Hatena::ブログ(Diary)

ゴルフクラブ試打日記



最新のゴルフクラブ試打日記

2007-03-08 キャロウェイゴルフ X FORGED アイアンを試打

[]X FORGEDアイアン

f:id:golfdaisuki:20070307124133j:image

今日はこのクラブを試打しました。

試打クラブCallaway X FORGED 5番アイアンです。




シャフトはM−10 DBです。

ロフトは26度、長さは38インチ、バランスはD2です。



このモデルはダイナミックゴールドもラインアップされているので、それを探したのですが、このM−10 DBシャフトしか届いていないということで、このシャフトで試してみました。


このシャフトも、私の好きなスチールシャフトです。

私の愛用しているダイナミックゴールドよりはやや軽く感じましたが、


「しっかりしたシャフトだ。」

というのがこのシャフトに対する私の第1印象です。



私はアイアンのシャフト

「スチールに限る。」

と思っています。


ゴルフを始めた時からダイナミックゴールドだったせいか、今でも私はダイナミックゴールドが好きです。

今まで、何度かアイアンセットを買い換えましたが、シャフトは全てダイナミックゴールドです。



以前、友人に同モデルでカーボンシャフトを挿してあるアイアンを勧められ、試しにコースで使ってみたことがあったのですが、全くスコアになりませんでした。



全体的な重量が軽すぎて、ついつい手で「ヒョイ。」と上げて手打ちになったり、ボールが飛び過ぎたり、曲がったりして、とてもコントロールできずに自滅してしまいました。



帰りの車の中で、とても暗くなってしまったのを今でも憶えています。

それ以来、私はアイアンでカーボンシャフトが挿してあるモデルは、練習場で試打することはしても、コースでは怖くて使えません。



私は好きなクラブのメーカーはいろいろあって、特別に

「このメーカーでないと駄目だ。このメーカーは嫌いだ。」

というのはありませんが、シャフトはスチール(DG)にこだわっています。


年齢を重ねていっても、スチールが振れるうちは、ずっとスチールでいこうと思っています。

それと、アイアンでは今まで購入したモデルは全て『軟鉄鍛造』です。




f:id:golfdaisuki:20070307124536j:image

ヘッドがとてもすっきりしていて、シャープな印象を受けます。

私はこのように、オーソドックスで綺麗なクラブが大好きです。



こういう美しいクラブだと、打つだけでなくキャディバッグの中に入っていたら

「とても『絵』になるだろうなあ。」

と思いました。



私は今まで、キャロウェイのアイアンは、その独特の形状から、どちらかというとやや敬遠してきたことがあったのですが、去年発表された『X−TOUR』アイアンの頃から、


「キャロウェイのアイアンもいいなあ。」

と思うようになりました。



やはり、このクラブのように、見ていて美しいクラブは『目の保養』になりますし、早く打ってみたい気持ちが起こります。

クラブはウッドやアイアン、ウェッジ、パターも含めて見た目がとても大事だと改めて思いました。



私はコースや練習場から帰宅すると、その日の内容を思い出して、反省しながら、必ずクラブを清掃し、磨くのですが、こういう美しいクラブは磨いていても、気分が楽しくなるように感じました。



f:id:golfdaisuki:20070307124201j:image

構えた感じも、とてもすっきりしていて『グッドフィーリング』です。

打つ前から『ナイスショット』の予感がしてきます。


「重心距離が短めで、操作性がいいんだろうなあ。」と思いました。


こういうクラブだと、練習場でも

「右に曲げてやろう、今度は左に曲げてやろう、低く抑えた球を打ってみよう・・・・。」


などと、いろいろと試してみたくなります。

こういった練習はとても楽しく感じますし、なかなか飽きません。

『面長』で重心距離が長いアイアンだと、こういう気持ちが起こりません。



試打を開始しました。


1球目はいきなりトップ球が出てしまいました。

昨日試打したクラブがとても易しく、球の上がりやすいクラブだったせいか、このクラブはやはり『タフ』な印象を受けてしまいました。


やはり、きちんと『ダウンブロー』で打たないとダメだと思いました。


2球目からはいい球を打つことができました。

『打感』も柔らかくて、


「さすが、軟鉄。」と思わず言ってしまいました。


外見から伝わる『ハードな印象』とは裏腹に、5番とは思えないほど球も高く上がりました。

ボールもしっかりとつかまえることができて、


「やはり、最近のアイアンはとても『高性能』だなあ。」と思いました。


『フック』や『スライス』を打ち分ける練習も楽しくできました。

こういうアイアンだとゴルフが楽しくなるような気がしました。


キャロウェイ ゴルフボール HX TOUR


AX