Hatena::ブログ(Diary)

ゴルフクラブ試打日記



最新のゴルフクラブ試打日記

2008-10-01 テーラーメイド バーナー フォージド アイアン を試打

[]バーナー フォージド アイアン 

f:id:golfdaisuki:20081001173134j:image

今日はこのクラブを試打しました。

試打クラブテーラーメイド バーナー フォージド アイアンの7番 です。





f:id:golfdaisuki:20081001173405j:image

シャフトはNS PRO 950GHです。


ロフトは33度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはS、トルクは1.9、シャフト重量は98g、バランスはD1、キックポイントは中調子です。




またもテーラーメイドの新しいアイアンです。



このアイアンはそれまでのものよりも、美しさが際だっている感じがしました。




f:id:golfdaisuki:20081002000554j:image

この角度から見ると、黒光りがとても美しくて『様になっている』と感じました。



この美しさはつい先日試打したばかりの『スリクソン ZR−30アイアン』を思い出しましたし、以前長いこと愛用していた『ツアーステージ MR−23ユーティリティ』をも思い出させてくれました。



アイアンは『シルバー』というか、そういった色がスタンダードだとは思うのですが、こういった色もとても締まって見えてとても好きです。



すごくいいもんだなあ・・・・・。と思いました。



この『色』といい、『光沢の美しさ』といい、『溝のシャープさ』といい、高級感溢れるアイアンだと思いました。



「大切に使わなきゃなあ・・・・。」と思わせてくれるアイアンだと思いました。



アイアンを買って、打ち始めの時は『ソール』や『フェース』に傷がつかないか、ついつい気になってしまうものですが、このアイアンはさらに気になってしまいそうだ・・・・。と思いました。




f:id:golfdaisuki:20081002003035j:image

構えてみても、とてもいい感じです。




f:id:golfdaisuki:20081002013657j:image

『セミグース』とでもいうのでしょうか?

ほんのちょっと『グース』も目につくのですが、それほど気になりません。



もともとのコンパクトなヘッド形状に加え、この色なので余計にヘッドが締まって見えますし、その相乗効果とでもいうのでしょうか?



ボールが大きく見える感じがするので、ターゲットに対してとても狙って行きやすく感じさせてくれます。



目で美しさを感じさせてくれるクラブであり、この『構えやすさ』から『安心感』をも与えてくれるクラブだと思いました。



素振りをしてみると、やはり『軽量スチール』のせいか(今ではこれが標準といえるのかもしれませんが)、やや軽く、バランス的にも、もう少しかな・・・・・?と思ったので、『ダイナミックゴールド』装着モデルがないか店員さんに尋ねたのですが、このアイアンは『NS PRO』が『標準装備』ということらしいので、このモデルで試打してみることにしました。



だんだんと『ダイナミックゴールド』の姿が見えなくなるのは、寂しい感じがしました。

これが世の中の流れなのでしょうか?



ヘッドがもっと効いていた方がタイミングが合いやすい感じがしました。




しかし、それはこのアイアンに限らず他のアイアンの『NS PRO装着モデル』にも共通していえることなので、私が慣れていくしかない・・・・・。と思いました。




試打を開始しました。



最初の4球ほど、ややトップ目の当たりが出てしまったのですが、それ以降だんだんと慣れてきて『芯』に当たるようになり『いい感じ』になってきました。



見た目が好きになれないクラブだと、最初の2〜3球ほどで打つのを止めてしまうこともあるのですが、このアイアンはとても美しいので、すぐに諦める気はしませんでした。




f:id:golfdaisuki:20081002004129j:image

まず感じたのが、その『打感の良さ』です。



「美しいクラブはやはり打感も良くなってくるのだろうか・・・・・?」などと考えていました。



f:id:golfdaisuki:20081002004351j:image

『FORGED』の文字が『ホーゼル』部分に刻印されています。



やはりいつになっても『鍛造品』はいいもんだ・・・・。と思いましたし、これからもなくなって欲しくないと思いました。



私は最初、この『バックフェース』に配置されている、この『○』の部分が、『打感』を良くしているのかと思っていたのですが、練習場のショップの店員さんの説明によると、この『○』は『打感』というよりは、むしろミスヒットしたときのボール初速の減少を抑え、飛距離のバラつきを抑える効果があるのだそうです。



実際に打ってみて、私はそれほどの効果があるような感じはそれほどしなかったのですが、それは私の感性が鈍いせいなので仕方がないことなのかもしれません。



テーラーメイドの深い研究心と開発努力にはいつも感心させられるのですが、正直この『○』がこれ以降のモデルにも反映されるかは疑問ですし、流行にはならないような気がしました。



ゴルフ用品業界は、ひとつのメーカーが素晴らしい技術やアイデアを発表すると、他のメーカーもそれに追随する形がよくありますが、このアイアンのこういった工夫はそれほどの『トレンド』ではないような気がしました。





f:id:golfdaisuki:20081002005504j:image

ボールもとてもいい感じで上がってくれます。



ロフト』が『33度』というのは、私にとっては『ストロングロフト』なのですが、『NS PRO』という、球が上がりやすいシャフトのおかげか、とてもよく球が上がってくれていい軌道を描いてボールが飛んでいきます。



『上がりすぎない高弾道』という感じでしょうか?



