ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

見えない道場本舗 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

.      HP(Mail有)  twitter  togetterまとめ twilog 社説を一覧で 読書メーター

2006-10-25

AP通信が、PRIDEを記事にしたということ

| AP通信が、PRIDEを記事にしたということを含むブックマーク AP通信が、PRIDEを記事にしたということのブックマークコメント

「24時間格闘技三昧」より。

http://24jikankakutougi.blog79.fc2.com/blog-entry-7.html

これは、将来PRIDE史を編むとき、ひとつの貴重な証言として引用されるかもしれん。

・・・・と、ひとしきり感想を述べていると後輩から思わぬ一言が。


PRIDE写真が外電から来てますけど」


「はっ、来るわけないだろ。それクレジットを見間違ってるだけだ・・・ろ・・・

え〜〜っ、APじゃん!」

あららら・・・AP通信がPRIDEラスベガス大会を世界へ配信ですよ。

これは快挙! 快挙だよ。

う〜ん、あんまり伝わらないけど、快挙なんですよ。

APの加盟社は約7000社、

世界各国で報道される可能性があるってことですからね。

まぁ、格闘技としての視点か、イベントとしての視点なのか、ちょっとわからないけど

AP通信価値判断では

このPRIDEラスベガス大会はひとつの「ニュース」だったということ・・・・

日本では、Dynamite!の第一回、国立競技場でやったときはその「やった」ということだけでニュースになったということで(プラス、初の金メダリスト総合参戦)、ほとんどの全国紙に、ベタも含めれば掲載されていたはずだ。今回、AP通信はどういう記事を載せたのかな。「日本からの逆輸入イベント」という部分なのだろうか。

ちなみにAPロイターというのが世界にニュースを発信する巨大な「情報商人」の2雄



ところでアメリカ人負けても結構大喜びだったようなのだが。

ヒョードルvsマーク・コールマンでは侠客立ちならぬ「侠客倒し」に命がけだった同国人コールマンをよそに「USAUSA!」どころか、「ヒョードルヒョードル」の大合唱だった。

これはなぜかといえば、空手バカ一代以来いわれている「アメリカ人は最初は外国人を認めようとしない。しかしひとだび証明されれば、素直に認めて絶賛する」ということなだ・・・、って感じでまとめれば簡単なのだが、少し前のUFCムリーロ・ブスタマンチ外国人だから、といって冷遇したとも聞く。ただ、アンドレイ・アルロフスキーも王者なわけだし、ここは大山倍達のいうことに軍配を上げておくか。

あと、アメリカ人テイクダウンと豪快パウンド大好き(例:ティト、クートア)だとも聞くから、桁外れのパウンドゆえにヒョードル大人気、なのかもしれない。


というか、日本では異様にヒョードル人気なさすぎじゃないかな。

3年以上絶対王者やってるというのに、「ミルコやジョシュノゲイラより、ヒョードルが一番好きっス」という人、あれ?ひょっとしたら一人もお目にかかってないかもしれないや。これが韓国でも、アメリカでも一番人気なんだから、ヒョードルが「王者に敬意を払わない」とかなんとかいって、移籍したって責められないよな(笑)


日本のファンはなんだかんだといって、強い選手をそれだけで無条件で支持する、というのはないのかも。

いやいやいや、いろんな他の要素もあるので、そう決めるのは早計だ。

映画「デスノート」前編がテレビ放送だそうだ。

| 映画「デスノート」前編がテレビ放送だそうだ。を含むブックマーク 映画「デスノート」前編がテレビ放送だそうだ。のブックマークコメント

http://tv.yahoo.co.jp/bin/search?id=59550539&area=tokyo

10月27日(金) 21:00〜23:24 日本テレビ

金曜ロードショー20周年特別企画DEATHNOTEデスノート前編」◇06年、"DEATH NOTE"FILMPARTNERS。名前を書かれた者は死ぬという"デスノート"で凶悪犯を死に追いやる天才と、事件の捜査に乗り出したもう一人の天才が激しい頭脳戦を繰り広げる前編。金子修介監督。名門大学法律を学ぶ月(藤原竜也)は法による正義に限界を感じ、激しい無力感に襲われていた。そんな時、彼は黒い表紙に「デスノート」と書かれたノートを目にする。それには、このノートに名前を書かれた人間は死ぬとの一文があった。試しに誘拐殺人犯の名前を書き込むと、翌日の新聞にその犯人の獄中死が報じられる。ノートが本物だと悟った月は、自らの手で犯罪者を裁くことを決意する。やがて犯罪者の連続不審死が事件として表面化。世界中迷宮入り事件を解決してきた天才、L(松山ケンイチ)が警察に協力を求められ、事件解決に乗り出す。

