Hatena::ブログ(Diary)

あどけない詩〜詩と詩人の紹介〜

2008-03-31 メニュー このエントリーを含むブックマーク

秋咲きのひまわり:丸森

このサイトについて

詩人の紹介及び詩の掲載を行っています。

詩人の名前から詩を探す場合は、左<メニュー>「詩の紹介」から、詩のタイトルから探す場合は、その下<日記の検索(一覧)>をご活用下さい。(詳細

リンクはご自由にどうぞ。

現在体調的な理由により、更新等は難しい状態です。ごめんなさい。

fuyunekoofuyunekoo 2013/04/27 20:30 出来ない自分を責めたらあかん。人生の最初から最後までを見届けてくれるのは自分だけなんだから。

fuyunekoofuyunekoo 2013/04/29 00:42 暗くて
寒くて
明けそうにない夜も
明けなかったことは
まだ一度もありません。
自分の好きなことだけしていたらいいやん。
自分を抱きしめてくれるのは自分でもいいやん。

fuyunekoofuyunekoo 2013/04/29 10:18 暗くて
寒くて
明けそうにない夜も
明けなかったことは
まだ一度もありません。
自分の好きなことたくさん探したらていたらいいやん。
自分を抱きしめてくれるのは自分だけでもいいやん。

生きて行くの少しだけ楽になるかもしれない・・・。

fuyunekoofuyunekoo 2013/04/29 10:24 暗くて
寒くて
明けそうにない夜も
明けなかったことは
まだ一度もありません。
自分の好きなことたくさん探したらいいやん。
自分を抱きしめてくれるのは自分だけでもいいやん。

生きて行くのが少しだけ楽になるかもしれません・・・。

fuyunekoofuyunekoo 2013/04/29 18:45 だれも 見てゐないのに
咲いてゐる 花と花
だれも きいてゐないのに
啼いてゐる 鳥と鳥

誰が観てくれなくてもいい
誰が評価してくれなくてもいい
それは自分の胸に問えばいい

toraminntoraminn 2013/06/12 13:27 天体観測が趣味!?の頭(白竜)が徹雄(松田一三)に云います。『己の敵は己、己を制した者が敵に勝つ』親が子供を育てて一人前にしようとするような金言がたくさん詰まっている学ぶことが多い作品です。

韓国のユン韓国のユン 2013/09/09 23:04 韓国で日本語を学ぶ学生です。島崎藤村について発表することになって、資料を探していました。ありがとうございます!

gravity2gravity2 2013/09/11 00:02 コメントありがとうございます。
お役に立てて何よりです。

natunoaijinnnatunoaijinn 2014/02/13 17:36 あの夏、僕たちは恋をした





あの女は「私は四季の愛人よ」





と寂しげに答えた





あの女(ひと)の細い影が





僕の腕をすり抜け





遠ざかって行くのを





僕はただ黙って見つめていた





マーメイドに恋をした男のように





それは結ばれるはずもないさだめだった





あの夏、僕だけの「夏の愛人」だったあの女は





僕の為だけには生きられない「籠の鳥」だった

natunoaijinnnatunoaijinn 2014/02/13 17:36 あの夏、僕たちは恋をした





あの女は「私は四季の愛人よ」





と寂しげに答えた





あの女(ひと)の細い影が





僕の腕をすり抜け





遠ざかって行くのを





僕はただ黙って見つめていた





マーメイドに恋をした男のように





それは結ばれるはずもないさだめだった





あの夏、僕だけの「夏の愛人」だったあの女は





僕の為だけには生きられない「籠の鳥」だった

natunoaijinnnatunoaijinn 2014/02/15 19:40 君を失くしたあの日から消えない

君の最後の眼差し

君の最後の言葉

あれは・・愛だったのかもしれない・・・



愛と気付かずに君を失くしたあの日から

僕の時計は止まったままです・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gravity2/20080331

2008-03-19 病気休暇中 このエントリーを含むブックマーク

実を言うと、今月の初めから私は会社をお休み中です。毎日働きにでかけるということが自分の中で普通ではなくなり、心も体もしまいに動けなくなってしまいました。

思い当たる理由は幾つかあるけれど、そのどれをひらいても抜け出せると思えず、どうしたらいいのか全く分からなくなってしまったのです。

このページも、自分の好きな詩にいつでも触れていたいと思って以前に開いたのに、ちっとも振り向かなくなってしまっていて、休みに入ってから久しぶりに思い出しました。

aozoraremonaozoraremon 2008/06/25 09:57 ご無沙汰しておりました。
今は、御身体大丈夫でしょうか?
(*^-^)ニコ

nanasinanasi 2009/08/16 22:34 待ってますから

gravity2gravity2 2009/12/30 20:18 ご心配いただき有難うございます。
精神的にまいってしまったので、実家に戻り静養しております。
更新等はできませんが、日々安らかに過ごしております。

すなはらすなはら 2010/01/26 02:20 こんにちは。6hotのころからよく拝見させていただいてました。
CAMERATALKという日記サイトを書いていた者です。
お体に気をつけてください。またの更新楽しみに待っていますね。

MINAKOMINAKO 2010/09/18 01:51 はじめまして。30年以上前に出逢った記憶の中の詩を確認することができました。
八木重吉さんの「光を呼ぼう 光をつつむものをほころばそう こぼれてくる光を受けよう」というものでした。
とっても嬉しく思いました。ありがとうございました。
これからもたくさんの詩をご紹介くださいますよう楽しみにしています。

みっちゃんみっちゃん 2011/09/07 09:48 あなたは病気じゃない、ひとりの実在するひとです。
朔太郎の知らなかった詩を読みました。
藤村の詩も。
また秋がきました。

fuyunekoofuyunekoo 2013/04/13 04:53 いつも引用させていただいています。いつかお元気になられて戻って来て下さい。

gravity2gravity2 2013/04/14 23:02 コメントありがとうございます。
しばらく静養していましたが、今はまた仙台に戻り、仕事を続けています。

好きな詩を紹介したページや、付箋の貼られている詩集の言葉などを読むと、自分が昔どういう詩に心を動かされたか、感慨深く思い出します。

だれも 見てゐないのに
咲いてゐる 花と花
だれも きいてゐないのに
啼いてゐる 鳥と鳥

一つ一つの言葉を感じる事が出来る時間を今も持てるのは、ありがたいことです。

fuyunekoofuyunekoo 2013/04/21 21:18 ひょうけつが大好きです。御体を御自愛下さい。

fuyunekoofuyunekoo 2013/04/24 02:13 誰が観てくれなくてもいい
誰が評価してくれなくてもいい
それは自分の心に問えばいい

aozoraremonaozoraremon 2013/04/24 13:08 こんにちは。ご無事でよかったです。これからもお体お大事に。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gravity2/20080319