Hatena::ブログ(Diary)

日常メモ

2016-09-29

WTI上昇

WTI上昇。よしよしという感じ。

オイルは2016年初から買いだと考え続けているので。

OPECや在庫ネタで方向感が無かったが、これを機に50$を上抜けしてくれれば安心感が出て来るのだが。

ちなみに、ゴールドマンは目標レート引き下げていたよね。

Brexitの際の円買い・ポンド売りが行き過ぎの閾値ならば、ここからはポンド買い、円売り?なのだろか

平均乖離の限界値を推定するのが難しくて、結論は出ていないので、いつもながらの所感に過ぎないがぼんやりメモ。

Brexit2016年6月23日)から現在2016年9月29日までの動き。Brexit時の5分足データがなかったので、30分足で描画。

ポンドが売られており、その対極としては円が買われている。

f:id:graySpace:20160929095140p:image

紫の横線が上下の閾値だとするならば、ポンド買い・円売りだが、閾値の推定が難しい。

ただ、これについては触れないw。

下記は、2016年6月29日からの5分足で描いたもの。

f:id:graySpace:20160929093256p:image

仮に紫線が閾値ならば、ポンド買いは良さそう。

※)でも、2年必要とは言え、EU離脱が決定しているイギリス通貨は買いなのだろうか?

それに対して何が売られるのか。

対極は円だけど、どうなのか。10年債を0%近辺にするイールドカーブのスティープ化。テーパリングかとも思うBOJの動きは、これまでの動きと逆行しているので、それでも円安くるのかな?とか。

前提おいて、その条件下で結論を出さざる得ないとは言え、難しい。

2016-09-22

FOMCは予想通り据え置き

FOMCは、CMEが算出している利上げ予想確率(15%程度)通り、金利を据え置いた。

ザラ場で感じた違和感は正解 〜 日銀イールドカーブ・コントロールで円安になったのは一時的」で述べた通り、日本の後場引け後から欧州時間開始にかけて、円高ドル安方向の動きだったが、FOMCを受けてドル安が加速した。

※)円については殆ど反応なしで、水準に変化は見られなかった。

f:id:graySpace:20160922091915p:image

ドル円リスクリバーサルは「2016年9月21日(水)の日銀金融政策決定会合による施策 〜 マイナス金利0.1%を維持 長期金利は0%程度に誘導(長短金利の操作を行うイールドカーブ・コントロールを導入)」で述べたときは1週間物はドルコールオーバーだったが、これもドルプットオーバーへ。ドル円上昇へのケアは無くなった。ここから一段安となると考えている。

WTIは、弱気の意見が多いけど、今のところはまだ上昇だと思っているんだけどなー。

1週間。

f:id:graySpace:20160922110339p:image

1ヶ月。

f:id:graySpace:20160922110355p:image

今回の据え置き決定だが、3名が反対している。

今回の決定をチキンwと批判したっぽいw。ローゼングレンが入っているな。

大分荒れたのかもしれない。

これまで経済指標を見る限り経済活動はは軒並み良いという印象だったが、イエレンはNOと。

GDPの期待値はこれらしいので、今後の1つの注目点になるかもしれない。

ただ、この辺のツイートが分からない。

労働環境は改善していくと言っていると思う。

しかし、経済環境が改善しているから利上げしないと。

良好な経済環境をオーバーヒートさせたくないから、利上げしないとのこと。つまり、欧州も日本も低金利の中、米国だけ利上げは出来ないということだろう。やっぱりね。

ただ、18万人の雇用は堅調だが、これは将来続くかどうかは不安定だとも。この辺、結局経済環境が良いと思っているのか、それほどでもないと思っているのか、よーわからんわ。

2016年9月22時点でのFedWatchは次。

f:id:graySpace:20160922095230p:image

概要はこちら。


公式サイトからの引用はこちら。

Press Release「For release at 2:00 p.m. EDT」

Release Date: September 21, 2016

For release at 2:00 p.m. EDT

Information received since the Federal Open Market Committee met in July indicates that the labor market has continued to strengthen and growth of economic activity has picked up from the modest pace seen in the first half of this year. Although the unemployment rate is little changed in recent months, job gains have been solid, on average. Household spending has been growing strongly but business fixed investment has remained soft. Inflation has continued to run below the Committee's 2 percent longer-run objective, partly reflecting earlier declines in energy prices and in prices of non-energy imports. Market-based measures of inflation compensation remain low; most survey-based measures of longer-term inflation expectations are little changed, on balance, in recent months.

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee expects that, with gradual adjustments in the stance of monetary policy, economic activity will expand at a moderate pace and labor market conditions will strengthen somewhat further. Inflation is expected to remain low in the near term, in part because of earlier declines in energy prices, but to rise to 2 percent over the medium term as the transitory effects of past declines in energy and import prices dissipate and the labor market strengthens further. Near-term risks to the economic outlook appear roughly balanced. The Committee continues to closely monitor inflation indicators and global economic and financial developments.

