Hatena::ブログ(Diary)

googleyahoomsnの日記

2017-02-06 日本で一番曲を書いた作詞家は誰?(ランキング付き)

私は作詞家という職業の人たちが好きでして、歌そのものよりも作詞家が好きと言っても過言ではありません。

最も作詞をしている作詞家は誰だろうかと長年考えていまして、今回調べてみることにしました。



まずは、よくプロフィールなんかで本人ないし事務所が書いている「作品数」です。

大まかな目安にはなりますが、数を盛っていると思われる人がいるので(笑)参考程度にどうぞ。




作詞家作品数(2017年2月現在)

5000曲以上 阿久悠*1秋元康*2

4000曲以上 なかにし礼*3安井かずみ*4東海林良・星野哲郎*5

3500曲以上 石本美由起

3000曲以上 松本一起

2000曲以上 松本隆森雪之丞橋本淳*6

1500曲以上 売野雅勇*7阿木耀子*8畑亜貴*9

1000曲以上 田口俊・門谷憲二・伊藤アキラ・たきのえいじ*10及川眠子*11

500曲以上 有馬三恵子*12森浩美*13




ちなみに、秋元康はこのうち1500曲強がAKB関連の楽曲です。

もしかすると安井かずみなかにし礼に関しては訳詞の分もカウントされているのかなと思っていますが、真相不明です。




続いて、上の表に私が独自に調べた作品数を追加して見やすくしたものを載せます。







作詞家作品数(2017年2月現在)

5000曲以上 阿久悠秋元康

4000曲以上 なかにし礼安井かずみ東海林良・星野哲郎

3500曲以上 石本美由起

3000曲以上 松本一起・松井五郎

2500曲以上 山川啓介*14

2000曲以上 松本隆森雪之丞橋本淳荒木とよひさ三浦徳子*15山上路夫

1500曲以上 売野雅勇阿木耀子畑亜貴

1000曲以上 田口俊・門谷憲二・伊藤アキラ・たきのえいじ・こだまさおり藤林聖子及川眠子岩里祐穂たかたかし松井由利夫*16・木下龍太郎池田充男・仁井谷俊也・森由里子石坂まさを大津あきら来生えつこ麻生圭子川村真澄岡田冨美子

500曲以上 有馬三恵子・森浩美松井洋平久保田洋司satomi下地亜記子・田久保真見くまのきよみ・麻こよみ・坂口照幸・里村龍一岡本おさみ佐藤ありす志賀大介

100曲以上 いしわたり淳治小竹正人大森祥子うらん銀色夏生



森さんと松井さん姓多すぎでしょ・・






さて、お次はユニークアイディアとして、カラオケ登録されているランキングです。

私がわざわざカラオケボックスに行って調べました。




作詞家カラオケ登録ランキング2017年2月1日現在・DAMスタジアムで集計)

1位  秋元康   1913曲*17

2位  つんく   1052曲

3位  荒木とよひさ 954曲

4位  阿久悠   925曲

5位  畑亜貴   889曲

6位  仁井谷俊也 790曲

7位  松井五郎   696曲*18

8位  星野哲郎   672曲

9位  たかたかし 661曲

10位  こだまさおり 656曲

11位  松本隆    647曲

12位  麻こよみ   567曲

13位  水木れいじ  525曲

14位  田久保真見 523曲

15位  中島みゆき 444曲

16位  吉岡治   439曲

17位  浜崎あゆみ 429曲

18位  桑田佳祐  422曲

19位  藤林聖子  415曲

20位  なかにし礼 379曲

21位  森由里子  363曲

22位  石本美由起 338曲

23位  売野雅勇  316曲*19

24位  三浦徳子  313曲

25位  坂口照幸  307曲




25位まで載せました。かなり意外なランキングではないでしょうか。

DAM90年代からの会社なので平成作詞家が有利という前提で見ていただきたいのですが、

演歌系とアニソン系で半分以上を占めています。

DAM演歌に強いということや、アニソンキャラソンがあるためたくさん登録されるということで、こういうことになったのだと思います。

1位の秋元康は1年前の今頃と比べて150曲ほど曲が増加しています。このペースで行けば2000曲どころか3000曲に到達する可能性があります。

2位のつんくは意外です。当然ですが、半分以上はハロプロ楽曲です。

3位の荒木とよひさには少し驚きました。しかも一年間で50曲ほど登録数が増えています。過去の名曲カバーされたという要素もあるでしょうが、それでも70歳を超えた作詞家としては異例です。ちなみに本人は自分で歌う曲も(今でも)出していて、それも登録されています。

