ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

見えない道場本舗 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

.      HP(Mail有)  twitter  togetterまとめ twilog 社説を一覧で 読書メーター

2012-06-19 いしいひさいち引退

巨人・いしいひさいち「ののちゃん」のみ残し引退宣言(河出ムックより)

| 巨人・いしいひさいち「ののちゃん」のみ残し引退宣言(河出ムックより)を含むブックマーク 巨人・いしいひさいち「ののちゃん」のみ残し引退宣言(河出ムックより)のブックマークコメント

残念だが、お体の具合とあればやむを得ず。

ソースはこの前発売された河出ムック

いしいひさいち  仁義なきお笑い (文藝別冊/KAWADE夢ムック)

いしいひさいち 仁義なきお笑い (文藝別冊/KAWADE夢ムック)

f:id:gryphon:20120618223146j:image:w640

内容紹介

デビュー40周年記念いしいひさいち大特集。本人書き下ろし「でっちあげインタビュー」、しりあがり寿吉田戦車宮部みゆきらの寄稿、大友克洋インタビューのほか、貴重な資料満載!

巻頭カラー4p含む「ひさいちい散歩」では、いしい氏の案内で『バイトくん』と『ののちゃん』の舞台を巡ります。

■目玉企画は本人書き下ろし「でっちあげインタビュー」。「たまののタイムス」の山田のの子記者を聞き手に、いしひいさひちが40年の漫画家生活を語り尽くす!?

■特別寄稿は豪華ラインナップ!

いがらしみきおしりあがり寿とり・みき吉田戦車秋月りす西原理恵子カラスヤサトシさそうあきら小坂俊史あずまきよひこによるトリビュートマンガ

宮部みゆき戸川安宣(編集者ミステリ評論家)、村上知彦(編集者・まんが評論家)、川島克之(『現代思想の遭難者たち』担当編集)のエッセイ

いずれもリスペクトに満ちた珠玉の原稿です。

■「仕事場&アイデアノート大公開」は超貴重。今までほぼ誰も見たことのない、いしい氏の仕事現場が見られます。

単行本未収録作品も収録。

幻の青春叙情ストーリー「ゲームセット」48p完全掲載のほか、禁断の出版業界実名パロディ問題作「前戯なき戦い」も収録しています。

リスペクトインタビューは、あの大友克洋!

わざわざ大阪までいしい氏に会いに行ってサイン色紙をもらったという大友氏が語る、いしいひさいちの魅力とは!?

■69のキャラクターと事物を解説した「いしいひさいち小事典」は、いしい氏本人のコメント付き。意外な事実も判明します。

その他、いしいファンの漫画家コラムニストら29人が選ぶ「この似顔絵がすごい! 」、広告などに起用されたマンガノベルティグッズを集めた「いしいひさいち博覧会」、詳細な年譜、既刊全257冊を完全網羅した著書目録など、盛りだくさんの内容です。


社会的事件なので、ニュース的に書こう(コピペ自由)

いしいひさいちさん、新聞連載のみ残し引退宣言

「がんばれ!!タブチくん!!」「おじゃまんが山田くん」などで知られる漫画家いしいひさいちさんが朝日新聞漫画ののちゃん」の執筆を除き、今後他の仕事に復帰する意思がないと、このほど発売された「KAWADE夢ムック いしいひさいち〜仁義なきお笑い」の中で明らかにした。いしいさんは一時期、病気療養のため仕事を休業、その後に「ののちゃん」だけ連載を復活させ、その他の仕事復帰が注目されていた。

 同誌では、いしいさん本人が独特の書体で記したとみられる手書き文章による、架空インタビュー形式の文章「でっちあげインタビュー いしいひさいちに聞く」を掲載。その中で、復帰した「ののちゃん」以外の執筆予定について問われ「ありません。体調の許さないところがあります。このインタビューは長ったらしい辞表です」と表明。また「ののちゃん」を「隠居仕事」「写経」と表現、1日に同作1本を描くのみが今後の仕事だとしている。

いしいさんは昭和26年うまれ。関西大学在籍時代から「バイトくん」などを発表。斬新な発想は四コマ漫画の新しい可能性を開き、実在プロスポーツ選手をキャラクター化する四コマ漫画などは一つのジャンルとして定着した。作品は文芸春秋漫画賞手塚治虫文化賞など多くの賞を受賞したほか、映画などにもなった。

このムックの中でとり・みき氏が「ののちゃん」の中で連載内連載のようなかたちをとっていた「ロカ」について書いていて「漫棚通信」を推薦している。

呼応して、同ブログは稿をあらためて新掲載しているので読まれよ。

http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-fb23.html

シスシス 2012/06/19 08:39 矢野健太郎「ネコじゃないモン!」に「弱さという名のずるさ……それは究極の強さといえる」という台詞がありまして。むしろ自分の立場を諧謔を持って擁護してくれている人に「傷ついた!」と噛み付くのはネットというジャングルで危険な場所にいこうとしたら吠えて警告してくれた犬を叱りつけて猛獣を呼び寄せるような行為だと思いますねえ。流せばよかったのに。

0 2012/06/19 11:53 サップはちょっと前にカザフスタンで試合して1分くらいで負けたようですね。頑張れ

STFSTF 2012/06/19 21:55 サップの試合+チャンピオン、作ってみた>http://www.nicovideo.jp/watch/sm18140640

guestroomguestroom 2012/06/23 10:20 いしいひさいちさんといえばマスコミにでない方ですが、最初のブレイクである「タブチくん」大流行の際には、当時の朝日新聞に、仕事場でのインタビューが掲載されました、ある写真付きで。関西版だけかもしれませんが。