ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

見えない道場本舗 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

.      HP(Mail有)  twitter  togetterまとめ twilog 社説を一覧で 読書メーター

2016-04-07

「全能の神がいるなら、なぜ悪や無知、罪を自ら作り出すのだ?」との問いは、やっぱり重要だよね

| 「全能の神がいるなら、なぜ悪や無知、罪を自ら作り出すのだ?」との問いは、やっぱり重要だよねを含むブックマーク 「全能の神がいるなら、なぜ悪や無知、罪を自ら作り出すのだ?」との問いは、やっぱり重要だよねのブックマークコメント

新井白石と「思想的名勝負」をしたシドッチの遺骨見つかる。白石のその後も含め、思いを馳せる。【記録する者たち】 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160406/p1

を書いた縁で、ネット上にあった新井白石シドッチ尋問記「西洋紀聞」の現代語訳を読むことができた。

そして、自分にとってはなじみ深い議論に、ここでも巡り合うことができた。

少し、これをまとめて論じたい。

“西洋紀聞現代語訳 Seiyoukibun.pdf” http://htn.to/Q1xkyq

「天戒を破った罪が大きいので自ら贖うことができず、デウスがこれをあはれんで、3 千年後にイエスになって生れて、罪を贖えた」という説なんか、まるで嬰児のたわ言である。

一方で刑罰をつかさどるものが、一方であわれむべき情を発して、罪を許そうと努めている。マサンを食うなという天戒自体、そもそもデウス自身が課したものではないか。自分が課した罪をゆるすのに、なにほどのことがあろうか。さっさと許せばいい。いわんやその罪といったら、マサンという果物を食ったという些細なことだ

まちがった食事の罪なぞ、何故食った当人が自ら贖うことができず、3 千年後に再びデウスが代って罪をうけるのか、そんな必要はないではないか。

デウスがアダンのために罪をうけるのなら、デウス(キリスト)を磔にしたものの国を滅してしまえばいいではないか。

デウスが世界中の人を溺れさせ、教にしたがうものだけに海中の路が開け、またその乗船した船が、大水に漂ひ来りし所の蠣殻の類、現在もあるという説なども納得できない。

デウスはそもそもみづから天地人物を生ずる能力と養う能力があり、大公の父で無上の君というではないか。それならデウス自身が皆を善人につくって、全員をその教えに従わせればいいではないか。それができないで、世界中の人を洪水で絶滅させるとは何事か。デウスといえども、人をして皆このような善人にはできず、皆この教えを信じさせられないというなら、デウスを天地創造の主とは到底言えないではないか。

たまたまひどく愚で、教があることを知らないものがいたところで、そのものに何の罪があり咎めることがあろうか。それなのに、世界の人をことごとく絶滅させておいて、世界を生み世界を養う大父大君と自称するのはおかしいではないか。

さて、このブログでは何度も書いている。

なぜ書いているかというと、かならずこのテーマにぶちあたるからだ。


戦国時代転向キリシタンによる聖書批判がぶっちゃけ。「なんであまぼし(禁断の実)食べると天国追放なの?わけわかんね」http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20140912/p4

日本人ザビエルに突っ込む」話に関する参考資料など - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130209/p3

街でキリスト教布教者が煩かったら、こう議論を吹っかけろ(「日本思想論争史」より)http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080311#p4


その政策に賛否はあろうが、日本史上に輝く大学者であり、対面したシドッチから「500年に1人の人」と言われたともいう新井白石…だけでなく、日本思想史では重要な位置を占める鈴木正三、不干斎ハビアンも、ほぼ同じことを言っているのだから。

