GP通信annex このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-08-13

IWDD×田舎labo 続きはWebで研究室が行われました

f:id:gonoverdrive:20140813095031j:image:left

先週の土曜日、田舎laboにて表題のイベントが開催されました。参加のみなさま、あいにくの天候でしたが、おかげさまで楽しくイベントが出来たとおもいます。ありがとうございました。

このイベントは確か元々IWDDの事務局役のはっちたんがlaboのワークショップにちょくちょくいらっしゃってまして、そのときにちらちら話をしてて今回実現されたものだったような気がします。いつもアイーナなど盛岡市内で開催されているIWDDミーティングを今回は花巻の山の中で開催でしたが、たまには気分を変えてこーいうのもいいんじゃないですかね?

内容

今回はヒトコマ20分の枠で発表者が話題を提供、みんなでディスカッション、みたいな流れを何コマかやった感じでした。どのようなものだったかは当日参加されたデイジー・デジタル・デザインさんブログエントリーに華麗にまとまっておりますので是非ご覧ください。(笹平さんすみません手抜きさせていただきました。。)

おれ

おれは今回は会場提供者でもあり参加者でもあり、本編はじまる前に前説がてら田舎laboについてちょこっと話までさせていただきました。ご清聴ありがとうごあいました。ってわけでスライドをのせておきます。slideshareにアップしたやつをのせてみたんだけど、うまく埋め込まれてないようだな。。見えるかな?直リンクはこちらです。

しゃべってみておもったんだけど田舎laboについて内容を網羅したプレゼンをしようとするととても長い尺が必要になりそうだなとおもいました。今回はほんのさわりだけ画像でざっと紹介する感じにしたのでまあ、よかったんですが。

個人的な感想

f:id:gonoverdrive:20140813095129j:image:right

今回楽しかったのはスイカ割り大会をしたりドリンクをだしたりBGMかけたり、そんなリラックスムードなとこもあるのですが、興味があってきてみました的な地元の方が何人か参加された事がとてもよかったなあとおもいます。技術的なカッティングエッヂなところをガンガンいくのも良いですが、こういったイベントもたまにやると間口が広がっていいとおもいます。

そんなわけで、また企画してなんかやりたいですね>はっちたん

2014-03-10

IWDD#89niteに参加してきた

自分のブログをあさって見た限り、ものすごく久しぶりに参加したようでした。最後に参加したのは「IWDDミーティング#43に参加してきた - GP通信annex」だったようです。3年以上ぶりなの??そんな前だっけかなあ。。というわけでいずれにせよ、久々に参加してまりましたIWDDミーティング。もう89回目なんだね。すごいです。継続してるってことだけでも頭が下がる思いです。

で、今回はなんも準備してなかったのでただ聴くだけでした。ほんとは発表すると楽しいんですけどね。

感想など

すみません発表したみなさんのレジュメなどアップしてる先がわからないので、つらつらと記憶をたよりに感想などをかきます。当日の概要などは参加していた笹平さんのブログの記事に書かれてますので概要をチェックしたいかたはぜひそちらを見ていただければとおもいます(ささひらさんまるなげしてすみませんw)。

モバイルアプリのフレームワークについて

iPhoneやandroidのアプリケーションをワンソースでつくる系のフレームワークの話。おれはアプリ開発は未経験ですがiPhoneアプリはいつかやってみたいなあ、、とおもいつつ数年たっちゃいました。Objective-CやJAVAでゴリゴリ書かなくてもいい的ないろいろなツールがあるようですね。確かにキャンペーンアプリとかが主だとおもうんですが、幅広いプラットフォームに向けて短期間でローンチしたいものにはいいでしょうね。前にmorioka.asで確か仙台の片平さんだったかな?がTitaniumのことやってたのを思い出した。スマホアプリはパートやめてフルタイムで動けるようになる4月以降だとおもうけど、いいかげんそろそろ真面目にやってみようとおもっておりますので、勉強を再開しよう。

RWDの話

レスポンシブWebデザインというやつ。正直なところ案件としてはまだ対応したものを作ったことがありませんがお客様の方から要望もぼちぼちいただきそうな空気がありますのでこちらもそろそろ本格的に取り組まなければいけないわけです。

現状のRWDの運用というか実装についてですが、おれ個人としてはですが、これってなんだかビミョーなアプローチだよなあ、、と思っているところがだいぶあります。基本的な考え方とか部分的な実装方法すばらしいアイデアだとおもうけども、ターゲットデバイスの画面幅が云々でブレイクポイントをどう設定するのとかっていってる時点で現在のRWDというものにケータイサイトのときのようなバッドノウハウ臭をくんかくんかしてしまうのです。これからいろいろ制作者がみんなで研究工夫を重ねていかなければいけないところですね。

