GP通信annex このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-04-18

ギターの人はフラット系のキーの曲のコード譜はフラットで楽譜を書いてほしいでござる

おばんです、読譜にはあんまし自信がないごんと申します。音楽やってる人向けのネタ話です。

みなさん「異名同音」って知ってますよね?例えば平均律においてCのシャープとDのフラットは物理的に全く同じ音程です。ではシャープもフラットもつかないBはどうでしょうか?Cのフラットとも一緒ですし、EはFフラットとも一緒です。

五線譜というのがあります。いわゆる楽譜ですね。楽譜とは便利でもあり不便なものでありまして「調性記号」というものがあります。例えば、フラットが1つあったらその曲はFだし、シャープが1つあったらその曲はGと通常のミュージシャンは解釈をすると思います。

では、調性記号としてフラットが2つある曲は?はい、その通りBフラですね。クラシックの人はベーって言ったりしますし、TpやTsなど多くの管楽器ではBフラットがドになりますのでとても馴染みが深い調です。フラットが3つあるとEフラット。これはアルトサックスなどのドにあたりますね。フラット4つだとAフラットですね。ちなみにAフラの曲というと真っ先に思い出すのがデイドリームビリーバーとクールアンドザギャングのセレブレーション、あと自分のバンドささごんたでもけっこーあって馴染み深い、おれのなかでは。ちなみにフラットが5つになるとDフラット。ジャズではかなりありますね。響きがいいんだよなあなんか。おれのなかでDフラといえばハービーハンコックのカメレオンですかねえ。ささごんたでも初期の頃よくやってました。

そんな感じで、おれみたいなセッションプレイが多めなおかつモノグサなプレイヤーでその曲のキーを把握したりするわけです。現場へ行ってはいこれやります、って譜をもらい、うんうんこれはキーはこれだなって事前にめどを立てておいて実際に音を出し始めたりするわけです。パターン認識とも言えます。現場で培ったノウハウとも。

が、困ったことに、ぜんぶシャープだけで書いている譜面を書いてくる人がけっこーいて、困る。フォークやロック系のギターの人にめちゃくちゃ多い。今までなんども経験してきました。。

例えば A# - D# -Dm -Gm みたいに。

一暼だとなんだこの曲!?難しそうだあ大丈夫かな弾けるのかおれ?って一瞬ビビったりするのですが、よーく考えるとこれはBフラメジャーのコード進行1-4-3-6です。が、通常こういう書き方はしませんね。

通常は Bb - Eb - Dm -Gm

と書きます。この文字列を見ただけで、おれなんかは楽勝で音が脳内再生されます。前者の表記だとまるで再生されませんorz大体の人がそうだと思います。。

参考までに、フラットで書いてほしいものリスト:

  • A#ではなくBb
  • D#ではなくEb
  • G#ではなくAb

この辺までは是非にお願いしたいです。。さすがに、E#ではなくてF、とは言いませんしその事例は見たことが今まで一度もありませんwww(Fはフラット1個の楽譜で表されるのでフラット系です*1

できればC#Dbで書いてもらうと嬉しいっすね。それ以上フラットが多いGbはまあどうでもいい(つか読みたくないw)ちなみにシャープが鬼のようにあるBというキーもあるんですが、五線譜だとCフラットで書くととても読みやすくなりますおれ的には。

いずれにせよ、譜面に頼らずに耳で音楽をするのが一番いいんですけどねw事前の時間が取れな場合譜面はとても重要なツールになってしまいますのでねえ。まあ、あまりにも事例が多いのでおれ自身が慣れるしかないのかもなあ。。

*1:シャープ系だとシャープが多くなる順にG-D-A-E-B..となります。いずれも完全五度で分布されるので「五度圏」と呼ばれます。詳しく知りたい人はググってみて

2014-12-03

2014年12月の出演のお知らせ

今年も残すところ1ヶ月きりましたね。師走ですね。師走だけにいろいろと出演ありますのでお知らせします。いろんな場所でやりますし無料イベント多めですし、年末の忙しい時期ではありますがタイミングいい時にでも是非おでかけくださいませ。

12/6(土) 中村豊 追悼ライブ

f:id:gonoverdrive:20141203234806j:image:right

まっぴさん率いるRCサクセションのカバー『THEあやかしまやかし』で鍵盤弾きます。去年も参加しましたが、01/Wがとつぜん(中村さんのいたずら?!)機能不全に陥ったりなかなかスリリングなステージでした(汗 今年は無事に乗り切る事ができるか!?

