ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

【B面】犬にかぶらせろ! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-21

「作家の麻生千晶」というパブリックドメイン 「作家の麻生千晶」というパブリックドメインを含むブックマーク 「作家の麻生千晶」というパブリックドメインのブックマークコメント

ライブドア笑撃ニュースの中身…自社サイトで詳報(ZAKZAK)

的確なメディア批評で知られる作家の麻生千晶さんは、PJニュースをこう論評する。

 「彼らにすれば、自分たちなりのフィルターを通して公表していると言うのでしょうが、縁側でブツブツと小言を言うおじいさんと同じレベルで、無名で力のない人が、好き勝手な話を裏メディアで公表しているだけ。一応は歴史や見識に基づいたフィルターを通し公表される既存のメディアとは全く違います」

 続けて、「堀江社長は全て自己中心で、全てを欲しがる4、5歳の子供と一緒。この期に及んで、そんなことをやっているとは、自分を客観視する大人の想像力や洞察力に欠けている。結局、あまり頭のいい人ではなかったということでしょう」と結論づけている。

「女に嫌われる女」裕木奈江、国費でギリシャへ (夕刊フジ)

作家の麻生千晶氏は、「彼女はどこが新進で、どこが芸術家なのでしょうか。未来の才能を見いだそうというよりは、よく知られた人を選んでおこうという国側の安易な姿勢を感じます」と批判する。

この二つの記事で「作家の麻生千晶」なるものをはじめて知ったのだけど、いまいち調べてみても素性がわからなかった。わかったのは夕刊紙が何かの悪口を書くときにコメントを引用する批評家だということ。記者が自分の意見をいっただけでは“小言を言うおじいさん”でしかないから「作家がこういっている」という権威付けのためにうまく利用しているみたい。そもそも「作家」ということになっているけど、作家っていい加減な言葉なのになぜか権威に感じさせる響きを持つ。

どうも「作家の麻生千晶」というのは実在しなく「映画監督のアラン・スミシー」みたいな存在で、夕刊紙が何かの悪口を書くときの勝手に使用してもいいパブリックドメインなのではないかという気がする。

これについて作家の麻生千晶は、「麻生千晶という人物は発言に主体性がなく、あまりおもしろみのある批評家とは思えません。洞察力は皆無だし、一般人の感想を超える見識などかけらもないところから、あまり頭のいい人ではないとしかいいようがありません」と自らを批判する。

みたいに使えばいいのかな? そんなことすでに常識だったらすみません。


逆リンク!http://d.hatena.ne.jp/takopons/20060122

シャレで書いたつもりがほんとにそうみたい!!!!




http://news.google.co.jp/news?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLG,GGLG:2005-42,GGLG:ja&q=%E9%BA%BB%E7%94%9F%E5%8D%83%E6%99%B6&sa=N&tab=wn

【関連】デーブ・レイブル通信員

kishidakishida 2006/01/22 00:01 フライトプランは未だ見ていないんですが、予告から察するにこれってヒッチコックの「バルカン超特急」が元ネタではないのでしょうか?いや、ざっと見た限りそういうことはどこにも書いてないんですけど、でも類似点が非常に多い気が。

gotanda6gotanda6 2006/01/22 09:58 観てないのでトリックの部分が一緒がどうかはわかりませんが、下敷きにしてるのは間違いないみたいですね。

pansarpansar 2006/01/22 11:13 麻生千晶氏という方、私もgotanda氏と全く同じ二つのニュースで気になっていたのですが、アマゾンの著者紹介情報によると、小説現代「ビフテキとブラームス」でデビューされた「作家」だそうで…。略歴を見ても「作家」という肩書きが的確なのかどうか気になって仕方ないので、これについてはぜひ麻生千晶氏の的確なコメントを伺いたいところです。

number29number29 2006/01/22 11:15 麻生千晶って週刊新潮で面白みのかけらもないテレビ悪口コラムを書いてる(書いてた?)人ですね。「たかがテレビされどテレビ」だったか。ナンシー関の間違った解釈の見本というか。

AB両面AB両面 2006/01/23 11:21 他、TVJAPAN等なので作家というか一応コラムニスト。
主にTV、メディア批評を生業にしてるわけだけど
タレント、芸能人の揶揄や悪口言ってるワイドショー好きの
おばさんのように思えます
中野翠、林真理子系と何ら変わりないですね
ゴシップライターという印象他ありません。

saltysalty 2006/01/23 23:52 麻生千晶は週刊新潮の森茉莉枠(ババアのTV評)担当で、ひらべったい辛口コラム書いてました。電波少年をけなしたら松村に自宅突撃訪問されてびびってる姿を全国ネットで放送された輝かしい経歴をお持ちだった記憶があります。

amadecamadec 2006/01/24 13:37 「的確な批評で知られる」麻生千晶さん、とかいう記事の箇所を読んで情けない気持ちになりました。本当に、ここまでつまらんのに需要のあるのはある意味奇跡です。森茉莉の『ドッキリチャンネル』ってのは非常にユニークな読んで面白いコメントが多く、確かに世評とはズレてるんだけどそこがまた面白いというか味になってるテレビコラムの「old school(と書くのは恥ずかしいけど…)」ではないかと思いますよ。