4位は阿久悠で、ほとんどの人が彼を「日本一作詞家」と呼ぶくらいの人ですが、亡くなってから今年で10年になるにも関わらず、登録曲が年間25曲ほど増加しています。カバーはもちろん、これまで入っていなかった曲が利用者のリクエストで追加された影響と思われます。

5位の畑亜貴はここ10年で登録数を伸ばした作詞家で、去年一年間でだいたい70曲ずつくらい増えています。彼女も、歌手という一面があります。みんなが思っているより歳ですが、見た目は若く見えます(笑)

6位の仁井谷俊也は知らないという人が多いかもしれませんが、演歌作詞家です。麻(12位)水木(13位)らも演歌専門です。

7位の松井五郎シンガーソングライターと一緒に作詞することがあって、今回は飛鳥涼との作品は追加しましたが、それ以外は調べられず載せませんでした。なので、実際はもっと多く登録されているかもしれません。

8位の星野哲郎伝説的な作詞家で、やはり亡くなってから時間がたっていますが登録が増えています(16位の吉岡治も同様です)

9位のたかたかしはあまり作品が多いイメージが無かったので、少し驚きました。

10位のこだまさおりアニソン作詞家です。作詞家としてはまだ若いし、これから登録数がどんどん増えると見ています。

11位の松本隆阿久悠と人気を二分する(ただし時期は異なりますが)日本トップ作詞家ですが、意外と登録は少ないなと感じました。やはり平成に入ってからたくさん書いていないと、なかなかカラオケ登録数は増えないのだなと思いました。

14位の田久保真見はこないだ日本作詞大賞を受賞しました。演歌の人ですが実は過去にアニソンも書いています。

19位の藤林聖子はJーPOPアイドルからアニソンまで幅広くやっていますが特撮の曲が多いのが他の作詞家と違うところです。

24位の三浦徳子70年代から80年代に活躍したあとはほぼ消えていましたが、最近になってSexyZoneや℃-ute作詞で復活しました。年齢非公開ですが、おそらく70歳前後です。ちなみに、ネット検索すると白髪のおばあさんの画像が出てきますが別人です。画像人物女優三浦徳子(みうら・とくこ)で作詞家のほうは三浦徳子(みうら・よしこ)です。

最後に、シンガーソングライターが3人はいりましたが中島みゆき縁起でもない数字なのはともかく、浜崎あゆみの健闘が目立ちました。

*1阿久悠『夢を喰った男たち』文春文庫・2007

*2:TBS「金スマ2016年4月9日放送

*3なかにし礼『翔べ!わが想いよ』新潮文庫・2003

*4島崎今日子『安いかずみがいた時代集英社文庫・2015

*5http://www.uta-net.com/user/sakushika/01_100/48.html

*6http://www.uta-net.com/user/sakushika/01_100/29.html

*7:私が本人から直接聞いたので間違いない!正確には1600曲

*8サンデー毎日の連載のプロフィール

*9:本人のツイッター

*10http://www.uta-net.com/user/sakushika/01_100/28.html

*11:本人のツイッター

*12:「中国新聞2016年8月10日

*13森浩美家族言い訳双葉文庫・2008

*14井出隆夫名義の曲含む

*15亜伊林名義の曲含む

*16:はぞのなな名義の曲含む

*17:yasushi akimoto名義の14曲含む

*18ASKAと共作した曲含む

*19麻生二名義の11曲含む

2017-01-24 直前!アカデミー賞ノミネート予想

インフルエンザでつらいですが頑張ります。

今年は去年のホワイトオスカー騒動(これは冤罪みたいなもんなんですが)とトランプ大統領の影響があるかもしれません。



作品賞(9作品と予想)