金子修介, 藤原竜也, 松山ケンイチ, 瀬戸朝香, 香椎由宇, 細川茂樹, 坂上みき


原作はたしかに面白い作品ではあったが、流布している評価の枠組みはあまりのみ込めないなあ、と思っている。

具体的には

岡田斗司夫

http://putikuri.way-nifty.com/blog/2006/05/index.html

2006年5月16日 (火)

デスノート最終回鎮魂歌


には違和感があるんだよな。

まあ、映画公開でもう一回この作品も話題に上るだろうし、時期が来たら(時間が空いたら)書いてみよう。

AERAが「手塚治虫文化賞10周年ムック」を出していた

| AERAが「手塚治虫文化賞10周年ムック」を出していたを含むブックマーク AERAが「手塚治虫文化賞10周年ムック」を出していたのブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20061024

・・・現在発売中の手塚治虫文化賞10周年記念「AERA COMIC ニッポンマンガ」(朝日新聞社/2006年11月1日発行/1048円+税)は、浦沢直樹高野文子吾妻ひでお諸星大二郎谷口ジローといった手塚治虫文化賞受賞漫画家の描き下ろし短編マンガをはじめ、井上雄彦インタビュー手塚治虫文化賞10周年記念イベント採録など、実に内容の詰まったムック本だ。

 手塚治虫文化賞第1回(1997年)の「マンガ大賞」受賞作が藤子・F・不二雄先生の『ドラえもん』だったということで、同賞の選考委員でもある呉智英氏が「藤子・F・不二雄へのオマージュ」として『一生涯、少年まんが道」』という文を寄せている・・・


・・・たしか呉氏は、1996年10月1日放送のF先生追悼番組「ETV8 こんなこといいな、できたらいいな 藤子・F・不二雄の世界」(NHK教育)に出演したさいも・・・

思い出した!!たしかここには福島瑞穂がどういう人選で選ぶのか、コメンテーターとして出ていて、「しずかちゃん男女平等に反したキャラクター(大意)」とか、そういうほんっとしょーもないことを言っていたが、呉智英はいちいちそれに「それには異論がある」と訂正していたんじゃなかったかな。(ひょっとしたら、呉智英福島の共演は、もうひとつ別の民放ワイドショーかも)

どっちにせよ、そのおかげでストレスをためずに済んだんだっけ。

ま、それはともかくムックを買っておこう。

「北朝鮮と商売を続ける韓国企業」という病

| 「北朝鮮と商売を続ける韓国企業」という病を含むブックマーク 「北朝鮮と商売を続ける韓国企業」という病のブックマークコメント

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/10/25/20061025000009.html

米国の「ネオ・コンサーバティブ(新保守主義者)」(ネオコン)と呼ばれる米国の超タカ派勢力の1人とされるフランク・ガフニー国家安全政策センター(CSP)首席は24日、北朝鮮と取引している現代とサムスンとは米国務省が取引を中断すべきだと主張した。

 ガフニー氏はこの日、ワシントンタイムズに掲載されたコラムで、金剛山観光など主に現代の対北事業を問題視し、「現代は(北朝鮮だけでなく)イランスーダンなどでも米国利益に反する活動をしているにもかかわらず、現代の子会社2005年現在、米国務省に納品を行っている」と説明した。

 ガフニー氏は「米国務省のもうひとつの納品会社であるサムスンも、北朝鮮金正日キム・ジョンイル)総書記と事業を行っている」とし、「米国務省はこのような二重取引に依存するのはやめるべき」と主張した。



サムスンヒュンダイブランド日本は競合社がありすぎることもあっていまいち浸透しないけど、既にして完全な世界的企業。彼ら自身のイメージのためにも、自主的に取引などやめたほうがいいと思うのだが。

「A国」だけでなく、「A国と取引している企業」も狙い撃ちするというのは、米国キューバを相手に法律の整備など、経験を積んでいる。また、アパルトヘイト時代の南アフリカと取引する企業も批判を浴び続けた。

