Hatena::ブログ(Diary)

てるてる日記

ブログの情報

てるてる日記

インテリ三頭身 石井てる美のブログです。下衆ヤバ夫さんのように人を心から笑顔にできるその日まで、挑戦はつづく・・・!!!ワタナベエンターテインメント所属。

  • ユーザー登録から本日までに日記をつけた日数:448

ブログの詳細説明

石井てる美の気まぐれブログ〜。






--- 以下、以前にブログを英語ネタに特化させていたときに書いた"英語を勉強するとはなんぞや"みたいな思いです。英語の勉強をしている方の参考になればと思い残しておくことにします。 ---


私は中高時代にいわゆる"受験英語"を徹底的に勉強して英語が得意になったおかげで、大学入試では東大と私大すべて受かり(東大の2次試験本番では英語120点満点中104点)、大学に入ってからは3回海外にインターンシップに行ったり、修士論文&発表を英語で行なったり、芸人になる直前にはマッキンゼー・アンド・カンパニーという外資系コンサルティング会社で働いていました。資格としては、英検1級とTOEICは990点(満点)を取得しました。4-6歳のときにカナダとアメリカに住んでいたので、その名残で発音はネイティブっぽいと言われますが、知識は90%が中高時代に詰め込んだものです。

「受験英語なんて役に立たない!」なんて意見をよく耳にしますが、受験英語をしっかりやった人はそんなことは絶対に言いません。耳にするだけで自然と言語を覚えられる子供とは違い、もうオトナになってしまった私たちには、残念ながら、しこしこと文法や単語を根気よく機械的にこなしていく方法(=受験英語的なやり方)しかないのです。でも逆に言うと、しこしこやっていればそれだけできるようになるのです!いぇい!!

本気で英語ができるようになりたいと思ったら、「これは覚えなくていい」「またいつかでいいや」という知識はひとつもありません。英語は地道な暗記がとても大事です。時間をかけて単語やイディオムや良文を暗記をして体に沁み込ませる努力をすることでしか英語力は向上しません。具体的には、未知の単語や表現に出逢ったらまずその場で覚えちゃいましょう!めんどうですが、とりあえず覚えようとしてみる。もしくは手や見えるところにメモで残しておく。一旦覚えてもどうせすぐ忘れます。そしたらまた確認して、また覚えて。また忘れてまた覚えて・・・。そうするうちにようやく定着してくれます。私は高校生の頃、覚えたい英単語を手のひらに水性ペンで書いて、通学で歩いたり自転車を漕いでる間に覚えるようにしていました。特に帰りは、家に帰って手を洗うとその文字が消えてしまうので、消える前に覚えなきゃ!と自分を追い込んで覚えるようにしていました。

あと、私が個人的にやっていてすごく良かったなと思うのは、"文章の丸暗記"です。中高時代は定期テストでいい点数が取りたい一心で、教科書("Progress in English"を使っていました)の文章や授業で使用したプリントの例文の丸暗記をテスト前にやっていました。授業で扱った文章がテストに丸々出るからです。誰かに「暗記するように」と言われたわけではありませんでしたが、これが結果的にとても良かったように思います。脳内で英語の断片的な知識がどんどんつながって脈々と英語脳のネットが張られていって、それを繰り返すことでネットが幾重にも織り重なって、分厚い布ができあがっていくような感覚です。暗記を繰り返していると、"英文のパターン"も実はそんなに多くないんだなということに気付いてきます。「あ、これ前に見たことある!」という、"初対面が減っていく感覚"が少しでも掴めると英語力が向上している証だと思います。

大人になると教科書に載っているようなたわいもない文章をわざわざ暗記するのも億劫だと思うので、暗記するなら、世に残る歴史的名文の一節や自分が興味を持てる文章などがいいのではないかと思います。たとえば私は高校生のときマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの有名な"I Have a Dream"を暗記しました(一部ですが)。最近になって暗記した(というか好きで思わず覚えてしまった)のはスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業式のスピーチです。このように、なんでもいいので、とにかく"暗記する"という作業をオススメします!

"地道な努力"という意味では、私のマッキンゼー時代の同期で人生の半分以上を英語圏で過ごした非常に優秀でハイレベルな英語を操る友人も、大学で英語に関してとてつもなく努力していました。おそらく普通の日本人より一層努力していたんじゃないでしょうか。"英語ができるのは帰国子女だから"と思われるのが悔しかったそうです。そんな天才のような人でも誰でも、英語力を維持/向上させるにはコツコツと努力するしか道は無いのです。

とはいえ、マジメにしこしこと…というのは実に難しく面倒くさいものです。そこで、私は英語をときにくだらない方法で気楽に覚えられるようにブログを書こうと思っています。たとえば「ゴロ合わせで覚える英単語」とかは、「正しい覚え方」とはだいぶ違います。よく、単語は接頭辞から意味を推測するべき、とか言いますよね。たとえば、"Pre"は「前」という意味だから、Prepareは前もって何かするの意味だな…というものですが、私はこれが苦手でした。その代わり一人で語呂合わせをして覚えていました。語呂合わせに下品な表現や下ネタが出てくるのはザラでした。でもそれで覚えられるなら、それでいいのです!今となっては、最初は語呂合わせで覚えた単語も、何も考えなくてもポンと出るようになりましたが、本当に初見のときは下ネタでもなんでも利用して暗記するのはかなり使える手だと思っています。なので、「ゴロ合わせで覚える英単語」もこのブログに載せていきます。もしもう知っている単語だったら、「こんなのわざわざこんなことしなくても覚えられるよ。プッ。」と思って読み飛ばしてもらえればいいし、知らない単語だったら、このブログを見てしまったついでにくだらない語呂合わせを利用して覚えてもらえると嬉しいです。

英語ができるようになると本当にいいことがいっぱいあります。(もちろん英語はこれからの時代には必要条件に過ぎなくて手段でしかない、ということも分かっていますが。)英語だけは本当にちゃんと勉強すべき、とどうして中学高校で教えないか不思議なくらい、いいことばかりです。私は大学4年生のときにヨーロッパを一人旅していたとき、英語の先生をされていたというドイツ人のおばあちゃんと列車内で向かい合わせになりお話をしました。ドイツ人のおばあちゃんと日本人の私をつなぐ唯一の言語が英語でした。異国のおばあちゃんとお話する機会なんで滅多に無いもので、そのときに英語ができて良かったなと心底思ったのでした。

というわけで、このブログが英語を学びたい誰か(非ネイティブの方)のお役に少しでも立ちますように!!


石井てる美

ブログ一覧

プロフィール

gotoshin_terumi

一行紹介

下衆ヤバ夫さんに憧れるお笑い芸人です。

自己紹介

ワタナベエンターテインメントのピン芸人、石井てる美です。下衆ヤバ夫さんからもらった元気と感動を、今度は自分が与える、そんな芸人を目指しています。


プロフィールをもっと見る