ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

【B面】犬にかぶらせろ! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-03-18 マッドチェスター、レイヴ・オ〜ン

gotanda62004-03-18

[]マッドチェスター、レイヴ・オ〜ン マッドチェスター、レイヴ・オ〜ンを含むブックマーク マッドチェスター、レイヴ・オ〜ンのブックマークコメント

今号の『TV Bros.』で、『ネット探偵団』という連載をやっている川崎和哉が、かつて音楽ライターをやっていたころの話に触れている。

よーく知ってますとも、あなたが『ロッキング・オン』誌上でマッドチェスター、レイヴ・オ〜ンと騒いでいた頃のことは。当時、田舎の高校生だったぼくは、ハッピー・マンデイズの『Pills Thrills & Bellyaches』(邦盤)を発売日に石丸電気に買いに行った。その後、『Pills Thrills & Bellyaches』を超えるPrimal Screamの『Screamaderica』がリリースされ、フリッパーズ・ギターが解散し、ニセ加勢大周が登場し・・・そんなこんなで90年代は幕を開けていったのだ。

当時僕が住んでいた新潟の街では、輸入盤は国内盤よりも高かった(今ではタワレコもあるが)し、『スタジオ・ボイス』を置いている書店も一軒しかなかったし、『remix』は音楽通の集まるレコード屋でしか手に入らなかった。

大学に入り東京に出てくるとクラブにも行った。佐藤大や伊藤ガビンといった面々が『ID JAPAN』など書いていたゲームの原稿にあこがていた僕は『東京ゲーマーズ・ナイト』にも通った。バイト先の下北沢の居酒屋にはTokyo No.1 Soul Setスチャダラパーが客としてきていた。当時彼らは下北沢ZOOでレギュラーでイベントをやっていた。当時、ZOOといえば瀧見憲司。もちろん行った。

話は戻って川崎和哉。音楽ライターから足を洗った彼は1995年、インターネットをオルタナティブなメディアとして紹介した『ネット・トラヴェラーズ』を作る。それを読んだ僕は、当時まだ少なかったWeb-zineを作った。マックの『カラークラシック』とHPのプリンタで雑誌を作って、『フロッケ』に出展したり、吉祥寺の『33』に置いてもらったりもした(全部で20部くらいしか売れなかった)。デジタルカルチャー誌が何誌か創刊され(参照「90年代のGQ JAPANのコンピュータ特集」『ARTIFACT 人工事実』)、マルチメディアという言葉とともに新しい世代に当たるニューブリード、ニューエッジという言葉が生まれていたころのことだ。

回顧するにはまだ恥ずかしさの残る自分自身の90年代を、川崎和哉に沿って振り返ってみました。はてな界隈で80年代が話題になることが多いけど(例えばここ)、こうやって振り返ってみると、一応90年代っていうものも存在していたのだ。

o-tamao-tama 2004/03/19 21:46 日記の内容とは関係ないけど、どこに書きゃいいのかわかんないので、ここに書きます。脚本家志望って言葉に弱いのなんの。僕も一人独学の身なもんで。2時間サスペンスの脚本家って、渋いっすね〜。昼ドラと2時間サスペンスって今一番元気あるんじゃないですか? 連ドラの谷間のスペシャルドラマって好きなんですよね。今月、4月初旬となかなかのラインナップですな。

beach_harapekobeach_harapeko 2004/03/20 01:45 はじめまして。TVBrosで川崎和哉が『渋谷にはいっぱいレコード屋があって云々』という文章を書いていたのを覚えてます。渋谷系という言葉がでてきたのはその後かな〜。

gotanda6gotanda6 2004/03/20 16:31 o-tamaさんども、昔のサスペンスって、オープニングのクレジットで監督や脚本家が顔出ししてたんですが、あれに憧れていたんです。2時間サスペンスの視聴率がいいのは、連ドラの枠がじゃり向けになってしまったので、その反動として中高年層が見ているからでしょうね。シリーズものじゃない2時間ものがあればなるべくチェックしていこうと思ってますのでよろしくです。

gotanda6gotanda6 2004/03/20 16:34 beach_harapekoさんども、渋谷は今の方がレコード屋は多いですね。常盤響一派やもりばやしみほのいた伝説の“CSV渋谷”は80年代末には閉店してたので、僕は行けませんでした。当時の有名どころでは英国系のZESTですが、移転しましたがまだあるようです。

plagioplagio 2004/09/09 11:47 をを。僕も90年初頭、リアルタイムでレイヴ・オ〜ンとはしゃいでいたクチです。そのころ大学に入った僕は毎週のように難波や京都で行われていたイベントにいったり、逆にイベントしたり、大阪唯一のマンチェショップ(?)IQ01.1でバイトしてたりしました。挙句の果てには臨終寸前のハシエンダにも行ってきたりしてきたです。レニ君の家にも招待されていったのですがドタキャンされたのが唯一の心残りです。蒼い想い出の1ページです。