ビジネス本を読む このページをアンテナに追加

プロフィール

gombe

仕事やスキルアップにつながる本を読んで紹介するブログです。

2013-06-15

やらなくてはならないことをちゃんとやるには

22:36

久々の更新です。そして、久々にいいな、と思った本です。




スタンフォードの自分を変える教室

スタンフォードの自分を変える教室





スタンフォードの自分を変える教室

ケリー・マクゴニカル 著、 神埼 朗子 訳

大和書房、 1600円+税





◎読んだ理由

話題書ということで、本屋で平積みにされていたので手にとってみました。皆さんも目にしたことがあるのではないでしょうか。







◎本の内容







〇やらなくてはならないことをやる力!

自分を変える、という本書のタイトル。ではどう変えるかというと、次の3つの力を手に入れる方法を本書では教えてくれます。それは、やる力、やらない力、望む力の3つです。わかりにくいと思うので補足しますと、”やる力”の”やる”、とはやらなくてはならないことをちゃんとやる、という意味です。たとえば、運動、勉強、本を読むこと、これをちゃんとできるのが”やる力”。反対に、”やらない力”の例は、たばこ、浪費、不摂生、を”やらない”こと。ですしかし、これらをやる・やらないにしても、ちゃんと正しい望みをもっていなければ始まりません。そのために必要なのが”望む力”です。







正しい望みを持って、それをちゃんと実行し、やってはならないことをやらないでいられる。そうすれば、自分が変われる、というのが、本書の趣旨なのです。








根性論ではない、科学的に説明してくれる

さて、やらないとだめなのについつい怠けてしまう、それを直そうと思うと、”意志が弱いからだ”や”私はダメなタイプだから”といった、根性論といいますか、感情が中心の話になりがちです。そこを本書は、統計や体内の状態、心理学といった科学的な根拠から、改善してくれます(著者のケリー・マクゴニカル教授の専門は、健康心理学です)。原因も対策もちゃんと根拠に基づいて説明してくれます。たとえば、人間は将来の自分を過大評価して考える傾向にあるそうです。夏休みの宿題なんてわかりやすいですね。”来週やればいい”、と思いがちですが、今週できなかったのに来週の自分にはできるとなぜか思ってしまう。結果、夏の終わりには残った宿題が山積みになってしまいます。たばこも、”いいや、来週からやめれば”、となるのです。








人間にこういう傾向があることを知っているだけでも、私たちの行動が変わってきそうですが、本書ではちゃんと対策も紹介してくれます。たとえば、10分待つをルールにすること。たばこをすいたくなったら10分我慢、10分は短いように思えますが、こうやって10分待つとそのままやらずにいられるのです。やってはならないことをやってしまう、というのは衝動的な思いであることを逆手にとっています。スタンフォード大学でこの講義の受講生の84%が以前より意志力が強くなった、と解答しているその力を、みなさんも感じてみませんか。








◎私への影響

私はそもそも、本はよく読むし、割と克己心があるような気がします。そもそも、本書を自主的に読むような人には、本書は必要ないのかもしれないという、パラドックスを感じてしまいます。。。それでも、人間はついつい甘えてしまう・怠けてしまう、という傾向があることとその理由を、本書で知ることができてよかったと感じています。さ、これからも機会を見つけてちゃんとブログを更新しなくては!









◎その他

私事ですが、転職をしました。仕事って、やりたい仕事に就くのも難しいけれど、退職するのもまた難しい、そんなことを感じました。精神的にも、時間的にも余裕がないのですが、ちゃんと本を読むことは継続していますので、言い訳せずに時間を見つけてはブログを更新したいと思っています。







今回紹介した本は、ケリー・マクゴニカル著 神埼朗子訳『スタンフォードの自分を変える教室』でした!

2012-10-04

決算短信が読めるようになりました!

| 22:41

そういえば勝間和代さんは、大学生時代に公認会計士の資格を取られたんでしたね。




決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール

決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール





決算書の暗号を解け!

