Hatena::ブログ(Diary)

ゴルフクラブ試打日記



最新のゴルフクラブ試打日記

2008-05-23 テーラーメイド r7 CGB MAX RESCUE を試打

[]r7 CGB MAX RESCUE 

f:id:golfdaisuki:20080523103344j:image

今日はこのクラブを試打しました。

試打クラブテーラーメイド r7 CGB MAX RESCUE の4番です。





f:id:golfdaisuki:20080523104104j:image

シャフトはRE*AX SUPERFAST CGB MAXです。


ロフトは22度、クラブ長さは39.5インチ、シャフトフレックスはR、バランスはD0、トルクは3.0、キックポイントは先調子、クラブ総重量は340gです。




テーラーメイドのユーティリティクラブは久しぶりです。



このクラブを見たとき、フェアウェイウッドのように見えていたのですが、クラブ別の分類でいうと『ユーティリティクラブのウッド型』になるのだそうです。




f:id:golfdaisuki:20080523114353j:image

このクラブの『第一印象』つまり『ソール側』から見ると、これまでの『レスキュー』同様、精悍でカッコいい印象だったのですが、こうして『クラウン部分』から見てみると、その『異型』『変形』ぶりがすごく目につきます。



正直、「あまりカッコ良くないなあ・・・・・。」と思いました。



しかし、この形にするのにはドライバー同様、様々な理由があるのだろう・・・・。と思いました。



素振りをしてみると、『カーボンシャフト』と、このクラブの短さからでしょうか?

かなり軽く感じました。



『ヘッドの効き』も弱く、かなり苦戦しそうだ・・・・。と思いました。




f:id:golfdaisuki:20080523115544j:image

ボールを前にして構えてみても、やはりその『異型』ぶりがすごく目につきます。



『異型』が目立つと同時に、その『グースの度合い』の大きさがすごく気になりました。

球がつかまりすぎて、全部左へ引っかけそうです。



形が馴染めないのと同時に、この『赤色』がその『異型ぶり』をさらに目立たせ、助長しているように感じました。



これがもし『黒色』だったら、少しはこの『異型』が目立たなくなるのかな?と思いました。



しかし、これはあくまでも『r7 CGB MAX』シリーズのクラブだから、この色になっているんだろう・・・・。と思いました。




試打を開始しました。



f:id:golfdaisuki:20080523120833j:image

試打してみて、まず感じたのが、その『球のバラつきの多さ』です。



この『軽量感』と『ヘッドの効きの弱さ』などから、予め難しそうな印象を受けていたのですが、実際に打ってみると、その通りでした。



タイミングも合いづらく、『打点』もバラついてしまいました。

シャフトもかなり柔らかく感じました。



このクラブは、ヘッドの形状からみても、『異型ドライバー』同様、多少『ミスヒット』しても、それがミスにならないよう工夫されているのだろう・・・・・。と思ったのですが、正直私が打ってみると球は曲がってしまいました。



『ヘッド形状の工夫』も大事ですが、やはりクラブには、『重量』『バランス』『シャフト』の方がもっと大事なんだ・・・・。と改めて思いました。



いくら『異型ヘッド』にして、設計上ボールが曲がりにくくなったとしても、やはり自分に合わないスペックだと、どうにもならない・・・。と実感しました。



すごく当たり前のことなのですが・・・・・。



しかし、これは軽くて、柔らかく、『異型クラブ』を打ちこなせない、私の技術の未熟さも大きな原因だと思いました。



私のよく知っている『レッスンプロ』は、男性用クラブでも女性用クラブでも、上手に打ちこなせていて、それを見るたびに感心させられるのですが、残念ながら私にはそういった『技術』や『適応能力の高さ』がありません。



一度『苦手意識』をもってしまうと、なかなかそれを克服することができなくて歯がゆい気持ちになってしまいます。




f:id:golfdaisuki:20080523122326j:image

『球の上がりやすさ』という点では、申し分ないほどの上がりやすさだと思いました。

というか、私には正直『上がり過ぎ』のように感じられました。



このヘッドとシャフトの性能により、かなり上がりやすくなっている感じがしました。



ロフト22度』ということは、フェアウェイウッドでいうと、クラブにもよりますが昔なら『バフィ』、最近なら『7番ウッド』くらいで、アイアンでいうと『4番』から『5番』くらいでしょうか?