ビアンは言う

「切って継ぎ番匠」ということわざがある。せっかく長さが十分ある材木を、わざわざ切って継ぎ合わせたがる大工のことだ。

また、禅では「好事無きにしかず」と言う。たとえ好事でも、何もないことにはかなわない、ということだ。

わざわざ破戒者であるアダムエヴァを作り出し、苦しみを与え、そして懺悔したら救ってやるという。おかしいではないか。

「デウスと言う唯一なる神の戒律が、よりによってマサンとかいう甘干(あまぼし。干し柿のこと)のようなものを食べてはならない、などとは。老人をたぶらかし、子どもをあやすような話である。天国地獄か、という一大事の因縁が甘干しとは、あまりにも役者不足である、古蜂屋入道は『あまぼし談議』と名づけたというがもっともだ。そもそも、なぜデウスは、アダムエヴァを助けなかったのか。しかも、だましたのは、自分で作ったルシヘルである。あまぼしを食べたから、全人類地獄いきとは…なぜデウスは、アダム破戒するのを知らなかったのか。とても全知全能とはいえない。とにかく論理破綻しているなあ」

不干斎ハビアン―神も仏も棄てた宗教者 (新潮選書)

不干斎ハビアン―神も仏も棄てた宗教者 (新潮選書)


鈴木正三はいう

「彼は『ルシヘル』を創造しながら、その堕落を予見しえなかったデウスの無能力さについて『知らずんば三世了達の智と云へるは虚談なり。又知りながら作りたらば、慳貪(けんどん)の第一なり」と批判し、さらに人間の祖とされる「阿壇(アダン)」と「慧和(エバ)」」の失楽園の説に関して…(略)…神の戒めは「誠に笑具の第一」で…るしへるの場合と同様に、全能のデウスがアダムとイブの堕罪を予知できぬのもおかしく「知りたらば慈悲ノ上より科に落ちぬ了見を、アダン・エバに教えらるべき義

「(デウスは)天地の主にして国土万物を作り出し給うならば、何として、其のデウス、今まで無量の国を捨ておきて、出世し給わざるや」(デウスが天地の主で万物の創造主なら、なんで教えを伝えない国をほっておいて、そういう国には現れないままだったの?

「でうす天地の主ならば、我作り出したる国々を脇仏にとられ、天地開闢より以来、法を弘めさせ、衆生済度させ給うこと、大きなる油断なり」(デウスさん、アンタがこのへん一帯シメてるつーのがフカシじゃないんなら、何でこのへんをザコの仏陀どもに仕切らせてるんスか?マジ、信じられねーんすけど

日本思想論争史

日本思想論争史


以前も書いた話だけれども、自分はこれらそうそうたる知識人と同じ結論に、自分で思想を巡らせて達していた(笑)。

とはいえわたしが彼らのような天才だってことでも何でもなく、「唯一絶対の創造主」という一神教概念を提示されたら、賢も愚も、最終的にはそういう問いに達するんですよね。





ザビエルにも、無名の日本人は問う

http://kousyou.cc/archives/4462

 彼らは悪魔がいること、そして悪魔が悪い者であり、人類の敵であると信じていましたので、もしも神が善であるならば、こんなに悪い者どもを造るはずがないから、私たちが言うようなことはありえないと考えました。私たちは神は善いものを造られたのですが、彼らが勝手に悪くなったので、神は彼らをこらしめ、終わりのない罰を科すのであると答えました。

それに対して彼らは、神がそれほど残酷な罰を科すならば、情深い者ではないと言いました。さらに彼らは、〔私たちが言うように〕神が人類を造ったということが真実であるのならば、それほど悪い悪魔人間を悪に誘うことを知っていながら、どうして悪魔の存在を許しておくのかと言いました。神が人類を創造したのは、神に奉仕するためですから、〔悪魔の存在を許すのは矛盾であると言うのです〕。

またもしも、神が善であるとすれば、人間をこんなに弱く、また罪に陥りやすく創造しないで、少しも悪がない〔状態に〕創造したに違いないと〔言いました〕。そして神は、これほどひどい地獄を造り、〔私たちのいうところに従えば〕地獄に行く者は、永遠にそこにいなければならないのだから、慈悲の心を持つ者ではなく、したがって万物の起源である〔神を〕善であると認めることはできないと言いました