 ダメ株を見破る投資のルール」

勝間 和代、ランダムハウス講談社

1,600円+税







◎読んだ理由

給料からいくらかを株に投資しているため、決算書の読み方を勉強したいと考えていました。そういった本を探している中で当書と出会いました。







◎本の内容








〇2重の目線で決算書のどこを見ればよいかがわかる

当書では、まず、貸借対照表損益計算書キャッシュフロー計算書それぞれの見方を解説した後、投資家目線会計士目線の2つの視点から決算書の見方を教えてくれています。どうちがうかというと、投資家目線株式投資を考えたときにどうか、会計士目線=決算書類にごまかしはないか、という違いです。決算書類にごまかし、というと不正経理を思い浮かべますが、それだけではありません。決算書類は一定のルールに従っていれば、細かいところは割りと融通が利くので、なるべく利益を大きく見せたい、またはその逆に、なるべく利益を少なくしたい(儲かりすぎている場合)という思惑も、決算書類を作る側の会社には存在するのです。そして、それはある程度は見抜くことができます。当書を読んで決算書類の見方がわかり、決算書類ってこんなに面白いんだ、と思うことができました。









〇読み取り方の例

では、当書で出てくる決算書類の読み取り方をいくつか挙げてみます。

貸借対照表負債の部は、悪いものばかりが載っているわけではない。”〇〇引当金”や”前受〇〇”は将来の備えや利益であり、ないと困るものである。引当金を計上していないような場合は、今はよくとも将来困る貸借対照表の基本的考え方)。

法人税は通常であれば、利益の40%ほど、ということは、税引き後には60%の当期純利益が残る。決算短信の通期予想で、最終利益が経常利益の60%よりも低いのであれば、その会社は何らかの形で特別損失を計上するつもりでいるはずだ(投資家目線)。

減価償却は、建物は定額法、それ以外は定率法が通常。原価償却の期間が長かったり、定率法でなく定額法を使っている(定率法の方が初期の減価償却の額が大きい)場合、ゆっくり償却できるから、会社が儲かっているように見せることができる。逆に減価償却の期間を短くしていれば、早めに費用計上していることになるが、それで利益が出せているのであれば健全な財務状況である。

上記は、私の解釈もちょっと加わっていますが、こんな感じでしょう。当書では、会社名は伏せられていますが、実際の決算書類を使って、ここがどう、これはこう読むべき、という解説をしてくれます。










勝間和代が嫌いな方も是非!

失礼かもしれませんが、勝間和代さんが書かれているコンサルタント系・自己啓発系の本よりも、当書の方が本当にわかりやすくて面白かったです。やっぱり会計士証券業務の方が彼女には向いているのかなぁ、なんてふと思いました。勝間和代がつがつした(体育会系な)感じが苦手、という方も、当書にはそういった側面は少ないのですんなり読めることでしょう。










◎私への影響

ということで、早速身近な会社の決算を見てみたりします。電機会社は決算悪い悪いっていうけど、実は営業赤字じゃなくて特損計上(有価証券評価損や固定資産特別償却)が響いてるのか、など改めてみるといろいろと考えさせられます。これを株に応用できるとよいのですが、決算が良い会社でも株価が上がるか下がるかは結局は博打みたいな面がありまして。。決算が悪い会社の株価はやっぱり悪いですが。










◎その他

雨が降ると思うのですが、ブーツが欲しい、と感じています。どういうブーツかというと、スーツに合うメンズのブーツです。スーツは革靴が基本なのですが、土砂降りになると革靴ではズボンの裾が濡れてしまうのです。靴下が濡れてしまったら、1日びちょびちょで過ごさなくてはなりません。特に雪国は、冬は融雪で道から水が飛び出してくるので需要はあると思うんです。でも、探してみるとスーツ用のブーツって少ないんですよね。どうしても、って人は、農作業用のだっさい長靴か、ちょっと小さい長靴を履いて間に合わせています。そこで、スーツに合わせても違和感のないブーツが欲しいと思うのです。将来的には、雨の日にはスーツにブーツが普通、くらいになればいいのになぁ、と思います。







このブログ、実は書籍名で検索してもヒットしないことが多いことに気付きました。なので、今回から最後にもう一度書籍名を書いておきたいと思います。今回紹介した本は、勝間和代さんの『決算書の暗号を解け!』でした!

