雑葉抄 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-07-06

goldwell2014-07-06

[]大人だけどポケモンを始めてみたんだが

※本記事は子どもに影響されてゲームを始めてまだ3年ほどの実績も知識も浅い人間が書いているので、つっこみどころが多くともご容赦のほどを。あと長いです。


初めてのポケットモンスターのゲーム(ブラック)をプレイし始めた3年前、こんな記事を書いていましたねぇ。

http://d.hatena.ne.jp/goldwell/20110210/1297345788

ポケモンの真髄は対人戦にあると言います。

けれどもブラック2まではストーリーをクリアした後は、ポケモンをある程度まで育てるところで満足してました。

まぁ隠しアイテム・隠れポケモンを見つけてゲットするとか、標準ルール(レベル50合わせの3対3。伝説・幻ポケモン参加不可。重複アイテム無し)でのゲーム内バトル(バトルサブウエイ)など、クリア後もそれなりの楽しみがありましたしね。

私自身、リアルで交換・バトルができるのは娘とその友達くらい。つまり小学生のみなので本気でバトルなんぞできません。

リアルでバトルできる知り合いがいなくても、ネット上で対戦ができるらしいのは知っていたのですが、そこに挑む度胸はありませんでした。

毎日何時間もプレイして全てのポケモンの特徴や戦術を知り尽くした猛者たちが集う恐ろしい場所なのではないかと(笑)

ネットで調べてみると、ポケモンごとに対人戦を意識した育成方法*1が細かく載っているのですが、すでにその時点で飛び交っている略語・専門用語からしてチンプンカンプンでしたからね。


それが3DS専用のX・Yになって通信機能が変わって、なんか通信対戦・交換のハードルが一気に低くなったのですね。

自動的にランダムに交換相手を探してくれるミラクル交換、それに欲しいポケモン(ただし自分の図鑑登録しているものに限る)を指定して交換できるGTSが便利。

対戦もすれ違った人と気軽に申し込むことができます(ルールは選べる)。

言語に関係なく外国人とも交換・対戦できるのはすごいですね。まぁポケモンの名前があちらの言語になっているんでわかりづらいですけど。

一方、積極的に対戦したい人向けにバトルスポットという機能でレーティング(標準ルール)とフリーバトルがあります。

何でもありのフリーバトルは経験ないので省略し、ここではレーティングバトルでの経験(シングルのみ)を書きます。

※レーティングバトルでは最初に1500のレートが設定され、勝てばレートが上がり、負ければレートが下がる。参加した時になるべくレートが近い人と組み合わされるので、レートが上がれば上がるほど強い人と当たることになる。ちなみにネット上で会員登録が必要。

詳しくはこちら→ポケモングローバルリンク ランダムマッチの基本的なルール

殿堂入り(シナリオクリア)後、すれ違った人とのバトルを数回経験後、初めてレーティングバトルに挑んでみたところ、見事にボロ負け。

確かシーズン2の時期で、6戦して4敗。2回まぐれで勝ちました。

まだこの時期はシナリオクリア時のポケモンが主力であり、本当に対人戦用に育成したポケモンではありませんでした。


そこから対人戦を想定して、卵孵化*2から厳選・育成する必要性を痛感。

育成方法についてもいろいろ調べてみることにしました。

ポケモンがレベルアップする際に計算されるステータスには性格と努力値(基礎値とも)が影響することは前の記事でも書きました(以前のシリーズでは目に見えなかったが、X・Yで可視化された)。

それだけでなく、個々のポケモンが持つ個体値が重要であり、まずはそれぞれの能力において高い個体値を持つポケモンを生み出すことが強いポケモンを育てる前提になります。

育成の要素を書き出すとこんなにあります。いや〜、考えてみれば実に面倒なことですねぇ。

  • 種族値…ポケモンの種族ごとに決まっている能力。一般に合計が高い方が優秀ではある。合計値によって600族とか言い方がある。伝説・幻に区別される貴重なポケモンはこれが高すぎるので、標準ルールでは参加させられない。