蛮賊?ゲルマンの酋長も問う。

日本人ザビエルに突っ込む」話に関する参考資料など - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130209/p3

・・・ボニファチウスという人物がゲルマン人のラーヂボートという酋長にキリスト教の話をし、大いに酋長は感心し、改宗するときに

「おれは洗礼を受けると天国と言う非常に結構なところに行けるらしい。けれども、おれの親はどうなるのだろう。」

と質問すると、

「洗礼によって洗わなければ天国には行けません。地獄に行っているでしょう。」と答えると。酋長は怒り、

「おれが洗礼を受ければ結構な天国に行けるとお前が言うけれども、親が行けないんじゃ、俺はそんなところに行かなくてもいい。おれはおまえが言う地獄であろうとなんであろうと、先祖代々の親のところへ行ければいいんだ。」

といってボニファチウスを追放したと言います。




そして…ほぼひと月前だが、「はてな匿名ダイアリー」でもこの問題が問われ、はてブもたくさんつく話題の記事となった。

http://anond.hatelabo.jp/20160304162255

神が人間を作ったなら、犯罪者が悪いんじゃなくて、犯罪者を作った神が悪いんじゃないの?

なんで人のせいにしてんの?

このはてブはやや残念でした。

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20160304162255


たしかに一神教神学で、最初に行き着く「ベーシック・1」の議論だけれど、新井白石までが語る、「1にして全」の問いなのです。




もちろん、ブクマ者の一部のいうように、これに対しては一神教側も答えを用意している。高度な神学者ではないが、クリスチャン作家として著名な三浦綾子氏の答えは分かりやすいだろう。

神様が全知全能なら、なぜ人間に悪をさせるの?」という問いにキリスト教はこう答えている(三浦綾子http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20101224/p7

それにしても、なぜ神は、人間を神にそむかぬ者につくらなかったのか。わたしたちは幾度でもこう思う。だが轟勇一著「真100の質問」には、適切な比喩で次のように書かれている。

 『ある有力者が、ある女性を力ずくで引きとどめ、「お前を愛しているのだ。わたしのもとにいたら何でも好きなようにさせる。だが離れることは決して許さない」といったらどうか。それは自分の力を頼み、見勝手な自己愛を貫く態度にすぎない。強制や無理強いに愛はない。真の愛は相手の自由自発性を尊重した人格的な交わりであると、その著者は書いている』

わたしは改めて、神の愛に応える責任の重大さを思わすにはいられない。


だが、これは…いわゆるwikipedia:全能の逆説 にひっかかる、と。

一神教ヘイトで知られる田中芳樹氏も、「全能の神はいうことをきかない女をつくれるか」と登場人物に問わせた。

ザ・シンプソンズのある回で、Homer が en:Ned Flanders にこう質問している。「イエスはブリートを自分で食べられない程熱くチンすることができるだろうか。」 この表現は前述のものと異なり物理学方面からの苦情がこないことに注目して欲しい。ブリートの定義には慣性相対性などといった近代的な概念は関係してこないからである。

ネット上の話題「チャック・ノリスファクト」の中に「チャック・ノリスは自分でも持ち上げられない程重い石をつくることができる。そしてそれを持ち上げてしまうのだ。クソったれである証明に。」とある。

スティーヴン・ホーキングは「時間史概説」 en:A Brief History of Time において、自然法則に関連した創造主の役割を論じたより一般的な議論の中で、全能の逆説を紹介している。後の著作『ブラックホールとベビーユニバース』 Black Holes and Baby Universes の中で冗談めかして、これらの宗教的憶測をもりこんだ御陰で — 最後の行の「その時我らは神の御意を知るであろう。」 "for then we would know the mind of God" を含んで — 恐らく問題の本の売れ行きが二倍くらいになったと語っている。

