Hatena::ブログ(Diary)

ベンチャー役員三界に家なし

2014-06-19

「会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから」と三洋と共に逝った父の話


会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから

不覚にも読みながらボロボロと大粒の涙が出てきてしまった。

第十章 転生 「離職者再生工場」の可能性――ベビーバギーを作る生産技術者

の章でもう涙で読み進めることが困難になるほどだった。
いろいろな気持ちが交錯してのことだ。

三洋電機は知っての通り一時は2兆円の売上高があった大手総合家電メーカーの一角であったが、経営が傾き、ゴールドマンサックス三井住友銀行を中心とした金融機関の管理解体を経てパナソニックに吸収され完全に解体されブランドも消滅した。
10万人居た社員はパナソニックで残務を処理する9000人を残し、散り散りバラバラとなりリストラの憂き目を見た。

著者はこの日本の基幹産業の一角を占めた巨艦があっという間に沈み行くさまを当事者たちの証言と共に「あの時何があったのか?」を生々しく記し、またバラバラになった社員達のその後を追いその後の人生を記している。

僕が涙をこらえられなくなった十章では、三洋電機の生産装置技術者だった浜田昇治氏のその後を追っている。
浜田氏は、三洋電機の生産装置部門ごと日立に切り売りされ転籍、群馬に単身赴任、その後、リーマンショック後にさらに退職勧奨を受けて58歳で退社し、地元の関西に戻ることになる。
そこでたまたま紹介されて、モノを作れるなら何でもやろうと自社のPBプライベートブランド)に力を入れようとしていた子供服販売の西松屋チェーン入社する。
浜田氏は面接を受けるまで、西松屋チェーンを産業用の鎖を作ってる会社だと思っていたそうだ。
西松屋では、1980円のベビーバギーを作れという難題にチャレンジし、見事に作り上げる。しかも、自分の理想を追求した2980円の上級モデルも密かに企画し、そちらの方が商品化されることになる。
商品化されたスマートエンジェルという名前のベビーバギーは10万台の大ヒット商品となった。
http://www.24028.jp/product/original/buggyfunneo.html
電機メーカーの設備技術者が、新たな活躍の場を見出したストーリーである。

このスマートエンジェルは我が家にもある。軽くてコンパクト、そしてとっても手頃なこの西松屋バギーは頻繁に沖縄東京を子供と一緒に往復する僕ら家族にとっては頼もしい外出の見方だった。
安かろう悪かろうではなく、体格のいい息子が乗ってもビクともしない上に、マクラーレンやクイニーなど舶来ベビーカーよりもコンパクトで本当に良くできていた。
那覇空港では預けた荷物を待っていると、回転台にいくつもいくつも同じベビーカーが出てきてどれが自分のか分からなくなったこともあったほどで大変なヒット商品だとは知っていたが、これが三洋電機を退職された方が作っていたとは知らなかった。

2010年に癌で亡くなった僕の父は三洋マンだった。
父の仕事場は金融子会社という傍流ではあったが、本体籍の社員で三洋という会社は家族的な会社だったのか子供の頃から僕は三洋マンの息子として育ってきた。
大阪にはパナソニック(松下)、シャープという大きなメーカーがあり、小学校に行くとメーカーとその系列の社員の子供達が必ず居る。
僕のクラスにもお父さんが松下やシャープの子供も居て、お互いに家の家電製品を自慢しあったり、羨ましく思ったりしていたものだ。
僕の家にはベータで取った僕の運動会のテープが今もあるし、パナの息子の家に行っては最新のコンポを自慢されて悔しい思いをしたり(僕の家にはおしゃれなテレコというラジカセしかなかった)、シャープの息子の家に行ってはツインファミコンにド肝を抜かれたもんだった。
夏休みには淡路島や白浜の保養所で大きなSANYOのロゴが書いてあるプールで遊ぶのが家族行事。プロ野球三洋オールスターゲームも何度も見に行ったものだ。
そして家中すべての電化製品は三洋製だった。

父は非常に僕には厳しい人で、僕は子供の頃からよくぶん殴られて怒られたり、正座して説教を定期的にされていた。
中学を過ぎる頃には口もあまりきかなくなったが、どこか畏怖の念を持ち続けながらも父の目の届くところに居る窮屈さから逃げ出すように上京して就職した。