ちょっと曖昧な表現なのですが、私は打ってみてそういった感想を持ちました。



シャープな感じのするアイアンが好きだけども、軽めのアイアンでボールを高く上げて、『打感』にもこだわりたい・・・・・。といわれる『中・上級者』の方にもすんなりと受け入れられやすいのではないでしょうか?



上手くボールが拾いやすい感じがしましたし、若干『グース』がついているからでしょうか?



『球のつかまり』もとてもいいように感じられました。



『ストレートネック』が苦手だ・・・・・。といわれる方にもマッチしそうです。



見た目のシャープさから、初級者の方は敬遠されるかもしれませんが、かなり打ちやすいアイアンだと思いますので、私はむしろそういった方にも一度手にされることを薦めてみたい・・・・。と思いました。



私の会社の後輩たちにも薦めてみようと思います。





f:id:golfdaisuki:20081002010149j:image

『操作性』という点でも、私は楽しく左右に曲げる球を打つ練習をすることができました。



しかし、やはりこの『軽さ』と『シャフトの特性』とでもいうのでしょうか?



低く抑えた球を打つのがやや難しく感じてしまいました。



普通に打つとどうしても高く上がっていく感じです。



そういった点では少し不安に感じたのですが、高い弾道を打っていきたい方にはむしろいいのかもしれません。



私がもし、このアイアンをコースで使うなら重量を増やし(多分リシャフト)、バランス調整をして自分流にカスタマイズすると思います。



ただ、そういったことを除けばこのアイアンはとても『扱いやすい』部類のアイアンに入る感じがしました。




f:id:golfdaisuki:20081002011318j:image

『飛距離』という点では、最近のアイアンの中では『標準的』な感じでしょうか?



『飛ぶアイアン』とはいえないかもしれませんが、私のアイアンよりは確実に4〜5ヤード位はキャリーが伸びているような感じがします。



私は飛び過ぎるアイアンは、決してコースで使うことはありませんが、このアイアンなら使ってみるのも面白いなあ・・・・・。と思いました。



この『重量感』などに慣れていないので、月例などの競技ではなく、まずは友人たちとの『プライベートラウンド』で試してみたい感じがしました。



リーディングエッジ』をなかなか鋭い感じもしますので、実際にコースでもうまく『ターフ』を取ってくれるんだろうなあ・・・・・。と思いました。




f:id:golfdaisuki:20081002012005j:image

『安定性』という点でも、このクラスの重量のアイアンの中ではとても高いレベルにあるといってもいいのではないでしょうか?



やはりある程度のミスヒットには強い感じがしました。



ただ、これまでの『巨大な』アイアンほどの『慣性モーメント』はないように思いますし、ある程度の『ミート率』も要求されるのは事実だと思います。



私が今日、打っていて特に気に入ったのは『フェース真ん中からややヒール目』にボールをヒットしても強い打球が打てたことです。



昔のアイアンはそういったことが当たり前で、私たちもわざと『フェース真ん中』でボールをヒットするのではなく、ほんの数ミリ『ヒール目』に当てて強い球を打つ練習をしていたものです。



ドライバーなどは『フェース真ん中』よりも『ややトゥ寄り』の方が、若干飛距離が伸びる・・・・。というのを何かの雑誌で読んだ記憶があるのですが、アイアンは『トゥ』よりは『ヒール』気味の方が強い球が打てる・・・・。とこれまでの経験上、強く感じます。



ただ、この練習をあまりやりすぎると『シャンク病』にかかってしまう危険性もあるのですが・・・・・。




f:id:golfdaisuki:20081002013014j:image

このアイアンはこういった形状からも、様々な『ハイテク』が組み込まれているアイアンなのだと思うのですが、何だか『国産メーカー』のアイアンのような『品の良さ』というか『質の高さ』というか『キメの細やかさ』というか『繊細さ』を感じました。




私の友人に国産の、しかもあるメーカーしか使わない・・・・・。という人がいるのですが、彼にも一度このアイアンを薦めてみよう・・・・・。と思いました。



頑なだった彼の心の氷が溶け出してくるかもしれません・・・・・。



それくらいのいいアイアンだと思いました。



私は最近、テーラーメイドのアイアンをよく試打していますが、このアイアンはそれらの中で間違いないく『No.1』だと思いました。


テーラーメイド r7 リミテッド ドライバー

ミズノ MP600ドライバー

Tour Ege(ツアーエッジ) EXOTICS(エキゾティック)XCG ドライバー

ゼクシオ アイアン MP500 カスタムカラー

フォーティーン MT−28 V4ウェッジ

ツアーステージ ビジネストラベルキャリーバッグ BBTB70

MLBパワフルスイング ドライバーサイズ


AX

ハルパパハルパパ 2008/12/19 23:14 golfdaisukiさん、はじめまして。

いつも楽しく拝見させていただいております。
この評価を参考にさせていただいて、バーナーフォージド購入してしまいました。

まだ100を切ったばかりの甘っちょろい輩ですが、このクラブが使いこなせるよう精進したいと思ってます。

これからも豊富な経験と技能に裏づけされたレポート楽しみにしてます!

golfdaisukigolfdaisuki 2008/12/19 23:28 ハルパパさん、はじめまして。

私の記事を読んで下さり、誠にありがとうございます。

とてもいいアイアンを選ばれましたね!

これからたくさんのナイスショットを放つことができるでしょう。

ハルパパさんがこれからも益々上達されますことをお祈りいたしております。

これからもお時間がありましたら、お付き合い頂けると嬉しく思います。