ごりぽんソフトウェア

2014-03-24

AQUOS PHONE es(WX04SH)を「おくだけ充電」に対応させる

去年の年末にMEDIAS PPを手に入れたという話題は少し触れたかと思いますが、このMEDIAS PP、「おくだけ充電」対応でワイヤレスの充電台が付属していたりします。が、今までのところMEDIAS PP自体もUSBコネクタでの充電で運用してきたので、この充電台はずっと箱の中にしまわれていたわけです。

さすがにもったいないなぁと思っていたところで見つけたのが、microUSB接続のコードレス充電シート。これならAQUOS PHONE esにも使えるかも! ということでずっと狙っていた訳なんですが、ようやく入手したので早速取り付けてみた次第。

入手したコードレス充電シートは縦型の細ケーブルタイプで、前述の記事にもあった秋葉原のイケショップで2480円で購入。薄いユニット(一番厚いところで0.5mmくらい?)をシール状のシートでサンドイッチしてあって、なんというか、わりとチープな感じです。

f:id:goriponsoft:20140324170054j:image:mediumf:id:goriponsoft:20140324170120j:image:medium

そのまま取り付けるとケーブルが長くて余るので、余分をこんな感じで折り返して、テープで止めました。コードの折り込まれている側が裏面(取り付け図の書いてある面)です。

f:id:goriponsoft:20140324170242j:image:medium

取り付けてシリコンケースを被せるとこうなります。先ほどのケーブルの折り返しをしないと、カメラのレンズ部分を覆ってしまうんですよね。

f:id:goriponsoft:20140324172114j:image:medium

ちなみに、このシートを付けると位置的におサイフケータイのマーク部分を覆ってしまいますが、ヨドバシ秋葉原のゴールドポイントカードの端末で試した限りでは*1、特に問題はありませんでした。

で、早速MEDIASの充電台を箱から取り出して電源を繋ぎ、シートを取り付けたAQUOS PHONE esを充電台の上に。認識するまでに少し時間が掛かりますが*2、きちんと充電が開始されました。おおお。

しかし、どうもこの充電シート、それなりに熱を出すようです。触れないほどではないですが、結構熱くなります。もしかしたら充電終了して電力が消費されなくなると、その分が熱になってしまうのかもしれません。MEDIASも似たようなものなので*3多分大丈夫だとは思いますが、ちょっと様子を見たほうがいいかもしれませんね。

この手のユニットは、Amazonで検索すればいくつかヒットしますが、店で売っているのはあまり見かけません。買いに行ったイケショップさんは、こちらが恐縮するくらい親切に対応してくれたので*4、一応、オススメってことにしておきます。

*1:買った帰りに確認。充電の確認をするより先に干渉の確認かよ、と思わないでもないですが(苦笑)。

*2:それでも数秒程度ですが。

*3:試した充電時間が短いためかそれほど熱くなりませんでしたが、熱は出ています。

*4:おサイフケータイ機能との干渉について聞いたら商品テストの担当者に電話で確認取ってくれたりとか。わざわざありがとうございます。

2014-03-14

PHSデータ通信トグルとAQUOS PHONE ef

秋葉原ヨドバシ店頭のAQUOS PHONE ef(WX05SH)のホットモックで、「PHSデータ通信トグル」の動作を確認してきました。

まあ、当然と言えば当然ながら、きちんと動作したのでご報告。あとでGooglePlayの説明文も直しておかないと……。

2014-02-08

SDXC非対応機器でSDXCカードを使う part2

昨日の夜、急に今日の仕事がキャンセルになり、おまけにこの大雪で外に出るのもままならないので、AQUOS PHONE esでのSDXC使用の追試をやってみることに。

まあ、やったことは単純で、USBでPCに繋いで20個で合計50GiBのファイル*1をSDに書き込み、それをまたPCで読み出して元のデータとバイナリ比較しただけです。やたらと時間がかかりましたが……。

f:id:goriponsoft:20140208092521p:image:medium

結果、その後のAQUOS PHONE es自体の動作も問題なく、データの化けや壊れも見つかりませんでした。これで安心して使えます。

まあ、もともとSDHC規格の時点でセクタアドレスが22bit(512Bセクタで2TiB分)あって、ファイルシステムに合わせて最大容量が32GiBで打ち止めになっていた*2だけで、SDHCとSDXCの差異はファイルシステムと最大容量のみ。ファイルシステムさえどうにかしてしまえば、ある意味使えて当たり前ではあるのですが。

*1:MSDNからダウンロードしたWindowsXP/7/8のインストールディスクのISOイメージ

*2:この32GiBの制限も、当時のWindowsが32GiBより大きいFAT32パーティションを作れなかったのが原因で、FAT32ファイルシステム自体は元々2TiBまで対応。