僕が散々あちこちに迷惑を掛けながらなんとか東京で生活基盤を築くことが出来、妻と結婚しようやく落ち着いたと報告できるかと思っていたのもつかの間、2009年には今度は父の金融部門三洋電機解体のあおりを受け、三洋マンとしての仕事人生を終え、60前にして新天地で働くことになる。
その直後のことだ。父は肺癌が見つかり、既にかなりステージが進んでしまっていること。このままでは余命は半年と突然の電話で知らされた。
その時、妻のおなかには僕の息子が宿っていた。
なんとか孫を抱いて欲しい。そう思い、いろいろな医者を訪ね歩き、父と相談した上、体に負担がかかるが手術をするという決断をすることにした。
手術はなんとか成功したが、すぐに再発、転移。宣告から1年、大阪で苦しい闘病生活を続ける父を毎週のように見舞いに行ったが、病床の新聞、ニュースで映し出されるのは三洋がどんどんと解体されてゆき、父のかつての仲間達も散り散りになっていく姿だった。沢山の三洋電機の父の同僚達がお見舞いに来てくれた。皆三洋での武勇伝を懐かしそうに病床で語り合ってゆく。何かあったら連絡くださいとおいて行く名刺にはもう三洋のロゴはなかった。
サンヨーブランドが完全に消滅するというニュースを僕は父とたまたま病院のテレビで一緒に見た。
父は寂しそうに「もう、なんにもなくなってしもうたなぁ。」と言った。父の目には涙はなかった。ただ、遠い目をして宙を見つめていた。
母がお見舞いの同僚の方とみる為にと持ってきたアルバムの中の色あせた写真には、僕の歳くらいの父と父の同僚の姿がサンヨーのロゴと共にあった。
めくると小さな僕を「三洋電機白浜保養所」という看板の前で抱く父の姿。
何もかもが三洋と共にあったのだ。
そして父の命も尽きようとしている。

しかし、まだもう少しがんばってほしい。あなたに逆らい続けたバカ息子の息子が居るんだよ。親父あんたの孫だ。
この写真の中で、僕をかつて抱っこしたように今妻のおなかの中に居る孫を抱っこしてくれよ。もうすぐ生まれてくるんだから。

いつ意識が無くなるかも分からない危険な状態に入り医師が言う父の余命は息子の出産予定日まで持たないとのことだった。
万が一のことを考え妻のお腹の中の息子の4D超音波ムービーを撮影して動画にして父に見せた。
とても喜び、父は息子の顔を見ながら名前を考えてくれた。
残念だけどもう家族を繋ぐデバイス三洋製ではなくiPadに代わってしまったけれど。

顔を見たらどうしても生まれるまではと思ったのだろう。奇跡は起き、父は3ヶ月も宣告された余命より闘病をがんばり、自分が名づけた孫の誕生の連絡を聞き、その翌週息を引き取った。

父の生まれ変わりとなった息子はすくすくと育ち3歳になった。

大きくなった息子は外で寝てしまうともう抱っこで運ぶのには骨が折れる。
そんな時の為に、どこに行くにもベビーカーを持ち歩く。軽くて、安くて、丈夫な西松屋のスマートエンジェルだ。

「他のメーカーのもんはなぁ。残念やけどよう壊れんねん。安うて、丈夫。やっぱり三洋が一番や」

子供の頃に手を引かれながら、聞かされた言葉を思い出す。

今息子を乗せてるベビーカー、ええなぁと思ったらやっぱり三洋の人が作ったもんやったわ。オヤジ。

会社って、仕事ってなんなんやろうね。親父。

儚いもんかもしれんけど、でも今日も持ち場でがんばるわ。

あなたが最期まで頑張ったみたいに。僕も息子にはそういう背中を見せたいと思うから。

f:id:grand_bishop:20140619233157j:image

どこぞの子会社のリストラされた人どこぞの子会社のリストラされた人 2014/06/20 09:24 いやはや
他人ごとではないです

某、会社の子会社でした

詳しくは書けませんですけど

不況のあおりをうけ
吸収合併

結構な人数のリストラでした

本当はいけないのですが
当時の自分の名刺何枚か記念にとっています

親会社のロゴとともに
会社名
取扱い内容
自分の名前

転籍はしましたが
結局は退職に追い込まれました
いろいろ路頭に迷っています

何を恨むか
そんなのできませんね

しいて言うなら
時代でしょうか

あの時の会社
自分にとってのマザーファクトリー

つまり人生の
中心的役割を果たす工場だったのでしょうね

当時の上司と年賀状とか取り合ってます

いつか希望を見つけたいものです

coniconi 2014/06/20 13:59 年取ると涙腺が緩んでるなー・・・。日本の製造業が「技術」よりも「人」で成り立つのは、いつの時代も変わらんなー。
立派な三洋マンだったお父さんは、立派な息子に恵まれて幸せだったろうと思うよ。
俺が昔居た銀行は2回名前が変わって事実上の吸収合併。長く残っていた嫁に聞くと、外から見えないリストラや圧力はイッパイで/知り合いは殆ど退職したらしい。
プロ職人の息子はオヤジの背中を見て育つと言うが、リーマンだって立派なプロ=日本の産業はもうダメ論も多いが、いやいや、日本の息子達はやっぱり日本の立派なオヤジ達の背中を見て育つと思うな。
まー、ウチには26歳でミュージシャンという名前のニートを飼ってるから/俺の背中は手本にならんかったわけだけど。

