Hatena::ブログ(Diary)

ゴルフクラブ試打日記



最新のゴルフクラブ試打日記

2009-03-25 テーラーメイド R9 フェアウェイウッド を試打

[]R9 フェアウェイウッド

f:id:golfdaisuki:20090325152125j:image

今日はこのクラブを試打しました。

試打クラブテーラーメイド R9 フェアウェイウッド の5番 です。





f:id:golfdaisuki:20090325152424j:image

シャフトはMotoreです。


ロフトは19度、クラブ長さは42.5インチ、シャフトフレックスはR、トルクは4.8、シャフト重量は52g、バランスはD1、キックポイントは中調子、クラブ総重量は324gです。




f:id:golfdaisuki:20090325161017j:image

テーラーメイドの新しいフェアウェイウッドです。



『R9』シリーズのクリークです。




f:id:golfdaisuki:20090325161316j:image

何と驚いたことに、このフェアウェイウッドもドライバー同様、自分に合わせて調整できるようになっています。



『FCT』というシステムなのだそうですが、おそらくフェアウェイウッドでは、初めての試みではないでしょうか?



こういったところに、テーラーメイドの徹底ぶりが伺えます。



今後、こういったシステムは『進化』していくと思いますが、『定着』していくかは疑問に感じます。




f:id:golfdaisuki:20090325162340j:image

今日はドライバーと同じく、『N(ニュートラルポジション)』のまま試打をしてみることにしました。



素振りをすると、かなり軽くは感じられたのですが、『難しさ』を感じるほどではありませんでした。




f:id:golfdaisuki:20090325163032j:image

ボールを前にして構えてみると、この独特の『トライアングルヘッド』に目を奪われました。



『美しい顔』ではありませんが、構えづらい感じはしませんでした。



リーディングエッジ』が前に出ている、いわゆる『出っ歯形状』のようにも見え、球が拾いやすそうな感じがしました。



何となく、真っ直ぐ飛ばせそうな気もしてきました。



試打を開始しました。



f:id:golfdaisuki:20090325164358j:image

まず感じたのが、その球の『拾いやすさ』『上がりやすさ』です。



かなりいい感じで、ボールをフェースに乗せていける感じがします。



球もいい感じであがってくれますし、全く打ちづらくありません。



『ヘッドの抜け』もよく、抵抗感も感じません。



すごく打ちやすいクリークだと思いました。




f:id:golfdaisuki:20090325171649j:image

『打感』も、ソフトな感じがして好感がもてました。


いい感触が手に残ります。



何球打っても、いい感じしかしませんでした。




f:id:golfdaisuki:20090325171929j:image

『音』も打感同様、とてもいい感じです。



『耳に優しい音』だと思いました。



見た目以上に『フィーリング性能』が高いフェアウェイウッドだと思います。




f:id:golfdaisuki:20090325172837j:image

『安定性』は、かなり高いものを感じました。



このスペックだと、正直私には少し難しい感じもしていたのですが、それを含めてもかなり『直進性』の高いフェアウェイウッドだと思いました。



『異型ヘッド』である、『トライアングルヘッド』が大きく影響しているのでしょうか?



この『軽さ』『ヘッドの効き』『軟らかさ』から、もう少しボールが暴れそうな感じもしていたのですが、結構まとめていきやすいクラブだと思いました。



余計なことをせずに、普通に打っていく感じが私にはいいと思いました。



今日は『Nポジション』ですが、このフェアウェイウッドに関しては、ポジションを変える必要もないように感じました。



このままの形が一番いいように感じられました。

ただ、これはやはり人によって『千差万別』ですので、いろいろな好みに別れると思います。




f:id:golfdaisuki:20090325173445j:image

『操作性』という点でも、私はまずまずの好感触を得ることができました。



『フック』や『スライス』も打てましたが、極端すぎる曲がりは出づらい感じがしました。



この『小顔』ではありますが、『直進性』が強く感じられたので、『曲がりにくさ』も感じられたせいか、『曲がり幅』を抑えてボールを運んでいける感じがしました。



この『N』のままで、じゅうぶん扱いやすい感じがしたので、やはりポジションを変えると、弾道も変えられるのでしょうが、逆に『打ちづらさ』が出てしまいそうな気がしました。



