GP通信annex このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-04-18

ギターの人はフラット系のキーの曲のコード譜はフラットで楽譜を書いてほしいでござる

おばんです、読譜にはあんまし自信がないごんと申します。音楽やってる人向けのネタ話です。

みなさん「異名同音」って知ってますよね?例えば平均律においてCのシャープとDのフラットは物理的に全く同じ音程です。ではシャープもフラットもつかないBはどうでしょうか?Cのフラットとも一緒ですし、EはFフラットとも一緒です。

五線譜というのがあります。いわゆる楽譜ですね。楽譜とは便利でもあり不便なものでありまして「調性記号」というものがあります。例えば、フラットが1つあったらその曲はFだし、シャープが1つあったらその曲はGと通常のミュージシャンは解釈をすると思います。

では、調性記号としてフラットが2つある曲は?はい、その通りBフラですね。クラシックの人はベーって言ったりしますし、TpやTsなど多くの管楽器ではBフラットがドになりますのでとても馴染みが深い調です。フラットが3つあるとEフラット。これはアルトサックスなどのドにあたりますね。フラット4つだとAフラットですね。ちなみにAフラの曲というと真っ先に思い出すのがデイドリームビリーバーとクールアンドザギャングのセレブレーション、あと自分のバンドささごんたでもけっこーあって馴染み深い、おれのなかでは。ちなみにフラットが5つになるとDフラット。ジャズではかなりありますね。響きがいいんだよなあなんか。おれのなかでDフラといえばハービーハンコックのカメレオンですかねえ。ささごんたでも初期の頃よくやってました。

そんな感じで、おれみたいなセッションプレイが多めなおかつモノグサなプレイヤーでその曲のキーを把握したりするわけです。現場へ行ってはいこれやります、って譜をもらい、うんうんこれはキーはこれだなって事前にめどを立てておいて実際に音を出し始めたりするわけです。パターン認識とも言えます。現場で培ったノウハウとも。

が、困ったことに、ぜんぶシャープだけで書いている譜面を書いてくる人がけっこーいて、困る。フォークやロック系のギターの人にめちゃくちゃ多い。今までなんども経験してきました。。

例えば A# - D# -Dm -Gm みたいに。

一暼だとなんだこの曲!?難しそうだあ大丈夫かな弾けるのかおれ?って一瞬ビビったりするのですが、よーく考えるとこれはBフラメジャーのコード進行1-4-3-6です。が、通常こういう書き方はしませんね。

通常は Bb - Eb - Dm -Gm

と書きます。この文字列を見ただけで、おれなんかは楽勝で音が脳内再生されます。前者の表記だとまるで再生されませんorz大体の人がそうだと思います。。

参考までに、フラットで書いてほしいものリスト:

  • A#ではなくBb
  • D#ではなくEb
  • G#ではなくAb

この辺までは是非にお願いしたいです。。さすがに、E#ではなくてF、とは言いませんしその事例は見たことが今まで一度もありませんwww(Fはフラット1個の楽譜で表されるのでフラット系です*1

できればC#Dbで書いてもらうと嬉しいっすね。それ以上フラットが多いGbはまあどうでもいい(つか読みたくないw)ちなみにシャープが鬼のようにあるBというキーもあるんですが、五線譜だとCフラットで書くととても読みやすくなりますおれ的には。

いずれにせよ、譜面に頼らずに耳で音楽をするのが一番いいんですけどねw事前の時間が取れな場合譜面はとても重要なツールになってしまいますのでねえ。まあ、あまりにも事例が多いのでおれ自身が慣れるしかないのかもなあ。。

*1:シャープ系だとシャープが多くなる順にG-D-A-E-B..となります。いずれも完全五度で分布されるので「五度圏」と呼ばれます。詳しく知りたい人はググってみて

2007-07-15 巷は3連休なので調子こいておれも3連休しちゃうかなw

gonoverdrive2007-07-15

音楽イベント Only One Music Carnival 2007 @岩手県盛岡市(2/2)