例)ライチュウピカチュウの進化系)…HP60 攻撃90 防御55 特攻90 特防80 素早さ110 合計485

  • 技…種族によってレベルアップで覚える技、技マシン(ゲーム内のアイテム)で覚えさせられる技が決まっている。また遺伝(後述)やイベントでしか覚えられない特別な技があったりする。
  • 特性…種族ごとに持つ1〜2の特性に加えてある条件でしか出ない隠れ特性夢特性)がある。特性によって育成やバトルの方針がある程度立てられると言ってもいい。

例)ライチュウ

せいでんき:直接攻撃を受けると、30%の確率で相手を『まひ』状態にする。/『でんき』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる。

ひらいしん(隠れ特性):『でんき』タイプの技を受けるとダメージが無効化され、逆に『とくこう』ランクが1段階上がる。またダブルバトルトリプルバトルの時、自分以外の全てのポケモンの『でんき』タイプの技の攻撃対象が自分になる。

  • 性格…それによって攻撃・防御・特攻・特防・素早さのステータスの伸び(プラスマイナス)に影響ある。影響が無い性格も有り。

例)いじっぱり:攻撃1.1/特攻0.9/他1.0。おくびょう:攻撃0.9/素早さ1.1/他1.0。すなお:全て1.0

  • 努力値(基礎値)…各種族ごとに持っていて、バトルで勝ったり捕まえると得られる。アイテムで増やすことも可能。レベルアップ時のステータスに影響するので、当然これも意識して割り振らせる。1ステータスごとに最高255で合計510まで。例えば速攻型に育てる場合は攻撃252、素早さ252という風に割り振る(計算で余りが出ないように偶数で割り振る)。
  • 個体値…生まれた時に持っている固有値。努力値(基礎値)と同様にレベルアップ時のステータスに影響する。0〜31となっていて、31(V)のステータスが揃った(5Vや6V)ポケモンを孵化させることが対人戦に備える基本らしい。ある程度レベルを上げないと判定できない。ネット上で自動計算してくれるページあり。

http://yakkun.com/dp/ic.htm

  • 遺伝…卵ができた時に親ポケモンから性格・特性・個体値・技が遺伝することがある。アイテムである程度コントロールすることも可能。
  • たまごグループ…雄雌を預ける時、同じ卵グループの場合にのみ卵が産まれる。

同じ種族のポケモン同士でも、個体値・努力値・性格を意識して育てた個体とそうでない個体とでは、明らかにステータスに差がつきます。

個体によるけど、例えばレベル50時に前者の素早さ120に対して後者は100といったくらい。

手順としては、まずはベースとなる親ポケモンを用意して、育て屋に預けて、卵ができたら孵化させて、個体値を調べて、諸々の要素が納得のいく値だったら、育成方針に則ってアイテムやバトルで努力値を割り振って、努力値MAXとなったらレベル上げて50になったらいざバトルデビュー。

それの繰り返しです。遺伝や隠れ特性を得たい場合はもっと面倒です。

その過程で孵化したけど使わないレベル1の個体で溢れ、交換で放出することもあります。

逆に交換で得たのが優秀な個体だったので親ポケモンに使わせてもらうってこともありましたね。


約一か月後、新たに育成したポケモンのみでボックス(6体)が二通り組めるようになったので、レーティングバトルにチャレンジ。

シーズン3の成績としては4勝2敗。

回数は少なかったのですが、結果的に勝ち越すことができました。

現在のシーズン4では勝ったり負けたりを繰り返し、今のところ15戦くらいでなんとか勝率五割を超えるくらい。

まだまだ交代も含めた読みの甘さとか技選択など自身の戦い方の未熟さを感じてます。

変化技で翻弄されて力が発揮できないというありがちなパターンもあれば、むざむざ積み(能力上昇)を許してしまってボロ負けとか。

ゲッコウガへんげんじざい)を2〜3体目にして運良く逆転勝ちしたことが2回続いたと思ったら、技を読まれて全然役に立たなかったこともあったり。

何度か痛い目にあって、やっと今になって相手のボックスを見た時点で少しはパターンが読めて、相手の嫌がりそうなことをできるようになった気がしますね(外れることもあるけど)。


