Hatena::ブログ(Diary)

ゴルフクラブ試打日記



最新のゴルフクラブ試打日記

2008-02-26 パワービルト モメンタムサインXP アイアンを試打

[]モメンタムサインXP アイアン

f:id:golfdaisuki:20080226193334j:image

今日はこのクラブを試打しました。

試打クラブパワービルト モメンタムサインXP アイアンの7番です。





f:id:golfdaisuki:20080226193717j:image

シャフトはカーボン モメンタム サインXP オリジナル です。


ロフトは29度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはSR、キックポイントは中調子です。



『パワービルト』といえば、最近はあまり見かけなくなったような気がするのですが、私がゴルフを始めた頃はとても『メジャー』で、よく見かけていました。



『パーシモンドライバー』や『軟鉄鍛造アイアン』など名品揃いでした。



現在では『杉原 輝男』選手を真っ先に思い浮かべますが、昔は『青木 功』選手も『パワービルト』のクラブを愛用していて、数多くの試合で勝利を挙げていました。



それにゴルフ漫画の名作『あした天気になあれ』の『向 太陽』選手も、『パワービルト』のアイアンを使っていて、彼のようになりたいと思っていた私も真似をして、『サスティナー』というアイアンを一時期使っていました。



今では考えられないほどの『高重心』で『芯』も小さく『シャープ』で、ものすごく難しいクラブでしたが、たまに『芯』を喰って『ナイスショット』した時の快感は今でも忘れられません。



だから、今日久しぶりに『パワービルト』のクラブに出会えて、とても懐かしくて嬉しく思いました。

もっとこのメーカーのクラブに接することができたらいいなあ・・・・。と思いました。



f:id:golfdaisuki:20080227014320j:image

このクラブを見たときに、やはり最近の風潮というか流行だからでしょうか?



昔の『マッスルバック』ではなく、『彫りの深い』キャビティですが、おかしなデザインではないので、『パワービルト』らしい『名品』といった雰囲気が伝わってきました。



素振りをしてみると、とても軽くて振りやすいと思いました。



アイアンでは『カーボンシャフト』は苦手なのですが、このメーカーのクラブに出会えただけで、とても感激していた私は『スチール』でなくてもいい。手にするだけで幸せ・・・・・。と思っていました。




f:id:golfdaisuki:20080227015111j:image

構えた感じは、『グース』も小さくとても構えやすくて、目標に対してすんなりとセットアップできました。



ほんの少し『面長』な感じがしましたが、それによる『球のつかまりづらさ』や『構えづらさ』を感じることはありませんでした。



『パワービルト』のアイアンを手にすることができた喜びがすごく大きくて、とても興奮している自分に気がつきました。





試打を開始しました。



不思議なことに、1球目から『芯』を喰って『ナイスショット』を打つことができました。



カーボンシャフトを装着しているアイアンだと、1球目から『ナイスショット』ということは、ほとんどないのですが、今日の私は『テンション』がかなり高くなっていて、こういったところも『ナイスショット』の大きな要因になっているのかな?などと考えていました。




f:id:golfdaisuki:20080227020613j:image

かなり『打感』が良く、柔らかさを感じました。



『重めの打感』というよりは、明らかに『軽めの打感』といえるように感じたのですが、かなり私は好感を持ちました。



『軟鉄鍛造』のあの感触とは違いますが、こういった『ポケキャビ』アイアンの中でも、抜群にいい『打感』だと思いました。



さすがは『パワービルト』だ・・・・・。と思うと同時に昔、毎日懸命に球を打ち続けていた頃を思い出していました。




『飛距離』もかなり出やすいといっていいのではないでしょうか?



『ハードヒッター』というよりは、『スウィンガー』タイプの方にはかなり大きな恩恵を得られるクラブといってもいいのではないでしょうか?



軽〜く、振っていく感じでボールは遠くに飛んでいきます。

ロフト』が立っていることも、飛ぶ原因のひとつだとは思ったのですが、それ以外にもなにか大きな秘密がありそうな気がしてきました。



シャフトもこのアイアンにマッチしているようです。





f:id:golfdaisuki:20080227021720j:image

『球の上がりやすさ』という点でも、私はすごく上がりやすいと感じました。



よく見ると、『ソール』の部分に何か『タングステン』のようなものが『コンポジット』されているように見えるのですが、これが『低重心化』して、『上がりやすさ』につながっているのでしょうか?



『ソール幅』が厚すぎないので、私はとても扱いやすい感じがします。



アイアンでは見た目の『シャープさ』が、私はとても大切だと思うのですが、このアイアンはそういったところも損なうことなく、『球の上がりやすさ』という点で、大きく『性能アップ』しているように感じました。



『ダウンブロー』が苦手な方でも、この『上がりやすさ』を体感しやすいのではないでしょうか?




『操作性』という点では、私にはこの『軽さ』からか、やや難しく感じてしまったのですが、今度『スチール』を装着しているモデルを見つけたら、是非また『トライ』したいと思いました。




『安定性』という点では、思っていた以上に高いと思いました。

打つ前はもっと、球が暴れやすいのかな?とも思っていたのですが、思っていたよりも球が安定している感じを受けました。



ヘッドやシャフトにも、すごい工夫がなされているのではないでしょうか?



見た目以上に『ハイレベル』で素晴らしいクラブだと思いました。



これからも『パワービルト』のクラブにもっともっと接していきたい・・・。と思いました。

そして、昔のような『勢い』を取り戻して欲しい・・・・。と思いました。


G−SHOCK SRIXON リミテッドモデル

ゼクシオ ウエストサポートベルト(腰)

スリクソン ナイロンボストンバッグ

スリクソン トランクロッカー(大)


AX

Connection: close