Hatena::ブログ(Diary)

日常メモ

2017-02-20

結局レンジ継続 〜 日経225先物は19500を抜けられず19200の少し下へ逆戻り。ドル円は112.5近辺へ逆戻り。

前回「日経先物は凡そ19200で押し目を付けてくれた。ドル円もイエレン発言が追い風。19500を抜けて19700へ行くか。」では上へ行くことを期待したのですが、ザラ場を見ていて駄目そうだと思ったらズルズル垂れてきて、結局レンジ内へ逆戻り。

日経先物日足

f:id:graySpace:20170220093812p:image

日経先物5分足

f:id:graySpace:20170220093810p:image

ドル円日足

f:id:graySpace:20170220093807p:image

今週は基準を少し上で、日経225先物は、19200→19300として考えていく。

ドル円は112.5で支えられるかは変わらず注目しつつ、今週は113.5を上へ抜けられるか。

113.5を上へ抜けたら再度ついていくことを考える。

予算教書が発表されるまではイベントが見当たらない。そこまで動かなさそうだけど、よく分からん。

古いものだけど大和総研のレポートによると昨年時点で下記米国政治スケジュールが示されている。

f:id:graySpace:20170220100326p:image

また最新の予定だと、2017年2月28日に「トランプ大統領が上下両院合同会議で演説」する予定。

一般教書はそのあたりか(US President holds State of the Union address)。

2017-02-15

日経先物は凡そ19200で押し目を付けてくれた。ドル円もイエレン発言が追い風。19500を抜けて19700へ行くか。

日経先物は先週金曜日(2月10日)に想定レンジ上限(19200)をブレイク 一度19200で押し目を付けてから19500をブレイクして上にいけるのか」で期待したとおりに、ひとまずは動いてくれた。

ただ、まだ19500は抜けていない。ここから更に200円上乗せして19700を付けられるか。

そして一度下げつつ平均上げつつ上昇トレンドになってくれればいいのだけれど。

日経先物日足

f:id:graySpace:20170215114253p:image

日経先物5分足

f:id:graySpace:20170215114258p:image

f:id:graySpace:20170215114255p:image

ドル円日足

f:id:graySpace:20170215114251p:image

米国経済指標は相変わらず非常に良いよね。

イエレンの事前評価?予想?はこんな感じで言われた。

実際は「米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が利上げを待ち過ぎることは賢明ではないとの見解を示した」ようだ。

以上。手抜きメモ。

2017-02-14

日経先物は先週金曜日(2月10日)に想定レンジ上限(19200)をブレイク 一度19200で押し目を付けてから19500をブレイクして上にいけるのか

忙しいのでメモすらしていなかったが、とりあえず前回(「日経先物は1月末に考えていた想定レンジの範囲で煮え切らない動き。売りか買いかの2択なら、私は売りを選択する。ドル円は112円を下抜けるか。」)の見通しは短命だった。

確かに一時112円を割って111円台へ突入したものの、そこまで。

その後は、上がりもせず、下がりもせず、値幅が非常に小さくなってそのまま日米首脳会議へ突入。どちらへ行くのかサッパリ分からん状態で、安倍ちゃんとトランプちゃんが宜しく上手くやって上へブレイクという感じだった。

f:id:graySpace:20170214140051p:image

これで先週金曜日(2月10日)に一気に500円くらい上へ行った。19200なんて、そういう時は無意味。

次は19200がサポートになるか。19500を上へ抜けて行けるかといった感じで考えている。

ドル円も112.5付近か上で押し目となってくれれば漸く安心できる。

f:id:graySpace:20170214140803p:image

それまでは、まだ安心感は持てない弱小者。

2016年11月16日「ドル円強い」の時に、105円を抜けた時は安心感があったのだが今は違う。

感覚的な事を言っているので意味は無いけどね。

2017-02-06

日経先物は1月末に考えていた想定レンジの範囲で煮え切らない動き。売りか買いかの2択なら、私は売りを選択する。ドル円は112円を下抜けるか。

買ったら下がって、売ったら上がる。

トレンドの無い相場がここ1ヶ月ほど続いている。正直やりづらい。

1月下旬に「トランプ就任翌営業日に、ドル円はようやく112円台へ」では次のように書いた。

以上、米国債為替についてメモしたが、日本株の方はレンジに入りそう。

今週は材料も無さそうなので、日経225先物は18700〜19000〜19200円で推移しそう。トレンドは下向きなので、戻り売り狙いが安全そう。

VIXも11〜12付近でウロウロしており、まだ1月でマーケットへの参加者は踏まれるだけのポジションを構築していなさそうなので、米株も意外と動きづらいのかもしれない。

決算もあるので、神経質な動きとなりそう。

結果論選択の法則?www)だが、想定していたレンジで大凡推移している。

ただね、19200を上に抜かれて焦った日もあったわけで、半信半疑だったわけ。

米国株続伸してダウは史上初の2万ドルへ。VIXは一時10.51まで低下。日本株は自分の想定レンジを超えて上へ( ;∀;)」。

ドル円の動きも良く分からなかったし。

ドル円は遅れて上昇?」。

でも、やっぱりぶれてはいけなくて、低VIXでレンジ想定であるならば、押し目買いよりも戻り売りなのかなと。

「レンジなのだから下でも買えるだろう」という意見は確かにその通りだけど、2択なら売りを選択するかな。

VIXが低いということは、VIXは下げ余地よりも上げ余地が大きいわけで。

レンジということは、オプション売りが溜まってくると思うわけで。

どのタイミングで下げ材料が出るのかは分からないし、オプションライターが踏み上げられてm9(^Д^)プギャーとなるのがいつかは分からないけど、そうなるのは一瞬だろう。その一瞬に自分が対応できる自信は(種々の制約もあって)無いので売りのほうが安全という判断。

ロングオンリーならやらない方がいいのかも。m9(^Д^)プギャーというタイミングを待ってから買いに入る。

引き続き、日経225先物は18700〜19200で見ていく。

※)何故いつもTOPIXについて触れないのかは気にしないでw。

KUとCFTCの円ネットポジション。

円買い戻しに見える。載せないがCFTCポジションを見るとEUR、AUD、GBPも対ドルで買い戻されている。ドル売りか。

f:id:graySpace:20170206103332p:image