2012-09-08

資格試験のための勉強方法 教えます

| 00:19

資格試験になかなか受からない・・・、という方に向けた本です。





短期合格者だけが知っている! 「一発合格!」勉強法

短期合格者だけが知っている! 「一発合格!」勉強法




「短期合格者だけが知っている!

 一発合格!勉強法

超速 太郎、日本実業出版社

1300円+税






◎読んだ理由

私もとある資格試験の勉強をしています。なかなか受からないので、こういった資格試験の勉強方法の本を読んでみました。








◎本の内容







資格試験勉強法は、受験勉強とは違う

私が当書を読んで一番思ったのは、資格試験の勉強は大学までの受験勉強と同じやり方ではだめなんだ、ということです。学校での勉強は、まずは教科書を読んで基礎を知って、ドリルや問題集で知識固め・応用力をつける、というやり方でした。しかしこのやり方は、そもそも勉強が学生の本分で、時間がたっぷりあったからこそできたのです。社会人になって時間がない中、これまでと同じやり方では受からない。その中で、資格試験に一発で合格するには、どうすればよいか。










当書に書かれていることは、問題集をやってから教科書を読む、という通常の逆のやり方にすることです。え、そんな、と思われるかもしれませんが、この方が知識が定着するのです。また他にも、資格学校の有効性も当書では指摘されています。お金がかかるかもしれませんが、だからこそ本気になる。独学でやった結果、資格試験に落ちてまた来年、となるのでは損失が大きいのです。他にもいろいろな効果的な勉強法が載っていますので、気になった方は是非当書を手にとってみてください。











〇成功するAさんと失敗するBさんの対比がわかりやすい

当書はストーリー形式で話が進むのですが、その中で、資格試験に順調に合格するAさんと何年も落ちているBさんが登場します(本の中ではちゃんとした名前があります)。この対比がわかりやすく、そして、私がこれまでやってきたやり方が、失敗ばかりのBさんと同じやり方だったのです!思い当たる節が多くて、どきっとしました。また、この手の資格試験勉強法の本には、著者だからできたのであって私には無理だ、と感じる勉強法が書かれていることがありますが、当書では奇抜な勉強法はかかれていません。社会人が勉強をするためのやり方を学べる、基礎的な本だと考えてください。









◎私への影響

私は法学部出身なので、法律系の資格を受けています。弁護士くらいすごい資格ではないのですが、なかなかこれが受からないのです。当書のやり方で勉強を進め、今年こそ頑張ります。







◎その他

では、今回は資格の話をしましょう。皆さんは資格はなにかとっていますか。仕事に忙しいという方もいらっしゃると思います。しかし、私は会社に入ってからなにがしか資格の勉強を続けています。資格を取って何かやりたいことがあるわけではないのですが、何もしていないのが不安で、ひとまずずっと勉強を続けています。

これからは英語、が重要ですよね。英語の勉強に当書の方法が活用できるかは難しいところです。英語を上達させるにはどうしたらよいでしょうか。私は会社が推奨していた英会話教室に参加してみたのですが、やっぱり話さないと英語は上達しないな、と実感しました。英会話教室はお金がかかりますので、海外の友人ができるといいと思い、今は割と国際交流にも興味があります。探してみると、いろいろな国際ボランティアがあるみたいですね。結局のところ、自分に本当にやる気があるのかどうか、やる気次第でいろんなことができるものです。ご自宅のテレビはBSは映りますか。BSでは海外の番組が多くやっているので、字幕日本語、音声英語で番組を見る、ということもやっています。有料放送でなく、無料で見られるやつでも結構やってますよ。私はBS258チャンネルのDlifeをテレビのリモコンに登録してあります。地上波のバラエティ番組を見るくらいなら、BSで英語の番組を見てみてはどうでしょうか

2012-07-15

ねこ背で悩んでいる方はご一読を

| 23:57

私もこれで悩んでいたので読んでみました。






ねこ背は治る! ──知るだけで体が改善する「4つの意識」

ねこ背は治る! ──知るだけで体が改善する「4つの意識」





ねこ背は治る!