SFテレビドラマ新スタートレック」に、Qという名前で知られる全能者が登場する。Qに関係した幾つかの回の中で、主にユーモラスな筆致で逆説的結果が追求される。

SFテレビドラマバビロン5」で、二人の登場人物がこの逆説について語っている:(台詞の引用につき訳出せず)

en:George Carlin はナイトクラブに出演する際よく「重い石」の疑問に言及する。近所の悪ガキどもが教会で質問するらしい。[1]

en:Something Awful もこの疑問を投げかけた。「神様は、値段が高すぎて自分にも買えないゲーム機を創れるの?」 編集者の答えはこうだった。「お創りになれる。そのゲーム機というのはXbox 360だよ。」

田中芳樹は「銀河英雄伝説」の中で登場人物の一人に「全能の神は自分の言うことを聞かない女を作れるか」という表現でこの逆説に言及させている。


キリスト教は、こんな論議があるのは知ってるけど、イスラム教ではこの議論はどうなんだろう?

かなり似通った神学や世界観を共有しているキリスト教イスラム教だけど、信者の「善行」の扱いや、決定論ではいろいろと違いを聞く。

この問題が議論されたことがないはずはないので、ちょっと質問してみるか…


お金をつかって、質問した。

gryphon

http://q.hatena.ne.jp/1459999560

ポイントあり100pt回答受付中 芸術・文化・歴史

イスラム教の神学では「全能の神は、なぜ悪や無知、罪を自ら作るの?」「神の教えを『知らなかった』時代や地域の人が地獄に行くのは可哀想では」などの問いに、どう答えていますか?


同じテーマでの神学論争キリスト教に対して行われ、例えば戦国時代江戸時代にも日本知識人宣教師らに問い、あちらも神学に沿って答えている記録が多々残っています。

同じ一神教創造主の存在を信じ「アダムとイブ悪魔に誘惑され楽園を追放された」という神話も共通するイスラムでも、この質問への答えを用意していないはずはないと思うのですが、どう考えているのでしょうか?

自身の考えというより、歴史的にある宗派ではこう考えてきた、という資料や事実を教えて頂ければ幸いです。

このブログ記事 http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160407/p2と 連動しています。

結果的に、上の人力はてなでは回答を得られなかったが、一部で有名なイスラム法学者・ハサン中田考氏が最近出した本で、この話題が載ってた。

立ち読みなので、うろおぼえだが、かなりこの部分は「善行をするかしかないかはその人間たちの裁量次第なのである」のほうによっているらしい。

たぶんこの本です。

イスラームの論理 (筑摩選書)

イスラームの論理 (筑摩選書)

神や預言者とは何か。スンナ派シーア派はどこが違うか。ハラール認証偶像崇拝の否定、カリフ制、原理主義……。イスラーム第一人者が、深奥を解説する。

内容(「BOOK」データベースより)

現代世界が直面しているテロの背景には、やむを得ない実力行使の側面がある。けれど、そもそもイスラームは本当に好戦的なのか。激しい攻撃にさらされてもなお、信仰者を増やし続ける魅力はどこにあるか。イスラームを貧困と暴政に陥れた“真犯人”は誰なのか。日本人イスラームを理解することはできるのか―。日本人研究者信仰者としてイスラームを三〇年以上見つめてきた第一人者が、イスラームの深奥を明らかにする。異文化を知ることは、自文化を知ることである。そこに立ち現れる日本の姿とは。


参考

911事件の追悼のため、サウジアラビア現国王が米大統領に贈った書簡。これが一神教世界の「神義論」か… - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20101220/p7

全能の神は、その英知で、このような災難が起こることを許すことにより、信仰を試されました。しかし、慈悲深い神はまた、私たちがこのような悲劇を素晴らしい業績に変えることができるように、そして人類の衰退の危機を前進の機会へと変えることができるように、信仰によってもたらされた意思と決断を下されました。私はただ、新たなる世界が、あなたの協力とリーダーシップと共に、世界貿易センタービルの瓦礫から現れることを願うばかりです。世界は、自由平和、繁栄、および調和といった美徳に祝福されています。



追記 そして2017年遠藤周作原作沈黙 サイレンス」が映画化

D

沈黙 (新潮文庫)

沈黙 (新潮文庫)