uhoxuhox 2014/06/20 17:09 三洋の洗濯機って良かったよなぁ。
丈夫で長持ち、古くてもパーツがある。
電話機も良かった。
家庭用エアコンは今一歩だったけど、
業務用は三菱重工やダイキンを相手に大型商業施設に入っていたよね。
近年のシャープとかもそうだけど
経営者が情けないね。
会社は誰のものでも無くて社会のもの。
その社会を構成するのはまさしく従業員。働く人だ。
それは、会社という人の集まりを愛してやまない人々。
それが責任と未来を培っている。
日本に未来有れ。

hanakoman16hanakoman16 2014/06/20 22:21 三洋にも保養所があったんですね
松下保養所の写真が実家にあります

GotairikuGotairiku 2014/06/20 23:20 デジカメ、メガソーラーって三洋の登録商標でしたっけ
ゴパン、エネループ、HIT太陽電池、
ゴリラ、U4、ズバコン
いい製品ですね。良い会社が生き残るわけでもないのがつらいところですね

katukatu 2014/06/21 05:53 サンヨーは実はデフレに殺されたんだ
ただ札をおおく刷っていたら、違った展開になったろうに

doreidorei 2014/06/21 06:01 数年前三洋で派遣で働いていましたが、パワハラやなんだで
ロクな印象ないですね。日長一日ネットやったり休憩室で
サボってる社員多数。派遣の人間が挨拶してもわざと無視する
管理職。。。
パワハラ関係が特にひどくて欝になって病院送りになった同僚
は多数。三洋製品は二度と買わないと誓って、知り合いにも
絶対に買わないようにお願いしてました。
ホント頭のおかしい社員が多くて、正直消えて当然な印象。

luckdragon2009luckdragon2009 2014/06/21 14:38 その人が生きるのは、企業の一部に過ぎないので、企業の本当の姿を知る事は難しいですね。
私は仕事柄電気系のメーカー色々知っていますが、部署ごとに色々違いますし。

ただ、企業文化の背景というものはあって、個人的には三洋は好きでした。
他のメーカーも知っていますが、守秘義務であんまり話せません。すみません。(日立はそれなりに質実堅剛なところがあるとか、まあ傾向はあるね。細かくは話せないけど。ちなみに、NEC は嫌い。)

一つ言えるのは、企業も、そこにいた企業人も、会社解体やリストラで一瞬して消えるという事。
これは派遣労働者の方が実感するんじゃないかな。契約停止が自分の存在の消去なんで。

でも、その個人が強く思えば、その思い自体は受け継げるし、この件のベビーカーみたいに、舞台が変わっても受け継いでいけるんだよね。

ただ、重要なのは、そういう人材を見抜ける目が現場にあるかどうか、だよね。高齢とかだと年齢差別も受けるので、この話はその企業の管理が良かった、という事だね。

中込葉月中込葉月 2014/06/21 15:20 サンヨーの洗濯機使ってました。独り暮らしを始めた時買って、長男が18歳になるまでの20年間お世話になりました。
毎日3回、週末は5回以上!丈夫でした。

草野由香草野由香 2014/06/21 21:24 三洋社員がやってきた結果が、今、なのだから仕方ないんでしょう。
みんな必死なんです。
油断して、胡座かいたから、この結果なんだと思います。
努力したというのならば、他はもっと努力していただけのこと。
私も、三洋電機のごくごく近くで仕事をし、見てきましたが、
遅かったくらいの結果です。