2014-02-07

SDXC非対応機器でSDXCカードを使う

どこで見かけたかはもう忘れましたが、ネットのどこかで「SDXCカードをFAT32でフォーマットしなおせばSDXC非対応機器でも使える場合がある」という話がありました。ウチのAQUOS PHONE es(WX04SH)君もSDXC非対応なんで、今のところSDHC最大容量の32GBのカードが挿してあるわけです。

まあ、そんな話があって、頭の片隅でちょっと引っかかっていたのですが、ある日、秋葉原でブラついていたところ、あきばお〜で64GBのmicroSDXCカード(クラス10・UHS非対応)が3千円を切る値段で売っていたので、懐も温かいことだしと、よせばいいのに衝動買い。買ったついでにいろいろ実験してみようということでエントリ。

買ったはいいものの、ウチには正式にSDXC対応を謳っている機器は、デスクトップPCの3.5インチベイに取り付けてあるメモリカードリーダーくらいしかありません。参考値としてベンチを取ったのがこれ。

f:id:goriponsoft:20140207112429p:image:medium

それじゃあ、ということで、まずはググっても全くヒットしないで気になっていた、我が愛機ThinkPad X61s(とオマケの休眠中X60)の内蔵SDカードスロットでSDXCカードが使えるのか、というところから実験開始。当然ながらmicroSD→SDの変換アダプタを使っています。またOSはどちらも64bitのWindows7にしてありますので、Vista以前や32bitのOSだと結果が違ってくる可能性はあります。

■ThinkPad X60:exFATのまま使用可能。CrystalDiskMark x64でのベンチ、OSのクイックフォーマット、SDFormatterでのフォーマット、約1.9GiBのファイル1個+約70MiBのファイル11個をエクスプローラーでコピー、と一通り動作チェックしましたが特に異常は無し。ただし、X60はカードの規格に関係なく、シーケンシャルReadとランダムの512Kが遅いです。あと、このSDXCカードの場合、何度計測してもランダムWriteの4Kが少し速いです。何ででしょうね?

f:id:goriponsoft:20140207112626p:image:medium

■ThinkPad X61s(mod BIOS書込済):一応exFATのまま使用可能。X60と同じ項目でチェックしましたが、何故かCrystalDiskMark x64でのシーケンシャルWriteが通りません。「セマフォがタイムアウトしました」というエラーでベンチが止まります。*1コピーでは正常に書き込めるので問題はないのですが、なんだか気持ち悪い。シーケンシャルReadは15MB/sほど出ているので、内蔵のものとしては上出来の成績なんですけどね。

f:id:goriponsoft:20140207112808p:image:medium

んで、一応の本命、AQUOS PHONE esです。

■AQUOS PHONE es:FAT32でフォーマットすれば使用可能。フォーマットもAQUOS PHONE es単体で可能で、SDXCカードを差し込んで起動すると対応していない旨の通知が表示されるので、その通知をタップして、出てくるフォーマット確認のダイアログで[フォーマット]を選べばOK。FAT32でフォーマットされて普通に容量を認識します(苦笑)。もちろんこの状態のSDXCカードは規格外なので、SDXC対応機器に挿しても読めない可能性が高いです。「SDXCカードを壊す」というのはこの状態を指しているんですね。一応、Windows7のデスクトップ機では普通に読み書きできましたが……。

f:id:goriponsoft:20140207121359p:image:mediumf:id:goriponsoft:20140207121400p:image:mediumf:id:goriponsoft:20140207122557p:image:medium

上記の全てについて、32GiBを超える容量を使うとどうなるのかは試していません。このエントリを見て試すのは自由ですが、データが壊れても誰も(もちろん私も)保障してくれません。At your own riskで。気が向いたら追試するかもしれません。

*1:その後の追試でSDHCカードでもエラーが発生することを確認しました。SDXCだからエラーが起きるという訳でもないようです。

2013-12-20

出来るようになったのは良いけれど……

某2ちゃんねるのWX04SHのスレで、一時rootの取得に成功したとの書き込みがありました。さっそく必要なバイナリをダウンロードして試しましたが、確かにrootが取れているようですね。

んで、ちょろっとバッチ書いて、そのバッチを実行することで、自動でアプリの無効化・有効化が出来るのを確認した*1んですが……。

実は特にこの端末に不満が無いので、無効化したいアプリもなく、技術だけが実証された状態で止まっています。もったいないなぁ、我ながら。なにか使い道が無いですかね?

*1:ちなみに「3ラインホーム」を無効化してみました。アプリの管理画面を出した状態で無効・有効を切り替えると、リストから消えたりまた現れたりするのでちょっと笑えます。