Hatena::ブログ(Diary)

PICS,BOOKS,MEMOS



2012-07-13

(076)人形館の殺人

人形館の殺人 (講談社文庫)

人形館の殺人 (講談社文庫)

「私」、飛龍想一は、叔母とともに父・飛龍高洋が残した「緑影荘」に引っ越すために京都を訪れた。しかし、近所では通り魔殺人事件が発生、さらに私のもとにも奇怪な手紙が届き、そのころから次々と奇妙な出来事が起こり始める。私の命を狙う人物とは誰なのか? 恐怖に駆られた私は、大学時代の友人・島田潔に助けを求めるが・・・・・・・

これはズルイ(笑)たしかに騙されたかどうかでいえば完全に騙されたけど悔しさは感じないタイプのトリック。最初から読み返すとまぁ良く出来てるなとは思うけど。もはや、館シリーズのセルフパロディの一つだと思ってる。個人的には絶対許せない程のトリックではないのだけど、禁じ手というかこの一回だけだからな!と言いたくなる一冊。まぁ、館シリーズを順番通りに読んでいれば楽しめる一冊であることはたしか。関係ないけど今回も島田潔は自分の身を危険に晒すことはなかったなと思った。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証