1 ラ・ラ・ランド(ライオンズゲイト)   当確

2 ムーンライト(A24)          当確   

3 マンチェスター・バイ・ザ・シーアマゾン・スタジオズ)   当確

4 Fences(パラマウント

5 ライオン 25年目のただいま(ワインスタイン・カンパニー

6 最後の追跡(CBSフィルムズ)

7 Hacksaw Ridge(ライオンズゲイト)

8 Hidden Figures(20世紀フォックス

9 ラビング 愛という名前のふたり(フォーカス・フィーチャーズ)





逆転の可能性を残す

10 メッセージパラマウント

11 ジャッキーファーストレディ 最後の使命(フォックス・サーチライト

12 沈黙パラマウント

13 Nocturnal Animals(フォーカス・フィーチャーズ)

14 ハドソン川の奇跡ワーナー・ブラザーズ

15 バース・オブ・ネーションフォーカス・フィーチャーズ)




前哨戦では「ラ・ラ・ランド」が強いです。実はミュージカルオスカーの相性は微妙なのですが、ノミネートは確実です。担当会社は「SAW」のライオンズゲイト。あまり賞レースを得意としていない映画会社ではありますが。

2番手の「ムーンライト」はアフリカ系の主人公犯罪に手を染めて生きる・・みたいな話で、オスカー好みです。しかもホワイトオスカー問題+ブラピプロデューサーという恩恵も受けそう。4番手の「Fences」と8番手の「Hidden Figures」と9番手の「ラビング」も同じで、今回はトランプ大統領の影響でリベラル派が変に燃えているので有利です。

マンチェスター・バイ・ザ・シー」はやはり前哨戦で強く、会員が好きそうな映画です。

ライオン」に関してはオスカー向きの内容ではありませんが、賞レース世界一得意とするワインスタインが全力プッシュ。

おそらく今年ワインスタインが推すのはこの作品だけなので、余計に入りやすいと思います。

「最後の追跡」は西部劇のような感じなので、会員の平均年齢が高いアカデミー賞には有利と言われています。

「Hacksaw Ridge」は沖縄戦舞台戦争もの。ライオンズゲイトに2作品ノミネートさせられる能力があるかに注目。






監督賞

1 デイミアン・チャゼル(ラ・ラ・ランド)

2 バリー・ジェンキンスムーンライト

3 ケネス・ロナーガンマンチェスター・バイ・ザ・シー

4 デヴィッド・マッケンジー(最後の追跡)

5 マーティン・スコセッシ沈黙



逆転の可能性を残す

6 ドゥニ・ヴィルヌーヴメッセージ

7 ガース・デイヴィス(ライオン

8 クリント・イーストウッドハドソン川の奇跡

9 メル・ギブソン(Hacksaw Ridge)

10デンゼル・ワシントン(Fences)



スコセッシ・イーストウッドギブソンワシントンビッグネーム行方に注目







主演男優賞

1 ケイシー・アフレックマンチェスター・バイ・ザ・シー)  当確

2 ライアン・ゴズリング(ラ・ラ・ランド)

3 デンゼル・ワシントン(Fences)

4 アンドリュー・ガーフィールド(Hacksaw Ridge) 

5 ヴィゴ・モーテンセン(はじまりへの旅)




逆転の可能性を残す

6 ジョエル・エドガートンラビング )

7 ジェイク・ギレンホール(Nocturnal Animals)

8 トム・ハンクスハドソン川の奇跡

9 クリス・パイン(最後の追跡)

10アダム・ドライヴァー(Paterson)


おそらく、世界中の予想マニアが5番手争いに頭を悩ませている。

ヴィゴ・モーテンセンジョエル・エドガートンのどちらかが入ると思われるが、大接戦だろう。









主演女優賞

1 ナタリー・ポートマンジャッキーファーストレディ 最後の使命)    当確

2 エマ・ストーン(ラ・ラ・ランド)                   当確

3 イザベル・ユペール(Elle) 

4 エイミー・アダムスメッセージ

5 メリル・ストリープ(マダム・フローレンス!)



