Hatena::ブログ(Diary)

ねら〜ITエンジニア雑記

2018-04-25

VirtualBoxのLinuxにGraalVMを入れてpythonのスクリプトを動かしてみた。

GraalVM、かなりアツいOSSですね。各所で話題になってます。

オラクルJavaJavaScriptRubyPythonなど多言語対応を単一ランタイムで実現する「GraalVM」をオープンソースで公開。Twitterが本番環境で採用
http://www.publickey1.jp/blog/18/javajavascriptrubypythongraalvmtwitter.html

導入も簡単だったので置いときますやね彡(゚)(゚)

GraalVMのダウンロードインストール

下記のリンク(Getting start) ⇒ Downloads ⇒ Community Edition (CE) で
「graalvm-ce-1.0.0-rc1-linux-amd64.tar.gz」をダウンロード

GraalVM Getting start
https://www.graalvm.org/docs/getting-started/
Community Edition (CE) https://www.graalvm.org/downloads/


VirtualBoxのゲストOS(Linux、本記事ではOEL6を使用)の適当なディレクトリに展開する。
今回は「/home/oracle/work」配下に展開。超簡単やね。彡(゚)(゚)

tar xvzf graalvm-ce-1.0.0-rc1-linux-amd64.tar.gz

Graal Pythonコンポーネントインストール

GraalVMのbinディレクトリPATHを通す。オプションでJAVA_HOMEもGraalVMの展開ディレクトリにセット。

export PATH=/home/oracle/work/graalvm-1.0.0-rc1/bin:$PATH
export JAVA_HOME=/home/oracle/work/graalvm-1.0.0-rc1

マニュアル(https://www.graalvm.org/docs/getting-started/#running-python-3)の通りに guコマンド(Graal updater)でpython componentをインストール

gu -c install org.graalvm.python

Downloading: Component catalog
Processing component archive: Component org.graalvm.python
Downloading: Component org.graalvm.python
Installing new component: Graal.python (org.graalvm.python, version 1.0.0-rc1)

Graal Pythonの実行

下記マニュアルを参考にしつつ、まずはコマンドラインから。

GraalVM - Python 3
https://www.graalvm.org/docs/reference-manual/languages/python/#python-3


graalpythonコマンドでコマンドラインを起動。
VMを起動しているせいなのか、print文の初めの1回は遅い彡(゚)(゚)

graalpython

Please note: This Python implementation is in the very early stages, and can run little more than basic benchmarks at this point.
>>> print ("1+2=", 1 + 2)
1+2= 3
>>> print ("1+2=", 1 + 2)
1+2= 3
:

次に下記のpythonスクリプトを動かしてみます。

cat py3test.py

# -*- coding: utf-8 -*-

print("Hello World!")

for i in range(0,6):
    print(i,"Hello World!")

for i in range(0,6):
    if i%2==0:
        print(i," is even number.")
    else:
        print(i," is odd number.")

スクリプトの実行コマンドは下記、こいつ……動くぞ!彡(゚)(゚)

graalpython --jvm --polyglot py3test.py

Please note: This Python implementation is in the very early stages, and can run little more than basic benchmarks at this point.
Hello World!
0 Hello World!
1 Hello World!
2 Hello World!
3 Hello World!
4 Hello World!
5 Hello World!
0  is even number.
1  is odd number.
2  is even number.
3  is odd number.
4  is even number.
5  is odd number.

うーん、こいつは凄い。他の言語も動くようだし、polyglotって機能で
言語が混ぜこぜでも同時に動くらしい。試してみないと。。。彡(゚)(゚)

JavaモジュールのNative Image化(※4/25追記)

python実行とは直接関係ないのですが、GraalVMにはNative Image化という
高速化という機能が有り、試してみたのでメモ。

まずワイ環境ではnative-imageコマンドの実行に、
gccとzlib-develのインストールが必要でした彡(゚)(゚)

yum install gcc
yum install zlib-devel

以下のjavaコンパイル&Native Image化彡(゚)(゚)

cat HelloGraalJava.java

import org.graalvm.polyglot.*;

class HelloGraalJava {
    public static void main(String[] args) {
      System.out.println("Hello, Graal Java!");
    }
}

javac HelloGraalJava.java

native-image HelloGraalJava

Build on Server(pid: 3847, port: 26682)
   classlist:     909.56 ms
       (cap):   3,249.39 ms
       setup:   5,206.04 ms
  (typeflow):  15,378.97 ms
   (objects):   6,795.22 ms
  (features):     152.68 ms
    analysis:  22,692.12 ms
    universe:   1,248.48 ms
     (parse):   6,206.26 ms
    (inline):   3,647.32 ms
   (compile):  27,832.51 ms
     compile:  39,458.58 ms
       image:   3,222.35 ms
       write:     646.89 ms
     [total]:  73,892.84 ms

ALL小文字の「hellograaljava」というバイナリが生成されました。
timeコマンド付けつつ実行してみた。なるほど彡(゚)(゚)

#通常のjava実行
time java HelloGraalJava
Hello, Graal Java!

real    0m0.187s
user    0m0.140s
sys     0m0.043s

#Native Image実行
time ./hellograaljava
Hello, Graal Java!

real    0m0.017s
user    0m0.003s
sys     0m0.011s

native-imageコマンドはpython関連のオプションも有るんですが、
使い方はイマイチ解らず。今後要検証彡(゚)(゚)

native-image --help
:
Available macro-options are:
    --language:python
:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gonsuke777/20180425/1524620038