雑葉抄 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-10-23

[]5期・60冊目 『クロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティ 』

内容(「BOOK」データベースより)

愛する人を事故から守るために、男は過去に跳ぶ。かけがえのない人の病を治すために、女は過去に跳ぶ。制約のあるタイム・マシンに乗って。たとえ命を救えたとしても、過去にとどまったり、再び現代に戻れる保証は何もない。しかし、それでも時空を跳ぶ者に、時の神クロノスの許しはあるのか?タイムトラベルロマンスの傑作として名高い連作に、感涙の書き下ろしを加えて贈る、奇跡の物語。

時の流れに逆らい過去へ人を跳ばす機械として開発されたクロノス・ジョウンター。

ある時は愛する人を大惨事から守るため、ある時は開発されたばかりの新薬をもって亡くなってしまった大切な人を救うため、人は過去へと赴く。再び同じ時に戻れないと承知しながらも。

そんなストーリーが連作形式で収められた作品です。


当初は10分足らずしか過去に滞在できず、その反動で遠い未来へと弾き飛ばされてしまう。異なる時間に何度も戻されながらも4度目についに愛する人を救うことのできた「吹原和彦の軌跡」を皮切りに別の人物の物語が入れ替わっていくのですが、まったく独立したストーリーではなく以前の出来事がちゃんと関連付けられ上に、進行と同時に時間固定装置やクロノス・スパイラル理論を元にした新たな装置が開発されていったりして、タイムトラベルものとしても飽きがこない構成となっていますね。

それに感情の機微が巧く描かれていて、クロノス(時の神)に逆らってまでも大切な人のために行動しようという想いがよく伝わってきます。未来が変わったために壊れたアクセサリーが修復したり、過去に置いてきたシャープペンが消えたりと小道具の使い方もニクイ。

最後に開発部のチーフであった「緒方耕市の軌跡」が追加されたことで、物語上ではすっかり悪役じみてしまった吹原和彦との和解がなされたのが良かったです。

ハッピーエンドの結末のために多少都合が良すぎると感じる部分もありますが、タイムトラベル・ロマンスストーリーとして非常に良い読後感を得られました。


実は最初の文庫からすると書下ろしを含めて再々録となるようです。私のようにシリーズ自体を読むのが初めての読者にとってはありがたいですが、当初からの読者からすればあざといやり方ですよね。*1

*1:漫画化、舞台化もされている有名作品のようなので、新規開拓としては常套手段なのだろうか

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/goldwell/20101023/1287841848