逆転の可能性を残す

6 ジェシカ・チャスティン(Miss Sloane)

7 アネット・ベニング(20センチュリー・ウーマン)

8 エミリー・ブラントガール・オン・ザ・トレイン

9 ルース・ネッガ(ラビング)

10レベッカ・ホール(Christine)


3位以下混戦。

オスカーに愛されているエイミー・アダムスと、絶対ノミネートされることでおなじみメリル・ストリープは入るでしょう。








助演男優賞

1 ジェフ・ブリッジス(最後の追跡)  当確

2 マハーシャラ・アリ(ムーンライト

3 ルーカス・ヘッジズ(マンチェスター・バイ・ザ・シー

4 デヴ・パテル(LIONライオン 25年目のただいま)

5 ヒュー・グラント(マダム・フローレンス!)



逆転の可能性残す

6 アーロン・ジョンソン(Nocturnal Animals)

7 マイケル・シャノン(Nocturnal Animals)

8 イッセー尾形沈黙

9 ベン・フォスター(最後の追跡)

10レイフ・ファインズ(胸騒ぎのシチリア





西葛西在住イッセー尾形に注目。








助演女優賞

1 ヴィオラ・デイヴィス(Fences)

2 ミシェルウィリアムスマンチェスター・バイ・ザ・シー

3 ナオミ・ハリスムーンライト

4 ニコール・キッドマンライオン

5 オクタヴィア・スペンサー(Hidden Figures)



逆転の可能性残す

6 フェリシティ・ジョーンズ(A Monster Calls)

7 リリーグラッドストーン(Certain Women)

8 グレタ・ガーウィグ(20センチュリー・ウーマン)

9 ジャネール・モネイ(Hidden Figures)

10ルーニー・マーラライオン




アメリカ映画俳優組合賞(SAG)と同じノミネートになると予想










さあ、楽しみですね。

2017-01-14 アメリカ大統領選挙を見てきた(後編)

f:id:googleyahoomsn:20170113202257j:image:w360:left

いよいよ開票が始まり、選挙特番でも州ごとの当確が打たれていく。

この段階では私が日本にいるうちに予想しておいた鉄板州の当確だけだから、緊張しない。

主にMSNBCを見ていたが、どのテレビ局フロリダ州に注目している。これは毎回のことなのだが、フロリダトランプの関連施設が多かったり、退役軍人もたくさん住んでいたりと、今回はより注目される要素が多かった。




街中でも選挙速報が生中継されている

f:id:googleyahoomsn:20170113182109j:image



時間すると、「トランプが勝つのでは・・」という雰囲気が広がり始める。

深夜2時くらいになって、トイレにいたら隣の部屋から奇声が聴こえたのでもしやと思い部屋に戻ると、はたしてトランプ当選確実が出ていた。

あわててコートを着てタイムズスクエアに走る。

深夜のニューヨークは寒かったが、興奮しているので気にならない。5分ほどでタイムズスクエアに着くと、案の定トランプ支持者とヒラリー支持者が口論をしていた。









f:id:googleyahoomsn:20170113182412j:image:w360:left

トランプのいるホテルの前に行くと、ちょうど彼を乗せた車が出てくるところだった。

当然姿は見えなかったが、自分との距離が10Mくらいで、ちょっと嬉しかった。ちなみに銀座でもオバマの車列とそのくらいの距離に近づいたことがある。

トランプが出てくると同時に彼の支持者たちも出てきて、本当に嬉しそうだった。

一部の若者がすぐ近くのFOXニューズ本部前へ行ってコールをしていた。右派だからFOXなのだろうか*1




f:id:googleyahoomsn:20170113182652j:image:w360:right

翌日は暇だったのでずっと行きたかったカフェレストランに行った。

ここは秋元康が「川の流れのように*2作詞した場所。観光地ではない所にあるので探すのが大変だった。

コーラピザを頼んだが、サイズが大きく苦戦




夜にエンパイアステートビルから夜景を見ようと思ってホテルから出ると、反トランプデモが目の前に。

ビルはいつでも行けるけど、デモは滅多に見られないだろうから、ついていった。

デモ隊は予想通りトランプ・タワーの前に終結デモを始めた。

SEALSと同じコールもあったが発音の良さに笑ってしまった。

f:id:googleyahoomsn:20170113182642j:image

f:id:googleyahoomsn:20170113182647j:image


デモは日付が変わっても続いていた。

ホットドッグで手がベタベタになったが、写真をかなり撮った。

深夜のNBC本社前。

f:id:googleyahoomsn:20170113183038j:image



4時ごろホテルに戻ってモーニングコールを頼んだが、起きる時間には鳴らなかった。

それを想定して自分の目覚ましもかけていたので良かったが、15分くらいしてスタッフが直接起こしに来た。忘れてた・・?