最近のクラブはモデルによって、同じ番手でも大きく『ロフト』が違ってきているので、一慨にはいえませんが・・・・。



ユーティリティクラブで高さを出して、ボールを飛ばしていきたい・・・・。と感じておられる方にも、この高さは満足できるレベルにあるのではないでしょうか?



しかし、普段から『スチールシャフト』を愛用されている方には、上がりすぎてしまうのではないでしょうか?



球が上がりすぎて、コントロールしづらく感じられるのではないでしょうか?




f:id:golfdaisuki:20080523122327j:image

『打感』は、かなり物足りない感じがしました。



『硬い』とか『柔らかい』というのではなく、『インパクトした感覚』が伝わってこない・・・。というか、『球の重さ』を感じられず、かなり不満足な感じがしました。



『インパクトの感覚』が伝わりにくいので、今打った自分のショットの分析もしづらいですし、球を揃えていきづらく感じました。



そういった意味では、私にとってはすごく難しいクラブだと思いました。



球をコントロールできず、『出たとこ勝負』といったところでしょうか?

練習場では打てても、コースではなかなか怖くて使えない感じがしました。




f:id:golfdaisuki:20080523122328j:image

『飛距離』でいうと、私はあまりいい感じがしませんでした。



もちろん、決して飛ばないとは思わないのですが、『球質の軽さ』というか、風にも弱そうですし、高く上がっておしまい・・・・・。という感じもしました。



そして、なにより球が左右にバラけてしまうので、そういったところにも、このクラブの『物足りなさ』を感じる原因なのだと思いました。



『叩いて』いくタイプのゴルファーの方には向かないような気がしました。



よく、インパクトを『点』や『線』であらわしたりしますが、『線』のイメージの方が、曲がりづらいと思いますし、このようなクラブにも『線』のイメージの方が高い安定度を得ることができるのではないでしょうか?




f:id:golfdaisuki:20080523122329j:image

『操作性』という点では、先ほどから書いている通り、私にはかなりコントロールしづらいクラブだと思いました。



それは『クラブ全体の軽さ』『ヘッドバランスの弱さ』『シャフトの軽さ・柔らかさ』などからくるものだと思いましたし、見た目の印象も大きく影響していると思いました。



普段なら「右に曲げてみよう・・・。とか、左に曲げてみよう・・・。などと思うのですが、このクラブを打つとき、そういった感じはしませんでした。



それはこの見た目から、構えた時にどのような球がでるかイメージしづらいからだ・・・。と強く思いました。



「打ってみなければわからない・・・・・・。」というのが正直な私の感想です。



実際に打ってみると、どちらかというと『フック系』の球が出やすいように思いました。

やや球がつかまり過ぎる感じです。





f:id:golfdaisuki:20080523122330j:image

今日、試打したクラブは『カーボンシャフト』であり、私はかなり難しく感じてしまったのですが、店員さんの話によると、『スチールシャフト』もラインアップされているそうなので、今度はそちらも試してみたい・・・・・。と思いました。



『スチールシャフト』なら、もっと違った結果になるのでは・・・・?と正直思いました。



このクラブは、はっきり言って私には合わず、このクラブの良さを感じることがなかなかできなかったのですが、普段からアイアンやユーティリティクラブにも『カーボンシャフト』を使っていて、軽くて柔らかいクラブに馴染んでおられる方にはかなり易しく感じられるのではないでしょうか?



多分メーカーもそういったゴルファーの方を対象に設計しているのではないでしょうか?



ユーティリティクラブとフェアウェイウッドの違いはありますが、同じ『テーラーメイド』でも、私は以前試打した『Vスチール』が、あまりにも良かったので、そちらの方が使いやすいと思いました。



テーラーメイド』は私の大好きなメーカーですが、このクラブは正直私には合いませんでした。



新商品の出る『サイクルの速さ世界一』のテーラーメイドの次回作に期待したいと思いました。


リラックマ ゴルフグッズ

ナイキ 08 アスレチック キャディバッグ

SRIXON USA Z−RW ドライバー

スリクソン US PRO 100 3−P

キャロウェイ X プロトタイプ アイアン

ナイキ OZ Black パター T160


AX

Connection: close