目のつけどころがアイワでしょ。目のつけどころがアイワでしょ。 2014/06/21 22:44 リスクマネジメントという言葉が形骸化している表れだと痛感します。

一生懸命やったから俺は悪くない、時代や環境のせいだ。と、人の所為にしているうちは、このような目に遭う人間は今後も減らないですね。

ポチポチ 2014/08/04 00:53 私の父もかつての三洋電機を盛り上げていた一人であると自負しています。仕事に出ると家庭を顧みない、仕事一筋の人だったと母から聞いています。
定年後も三洋電機の関連会社を作り、三洋精神を貫き、パナに潰されるまで高齢にも負けず社長として最後の一人になるまで頑張りました。
1960年頃に三洋電機を大手会社に創り上げた父と、その周りの方々を誇りに思います。三洋電機白物家電はどこにも負けないものでした。今でも私の家に20年来のオーブントースター、洗濯機、電子レンジ、電気アンカがあります。良いことかはわかりませんが、ガンガンこすって洗っても、きちんと乾かして使えば何の支障もなく、元気に働いてくれています。
前出の方の赤白の懐中電灯、懐かしいです。兄妹全員持っていましたね。eneloopももちろんうちはSANYOのままですよ。電気自転車なども最高でしたね。
SANYOのロゴは絶対に残したい、その気持ちでいっぱいです。
あれこれ言われる方はおられますが、父の後姿を見て育ち、休みもなく寂しい思いもしましたが、今の人にはあり得ない愛社精神、これが素晴らしい製品を世に送り出したその根本であったと、今では胸を張っていうことができます。
デジカメの品質も最高でしたね。ムービーやデジカメが出始めた頃、SANYOの技術力の幅広さに感動していました。白物家電だけではなかったんだと。ムービーもテレビに関しても他会社よりは技術力が優れていたと評価されていました。実際にムービーを使っていた方はご存知と思いますが、80年代あたりのムービーの使いやすさは最高でした。また、ムービーの開発やテレビの修理は、パナの技術力だけでは補えないものがあったのは事実だと思います。
折角SANYOを愛してテレビを買ってくださった方々に、もう修理をして差し上げることもできない、そのようなことが父にはとても心残りでした。パナに全てのものをあらゆる意味で回収されてしまい、結局様々な技術提供もしましたが、結果として他社に手放され、そこで日の目を浴びてくれることを祈るばかりです。
このように皆さんから愛され、未だに白物家電はSANYO!と言ってくださる方がおられることが、父にとっては何よりの誇りであると思います。
そして、そのような三洋電機をその当時の皆さんで作り上げた父や仕事一筋の父を支え続けた母を心から誇りに思っています。これからもうちに残っているSANYO製品、壊れないように大事に使い続けたいと思います。
三洋電機バンザイ(.´•ᴗ•`.)

2323 2014/11/08 21:40 1997年に通勤中の不慮の事故で亡くなってしまいましたが、私の父もかつては三洋マンでした。
当時高校生だった私は、あまりの出来事に周りがあまりみえていなかったのですが
葬儀当日には、たくさんの三洋電機方にご参列いただいたのを覚えています。
今となっては伝えようがありませんが、当時参列に来ていただいた、父の所属部署の方々に改めて御礼申し上げます。

子供の頃、家中の家電は三洋電機の物であふれており、コンビニに行くと「セブンイレブンの冷蔵電化製品は三洋の物なんだ」と少し誇らしげに話していた父の姿を今でも思い出します。子供ながら、父が勤めている会社はスゴイ大きい会社なんだなぁと思った事を覚えています。


2008年リーマンショック後に、三洋が吸収合併されてしまい
もし父が健在であれば、間もなく定年を迎えたであろう年代で、
そのニュースを母とみた時、むしろ父は運が良かったのかもしれないと思ったほどです。
勿論そんな訳はなく、今も生きていて欲しかったですが。

現在は結婚して今は子供もおります。
新婚時に家電を揃える際に、何となく三洋の家電を家に置きたいと思い、幾つか三洋商品を購入しました。

そして2014年。
間もなくSANYOのロゴさえなくなってしまう!?
切ないというか、悲しいというか、
何とも言えないとても複雑な気持ちです。
今我が家では、三洋製品はエネループのみになってしまいましたが
いつか壊れてしまっても、これだけはずっと大切にとっておこうと思います。

西松屋のベビーカー開発技術者の方のエピソードは、つい先程知ったのですが
昔、三洋にお勤めしていた方達が、
今も何処かでご活躍されている事を願わずにはいられない。
そんな事を思いながら今日も主婦業に励んでおります。

みのむしみのむし 2015/01/07 11:55 こんにちは。
たまたま 三洋 リストラ で検索したらここに辿り着いた者です。
2chでこんなスレが立っていたので貼っておきます。今でもSANYOを愛している人も沢山居るようです。
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1420563362/

突然失礼しました。

ママママ 2015/02/19 14:43 Facebookの投稿リンクからやってきました。
私のファーストSANYOは11歳の誕生日プレゼントだった「おしゃれなテレコ」。
今も実家で、母が愛用しています。