ああ、最後にこのエピソードを追加

外人MMAファイターあるある”、『神に感謝します』とは何か■MMA Unleashed http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar996095

かつてチェール・ソネンは次のように語っていた。

「神について語りたがる選手がいる。“神に感謝します”などと言う。いいか、オレも信心深い男で、子どもの頃からずっと、毎週日曜日には教会に行っているが、もし神が、土曜の夜に行われる、合法すれすれの拳闘大会のことをそんなに気にしているのなら、オレはがっかりして信仰心全体を考え直さないといけなくなる」


しかし一方で、アメリカにおける「反知性主義」(本来の意味で)の担い手であった、とある宗教者は…

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20150925/p5

一番笑ったのは、プロ野球選手あがりの説教サンデーの逸話。見世物と紙一重のド派手な宗教集会(アクロバット説教、と称された)をあちこちで仕掛け、歴代大統領とも親交を結ぶなど経済的にも社会的にも成功した(それをまさに、彼は「神の恩寵」と考えて隠さなかった)彼だが、プロ野球選手時代からも確かに敬虔なキリスト教信者だった。

だが、その敬虔な信仰というのが・・・

9回裏ツーアウトで、二塁と三塁には走者がいたが、最後の打者が大きくセンター越えのヒットを放った。野手のビリーは、すぐさま後ろを向いて走り始め、こんな祈りを捧げたという。

「ああ神様、たいへんです。もしわたしをお助けいただくおつもりなら、今この瞬間にお願いします。ただし、そのご決心をしていただく時間はあんまりありません」。

すると”まるでモーゼが杖を掲げて海を真っ二つに分けたように”観客席の人垣が左右に開き、彼は超ファインプレーホームランを阻止した、由。

あまりにも世俗的すぎやしないかと思うが、日本人わたしも含めてこれ以上に世俗的な信仰だからとやかくはいえんな(笑)

でも、アメリカの超一流の伝道者がこういう信仰のあり方だった、というところから「反知性主義」の本来のあり方がわかって面白かった。

甕星亭主人甕星亭主人 2016/04/07 23:10  神さんがユダヤ民族専用のうちは未だ救いは有ったんだけど(文句を言う奴にゃヨブ記でも宛がえば良い)、羅馬からの猶太民族独立宗教一揆を企てる救世主様(大工の息子でヨハネ教団で灌頂を享けるも一旗挙げんと分派、御見方猶太の密告で捕縛、猶太人の決裁の形で刑死)と残存教徒がルサンチマン込みで祭りあげちゃうんだもんなあ。 ダビデの裔だから、王たるクリスト(孔子素王説見度いな)だとか、因みに山鳥の尾の信憑性皆無の系図は後に養父にされたヨセフの物。 出生も極貧環境を様々飾り立てたけど、まあ芥川にたった三人(現ネルフ勤務)かと嗤われる始末で。 神童の噂も母親の飾り立てた一件のみ。 殊に布教便宜から教祖=神にしちゃったから、マリア処女懐胎、否其じゃあ現在が遺って不都合だから無原罪のおん宿りだとか、矛盾糊塗に大童。 嘘を維持する為にはより大きな嘘を、って典型。 で、御前の胎に餓鬼仕込んだよ、って天使祝詞を信者達はロザリオを繰り乍敬虔に唱える訳。
 別に神が居ようと居まいと人間は救い難い代物だったし、此れからも然うだろうし、慰撫効果ったて錯覚で誤魔化すだけだし(代金は強欲)、宇宙開闢から人類の現在迄全く不要なのだから、そろそろ人類から排除しても良いと想うんだけどね。

としとし 2016/04/08 00:09 フィクションですが、映画「メジャーリーグ」の熱心なブードゥー教信者の選手を思い出しました。
自分のロッカーに祭壇を作り、試合前は一心不乱に「(苦手な)変化球を打たせてください」とお祈りする彼、
「キリストも嫌いじゃないが、彼もカーブが苦手らしいんだ」