Hatena::ブログ(Diary)

ゴルフクラブ試打日記



最新のゴルフクラブ試打日記

2007-05-30 テーラーメイド NEW r7 XRアイアンを試打

[]NEW r7 XRアイアン

f:id:golfdaisuki:20070520103027j:image

今日はこのクラブを試打しました。

試打クラブテーラーメイド NEW r7 XR アイアン の7番です。





シャフトはGS75です。

ロフトは30度、長さは37インチ、フレックスはR300、バランスはD0、キックポイントは先調子です。




バックフェースが美しく、

テーラーメイドらしいカッコいいアイアンだなあ。」

と思いました。

カラーリングがとても綺麗で、ショップの中でもよく目立っていました。



f:id:golfdaisuki:20070520103122j:image

この試打クラブを借りるときに、ショップの店員さんから、


「このクラブはどちらかというと、シニア向けのクラブですよ。パワーのある人にはもてあましてしまうかもしれませんよ・・・・。」


と言われ、シニアではない私ですが、決してパワーヒッターではない私には合うのではないか?と思いました。

『カーボンシャフト』と『スチールシャフト』があったのですが、私は迷わずこの『スチールシャフト』を選びました。




持った感じでは確かに軽く感じ、素振りをしてもヘッドの『効き』がもうひとつのような気がしました。




f:id:golfdaisuki:20070520103143j:image

構えてみると、ヘッドが大きくてグースの大きくて、軽めで・・・と、いわゆる私の『苦手』とするアイアンです。

しかし、私の大好きなテーラーメイドのアイアンなのでそのまま試打することにしました。




試打してみて、最初の6球目まではなかなか満足した当たりがでませんでした。

「こんなに大きいヘッドで、スイートスポットも大きいはずなのに何故だろう?」

と思ったのですが、やはり軽すぎる重量と、見た目による『苦手意識』がそうさせているのかも知れません。



しかし、7球目から感じをつかみだしていい球が打てるようになりました。

ナイスショットが出るようになって感じたのは、このクラブの『飛距離性能』でした。

『ストロングロフト設計』だからでしょうか?

私の7番アイアンに対する『距離感』を大きく越えて飛んでいるように感じました。




『ストロングロフト化』しているアイアンは、あながち球のつかまりが悪く、右への弱々しい球がでてしまいがちになるのですが、このアイアンは思っていたよりも球のつかまりがよく、精度の高い『方向性』をキープすることができました。




f:id:golfdaisuki:20070520103108j:image

『低重心』『深重心』にして球を上げやすくしたり、グースを強めにしたりして、その弱点をカバーしているのでしょうか?



私のこだわる『打感』や『音』はまずまずといった感じがし、あまり嫌な感じはしませんでした。

とてもよく『飛ぶアイアン』だからでしょうか?私には『距離感』がなかなか合いづらく感じました。

球を曲げたり、高低を打ち分ける『操作性』についてはやや難しく感じてしまいました。



私にはやはり、重量感があって『小顔』で、グースの小さいタイプのアイアンの方が、慣れているせいかフィーリングが合うように感じるのですが、軽量クラブを好みアイアンでも飛距離を出したい方には、非常に頼れる『武器』になってくれるのではないでしょうか?


テーラーメイド ボストンバッグ

テーラーメイド ゴルフボール TP RED

テーラーメイド レインウェア


AX