帰りは電車ニューアーク空港まで行った

f:id:googleyahoomsn:20170113183029j:image

帰りの飛行機デルタだったが、隣のベトナム人がずっと話しかけてきた。*3意味がわからない所ばかりだったが、コネチカット州ネイリストをやっている人で、母親を大切にしているということはわかった。

飛行機も3月に乗ったカタール航空美人CA揃いだったので期待していたが、普通だった。

現地・飛行機あわせて旅行中5時間くらいしか寝なかったが全然平気だった。選挙が好きすぎるとこういうことになるので、皆さんも要注意。





おまけ

f:id:googleyahoomsn:20170113182408j:image

現地で買った大統領選グッズ。

私は自宅で毎日ココアを飲むのですが、このマグカップを着ています。

Tシャツを着て外出する勇気はありません。

ちなみにトランプのグッズを買おうとしたら「トランプ投票したの?」と店員に聞かれたので否定すると「じゃあ選挙に行かなかったのね・・・」と言われた。

なぜヒラリーに入れた可能性を考えなかったのか謎だが、私を現地の有権者だと思ったようだ。色んな人種がいる国らしい出来事

観光客です」と伝えても浮かない顔をしていたが、なぜだろう。いかにも観光に来たって雰囲気だったと思うけど。。


f:id:googleyahoomsn:20170113181709j:image:w360:left

恒例の物真似。ヒラリー役とてもかわいい。










f:id:googleyahoomsn:20170113183024j:image:w360:left

ドーハ空港でもよく見かけた。ビクトリア・シークレットの広告

CMも大変センスがあるので憧れていたが、女性の下着専門だそうで・・・・

*1:ただし、今回はさすがのFOXトランプ支持とは言えない報道の仕方だった

*2:2番の歌詞がほんと好き

*3:おかげで「インソムニア」観られなかった

2017-01-13 アメリカ大統領選挙を見てきた(前編)

去年11月、わざわざ1人でニューヨークまで行ってアメリカ大統領選挙を見てきた。

1人旅なんてしたことがないし、そもそも1人で関東から出たことがない。よくそれでアメリカに行こうと思ったなと色んな人から呆れられたが、行ってよかった。






行きはデルタ航空だが飛行機客室乗務員ANA。航空には詳しくないのでよくわからない。

なぜか機内サービス楽曲堀ちえみの「リボン」が入っていて、何度も聞いていた。作詞家三浦徳子は本当に「・・・」の使い方が上手い。



投票日前日の夜にJFK空港に到着。20分くらいタクシーを待って、寒くて震えた。

泊まったのはホテルペンシルバニアで、マディソン・スクエア・ガーデンの真隣にある。

f:id:googleyahoomsn:20170113183033j:image:right

客室が1700部屋、エレベーターが12基もある巨大なホテル

映画「1408号室」にも一部が使われていて、不気味な要素もあるが、こういうところに泊まりたかったので大正解だった。

f:id:googleyahoomsn:20170113181715j:image

清掃やスタッフサービスには期待できないが、Wi-Fi(有料)のパスワードを聞いたらうっかり教えてくれたり、売店のおじさんがポップコーンチョコレートを入れてくれたりと、ユニークな(?)要素もある。




f:id:googleyahoomsn:20170113181720j:image:w360:left

すぐにタイムズスクエアに行ってみたが、翌日に備えてABC生中継スタジオを置いていた。

行く前にアメリカに詳しい方に聞いたので知っていた。

写真には写っていないが、東芝広告の上(一番上)に、なんとNHK広告を出している。これには驚いた。








f:id:googleyahoomsn:20170113181937j:image:w360:left

         翌日、朝早くから色々見てまわった。

トランプインターナショナルホテルの前には、ご覧のように陰謀論団体みたいなのがいて、熱心に活動した。

日本でも目撃している似たような人たちのことを思い出してテンションが下がった。








投票所の様子。ニューヨーク無風区だからつまらないけど。

f:id:googleyahoomsn:20170113182115j:image








ヒラリー陣営の拠点・ジェイコブ・ジャヴィッツコンベンションセンター投票締め切り数時間前)