 知るだけで体が改善する『4つの意識』」

小池 義孝、自由国民社

1400円+税






◎読んだ理由

私の場合は、某インターネット上の通販サイトで、和書”ねこ背”を検索して見つけました。3ヶ月ほど前に何かの雑誌に取り上げられたのが、ミクシィのトピックに出ていたので、ミクシィをきっかけにこの本を知った方もいらっしゃるかと思います。








◎本の内容








〇ねこ背を根本から治す!

ねこ背を直そうと思ったとき、皆さんはどうされますか?きっと、胸を張って、背筋を伸ばして、、、ということを想像すると思います。しかし、当書ではそういったことは言ってきません。むしろ、背筋を伸ばすといったことは表面的なもので根本的な解決にはならない。根本的な解決のためにはこれをすべきだ、ということを教えてくれます。で、その内容はかなり簡単なことなのですが、それをここで明らかにしてしまうと、当書の価値のほとんどを公にしてしまうことになるので止めておきます。ぜひ、ご自身で当書を読んで確認ください。そうか!と思わされる内容です。








〇ねこ背意外にも説明があります

当書の副題には”知るだけで体が改善する4つの意識”とありまして、実はねこ背に関しては当書に4つあるトピックのうちの1つに過ぎません。ねこ背のほかに、呼吸法、腕の使い方、脚の使い方についても解説があります。どれもなるほど、と感心させられる内容です。しかし、これらもねこ背改善の秘訣と同様 簡単な内容で、それを教えてしまうと当書の中身のほとんどを伝えてしまうことになるので、具体的な記述は避けます。当書で紹介されている”4つの意識”自体は1言で表せるくらい簡単なものです。あとの部分は、4つの意識の理由や、これまで何が間違っていたかを解説してくれる、という形です。








今回の紹介では、本の核心部分を書いていないので胡散臭い印象を受けるかと思いますが、当書には変なことは書いてありません。1400円ほどの本ですので、ねこ背で悩んでいる方、運動をされる方は是非一度当書を手にとって見てみることをオススメします








◎私への影響

当書によれば、あることに意識するだけでねこ背が治るとのことなので、ひとまず実行しています。確かに、それを意識すればねこ背が治った気になりますね。周りの人から見た場合、どうなのかなぁ。私としては、前よりねこ背が改善したと思っています。








◎その他

テレビで、どこどこの国の人は水を汲むために毎日数時間の道を歩く、という話を聞くと、うーん、と考え込んでしまいます。失礼かもしれませんが、製造業の会社ではありえないことだからです。改善が叫ばれる製造業の場では、毎日必ずやらなければならないことで、しかも膨大な時間がかかるのであれば、それを改善しようというマインドが働きます水汲みも毎日数時間かかるのであれば、なんとか改善できないものか、と考えてしまうのです。すると先日、テレビで面白い物を見ました。丸いタイヤの形をしたタンクです。これを使うと、持ち運びの際ロープを引っ張ればタンクが転がって水が運べるのです。それまでの肩に担いで歩くことに比べればかなり楽なことでしょう。これには大変感心させられました。水汲みの労力を減らすにしても、無理に科学工学を持ち込んで上水道を整備しなくとも、水を持ち運びするタンクのデザインを考えればよかったのですね(タンク自体がポリタンク工業製品だという指摘があるかもしれませんが。。。)。私も日々の仕事で、難しく考えず簡単なことから改善点を見つけていきたいと思わされました。”時間・労力がかかるのは当たり前”と思わないことが重要ですね。

2012-04-25

内気な人に読んで欲しい!あがり症克服の本

| 22:43

近いうちに大勢の前で話をする機会がある方、この本をどうぞ。





人前で話すのがラクになる!5つの魔法

人前で話すのがラクになる!5つの魔法





「人前で話すのがラクになる!

