ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

見えない道場本舗 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

.      HP(Mail有)  twitter  togetterまとめ twilog 社説を一覧で 読書メーター

2013-05-19 今日は「切り抜き記事」の紹介日とする

「3Dプリンターで銃製造」データ、製作&配布はやっぱり「リバタリアン系反政府」の人

| 「3Dプリンターで銃製造」データ、製作&配布はやっぱり「リバタリアン系反政府」の人を含むブックマーク 「3Dプリンターで銃製造」データ、製作&配布はやっぱり「リバタリアン系反政府」の人のブックマークコメント

これ重要記事。朝日新聞2013.5.15、「ニュースQ3」・・・だが、製造者の名前「コーディ・ウィルソン」で検索すれば類似の発言は出てくるか。


はてなキーワーードをつくり、ウィキペもあとでつくろう。

テキサス大学院生コーディ・ウィルソンさん(25)。国家が武力を規制することに強い疑問を持つといい、今回の銃製造を「抜本的な平等を得るための手段」と話す。

(略 米国規制論を見て)

政府が作ってほしくない物を作れることの証明だ。情報が自由に流通できるかが問われている」と話す。

いや・・・検索しても開発者の「思想」に触れた記事は少ないか。ほかに語るべきこと多いものな。

 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34057

熱心な自由主義者ウィルソンは、「人は人を傷つけるが、それは社会残酷現実。それが他者の権利を奪う理由にはならない」と、同計画を擁護する。

これは朝日より詳しい。

http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXBZO54574920R00C13A5000000&uah=DF230220130997

 「だが、そういう議論をする人々は、権利(武装権)を乱用して人に危害を加える可能性は、誰にでもあるという事実と向き合いたくないだけだ。危害を及ぼす可能性の有無にかかわらず、与えられている権利は守られるべきだというのが、我々の立場だ。さらに言えば、危害を受ける可能性があるからこそ、権利は保障されるべきだと思う」

(略)

シリアアサド大統領らとともに「世界で最も危険な15人」に選ばれたことについて、ウィルソン氏は不敵な笑みを浮かべながらこう答えた。「買いかぶりすぎだと思うが、ほめ言葉として素直に受け止めたい」。

世界でもっとも危険な15人」? 日経記事によると米ワイヤード誌が選出したもののようだ。

この「世界で最も危険な15人」の資料を知っているひとは教えてください。(日本語だとたいへんうれしいが)

・・・いや、元記事(英語)は検索でみっかった。

■The 15 Most Dangerous People in the World

http://www.wired.com/dangerroom/2012/12/most-dangerous-people/

この記事に関連する、当ブログの過去記事にもリンクを張ります

憲法記念日に「天賦人権」の一挿話を思い出す

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130503/p5

「天賦人権」・・・で思い出すひとつの光景が、アメリカのある男性が答えたインタビュー。銃犯罪についてのニュースだったが、何年前の、何の事件に絡んでかは、あまりにあっちでそういう事件が勃発するので忘れてしまった。

とにかく、複数の銃規制賛成、反対論が通り一遍に並べられたインタビューだが、そこで銃規制反対の中年男性が語った言葉記憶による大意)

規制には反対だよ。そもそも銃を持つ権利は、われわれが捨てたくても捨てられない、天賦の人権だからね

たしかふき替えの「てんぷのじんけん」が耳で聞くとちょっと変換に手間取って「えっ?」というか「こなれてない言葉をつかうなあ」と思ったので印象に残ったのがひとつ。あとひとつ、このごく短い言葉を覚えているのは

「それを『違いますよ』と説明して、証拠を出す論理が・・・少なくとも俺には見つからん!!」

白旗を・・・

船越船越 2013/05/19 18:03 > スピニングバックキックを見せるヴィトー。

桜庭にこの技をもらって手も足も出ず、自分から倒れて寝技に誘うしかなかったことを思い出すと感慨深いです。
(当時のプロレス誌はバックキックじゃなくてローリング・ソバットと表現してましたが……)
あれからもう14年。今のヴィトーと桜庭の置かれた立場を考えると、人生とはわからないものだなあ、と感じます。

gryphongryphon 2013/05/19 18:11 まあ、当時とんでもなく若い年齢で上り詰めた強豪だったからではありますね。
その年齢的余裕という、天から与えられたギフトをうまく使うことができました。

としとし 2013/05/19 20:06 もしアンデウソンがウェイドマン戦の次にJJかGSPとスーパーファイトを行うならビクトーと岡見で次期挑戦者決定戦。もしスーパーファイトが実現しないならビクトーがアンデウソンに挑戦、そして岡見とビスピンでその次の挑戦者決定戦ですかね。

gryphongryphon 2013/05/19 20:55 いやー、どうなっても厳しいか。でもビスピンにとってもヴィトーにとっても、彼らのファンにとっても「げ、次はOKAMIかなあ・・・あいつは厄介な相手だよな・・・」となってるのは想像に難くない。

としとし 2013/05/19 23:27 下からジャカレイの突き上げもありますし、
ライトヘビー級からラシャドやダンヘンやムサシが転向してくる可能性もあります。
岡見は少なくともキャラやファイトスタイル的にはマッチメイクで優遇・優先されることもないでしょうし、
アンデウソンもあと何試合どれだけのペースで試合するのかもわかりませんので、
タイトルマッチアピールや上位ランカーに積極的に噛み付くなど、サンダー革命を起こしてほしいところです。
まずはツイッターのアカウントを取るところから。