大阪にやってきて12年、大阪に住むのだから大阪の製品を愛用しようと
ずっとSANYOを愛用しています。
家を建てた際に、これが最期になるねと言いながら、
家中の電化製品はSANYOにしました。
今や、修理やパーツ取り寄せはパナソニックになってしまいましたが、
大切に大切に使いたいと思います。

はははははは 2015/03/28 23:15 今三洋系で派遣ではたらいてます。
ずっとパナソニックの悪口と恨み節ばっかり言ってる三洋
あんたらがつぶれかけたから住友とかに押しつけられてパナソニックは大損したのに
感謝もなしで恨み節ばっかりとなえてる
自分らの力で立て直してくれてればこんな八つ当たりみたいなことにならなかったのに
パナソニックだってリストラで沢山やめてるし
こんなかすみたいな三洋社員がパナソニックに転籍だって
パナソニックを愛して泣く泣く辞めていった人はどうおもう?

はははははは 2015/03/28 23:15 今三洋系で派遣ではたらいてます。
ずっとパナソニックの悪口と恨み節ばっかり言ってる三洋
あんたらがつぶれかけたから住友とかに押しつけられてパナソニックは大損したのに
感謝もなしで恨み節ばっかりとなえてる
自分らの力で立て直してくれてればこんな八つ当たりみたいなことにならなかったのに
パナソニックだってリストラで沢山やめてるし
こんなかすみたいな三洋社員がパナソニックに転籍だって
パナソニックを愛して泣く泣く辞めていった人はどうおもう?

EneloopEneloop 2015/03/29 17:47 Blogを拝見して、思わず参加してしまいました!いまでも、心からSANYOが好きで感謝しています!オヤジさんと世代がかぶっている32年間SANYOに勤めていました。家(うち)には亡きオヤジが大学入学のときに買ってくれたSANYOのTVが34年、まだTVとして活躍してくれています。全自動洗濯機は結婚したときから20年間毎日働いてくれています。この4月でCATVのデジアナ変換放送がなくなるので1回も修理にかかったことのない頑張り屋のTVを捨てれずにCATV用の最新のデジタルチューナーを買ってTVの方が引退する!というまで面倒を見てあげるつもりです。Blogのオヤジさんと全く同じ思いです!少し脇の甘いところは否定できませんが若手にチャンスを与える良い会社!という感謝をいまでも感じています。いま中国の改革開放政策時、象徴としてSANYOのテレコが憧れ、懐かしむ声があるということを伺うだけでも、心温まるものがあります。SANYOマン・ウーマンは人が良すぎるところがありますが、頑張り屋でこれからもそれぞれの道で頑張ることでしょう!オヤジさんにも、そうお伝えください!

めがねっ子めがねっ子 2015/05/03 09:22 過去にこの会社で派遣として働いたことがありますが、SANYOには、どこか「家族的」な風土を感じ、プラスイメージとして残っています。

製品も長持ちしており、30年近く前に買ったヘアドライヤーが今も現役バリバリです。

しかし、私がそこの派遣を終えて他へ行くことになった時、当時の管理職の一言が、マイナスイメージとして残っています。

「次のハケン探さなきゃ」

どうやら、人員確保の前提が「派遣」だったようで、私としては「ハケンかどうかは、あなた方の内部事情」
「部下や他のハケンも大勢いる所で口に出すべきではなかった」
と思っています。

そもそも、私が派遣で入るよりはるか前から、この会社には多数のハケンが出入りしており、敷地の周辺に派遣業者の事務所が点在していました。派遣依存が浸透している時点で、既にSANYOには「先」が見えてしまっていたのかもしれません。

せめて、SANYOと何らかの関係を持たれた方々が「SANYOはいい会社だった」と思えるように、パナソニック傘下になっても「家族的なSANYO」の心を大事にしていただきたいと願います。

あらまああらまあ 2015/05/23 06:59 大変でしたね。お疲れです!

あらまああらまあ 2015/05/23 07:00 大変でしたね。お疲れです!

じごうじとくじごうじとく 2015/09/04 20:01 三洋の人って時代遅れじゃね?
仕事出来ない人ばっかじゃね?
三流メーカーのクセして偉そうな感じの勘違い多くね?
今時エクセルやワードの使い方判んないヤツとか多くね?
高給取りで胡坐かいてるから、潰れたんだよーん。
製品もリコールばっかり不良品ばっかり、ダサイのばっかり
ついでに嫁ぎ遅れたババア多くね?