 5つの魔法

金光 サリィ、 ダイヤモンド社

1400円+税






◎読んだ理由

私は目立つことが嫌いです。そのため、人前に立って話をするなんてとんでもなく恥ずかしいことだと感じます。しかし、社会人になった今 このままでは駄目だとも感じています。そこで当書を読むこととしました。







◎本の内容









〇5つの魔法とは

当書で紹介される上がり症を解消するための5つの魔法とは、

・言葉の魔法→いい言葉を意識して使おう

・態度の魔法→態度を変えて感情も変える

・行動の魔法→変化を求めよう

・イメージの魔法→人は自分の考えている人物になる

・1枚の魔法→スピーチで話す際のメモについて

の5つです。この中ではっきりとスピーチに関係してくるのは、最後の”1枚の魔法”の1つのみです。ほかの4つの魔法は、あがり症克服のための考え方、行動の仕方を改善するための魔法なのです。しかし、これらの魔法は何もあがり症克服に限ったものではありません。日常に応用できるものです。当書は、前面には出ていませんが、自己啓発書の側面の強い本と言えるでしょう。「やる気のスイッチ」や「自分の小さな箱から抜け出す方法」といった書籍に通じるものがあります。なお筆者は場数を踏んだところであがり症は治らない、とはっきり書いており、5つの魔法は場数がどうといった内容とは無縁のものとなっています。










〇私に最も影響したのは、、、

私が一番影響を受けたのは、”言葉の魔法”です。私はこれまで、悪いことがあればすぐに「自分は駄目だ」と言い聞かせていましたが、当書をきっかけにやめました。悪いことがあったときでも、「もう少しだ」「よくやった」などプラスの言葉を使う、このことで脳をコントロールできるのです。しかし、こういったことは他の本にも書かれていることがあるでしょう。当書に出会うまで私が思いもよらなかったのは、他人への声かけにもこのことを応用することです。朝が苦手な家族がいれば、「そろそろ起きなさい!」と言って起こすのではなく、「よく寝たね〜」といって起こす。よい言葉を自分に使うだけでなく、相手にも使うと言うのは、良いアイデアだと思いました。










また、当書にはスピーチを成功させるための方法として、観客の拍手を受け入れる、ということを挙げています。拍手を受けたとき、「いや、そんな・・・」という反応をするよりも「ありがとうございます!」という反応をした方が良い、その方が観客も自分も心地よいじゃありませんか。私はこれを日常生活に取り入れることにし、相手から褒められたら受け入れる、そして私も相手を褒めて差し上げる、ということをしています。すると周囲から、明るくなった、と言われるようになりました。そんなことから是非、内気な人にも読んで欲しい本です。









◎その他

冬が終わりましたが、雪の話題をします。私の住んでいる地域は雪が多く降ります。毎年 一度は道路が止まり、電車も動かなくなります。

ニュースでやっていたのですが、〇〇市(某雪国県庁所在地)の今年の除雪費は9億円だったが不足したため補正予算を組みさらに増額した、とのことでした。私はこのニュースを聞いて愕然としました。9億円あったら何人かの人間が一生遊んで暮らせます。それが毎年支出されているとすれば、本当にもったいないと思います。そのうちの数%でよいので、毎年 雪の研究費に回して除雪しやすい生活を作り上げるべきです。

例えば、そもそも雪が積もらない道路はできないか、屋根雪を下ろす必要のない家を提案できないか(毎年屋根雪おろしで落下する人が出ます、また、現状の個人宅融雪設備は高額です)、凍ったアイスにもすっと入るスプーンがあるらしいがその技術を雪かきスコップに応用できないか。これにより除雪費用が減れば、支出が減って自治体も得、冬の生活が向上し雪国の住民も得、損をするのは土建屋だけです。

雪対策は現状、水、人手、重機といった原始的な力でなされています。それをもっと根本的に改善できればよいのに、それこそ雪国にとっては、飛行機の発明くらいの大革命だと思うのですが、なんとか実現したいものです。不満ばかり書いているように感じるかもしれませんが、日々 何かを改善できないかと思って過ごしているのです。