないのだけれど。そうだ、それに河合隼雄は故人なのだった。『ねじまき鳥クロニクルからも、この対談からも、ずいぶんと時がたってしまった。かといって、古さは感じられなかった。といっても、おれももういい歳なのだから、その頃のことがあるていどはわかる、ということかもしれない。今の若い人たちにとっては、もうまるで関係ないことについて述べられている本なのかもしれない。まあ、そんなことおれの知った話じゃないけれど。

>゜))彡>゜))彡>゜))彡

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 (新潮文庫)

……実のところ、おれは村上春樹が好きといっていいのだけれど、最後に読んだ長編小説がこれである可能性は高い。って、2004年日記出てきたよ。おどろいたな、と思ったら、違った。まあいいか。

アフターダーク (講談社文庫)

アフターダーク (講談社文庫)

……2013年に『アフターダーク』を読んだのは出てきた。

……『極北』はおもしろかったな。翻訳はぼちぼち読んでるような気はする。