ブラウザの自動運転でテストとか

すずりょさんのやつ、とりあえずおもしろかったwww自動でスクショとるやつは前回のIWDDで発表したようでしたがあれはいいですね。

まとめ

一番の感想としては「刺激になった」です。ほんと勉強してなかったんだな、とおもい少々自分の不勉強さ加減を反省しております。それが一番の収穫だったな。上の方でもちらっとかいたけど今月でパート仕事を卒業しフルタイムで田舎laboにコミットする事になったわけですので制作系の勉強などもしっかりやっていかなければ死活問題になりますからねえ。

今回は夜の開催だったわけですがおれ最近土日は田舎laboやってるのでいけないのでたまに夜やってもらうといいなとおもいました!田舎laboはWeb制作専門でやってるわけではない*1ですが、laboのメンバーにもこういう事をやって知識やスキルをアップデートしていかなければいけない世界なんだよーっていうことを知って欲しいのでもし夜だったらぜひlaboのメンバーも連れて行きたいなあとおもいました。

あとは今度はぜひ発表しなきゃな。発表するのが一番べんきょうになります。IWDDミーティングはセミナーとかではなくあくまでもミーティングであり勉強会なので、発表というのはべつに講師ってわけじゃなく、話題の提供、という意味合いがつよいです。なのでみなさんもぜひ、なんというかな、かしこまらずに気軽に参加してみては如何でしょう?毎月第2土曜日に盛岡で開催しております。

*1:田舎laboはクラフト作品などのセレクトショップ、アートギャラリー、イベントスペース、広告デザイン、プロダクトデザイン、Web制作、音楽制作、などなど業務内容はものすごく広いです。たった3人でやってるんですが。。

2012-09-11

Morioka.asでやり残した事、それはunpluggedなhackである

きょう、久々にFlashIDEを弄って仕事したのですが、ふと思い出して、公式にMorioka.asの終了を宣言いたしました。

技術的なトレンドやら、主宰*1自身のモチベーションの関係やら、ほかにもいろいろありここ最近はほとんど開催できてなかったので、なんというか、すでに潮時でした。参加者、関係者各位、今まで本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。今後ともよろしくおねがいいたします。

…で!

Morioka.asをとじるにあたり志半ば、的なところもあったのです。

それとはno titleの事です。開催できずに終わらせたくはなかったのですが、別におれが主導する必要もないかな、というわけで、岩手が誇るWEBクリエーターずコミュニティのIWDDでやってくれないかなあ、というのが本エントリの趣旨でございます。すずりょさん、はっちたんなどコアメンバーの皆様、何卒ご検討いただければと思います。

趣旨

普段からIT、もっというと電子機器を使ったりターゲットにしたりして何かを作っているWebデザイナーやプログラマーなどのひとたちは、電気などつかわないプリミティブでフィジカルなクリエイティブを知るべきだ。と思っていて、それをみんなでやってみよう!と着想したのがMorioka.as::unpluggedだったわけです。

地球の重力や、温度、風、水、土、なんでもいいですが、電子回路や電源をつかわずにうごくもの、というのを体験するのはとても有意義なんだとおもいます。メカとはなにか。アルゴリズムとはなにか。情報とはなにか。社会とは。。まあ、そんな禅のような問いを自分に向けながら、アンプラグドなものを作ってみる体験。。そういうのをやってみたかったのです。

具体的な開催要項の案

いしうす」をやってる岩手公園の本丸にあつまって、粘土や木材など、使ってなんかやろうかな、くらいまでは考えてました。動力としては近くに中津川もあるし、城跡なので高低差による重力も発生するし、みたいな、漠然としたものはあった。

漠然としすぎてて意味がよくわかんないですので、実装はおまかせしますw 今おもうに、陶芸とか粘土を普通にやってみるとかでも充分、刺激的で面白いのではとおもうんですけどね。あなたが将来、ウェッブサービスなどでイッパツあてちゃってIT系ニュースサイトなどの写真でろくろ回すポーズをとる時の確固としたバックボーンにもなります。←冗談です

というわけで

ざっくりエントリにしてみましたので、IWDDにコミットしてる諸氏はご検討いただければ幸いです。

参考資料

(追記するとおもいます。あと、よくわかんないけどコメントで追加してください)

*1:=おれ

2012-08-03

『Japan AWS User Group (JAWS-UG) – 岩手(Iwate)勉強会第0回』に参加してみました

おべんきょうしてきた!クラウドだぜー、ワイルドだぜー

というわけで、ちょっと個人的な感想などをメモっておきましょう。

AWSとは?

