GP通信annex このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-10-06

ささごんた活動再開ライブ(青い鳥音楽祭2014)のセットリストとちょっと解説など

はいこんばんわストーミーマンデーでしたがシフトの関係できょうは自宅に籠っており特に実感もなく平穏に一日を過ごしたささごんたのバンドリーダーのごんともうします。きのういつもお世話になっております水沢のおうちカフェミゥミゥさんで開催された『青い鳥音楽祭2014』*1にてライブをやってまいりました。

久々のささごんたでしたが、今回は「全曲オリジナルでいく!」って前々から公言してたとおり全曲オリジナルで行きました。曲をちょっと詳しくご紹介してみます。

セットリスト

M#1『Prairie』(作曲:笹平拓)

新曲。ベースの笹平さんによる楽曲です。スコットランドっぽくもあり、ビートはセカンドラインっぽくアメリカンでもある欧米ミクスチュア的な印象。この曲は編曲のプランはほぼデモのままでバンドで構成をいろいろ弄ったりしました。

D

個人的にはこの曲は低音域のフォルテがおおかったり*2ブレスポイントも少なかったりかなり吹くのがシンドイ系の曲ですw途中のバグパイプ風のとこはブレスいれずに演奏したいんだけど今のおれの技量的にムリ。サーキュラブリージングの練習しなきゃ。

M#2『ガムシ遊泳』(作曲:長野剛)

新曲。カントリーミュージックとサーフミュージックが融合したような、コミカルで軽快な感じの曲。

D

軽快な曲とみせかけてBメロが3拍子にチェンジしたり途中でいきなりリテヌートしたりいろんなあ仕掛けがありますがこのへんはほとんどデモ段階で出来てました。バンドで弄ったところはほんと細かいとこだけですね。フェスで販売してたコンピCDに収録されてたのはこの曲です。*3

M#3『散歩』(作曲:中島浩司

新曲。原曲は中島さんが製作したショートフィルムのメインテーマ曲マーチっぽいアレンジだったのですが、ささごんたではフリーテンポでアンビエントで少々ジャジーな風味にしてみました。コード進行は長野さんが基本的に考えておれが補作。ベースはスローアタックにするエフェクターを使ってコンバスボウイングみたいな感じにしてます。これは、なんといってもパーカッションの高橋くんのSEのアプローチがユニーク↓炊事してるわけじゃないです

f:id:gonoverdrive:20141006235601j:image

M#4『天気輪』(作曲:おれ)

唯一、前からやってる曲。少しハネた黒っぽいビートにアジアンな旋律とフランス印象派っぽいハーモニーをミックスした地球民族音楽みたいなのを目指した曲です。たぶん。

今後の予定など

そんな感じでライブやってきました。週一くらいで練習してたせいか、わりかしまとまった演奏になってたかな?とおもいます。足を運んでいただいたみなさまありがとうございました。

ささごんたの今後の活動ですが、ライブの予定はまだありません。たぶん年内は無理かな?って感じですがやりたいとはおもってます。今考えてるのはレコーディングして音源リリースしようとおもってるのともっと曲を増やしたいですね。そんな感じでした。

*1:ツジヤマガク師曰く「秋のUTA-SORA」的な音楽フェス、だそうです。確かにそうだね

*2:かなり息を消費する

*3:実はコンピCD用にミックス違いのバージョンを2つ用意してましたが不採用になったほうのがけっこー面白いのでアルバム出す時に入れたいとおもってる