あくまでも、私の感想なのですが、あまりチューニングし過ぎない方がいいような気もします。



ドライバーほどの『利便性』はないのかもしれません。



それよりも自分に合った『重量』『ライ角』『トルク』『フレックス』『バランス』のクラブをこれまで通り選択していった方が得策のような気もします。




f:id:golfdaisuki:20090325174307j:image

『飛距離性能』という点では、それほど『群を抜いている』感じはしませんでしたが、決して『飛ばないクリーク』ではありません。



いい感じで距離も稼いでいってくれます。



しかし、それよりもやはり先ほども書きましたが、このクラブは『球の拾いやすさ』に私は大きな魅力を感じました。



フェアウェイウッドに苦手意識を持っておられる方は、一度手にされてみるのもいいのではないでしょうか?



『ティアップ』しないで、マットの上からでもよく『ソール』が滑ってくれますし、『フェース』がボールを拾ってくれる感じがします。



ドライバーだけでなく、フェアウェイウッドでも『弾道をチューニング』したい・・・・・。と考えておられる方も多いと思いますが、私はそれほど大きなメリットではないような気も正直しました。




f:id:golfdaisuki:20090325174847j:image

テーラーメイド』というメーカーは、やはり私たちゴルファーをいい意味で驚かせてくれるメーカーだと思いました。



フェアウェイウッドに、このようなシステムが搭載されていることに私は驚いたからです。



以前『R9』ドライバーを試打したときに、



「いずれフェアウェイウッドでもこのようなシステムが・・・・・・。」



と考えなかったわけでもありませんでしたが、ドライバーよりもメリットは小さいから、発売されないだろう・・・・。と思っていました。



それをやってくるテーラーメイドはさすがです。



いずれ、アイアンやウェッジ、パターまで、こういったシステムが登場してくるのでしょうか?



可能性は十分にあると思います。




f:id:golfdaisuki:20090325175308j:image

テーラーメイドらしい、『発想の斬新さ・柔軟さ』『思いっきりの良さ』『技術力の高さ』を今日私は感じることができました。



『ブームの火付け役・先駆者』というイメージもありますし、この『R9』のドライバーやフェアウェイウッドは、決して『完成形』ではないと思いますし、これからも進化していくと思います。



構えた時にそれほどの『美しさ』を感じられず、私は少し不満も持っていたのですが、それをカバーする他の性能の高さだと思いました。



この『トライアングルヘッド』に魅力を感じられる方も多いと思いますし、見た目以上に打ちやすいヘッドなので、様々なゴルファーに幅広く対応してくれるクラブだと思いました。


野球日本代表 JAPANロゴ入りキャディバッグ 

野球日本代表 ヘッドカバー

ナイキ ゴルフシューズ エアズームベイパー

VIVA HEART ゴルフグッズ

THE DOG ヘッドカバー

ナイキ ゴルフソックス エリート


AX

大阪koji大阪koji 2009/03/26 12:46 golfdaisuki様

大阪kojiです。こんにちわ。

R9-FWですが、ずいぶんと「ハイ・トルク」仕様になっていますね。個人的には以前golfdaisuki様が試打レポートされている「Vスチール」のような「ロー・トルク」仕様の方が低い強弾道&方向性安定志向で好みです。
私のホームコースは強風の日が多いので、スコアを崩さないよう低弾道のクセが付いていております。
では、失礼します。

golfdaisukigolfdaisuki 2009/03/27 00:02 大阪koji様。こんばんは。

私も大阪koji様のご意見に賛成です。
やはりトルクが多すぎると難しくなってしまいますね。

今回、私が試打した時、ほかのスペックのクラブを探したのですが、あいにくこれしか残っていなかったので少し残念に思います。

また機会があれば、違ったスペックのものを試してみたいと思います。

この度はコメントを寄せて頂きまして誠にありがとうございました。

それでは失礼します。