続きだよ。

遊食屋FUJIへ

たちくらみもアワビのキモですっかりゴキゲンに回復したので、最後の会場、中央通の「遊食屋FUJI」へ。

お店にはいった途端耳にはいってきたのはなんともイカすワーブリング。ブルースハープ汽車ぽっぽ。かっこいいわ。いい。

夕方になったので、5会場の中でやってるのはもうここだけだ。結構ひと集まってる。町中で何度かみかけた人、PAとか受付やってた人、首からパスぶらさげた黒い服来た中の人っぽい人、みんな来てます。お疲れ!!!そしておれたちも、キャッシュオンデリバリー500円均一の酒を注文しつつ、酒と音堪能モードへ移行。


三陸なジミヘン@遊食屋FUJI
三陸なジミヘン@遊食屋FUJI posted by (C)TR801


ジミwwすげージミヘンww。沿岸の方から来たバンドみたいです。歯で弾く、背中で弾くあたりはすっかりクリアしていただきました!!楽しい!ジミ、RIP。

中川五郎&真黒毛ぼっくす

そして、ラス前は東京からのゲスト、中川五郎&真黒毛ぼっくすの皆さんの楽しい演奏です。ドラム、ベース、ギター、鍵盤(Syn、アコーディオンピアニカ)、エレキバイオリンソプラノサックスアルトサックス(テナーだったかも)、パーカッション(子役)、うた、みたいな編成。狭いステージに大編成のバンドです。

なんか昭和。いい感じ。すごくいい。カントリー、スカ、レゲエ、etc...色々な音楽をミクスチュアした、なつかしい音です。

中川五郎&真黒毛ぼっくす @遊食屋FUJI
中川五郎&真黒毛ぼっくす @遊食屋FUJI posted by (C)TR801

しかし中川五郎さんいいなあ。素敵。おもいっきり握手してもらった。御年58歳との事。かっこいい。こんなオッサンになれたらなあ。真黒毛ぼっくすのリーダーの方、ナイスキャラすぎ!!惚れます。つか、以前在京時にどこかでお会いしたような気がします。うーん。。

そして怒涛のラストへ

最後は、今回のスペシャルユニット(らしい)のライブです。懐かしいR&Bの名曲が繰り広げられます。もうおれたちはすっかり楽しいスイッチが入ってたので超ノリノリです!ジョージア!オンマイマアアアイン!!センキウ!


・・・あまりにも楽しんでたため写真とってなかったw


コンボオルガンいいなあ。。欲しい。けどおれは01/wでがんばります。うん。地道に作った音色だもん。

そして、アンコール。最後はブルース進行でセッション大会!!!おれはオカリナアジテーションで参加www これですよ、やっぱ。音楽の力ってこれだ。一体感。なれ合いとかじゃなく、波に乗るシンクロ感。すばらしいです。

Finale

みんなでカンパイして楽しかったイベントもこれで終わり。言い出しっぺの方は感極まっている模様。そうだよな。

このイベントは広告代理店とかマスメディアとかに頼らず、手作りでやったと企画者の方たちが言ってた。

いい意味、悪い意味で、やっぱりな、と思った。

前半の日記に書いた「告知不足」とかいう問題はある。もっと盛り上げないとダメでしょう。今後のためにね。あと「たちくらみになるほどの音圧」=つまりPAの悪さ、とかも何とかなると思うんだけどなあ。まあ細かい事を挙げると色々あるイベントだったと思います。

そうだとしても、もちろん第1回目なのでこれから伸びしろがあるし、ずっと続けて欲しい(毎年やります!宣言してた。嬉しいです)。で、このあたりの諸問題を、うまく、音楽的なコネクションでクリアしていけたらすごく楽しいなあ、と。マスメディアとかに主導権とられないようなスタンスで、ちょっとづつでもいいから、もっと外向きな(=ちょっと内輪受けなムードがあったのは事実)イベントになってほしいなあと思う。


というわけで、来年も観客か出演者か中の人になってるかもわかりませんが<それはないかw いずれにせよ何らかの形で応援したいイベントでありました。

街を楽しくとか活性化するのは、こういう文化的な所からいくのっていいよね。