会場は大迫ふるさとセンター、入場無料です。ぜひ名物オヤジの故・中村さんを偲びにきてくださいませ。以下、Facebookにのってたタイムテーブル案です。おお荒谷正勝さんでるのか!久しぶりにお会いするなあ。。

1 13:00~13:30 ほりきりん

2 13:40~14:10 THE・あやかしまやかし

3 14:20~14:50 SHINON

4 15:20~15:50 一関セレナーデ

5 16:00~16:30 いとこ童子

6 16:40~17:10 蠍団

7 17:20~ 17:50 山本 司

8 18:00~ 18:30 荒谷正勝

9 18:40~ 19:10 ハイヤーセルフ

今年もやります中村イベント

12/13(土)Studio DAN Live

こちらはソロでいきます。内容考え中。アコースティックイベントという事のようなのでピアニカかなあ。。釜石で演奏するのはとても久しぶりですしソロでは初です。お近くのみなさまよろしくおねがいいたします。

時間は11:00から20:00まで。場所は釜石のAEONタウン内『studio DAN』さんです。以下、出演者です。おもしろそうなメンツだなあ楽しみ。

1 紅太鼓 釜石市

2 HY-CHORD 釜石市

3 友tomo 山田町

4 ごん 花巻市

5 盛岡ライラ舞踊団 盛岡市

6 Saturday Player Meeting 盛岡市

7 Scatphone 秋田県

8 ブラックかまリンズ 釜石市

9 及一川平 おいちかびら 北上・花巻市

10 山本 司 安代町

11 Suishow Skiffle 横浜市

12 ちだ原人×NUTS 石巻市

Facebook

12/14(日)『ありがとう!コンサート〜復興チャリティー〜

f:id:gonoverdrive:20141204001405j:image:right

先日、田舎laboのイベントでご出演されてたノーマライズさんからのお誘いで出演することになりました。ピアニカ独演でいきます。なお当日は田舎laboの商品の販売も行う予定ですので、あわせてよろしくおねがいいたします。

【日 時】2014年12月14日(日) 開場:12:30 開演:13:00

【会 場】オガールプラザ内 情報交流館 2F 大スタジオ

入場:無料

【ゲスト】 〜小泉優美、FROM SOUL、PINK TAIL、ごん、男組〜  

主催:ノーマライズ

お問合せ 紫波町情報交流館 tel.019-672-2918

ありがとう!コンサート〜復興チャリティー〜

12/19(金)『ミゥミゥクリスマス

もしかして今年は一番お世話になった演奏会場かもしれない、水沢のおうちカフェ・ミゥミゥさんのクリスマスイベントが2日間開催されますが、なんとわたくし2日とも出演します。まずは19日はソロで出演いたします。ピアニカ芸+ファンク弾き語り芸のハイブリッドで行こうと思ってます。

20:00オープン

20:30スタート

¥1500/1d

ごん

Bull pain catcher(アコースティック)

大町155

12月のミゥミゥ | ミゥミゥのブログ

12/20(土)『ミゥミゥクリスマス

f:id:gonoverdrive:20141204004224j:image:right

そして20日はなんと!『スティーリーごん』で出演です!スティーリーダンのカバーです。ほんとは内心、シャレで1ステージだけやって終わろうと思っていたこのプロジェクトでしたが案外好評で、またやることになってしまいました。そらそうだよなあバンドメンバーがいいからなあ。ギターはUncleStrangeTrioの瀬川伸さん、ベースはJamState太田ケイゴくん、サックスはSaturdayPlayerMeeting千葉ユウスケくん*1、しかも今回は生ドラム!ジャズドラマー・多田明彦さんをお迎えしました。前回に引き続き凄腕バンドメンバーにやばい鍵盤ボーカル(おれ)で極めて真面目にアダルツにお届けします。