これ。

おれは、最近バックエンド全然やんないし*1クライアントワークのWebサイトは月額固定のまあいわゆる普通のレンタルサーバを借りて|借りてもらって運用しています。クラウドっていうのは概念はなんとなくはわかるのですが、おれみたいな人にとって何かいい事があるのだろうか?おれが依頼をいただくような案件にとって何かメリットはあるのか?って事はなんか漠然と気になっていました。なので、参加してみました。

感想

AWSについては実際にユーザアカウントつくって無料枠もあるのでローコストで試す事ができますので、実際にやってみてから感想書くのがスジってもんだろう、と思いますが、とりあえず印象として思った事をざざーっと箇条書きしておきます。

  • これはインフラのサービスである
  • インフラに費やす時間を削減できるのでその分開発業務に力いれましょう、ということらしい
  • S3いいな。
  • EC2+各種サービスを組み合わせてつかうのがクール。いろいろな組み合わせの事例が紹介されていました。
  • 用語がむずい
  • 自社サービスに適しているとおもう。おれみたいな人がクライアントワークに用いる場合は、サードパーティーのソリューションサービスみたいなのがあるのでそれを利用するのがベターかもしれない。
  • ターミナルからSSH使えない人はだめだろな。
  • 若干アウェイ感があった
  • ↓ここから追記
    • AWSは、シンセサイザーでいうと(ソフトウェアの)モジュラーシンセのようだ。AWSというのは例えばRoland SYSTEM100M、みたいなものであり、EC2はいわばその中のVCOモジュールで、一個のインスタンスだとモノフォニック、同時発音数が必要なときはVCOモジュール買い足して増やしちゃえる、というかんじ。キーボード(トラヒック?)の入力をさばくのはCV-GATEのモジュールだったり(Route53やらバランサーやら)とかね。さいきん音楽ばっかやってたからそう考えると頭にはいりやすいw
    • クライアント仕事で、リアルイベント連動型のCPサイトとかだったらけっこー自分で仕切るにしても予算つけやすそうだな。とかちょっとおもった。トラフィックの見積ありきで代理店のやつと一緒にプランニングするとかできればいいなあ。まあ、その代理店のやつってのがいわてにはいるかどうかってはなしだけどね。いねえな。あははは
    • つかこれ笑い事じゃなくて、今日の参加者の傾向みると、おれらのようなロジックとかデザインとか商売とか、多方面に足つっこんでる人がどう動くか、っていうのはいま重要なのかもしれないね。
    • ↑事例でも出てた。トラフィックの見積りに応じて、構成をフレキシブルに弄れるってのはすごい予算的にメリットあるはず。スタティックなサーバだとピークの時に落ちるのを防ぐために閑散期にも無駄にスケールおおきめの環境つかわなきゃでしょ?それをAWSつかうと、柔軟に対応できるわけだ。こういうロジックがあるってことだけでも広告代理店の人にぜひ知って欲しい。
    • あとデザイン会社さんにもね。そもそも、サイトがおちるのはなぜか?というところからになるのかもですが、おちないサイトを作りましょう!っていうアプローチをAWSで実現、ってのはいい選択だとおもった(たぶん。自分でまだ運用した実績も経験もないので断言はしませんけどね。)

ほんじつの参加者のみなさま

ほっとんどプログラマ系の方だった気がする。そらそうだな。なんかあとね、みんなまじめ!!もう集中力がすごいんだ。講義中に発生した地震なんてどこ吹く風のごとくみんな冷静沈着。すごい集中力を発揮してました。おれだけあーとかおーとかアホみたいにいってたよ。ほんとあほみたいです。だって怖かったんだよ。ここビルの8Fだぜ、って思っただけでこわいっつうのに*2。おれも真面目に生きなければと思いました。これが今日一番思った事。

まとめ

まずはためしに使ってみようとおもいました。無料枠で。なにがいいかなー、どうせだったらストリーミングとかマルチメディア扱う系のやってみたいです。自前のサービス向きだとは思うのですが、クライアントワークとして提案できるような使い方なんかもちょっと研究してみたいとおもう。

あと懇親会でられずごめんなさいでした。

補足

ちなみに本日の参加者用の情報ですが、自己紹介を一番最後にやったWebデザイナー兼ミュージシャン、が私でございます。Twitterは @gonoverdrive です。つってもみなさんにとって有用な情報などはあまりなく、だいたい碌な事かきませんのでフォローしなくていいですw

*1:つかWeb制作自体の依頼も激減してる。。orz

*2:高所恐怖症

2010-03-13

IWDDミーティング#43に参加してきた

今日の午後、IWDDミーティング#43に出てきましたので感想など残しておきます。

開会

参加者はえっと、10人くらいだったと思います。おれは去年の年末ぶりの参加。初めてお会いした方1名いらっしゃいました。

本編はいる前に自己紹介がありました。おれはMorioka.asの主宰してる旨、Flashとハンダ付けが好きという旨を話しました。が、ぶっちゃけハンダ付け自体はあんまし好きじゃないんだ!ごめんww 回路の実装よりも電子回路そのものが好きなんだ。あと、ハンダのとける匂いは好きです。