見ての通り、土日の空いた時間しかできないので対戦回数も少ないです。

たぶん、トータルのプレイ時間も他のプレイヤーと比べて少ない方なんだろうな(と言い訳)。

他の社会人プレーヤーはどれくらいのペースで遊んでいるのかが気になるところではあります。

それにしても、レーティングバトルを始める前の緊張感はハンパないっす。

勝っても負けても連戦する気にはなれないですね。

そして負ける度に足りない点を補うために模索してまた育て始めたりして、終わりが見えてきません。

これほどポケモン(の対人戦)が奥深いとは思ってもみませんでした。


【参考にさせてもらっているサイト】

ポケモン王国攻略館

ポケモン徹底攻略

ポケモンXY(第六世代)・対戦考察まとめWiki

*1:シナリオクリアと対人戦では技の持たせ方も別。何しろ攻撃技を一つだけか全く持たないのさえあり得る

*2:雄・雌の二匹のポケモンを育て屋に預けると卵が産まれることがある

2013-08-14

goldwell2013-08-14

[]今頃になって3DS

以前、娘がポケモン(BWのブラック)を始めて、私もちょっとやらせてもらっているうちに面白くなって自分でソフト(BWのホワイト)も買ってしまったこと、去年ポケモンBW2が出たら娘用(ホワイト2)と自分用(ブラック2)それぞれ買ってしまったことを書きました。

http://d.hatena.ne.jp/goldwell/20110210/1297345788

http://d.hatena.ne.jp/goldwell/20120714/1342270804

ちなみに私が使っていたDSは借りもののDS Lite。

娘は小学校に上がる時に買ったDSi LLを使っていましたが、今年7月にピアノの発表会後のご褒美(ピアノ頑張ったで賞)で3DS LL(色はミントホワイト)をプレゼントしてあげて大喜び。

LLは画面が大きくなるけど、重くなるのがデメリットではありますね。


そして来る10月発売のポケモン新作(X,Y)は3DS専用になるとのこと。

それまでに私も3DS買おうかと思っていたのですが、最近娘の3DSプレイを見ていたら欲しくなって買ってしまいました。

f:id:goldwell:20130812222800j:image

奥のが私の3DS(アイスホワイト)


3DSはすれ違いが楽しいですね。

前のDSだと同じゲームソフトで遊んでいる同士でないとすれ違いの利点は無かったけど、3DSでは本体同士ですれ違いが記録され、しかもすれ違いキャラで遊べるソフトも用意されてる(パネル集めとRPG風ゲーム)。

今も電車乗ってると一日十人以上はすれ違います。*1

他にも無料で用意されているソフトも増えています。

まぁインターネットブラウザやカメラとしての性能・使い勝手はスマホケータイなどに劣りますが、単なる携帯ゲーム機を超えて携帯端末的な進化をしているんだなぁと思います。

実は大人になって初めて買った携帯ゲーム機なわけですが、小学校の頃にゲームウォッチを手にした時の気持ちをふと思い出しました。

*1:夏休みなのも関係しているかもしれない

2012-07-14

goldwell2012-07-14

[]また買ってしまった

ポケモンって、意外と大人向けのゲームなんだなと知ったこと

ポケモン新作は夏休み入ってからね」と言いつつ1週間以上フライングしてamazonで2本とも購入。ポケットモンスター・ブラック2とホワイト2が昨日届きました。

ついでに映画の親子前売り券もゲットだぜ!

また土日のたびに親子でシナリオ攻略、ポケモン交換、対戦の日々が始まるようです。

まぁ前作では10戦したら9回は私の勝ち*1してましたが、子供の成長は早いからいつの間にか逆転するかもしれませんね。

その前に妻に二人ともゲームやりすぎ!と怒られないよう、娘=勉強等・私=家事*2をちゃんとやらねば…。

*1:参加数や伝説ポケモン有無のハンデつけても

*2:土日はだいたい私の当番なので

2011-02-10

goldwell2011-02-10

[]ポケモンって、意外と大人向けのゲームなんだなと知ったこと

ポケットモンスター ホワイト」を娘の誕生日に買ってあげたのですけど、平日は宿題やらお稽古事があったりしてなかなかやる暇はなく、主に金土日のプレイでこのあいだヒウンシティまで辿りつき、つい昨日ジムトレーナー戦に勝利したようです。

娘がプレイしていたのを見ているとなんだかやってみたくなり、かといって勝手に攻略してしまったら可哀想なので、本人が寝た後に経験値稼ぎに励んだり必要なアイテムを買ったりと影でサポートに徹している私です。

