G★RDIAS このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-10-08

[][]"Girls and Guns"は米国の病か?

米国のネットテレビで、Girls and Gunsという番組が大ヒットの兆しを見せているようだ。これは、10代から20代のセクシーな女性を公募して、全員に水着を着せて本物の銃やマシンガンを渡して、標的の車や人物人形を撃ちまくって破壊させるゲームである。4人の参加者で競わせ、2人が勝ち残る。一種のリアリティショーである。番組を発案したのはアウトドア系の女性である。番組のサイトで、大型銃を撃つのが好きな女性を募集している。

勝者の女性を決める基準は、"Girls are judged on a point system judged on accuracy, speed, form, and sex appeal" とのことだ。

百聞は一見にしかずなので、映像を見てみよう。こういうのがダメな人は見ないように。


D

番組のサイトはここ。

http://www.girlsandguns.com/

映像の中で女性のひとりは19歳、もうひとりは20歳、もうひとりは21歳と言っている。米国では誰でも銃を撃つことができる。州によってはマシンガンでも撃てる。であるからこの番組は合法である。

米国ではヴァージニアテックがあった。昨日も警官が銃を乱射した。こういう番組が普通に作られるという背景があって、それらの事件が起きているのは間違いないだろう。日本でももし銃が解禁されたらこれと同じことになるだろう。ここを見ている女性の方の中でも、この映像を見て、すかっとする、自分もやってみたいと思った人はいるはずだ。出演女性も、こういうのは男女関係ないと言っている。

制作者は、これをスポーツだと言っている。もちろんオリンピックにも射撃という種目がある。だが、それとこれとはどこかが決定的に違っている。

このような映像を楽しんで、自分でもこういうのに参加してみて、そのあとに待っているのは、「今度は本物の標的を撃ってみたい」という欲望であろう。ここに米国の病がある。

chidochido 2007/10/08 20:27 Girls and Gunsと聞いてとっさに薬師丸ひろ子を思い浮かべてしまうような日本人(私だけ?)にはしんどすぎる内容の悪趣味さ、、。

freehandfreehand 2007/10/08 21:33 アメリカにはこういう番組の放送の規制がないのかなぁ。それともネットテレビというのが抜け穴になっているのか...アメリカはテロ対策なんかより国内の銃規制をするべきなんじゃないの?

eireneeirene 2007/10/09 15:51 興味深い映像です。番組制作者は男性なのでしょうか。マイケル・ムーア制作の映画(ボーリング・フォー・コロンバイン)に、全米ライフル協会の有力メンバーである俳優チャールトン・ヘストンが登場し「銃を持っていると安心する」という意味の発言をしていましたが、こういう映像を見ると、一部のアメリカ人は銃にフェティシズム的執着心を持っているのではないかと感じます。

kanjinaikanjinai 2007/10/09 16:50 制作者は間違いなく男性でしょう。銃へのフェティシズム的執着心というのは、言い得て妙だと思いました。

木村木村 2007/10/10 07:34 単に日本ではアニメでやってることを実写でやってるだけのような気も。

freehandfreehand 2007/10/14 02:52 >木村さん
なるほど、そういう面はあるでしょうね。ただ、公募というかたちで視聴者が「参加する」というのは、また次元が違うでしょう。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gordias/20071008/1191832297