20:00オープン

20:30スタート

¥1500/1d

まっと

スティーリーごん

satoken(宮城

及川智明〈東洋線〉

12月のミゥミゥ | ミゥミゥのブログ

とりあえずオファーいただいてる系のものは以上です。なおことしの年末年始*2については出演はございませんしお引き受けもできません。ご了承くださいませ。

あと出演ってわけじゃないですがたぶん演奏すると思うんでお知らせ。

12/25(木)『しわすJAM

f:id:gonoverdrive:20141204003836j:image:right

田舎laboで『しわすJAM』というセッション会をやりますのでおきがるに遊びにきてください!18時から、1ドリンクつき1,000円でよろしくおねがいいたします。セッションだけじゃなく、アート系、クラフト系などの自由研究なども行えますのでなにかネタある方ぜひご参加くだしあ

そんなわけで

大迫、釜石、紫波、水沢、そして最後に花巻と各地でいろいろやりますので、あそびにきってねー。*3

*1:なんと今月千葉くんと現場一緒なのが3回もあるしかも全部ちがうプロジェクトっつうw

*2:2014/12/27から2015/1/7まで田舎laboも音楽も休業させていただきます

*3:そういやこんだけ各地でやって今月は盛岡ではやんないんだな。。

2014-06-11

こんどの金曜日にSteely Danのカバーのバンドでライブやります@MIUMIU

久々に書きます。表題の通りなのですが、明後日2014/6/13(金)に、水沢のMIUMIUさんに出演いたします。詳しくはこちらのサイトにコンパクトにまとまっておりますのでご確認くださいませ。20:30開演ですので日中の仕事帰りでも来られるんじゃないでしょうか。

Steely Dan、といえば、ミュージシャンの間ではカバーするのは鬼門という定評もあったり、なかったりするようですが、おれはとにかくSDが昔っから大好きすぎるので、とてもいい機会なのでこの機を逃すわけにはまいりません。全曲カバーのライブ、という趣旨をお聞きして思いついたのがスティーリーダンとトッドラングレンでしたが前者を選択しました。

スティーリーダンをカバーする際に、新たにバンドを編成しました。とにかく自分の中で「むずいコードをすんなり理解できそうな人」「リズムのいい人」「メリハリききそうな人」などいろんな判断軸でチョイスさせていただいた珠玉のメンバーです。

そんな自慢のメンバーですが、まずギターは昨年くらいからGARUDAというユニットでデュオをやらしてもらってますが、岩手界隈では「じみしんさん」で有名でしょう、Uncle Strangeこと水沢の瀬川伸さん。ベースはJamStateの一員として先日田舎laboのライブでジャムって、ああやっぱこの人いいなあ、っておもった若手プレイヤー、オオタくん。サキソフォンは昨年、大迫のイベントにまっぴさん率いる「Theあやかしまやかし」でご一緒しておお楽しいプレイする人だなあ!と感銘をうけた、サタプレの千葉祐亮くんです。あとドラムはオファーした人が都合わるくてNGだったので今回は打ち込みです。次回以降あるとしたらその人にぜひやってもらおうとおもう。んで、おれはキーボードと歌です。バンドはすごいメンツなんだが、おれの歌がやばすぎてほんとやばいです。せいいっぱいがんばります。またいつものようにMCでどうもすみません、って謝罪いれつつがんばろうとおもいます。

今回のライブをやるにあたって、みんな忙しそうなメンツだしリハもあんましできないだろうなあとおもい、全曲分を打込みでアレンジデモを作りました。4リズム+サックスという小編成にする際に編曲をするため、この曲のキモはなんなの?って考えるわけですが、アレンジャー視点で聞いてみると色んな発見がありますね。ちょっとネタバラししてしまいますが、"Peg"のAメロの構造が実はブルースだった、というのとかね。CM7-Gadd9,CM7-Gadd9,CM7-Gadd9,CM7-Gadd9,FM7-Cadd9,FM7-Cadd9,CM7-Gadd9,CM7-Gadd9,GM7-Dadd9,FM7-Cadd9,CM7-Gadd9,CM7-Gadd9 って展開していくわけですが、ルートを追っていくと明確なブルース進行なんだよね。表にするとこうです。

Peg(Key in G)CM7-Gadd9CM7-Gadd9CM7-Gadd9CM7-Gadd9FM7-Cadd9FM7-Cadd9CM7-Gadd9CM7-Gadd9GM7-Dadd9FM7-Cadd9CM7-Gadd9CM7-Gadd9
典型的なGブルースG7C7G7G7C7C7G7G7D7C7G7G7