元々はサンヨウシティでの初めてのジムトレーナー戦に勝てないと嘆いていたのを見たら、ミジュマル*1以外の手持ちポケモンのレベルが情けないほど低かったので、いっちょ鍛えてやろうと思ったのがきっかけでした。

しかしその後シッポウシティ*2のジムトレーナー戦までにボックスの中のポケモンたちをまんべんなくレベル18〜20にしてしまったのはちとやりすぎたと思いました・・・。

RPGによくある経験値稼ぎ以外にも、アイテム集めとか町の人に話しかけて情報収集とか地道な作業は本当は本人がやらなきゃいけないですし、トレーナーとの戦いの過程でポケモンたちを回復させたり、並びを替えてあげたりとかそういった工夫を怠りがちなので教えてあげているんですけどねぇ。まだ小一の娘にはちょっと大変なのかもしれないです。

まぁ正直自分もすっかり楽しんでしまってました。ポケモンって子供向けゲームだろ?という認識はすっかり変わりましたね(笑)

そういえば、自分は携帯ゲーム機は持っていないし、家庭用ゲーム機でRPGといえばスーファミでドラクエ・FF・女神転生シリーズをやったのがもう十年くらい前なんだなぁ。*3


以下、ポケモンをやる上で基本的なこと。

タイプ別の相性があることくらいは私も前から知っていました。「みず」「くさ」「ほのお」「でんき」など全部で13種類もあります。じゃんけんのように「ほのお」は「くさ」には強いが「みず」には弱いってやつです。それぞれ戦いの時の組み合わせによって効果がまるきり違ってきます。例えばポケモン自身のタイプに合った技ならば1.5倍の威力を発揮するし、相手側の相性の弱点をつけば「こうかはばつぐんだ」で2倍の効果を与える。逆に威力半減だったり効果無しの場合もあるわけです(でんき技⇒じめん)。

そんでポケモンが使う技は直接攻撃・攻撃補助・防御・回復など様々なバリエーションあって1体ごとに覚えられる技は十数種類もあるらしい。しかし持てる技は4つまで。なのでどれを持たせるかが重要になってきます(レベルアップ時に新しく覚えたい時、既に4つ持っていたらどれかを忘れなきゃいけない)。何を覚えさせるかで同じ固体によって全く違うスタイルになることもあります。


また、同じ攻撃技にも物理系と特殊系によるものがあるということに途中まで気づきませんでした。これはポケモンのパラメーターの内、物理系は「こうげき」「ぼうぎょ」、特殊系は「とくこう」「とくぼう」に関係していくのですね。同じダメージ力の技でも「とくこう」が高いポケモンは特殊系の技を出した方が効果が高い。

さらに固体ごとに努力値という隠しパラメータっぽいのがあって、戦う相手のタイプによって伸びる能力が違うとか。通信戦を考えると育成にもいろいろこだわりがあるそうですが、まだそこまでついていけません。*4

今のところの感触としては、RPGとしての攻略自体は特別難易度が高いわけでもなさそうですが、数多くのポケモンの選択と育成を考えていくとなかなか懐の深いゲームなのではないかと思うようになりましたね。特に対戦を想定するには手持ちのパーティも考慮する必要があり、もはや大人向けゲームと言っても過言ではないんじゃないでしょうか。

※もう少しポケモンについて知りたい大人の人はこちらの記事参照。

大人の為のポケモン講座


そんなわけでハマリつつある私は娘のゲームを手伝うだけでは飽き足らず、ついにブラックの方を買ってしまいました。

娘と対戦したりポケモン交換してみるのが今から楽しみです(DS Liteを借りる予定)。

*1:最初に選べるポケモン3種の内で娘が選んだ

*2:4番目の町

*3:PCではBlizzard社のDiabro2やWarcraft3にはまっていたのが2〜3年前。それ以前では主に歴史シミュレーションものばかり

*4:身内に歴代ポケモンを続けている詳しい人がいるのでちょっと教えてもらった

2008-10-20

[]「WarCraft3 The Frozen Throne」プレイ報告(ボーナス・キャンペーン 第3部)

やり始めた頃はこんなにかかるとは思わなかった長ーいボーナスキャンペーンもようやく終わりましたよ。今回はへんなエンディングも流れず、あっさりキャンペーンの初期画面に戻ってしまいましたね。

