GOOE BLOG このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-03-25

愛媛FC1―3FC岐阜

| 23:03

愛媛に移住したので地元のFC愛媛の試合を見にニンジニアスタジアムに来て見た。開幕以来、今年2度目の参戦である。
東京からレンタル移籍の野澤はこの日もでず、ベンチ入りもなし。テンションだだ下がり。気を取り直して観戦に集中、集中。
顔と名前がまったく一致せず、一人ひとりがどんなプレースタイルなのかもさっぱりわからず、ほぼ、初めて接するゲームであった。

全体的な印象はあまりいいものではなかった。
一言で言えば、「ちぐはぐ」
中盤を厚くしてプレスを効かせ奪ったらサイドを起点にすばやく攻撃、という意識をみてとれたが、中盤の運動量が足りず、ほぼかいくぐられてしまっていた。名前を挙げるなら、SHの神谷と丹羽。この二人が踏ん張って汗をかかないとこのシステムは機能しないのではないか。ここをいとも簡単にかいくぐっててしまわれるので、結果的に、5バックの並びになり、中盤を自由に使われてしまう。岐阜はCFのライアンにとりあえず当ててから、サイドに振っていくが、田中、安藤のスライドがついていけず、シュートコースを作らせてしまっていた。

セカンドボールが拾えているうちは形になるのだが、相手にボールを握られると、相手をはめることができず、前でノッキングを起こしてしまいがち、守るときは割り切って、ディレイトしながら中盤を4枚にするなど、相手と同数にして守っていかないと、「ちぐはぐ」は解消されないのではないだろうか。

攻撃のときにも、ちぐはぐが散見された。相手は実質ワントップなのに、DFは3枚、当然前に人が足りない。途中から2枚にしてサイドを高めにしてセンターをカバーしていたが、ボールの収めどころがないので、DFからのビルドアップができなくなり、相手のプレスにたまらず蹴ってしまうという悪循環が発生。このチームの攻撃の生命線がわからずじまいだった。神谷のポジションが常に謎めいていたのと無関係ではなかろう。

4バックにして、野澤をボランチにするだけで、ボール回りはスムーズになっていろいろなことが解消に向かうと思うのだが・・・とにかくノザーを見たいぞ。

次回は、今日より良い試合を!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gooe/20180325/1521986622