まあ、当時の音楽にはそういうこころみをしてる先輩方は大勢いたとおもいます例えば、前にカバーしたことがありますがトニーウイリアムズニューライフタイムのRed Alertとかもああみえて基本はブルース進行です。めちゃくちゃオルタードですがね。そんな思考に触れる事ができるのがおれの中でのカバーする楽しさだなあ、とおもいます。

まあそんなわけで、演じる側はすばらしい先人の音楽にリスペクトをこめつつそんなことを考えつつ、みささまにおたのしみいただければ最高ですので、ぜひ今週末はミゥミゥさんにあそびにきてくださいませ。おれらは「スティーリーごん」といいます。対バンはあらっち(ギター弾き語り)、おいちかびら(ギターベースデュオ)です。なんか花巻軍団ですねw 遊びにきってねー!

2008-12-13

タイ・レイ・タイ・リオみてきた

f:id:gonoverdrive:20081213174900j:image:right:w225

岩手県立美術館でおこなわれた映像も音楽も手掛けるアーティスト、高木正勝さんのユニットによるコンサート「タイ・レイ・タイ・リオ」見てきましたので、感想ををつらつら書きます。

無料イベントという事、またキャパが300人程度というのもあり早めにいったんですがそれが正解で、運良く最前列に座る事ができた。ちなみに会場は、県立美術館の奥の方の階段あるでしょ?吹き抜けになっているあそこです。階段が客席になっているかんじで、なんかとても変な感じ・・・MCで高木さんも言ってましたが音が全部上に抜けちゃうと。やっぱりな、みたいな。後ろの人殆ど聴こえなかったんじゃないか?今度はぜひ、有料でぜんぜんいいのでホールで見たいなあ、って岩手に来てくれればいいのですが。。

楽器の編成は、真ん中にPf+Vo、カミテにボーカル2名、ヤドランカさん、その後ろにバイオリン、管の人(サックス、フルート)、管の人(バグパイプ?とか笛とか色々)、さらにシモテ側にいきつつアコースティックベース、パーカッション、パーカッション、みたいな感じでした。

この人たちの演奏は初めて聴いたしCDも持ってなかったのですが、うーんなんといえばいいのかなECMレコードっぽいものとかが好きな人には多分オススメかもです。ミニマルとかアンビエント系な雰囲気で、スティーブ・ライヒとか初期のウェザーとかPMG好きな人におすすめかな、と個人的には思いました。

楽器的にも面白いもの使ってて、ボーカルの人(男の人)がホーメイやったりとか、バグパイプとかバスフルートとか、打楽器も色々エスニックな面白いもの使ってた。面白楽器フェチのおれにとってはかなりポイント高かった。まあといっても別に楽器で奇をてらってるとかそんなんじゃなくて、映像と合わせたアンサンブルというか、あくまでも素材のひとつとして使われていました。

映像は後ろにデカいスクリーンがあり(写真参照※つってもくらくて分かりづらいかw)、そこにビデオ素材をベースに色々と作り込んだ映像を写しながら、音楽と一緒にやってる感じでした。色が綺麗だったなあ。刺さるような色彩というか。のろ〜んとしたり発狂しそうなかんじになったり、刺激的だったり官能的だったり、起伏が大きい映像表現。音楽と映像が等価で構成された曲が6割くらいだったかな、演奏者もみんなコロガシの他に映像モニタもみながらやってた。音と映像をいちどきに奏でている感じ、というか。

音と絵をいちどきに提示されると情報量が大きすぎてこちらの感情の入り込む余地がなくて、鑑賞するのが難しい、なんてことを思ったりする事があるのですが、この人たちの今日のものに関してはそれはあまり感じなかった。音と絵が等間隔に整理されていて(つっても多分半分くらいの曲は映像なしでしたけどね)お互いが緊張したり主張したりしすぎず穏やかに響く感じで、すんなりと楽しめて良かった。

全体的な印象はとにかく、美しかったです。美の音、音の美。また岩手に来てやって下さいね!そして出来れば今度はホールで是非やってほしいなあ。

2007-07-15 巷は3連休なので調子こいておれも3連休しちゃうかなw

gonoverdrive2007-07-15

音楽イベント Only One Music Carnival 2007 @岩手県盛岡市(2/2)