「楽しいよ!ustream」by 鈴木やちよさん

キラッ☆って、そうかはっちたんマクロスFみてないのか。。というのはおいといて、第一部はUstreamによるストリーミング中継についての話。前の日にレジュメっぽいものが出ていたのでこちらをサラっと目を通してからいきました。

ここ最近になりiPhoneなどモバイルでUstが出来るようになったせいか、Ustが第2次ブームみたいになっている昨今なんだけど、

  • 被写体のプライバシーなどには留意しましょう、
  • コンテンツの著作権にも留意しましょう

というのは大事ですね。法律云々もあるんだけども、それ以前にマナーやたしなみといった所、リテラシーといってもいいのかな。こういうのは義務教育なんかでちっちゃい頃から指導するべきだとおもう。要は人と人とのコミュニケーションを大事に、という事なんでしょう。とおれの中では結論づけてみます。

余談

はっちたんがしゃべってる前半、持ち込んだMacの無線LANがなかなか繋がらず、あんまし耳に入ってなかった。。もったいない事をしてしまった&失礼つかまつった。

あと質疑応答のときにちょっと触れた919speakersのUstの事について興味のある方はこのエントリから前後の記事もご覧になってみて下さい。

「改正著作権法とダウンロード違法化のお話」 by id:shidhoさん

こないだ改正になった著作権法のうち、著作権とはなんぞや?著作権法とは?みたいな部分は流しつつ、おれらWeb関係のひとたちに絡みがありそうな部分を中心にかいつまんで紹介していく内容でしたが、一番は違法なコンテンツのダウンロードの違法化とは?という部分。

なんか規制したい目的はわかるのですが、なんというか非常にへんなところが細かくて大事な所がザルになっている印象。まあでもこれは法律っていうものが、そういう仕組みなのかな?なんて思いました。

余談

余談も余談、激しく余談なんだけど、法律の条文の設計というものは非常に難しいものなんだなあ、と思う。なにが難しいのかというと物事をどう分類するか、が難しいんだよな、って思った。事象をどこで切り分けるか?というか。

おれ狩猟をやってる関係で「銃刀法」と「鳥獣保護法」は幾らか知ってるのですが、さっきTVニュースで奈良のシカがボウガンで打たれた事件を報道してたのですが、ツイッターに書いたんだけど:

ボウガンは銃砲刀剣類の範疇じゃないのかな、あと奈良のニホンジカは天然記念物だから鳥獣保護法の範疇にもならなくなっちゃうとかなんだろうか。。などと思いつつ今日の著作権の話し聞いてても思ったのは、物事を分類する行為は非常に難しい

http://twitter.com/gonoverdrive/status/10426780425

シカはシカでも奈良のシカは天然記念物、そうじゃないシカは鳥獣法で捕獲できるように定義されている。またボウガンについては銃刀法では定義されておらず*1、鳥獣法では法定猟具になっていないので使用は認められないので、銃刀法違反でも鳥獣保護法違反でもなく、文化財を破損したとかそっちの法律が適応されるのが法律というものなのか、と思った。

閉会

残念ながら懇親会*2は出らんなかったので、こちらの方は他の参加者のエントリを楽しみにしてます。あとMorioka.asにも参加してくれてたTaka_Gerbera氏が仙台に引っ越す事になったんで、餞別でスペア用に入手して余ってたGAINERのマイコンv1.1.0をあげた。あまりものでゴメン&しかも石だけでゴメ(r。てか石だけの方が好きそうだしw*3 形状もDIPなんで色々遊びやすいとおもうんで、気が向いたらなんか作ってみてね!楽しみにしてます。

まとめ

今回のIWDDミーティングの内容は、実装的な技術とかではなくコンテンツそのものとフレームワーク部分だったと思うんだけど、IWDDでやるには非常に面白いアプローチなんじゃないかなあと思いました。ただ、せっかくなんでもうちょっと質問とか意見とかが出てディスカッションぽくなれば良かったかもなあ、というのは若干おもった。おれもあんまし質問投げられなかったんでもったいなかった&ちょっと残念だったなあ。。

ちなみにFlashやほかのプログラムなどでなんか作品つくって見せあいっこする勉強会はこんどの2010/04/23にやるのでこっちもよろしくね!!*4

その他メモ

ACアダプタなしてフル充電状態のMBP持ってったけど余裕で最後まで使えた。今回はメモもノートじゃなくてMBPで書いた。アイーナのWi-Fiの賞味期限がデイリーなようなので今後注意が必要

*1:確か、です。ここ、もし間違えていたらツッコミをお願いいたします

*2:ベアレンいったのかけまい!くそー><

*3:多分

*4:と、どさくさに紛れてMorioka.asの宣伝してみるテスツ