Against this backdrop, the Committee decided to maintain the target range for the federal funds rate at 1/4 to 1/2 percent. The Committee judges that the case for an increase in the federal funds rate has strengthened but decided, for the time being, to wait for further evidence of continued progress toward its objectives. The stance of monetary policy remains accommodative, thereby supporting further improvement in labor market conditions and a return to 2 percent inflation.

In determining the timing and size of future adjustments to the target range for the federal funds rate, the Committee will assess realized and expected economic conditions relative to its objectives of maximum employment and 2 percent inflation. This assessment will take into account a wide range of information, including measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial and international developments. In light of the current shortfall of inflation from 2 percent, the Committee will carefully monitor actual and expected progress toward its inflation goal. The Committee expects that economic conditions will evolve in a manner that will warrant only gradual increases in the federal funds rate; the federal funds rate is likely to remain, for some time, below levels that are expected to prevail in the longer run. However, the actual path of the federal funds rate will depend on the economic outlook as informed by incoming data.

The Committee is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and of rolling over maturing Treasury securities at auction, and it anticipates doing so until normalization of the level of the federal funds rate is well under way. This policy, by keeping the Committee's holdings of longer-term securities at sizable levels, should help maintain accommodative financial conditions.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Janet L. Yellen, Chair; William C. Dudley, Vice Chairman; Lael Brainard; James Bullard; Stanley Fischer; Jerome H. Powell;and Daniel K. Tarullo.

Voting against the action were: Esther L. George, Loretta J. Mester, and Eric Rosengren, each of whom preferred at this meeting to raise the target range for the federal funds rate to 1/2 to 3/4 percent.

Implementation Note issued September 21, 2016

2016 Monetary Policy Releases

Decisions Regarding Monetary Policy Implementation

Release Date: September 21, 2016

Decisions Regarding Monetary Policy Implementation

The Federal Reserve has made the following decisions to implement the monetary policy stance announced by the Federal Open Market Committee in its statement on September 21, 2016:

The Board of Governors of the Federal Reserve System left unchanged the interest rate paid on required and excess reserve balances at 0.50 percent.

As part of its policy decision, the Federal Open Market Committee voted to authorize and direct the Open Market Desk at the Federal Reserve Bank of New York, until instructed otherwise, to execute transactions in the System Open Market Account in accordance with the following domestic policy directive:

"Effective September 22, 2016, the Federal Open Market Committee directs the Desk to undertake open market operations as necessary to maintain the federal funds rate in a target range of 1/4 to 1/2 percent, including overnight reverse repurchase operations (and reverse repurchase operations with maturities of more than one day when necessary to accommodate weekend, holiday, or similar trading conventions) at an offering rate of 0.25 percent, in amounts limited only by the value of Treasury securities held outright in the System Open Market Account that are available for such operations and by a per-counterparty limit of $30 billion per day.

The Committee directs the Desk to continue rolling over maturing Treasury securities at auction and to continue reinvesting principal payments on all agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities. The Committee also directs the Desk to engage in dollar roll and coupon swap transactions as necessary to facilitate settlement of the Federal Reserve's agency mortgage-backed securities transactions."

More information regarding open market operations may be found on the Federal Reserve Bank of New York's website.

The Board of Governors of the Federal Reserve System took no action to change the discount rate (the primary credit rate), which remains at 1.00 percent.

This information will be updated as appropriate to reflect decisions of the Federal Open Market Committee or the Board of Governors regarding details of the Federal Reserve's operational tools and approach used to implement monetary policy.

Federal Reserve issues FOMC statement

2016-09-21

ザラ場で感じた違和感は正解 〜 日銀イールドカーブ・コントロールで円安になったのは一時的

短期金利について、マイナス金利深掘りは回避された(マイナス金利は0.1%を維持)。

長期金利について、「10年物国債金利が概ね現状程度(ゼロ%程度)で推移するよう、長期国債の買入れを行う」。

これにより、イールドカーブのスティープ化を目指すという方針だろう。また、これは銀行救済だという説も。


そういう教科書的な話はググれば沢山出てくるので、ここでは価格の動きと相場観だけを述べる。

日銀発表後に簡単にメモしたエントリ−「2016年9月21日(水)の日銀金融政策決定会合による施策 〜 マイナス金利0.1%を維持 長期金利は0%程度に誘導(長短金利の操作を行うイールドカーブ・コントロールを導入)」では、下記違和感を感じた。

為替がこれ。円高ではなくて、円安。うむ。これはよー分からん。

単なる需給関係か。これは歪かも。

これまでマイナス金利円安相場というのがアベノミクスだという認識だろうけど、今回は逆だよね?