日本も、もしずっと金剛山観光などを続けるなら問題視せざるをえない。民間による「ボイコット」も有り得るだろう。

技術サービスによる競争以前の問題として、サムスンヒュンダイ日本市場に乗り込む資格は、今のままではない。

なぜ日本の携帯電話は、ハード面での競争力がないのか?

| なぜ日本の携帯電話は、ハード面での競争力がないのか?を含むブックマーク なぜ日本の携帯電話は、ハード面での競争力がないのか?のブックマークコメント

とはいえ、他の地域では着実に「大競争時代」が進んでいる。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html#syasetu1

朝日新聞社説 「番号持ち運び 「携帯」をもっと安く 」

・・・販売店に巨額の奨励金をつぎ込み、電話機を「1円」「0円」まで下げて売るのも当たり前になっている。そんな出血サービスをしても、後から基本料金や通話料などで回収できたからだ。

 安ければ安いほどいい、と言いたいところだが、ここに問題があった。値引きの原資となる奨励金の負担は重い。電話機1台当たりで4万円ほど、全契約者が毎月払う料金の4分の1が投じられているとの推計もある。

 新機種を買う人に、同じ電話機を長く使っている人が補助金を出しているようなもので、不公平だ。通話やメールなどに本当はいくら払っているのか分かりにくい料金体系を続けていては、いずれ利用者から見放されるだろう。

 こうした商法副作用も無視できない。必要もない機能まで詰め込み、コストがかさんだ機種でも、店頭での価格は安いために使われる。これがあだとなって、日本メーカー低価格電話機づくりが苦手になった。

 巨大な海外市場北欧韓国などのメーカーに奪われてしまい、日本勢は狭い国内市場共倒れしかねない。


個人的には、こういう玩物喪志(意味違う)、技術の可能性だけ追求できるだけ追求しちゃうというのはたいへん好ましい方向性なのだが、実際、自分もその多機能を使っているかといえば使ってないしな(笑)。精密多機能が単純・シンプルなものに敗れるといえば、例の「カラシニコフ、世界を制す」につながるものがある。

よく考えたら、携帯電話は他に電気器具が何もないような田舎途上国でも欠かせないインフラなのだ。

たとえば、「ゼンマイ付き電池不要携帯電話」なんかを国策・日の丸携帯電話として、援助物資にするというのはどうでしょうか。いや、今あるかとか、ゼンマイで必要な電圧電流をまかなえるかは知りませんぜ。

ただ、「ゼンマイで聞けるラジオ」は、災害時や途上国の中で重宝がられている。 電池の入手ってけっこうたいへんだもんな。

(仮)(仮) 2006/10/25 01:41 今晩のアニメ・デスノート、映画放映の予告で15分ほど時間がズレました。アブネー。

ドキタドキタ 2006/10/25 10:55 自分は、ずーっとヒョードルが1番好きだけどなー。結構、いると思うが。

aohoshiaohoshi 2006/10/25 10:59 ヒョードルは強すぎて応援し甲斐が無いというのも「ヒョードルが一番好き」という人が少ない理由だと思います。

HAGANEHAGANE 2006/10/27 07:12 【ゼンマイ】サンシャイン60(?)の展望室にある望遠鏡はゼンマイ動力で観光案内のテープ(「あちらに見えますのが富士山でございます」みたいなヤツ)を動かしてるとか。そんなに長い時間のゼンマイを巻くのはどれくらい大変なのかな?機会があれば一度体験したいものです

guestroomguestroom 2006/10/28 15:56 アメリカは、北朝鮮と取引のある金融機関の米国内での活動に制限をかけることで、北朝鮮への金融制裁の実質的効果を上げましたからね。
中国系銀行も、米国内の活動できることと北朝鮮取引の利益を天秤にかけて、自主的に米国に協力しているようですね。

guestroomguestroom 2006/10/28 16:15 「必要もない機能まで詰め込み、コストがかさんだ機種」「日本のメーカーは低価格の電話機づくりが苦手になった。」<機能に関しては、あくまでキャリア側の仕様で定義されているもので、メーカーは協力関係にあっても主導権は無いので、仕様に関してメーカーに対してどうこう言うこと自体間違ってますよ。だいたい販売奨励金のことをいうなら、家電や自動車業界の方が問題は根深いでしょ。それと、市場のことも、国や地域毎に通信規格が違うことから十把一絡げでは言えないですね。元の筆者は、海外ローミングを規格統一と勘違いしてたりして...