続きだよ。

遊食屋FUJIへ

たちくらみもアワビのキモですっかりゴキゲンに回復したので、最後の会場、中央通の「遊食屋FUJI」へ。

お店にはいった途端耳にはいってきたのはなんともイカすワーブリング。ブルースハープは汽車ぽっぽ。かっこいいわ。いい。

夕方になったので、5会場の中でやってるのはもうここだけだ。結構ひと集まってる。町中で何度かみかけた人、PAとか受付やってた人、首からパスぶらさげた黒い服来た中の人っぽい人、みんな来てます。お疲れ!!!そしておれたちも、キャッシュオンデリバリー500円均一の酒を注文しつつ、酒と音堪能モードへ移行。


三陸なジミヘン@遊食屋FUJI
三陸なジミヘン@遊食屋FUJI posted by (C)TR801


ジミwwすげージミヘンww。沿岸の方から来たバンドみたいです。歯で弾く、背中で弾くあたりはすっかりクリアしていただきました!!楽しい!ジミ、RIP。

中川五郎&真黒毛ぼっくす

そして、ラス前は東京からのゲスト、中川五郎&真黒毛ぼっくすの皆さんの楽しい演奏です。ドラム、ベース、ギター、鍵盤(Syn、アコーディオン、ピアニカ)、エレキバイオリン、ソプラノサックスアルトサックス(テナーだったかも)、パーカッション(子役)、うた、みたいな編成。狭いステージに大編成のバンドです。

なんか昭和。いい感じ。すごくいい。カントリー、スカ、レゲエ、etc...色々な音楽をミクスチュアした、なつかしい音です。

中川五郎&真黒毛ぼっくす @遊食屋FUJI
中川五郎&真黒毛ぼっくす @遊食屋FUJI posted by (C)TR801

しかし中川五郎さんいいなあ。素敵。おもいっきり握手してもらった。御年58歳との事。かっこいい。こんなオッサンになれたらなあ。真黒毛ぼっくすのリーダーの方、ナイスキャラすぎ!!惚れます。つか、以前在京時にどこかでお会いしたような気がします。うーん。。

そして怒涛のラストへ

最後は、今回のスペシャルユニット(らしい)のライブです。懐かしいR&Bの名曲が繰り広げられます。もうおれたちはすっかり楽しいスイッチが入ってたので超ノリノリです!ジョージア!オンマイマアアアイン!!センキウ!


・・・あまりにも楽しんでたため写真とってなかったw


コンボオルガンいいなあ。。欲しい。けどおれは01/wでがんばります。うん。地道に作った音色だもん。

そして、アンコール。最後はブルース進行でセッション大会!!!おれはオカリナ&アジテーションで参加www これですよ、やっぱ。音楽の力ってこれだ。一体感。なれ合いとかじゃなく、波に乗るシンクロ感。すばらしいです。

Finale

みんなでカンパイして楽しかったイベントもこれで終わり。言い出しっぺの方は感極まっている模様。そうだよな。

このイベントは広告代理店とかマスメディアとかに頼らず、手作りでやったと企画者の方たちが言ってた。

いい意味、悪い意味で、やっぱりな、と思った。

前半の日記に書いた「告知不足」とかいう問題はある。もっと盛り上げないとダメでしょう。今後のためにね。あと「たちくらみになるほどの音圧」=つまりPAの悪さ、とかも何とかなると思うんだけどなあ。まあ細かい事を挙げると色々あるイベントだったと思います。

そうだとしても、もちろん第1回目なのでこれから伸びしろがあるし、ずっと続けて欲しい(毎年やります!宣言してた。嬉しいです)。で、このあたりの諸問題を、うまく、音楽的なコネクションでクリアしていけたらすごく楽しいなあ、と。マスメディアとかに主導権とられないようなスタンスで、ちょっとづつでもいいから、もっと外向きな(=ちょっと内輪受けなムードがあったのは事実)イベントになってほしいなあと思う。


というわけで、来年も観客か出演者か中の人になってるかもわかりませんが<それはないかw いずれにせよ何らかの形で応援したいイベントでありました。

街を楽しくとか活性化するのは、こういう文化的な所からいくのっていいよね。