勝っていれば勝利宣言はここでしていた・・・

f:id:googleyahoomsn:20170113181932j:image



民主党共和党カラーに彩られたエンパイアステートビル

f:id:googleyahoomsn:20170113182104j:image




そして、いよいよテレビ選挙特番がはじまる・・

(つづく)

2016-10-04 この夏読んだ本の感想

あまり読む時間はありませんでしたが・・・




私の好きな作詞家売野雅勇さんの自伝エッセイ

(とくに「2億4千万の瞳」と「め組のひと」が好きです)

歌手とのエピソードはあまり興味がないので、楽曲誕生秘話を熱心に読んだ。

ちなみに渋谷HMV荻野目洋子氏と一緒にトークイベントをやっていた。

私はサイン会に行ったのだが、ほんの数秒でも売野さんと会話をすることができてとても嬉しかった。橋本愛握手会のときくらい緊張した






大和朝廷から伊藤博文を通過して民主党政権まで行くのは面白い。

ただナショナリズムがメインの章はかなり書いてあることがおかしく(たとえば第一安倍政権参院選で敗北した理由の1つに保守的な政策を挙げている点)

イデオロギー先行なイメージを受けた。

実際、この本を読んでいた知り合い(別に右派ではない)も「おかしいね」と言っていた。







通称イスラム国に関する本は何冊か読んだが、この本はシリアに関する記述が他の書籍より充実している。

また、今年出版された本なので有志連合ロシア軍による「イスラム国」への空爆成功しているという前提で書かれている。

(去年多く出版されたこの手の本では有志連合は「イスラム国」に手を焼いていると書かれている)

そのため、追い詰められた「イスラム国」が別の土地(たとえばリビア)に拠点を移すのではないかという分析がなされていて興味深い。







総理 (幻冬舎単行本)

総理 (幻冬舎単行本)

シンプルタイトルにインパクトのある表紙。参院選直前に出版したこととあわせて、幻冬舎らしい本だと思った。

それにしてもこの記者(今はフリー)、驚くほどに安倍総理に密着している。

2014年の増税延期前後の動きなんて、あの田崎史郎凌駕するレベルで感心したのだが、メディア政治家癒着を嫌う人が読むと不快に思うだろう。

安倍晋三TBS記者に気に入っている者がいるという事実は、あの上杉隆が「イチ・ロク・サンケイ*1として「官邸崩壊」に書いていたから知っていたけど、どういう人物かは知らなかった。中川昭一戒名を付ける作業にまで関与していたとは・・・

とはいえ安倍が復活するまでの話や財務省とのバトルのエピソードは面白い。一気に最後まで読み切った。





23区格差 (中公新書ラクレ 542)

23区格差 (中公新書ラクレ 542)

「ああ、きっと売れるだろうな・・」と思ったら案の定東京だけかも)

前半は年収ランキングなどで、後半が23区それぞれの解説

ただし、通信簿」としておきながら知名度順に並べただけなので注意

ちなみに私は江戸川区まれなのだが、この本では江戸川区の世帯の構成を細かく分析している。

他の23区紹介本では江戸川区出生率の高さが軽く紹介されている程度だが、こっちは家族データと結びつけて分析されている。

いまだに売れてるみたいだが、これ都民以外の人が読んでも面白くないよね。




芸能人スキャンダル本はよくコンビニに置いてあるが、474件も載せている本はなかなか無い。ちょっとした辞書みたいだ。

しかも日刊ゲンダイが書いているので容赦ない。笑えるものから悲しくなるものまで・・・





フジテレビの元社員が書いただけあって説得力がある。厳しい分析を展開しているが、やはり古巣への愛も文章から感じられる。

内輪ネタスタッフ視聴者の笑いのツボが一致しているときは良いけどそれがズレるとまったく笑えなくなる」的なことが書いてあって、これが一番納得。

内輪ネタそのものは悪くないのだ(笑)

*1:イチはNHKのこと