目先の懸念後退なら直近円高で、その後円安となろうものだが。

つまり、マイナス金利の深掘りが無く長期金利をゼロ%程度維持なら、(発表イベントドリブンで動く前提だが)長期金利高のため発表直後は円安ではなく円高だと思っていた。しかし、円安・株高だった。

ところが、それも後場引け後から、徐々に円安は解消され、円高へ。そして、欧州時間開始からは円高が加速。先物も下落を開始。

f:id:graySpace:20160921235756p:image

FOMCでのドル安期待もこの流れを加速しているのだろうか。

2016年9月21日(水)の日銀金融政策決定会合による施策 〜 マイナス金利0.1%を維持 長期金利は0%程度に誘導(長短金利の操作を行うイールドカーブ・コントロールを導入)

今回の日銀マイナス金利の深掘りではなく、イールドカーブ・コントロールを導入。

さて、色々とメモしておくことはあるが、今回はNT倍率から。

NT倍率は急落。

f:id:graySpace:20160921141108p:image

この原因は次のtweet通り。

最初に羅列した日銀tweetからも辿れるが、日銀公式の見解としてここに「ETF の銘柄別の買入限度について」公表されている

引用すると下記。

(見直し前)

・ 銘柄別の買入限度は、3 指数(TOPIX日経 225、JPX 日経 400)に連動する

ETF を対象に、銘柄毎の時価総額に概ね比例するように設定。

(見直し後)

・ 銘柄別の買入限度は、日本銀行による買入れが以下のとおり行われるように

設定。

年間買入額 5.7 兆円のうち、3 兆円については、従来どおり、3 指数に連

動する ETF を対象に、銘柄毎の時価総額に概ね比例するように買入れる。

残りの 2.7 兆円については、TOPIX に連動する ETF を対象に、銘柄毎の時

価総額に概ね比例するように買入れる。

次に日本国債10年物。

0近辺へ上昇。

f:id:graySpace:20160921144450p:image

ちなみに、chartSeriesで作成しようと思ったがエラーとなり、解決策不明なのでplotで・・・。今は時間がない。

Rのエラーはこれ。ググると出てくるので来月にでも。

chartSeries(jpy10YT.xts, subset='2012-09-12::2016-09-21',theme=chartTheme("white"))

Error in if (on == "years") { : missing value where TRUE/FALSE needed

ただ、為替がこれ。円高ではなくて、円安。うむ。これはよー分からん。

単なる需給関係か。これは歪かも。

f:id:graySpace:20160921145315p:image

これまでマイナス金利円安相場というのがアベノミクスだという認識だろうけど、今回は逆だよね?

目先の懸念後退なら直近円高で、その後円安となろうものだが。先物KUなど作る必要あるかな。

ドル円リスクリバーサル25D。

1週間。プラス圏のドルコールオーバーだが、日銀発表後はやや減少。

f:id:graySpace:20160921153218p:image

1ヶ月。こちらはマイナス圏のドルプットオーバーだが、日銀発表後はそれを拡大。

f:id:graySpace:20160921153233p:image


NK225先物とNK225現物のチャート赤線先物青線が現物)。

時間は8時45分〜13時35分。

f:id:graySpace:20160921150424p:image

先物−現物」はこれ。

f:id:graySpace:20160921150557p:image

最後に、TOPIX業種区分ごとの上昇率。

当然といえば当然だけど、銀行・金融株の上昇が目立つ。

f:id:graySpace:20160921151657p:image

(追記 2016年9月21日 16時33分)

なんだこれw。

2016-09-13

ブレイナードFRB理事はハト派維持発言。それにしても、ブレイナードに注目するほど、9月22日3時@JPNのFOMCは注目度が高いのだろう。

前日はブレイナードのタカ派発言の噂で、株安だわーなんて言われていた。

ローゼングレン総裁は、「緩やかな利上げが適切」と発言したとも。

このロイターの記事でのブレイナードの噂を引用すると下記だった。

FRB内でハト派の1人とされる、ブレイナード理事が12日に講演を行うと伝わった。FRBが利上げに近づいているとのメッセージを発するとの見方が浮上、連邦公開市場委員会(FOMC)内で利上げへのコンセンサスが形成された可能性を示唆すると受け止められた。

それが、本日はこれだよ。

噂で動く典型的なマーケットだろう。

これまでブレイナードに注目したことある?

FRB議長のイエレンと、副議長のフィッシャーから利上げ発言は何度か出ていたわけで。

ジャクソンホールでのFRB幹部(イエレンFRB議長、フィッシャーFRB副議長)発言により米利上げ観測でドル高、日本株高 〜 注目は今週金曜日のNFPか

もっとも、ブラックアウト期間直前のFRB理事の発言ではあるけれど。

ところで、昨日は欧州時間から円買いが進んでいたが、これはブレイナード発言を織り込んでいたのか?

なーんて、後付解釈は後を絶たないw。実際はどうなのかは分からん。

f:id:graySpace:20160913072638p:image

さて、最後に今後の予定を軽く。

消費拡大とインフレ加速、利上げ前に確かめたい=米FRB理事」というロイターの記事のタイトルが正しいならば、今週9月15日(木)に発表される「米国小売売上高」には一層注目が集まるのかもしれない。

(追記)

VIXは15台まで急低下。

f:id:graySpace:20160913081240p:image