主役であるレクサーは徐々にスロールをのけて喋り過ぎな感がありましたが、あれだけの功績にも関わらず最後は予想通り荒野へと一人旅立っていってしまいました。スロールを除き、今までのキャンペーンの主役の中ではわりとまともな人物だった気がしますねぇ。


セラモア島に引き篭もったプラウドモア軍は戦艦で封鎖して守りを固めているという。海軍力の無いホルドは手も足も出ず、スロールは歯噛みするばかり。ボルジン呼んできて前のマップみたいにレクサーたちを飛行形態にして、あとトロルバットライダー隊を連れてきてもらえばいいじゃんとと思ったのだけど。

まぁ同じネタは二度としないようで、今度は責任を感じたジャイナ嬢がやってきて、ゴブリンの造船所があることをチクッてくれる。父とかつての同志たちとの板ばさみになって苦しむが、戦いを止めることは叶わず、せめて部下たちは攻撃しないで欲しいと懇願する。


早速、島に上陸して、そこにいるプラウドモア軍の兵を倒していくと造船所が見つかり、ジャガーノート(戦艦に相当する)3隻とフリゲート2隻が出てくる。造船所をクリックしてもそれ以上出てこないが、沈んだらその分自動的に補充される仕組みとなっているので損害を気にせずに、指示された地点にいる敵艦隊をやっつけに行けばいい。

もっとも敵艦だけでなく、砲台や陸上のユニットからも集中攻撃をくらうと分が悪いので、そこはレクサーたちを輸送船に乗せて安全な地点から島に上陸して制圧させる。中には敵艦が陸上に近づいてきて戦いになり、仕留めることもある。

西の方には傭兵キャンプがあって、前に戦ったこともある馴染みの水陸両用ユニットが3体まで雇えるので、自艦隊に同行させてもいい。

水陸で敵を各個撃破していって、戦艦6隻撃沈すればクエスト完了。

ちなみに開始地点からすぐ北西の島に宝箱があって、海賊の財宝ということでお金が手に入る。資金*1が余っているのであまり使うことはなさそう。


そしてついにセラモア島に上陸したホルド主力。既に3箇所拠点が作られてあり、味方ユニットは自動的に敵地へ攻めていく。それで自分は始めは何したらいいかわからなくて、とりあえず味方が攻めるに何かと厄介そうな砲台の破壊作業に従事していたりしたのだけど、時にはプラウドモア軍からも攻めてくる。少数ならば任せてもいいけど大軍だったりするとさすがに放置できない*2ので、まずは守備をメインにして、手が空いた時だけ中央付近で暴れてみる。

ちなみに水色のセラモア守備隊と表示される建物はジャイナの持ち物らしく攻撃はできない。ただしその近辺にいるペザントをヒーローのスキルによって巻き添えを食ってしまう可能性はある。まぁ、雑魚相手ならば普通に戦って倒せるけど。

それから街の南のあたりに珍品を売っているショップがあるのだけど今更だよね。ここにくるまでに充分強力なアイテムの入手して空きが無いし。ただ、神秘の巻物だけは敵ボスとの対決時に使える。


味方ユニットの攻略が進んで奥まで行くようになったら、ついに敵の大将との対決。普通に攻めにいっても、他の敵ヒーローやら召還ユニットに阻まれて、なかなからちが明かない。ここまでほぼ無傷で来たレクサーたちもさすがにやばい状況。

沸いて出る雑魚ユニットは味方に任せ、まずは砲台を壊し、敵のヒーローが突出してきたら一人ずつ囲んで倒していって、最後にアドミラル・プラウドモアを血祭りにしてやると父の遺骸を前に泣き崩れるジャイナ。あれ?前回もこの親父を倒した気がするけど。

そして戦争が終わり、国に帰っていく戦士たち。デュロタールで一緒に暮らそう(変な意味ではなく)というスロールの誘いを断り海岸を走って去っていくレクサーだが、せめて船に乗らないと島から出られないぞ。


第3部は二つの通常マップだけなので、シナリオレビューも1回だけで済んだ。ぼちぼちカスタムゲームでもやってみようかな。

*1:第1部→第2部の時は資金没収されたが、第2部→第3部の時は継続された。なんでだろう?

*2:生産施設やピオンがやられるとまずいから