ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

見えない道場本舗 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

.      HP(Mail有)  twitter  togetterまとめ twilog 社説を一覧で 読書メーター

2017-05-08

H.G.ウエルズの「宇宙戦争」、BBCが「原作通り、ヴィクトリア朝を舞台に」制作予定!!

| H.G.ウエルズの「宇宙戦争」、BBCが「原作通り、ヴィクトリア朝を舞台に」制作予定!!を含むブックマーク H.G.ウエルズの「宇宙戦争」、BBCが「原作通り、ヴィクトリア朝を舞台に」制作予定!!のブックマークコメント


過去にも天才が、この作品映像化しました。

オーソン・ウェルズラジオドラマで。当時のアメリカ舞台

オーソン・ウェルズの「宇宙戦争事件〜全米をパニックに陥れた伝説ラジオ番組が引き起こした集団パニック真相とは? http://enigma-calender.blogspot.jp/2014/04/space-war-panic.html

 

※これに関してはこちらも紹介しておこう

宇宙戦争」、パニックはなかった? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/8501/

スピルバーグが、やはり現代劇に。

D



しかし、BBC現代劇「シャーロック」がいかに楽しくても、やはり原作通りの舞台で描いたBBCの「シャーロック・ホームズ」こそ至高ではないか。

D  D


ならば、「宇宙戦争」だってそうであるのでははないか。

てか、発表されてみれば、なんだってこんな遠回りをしたんだ?って気になるわな。まあ、BBCだから期待するってところもあるんで、ハリウッドで作るという報道じゃここまで期待はしないのだkれ

「信長焼き討ちで途絶えた寺社の酒造りが復活」「ローマ教皇を守るスイス傭兵が新兵を補充」〜なんか、もうね!!

| 「信長焼き討ちで途絶えた寺社の酒造りが復活」「ローマ教皇を守るスイス傭兵が新兵を補充」〜なんか、もうね!!を含むブックマーク 「信長焼き討ちで途絶えた寺社の酒造りが復活」「ローマ教皇を守るスイス傭兵が新兵を補充」〜なんか、もうね!!のブックマークコメント

信長の焼き打ちで途絶えた酒造り444年ぶり復活へ 滋賀 | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170506/k10010972121000.html

織田信長による焼き打ちで寺での酒造りが途絶え、幻とされている日本酒を444年ぶりに復活させようと、滋賀県東近江市酒米田植えが行われました。

東近江市百済寺では、16世紀まで「百済寺樽」と呼ばれる日本酒が造られ、京都金閣寺に残る文献には、室町幕府に献上した記録も残っています。

しかし、1573年(天正元年)に信長に寺が焼き打ちされ、酒造りは途絶えたということです



ローマ法王を命がけで守る、スイス衛兵の新兵が宣誓式 バチカン 写真12枚 国際ニュースAFPBB News http://www.afpbb.com/articles/-/3127420

法王を守る手段は2つある。武器信仰だ」と、グラフ氏は新兵40人(ドイツ語を話すスイス人23人、フランス語話者13人、イタリア語話者4人)の宣誓式前に語った。

 大勢の前任者たちと同様に、40人は法王を守るために「必要ならば自分の命を犠牲にし、全力で、誠実に、忠実に、高潔に」仕えることを誓った。

「本当は怖い竹下登」逸話集

| 「本当は怖い竹下登」逸話集を含むブックマーク 「本当は怖い竹下登」逸話集のブックマークコメント

というか藤子・F・不二雄の「コロリ転げた木の根っこ」かよ。(※隙あらば藤子ネタ紹介)

f:id:gryphon:20170508065159j:image


あるいは「デスノート」かよ。

f:id:gryphon:20170508065312j:image

https://matome.naver.jp/odai/2142817219154161001

実はこの話、2009年にも書いてたんだけど、特に反響もなかった。画像リンク先に文字起こしもしてるから、コピペしたい人はどうぞ。

137番目の男−−。「悪魔的な”政治”の天才」としての竹下登について - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20091230/p6

われ万死に値す―ドキュメント竹下登 (新潮文庫)

われ万死に値す―ドキュメント竹下登 (新潮文庫)

も少し鮮明な画像を。

ばかなの?(誉め言葉



いつか時間があれば資料を公開しようと思っていたのだけど、twitterで目にした勢いで紹介しました。

ひょっとして、この流れで話題になったのかもしれぬ。

日本一金儲けの上手い政治家です!」竹下登への“ほめ殺し”街宣 皇民事件を振り返る(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170503-00519863-shincho-pol

あらためて資料として画像を大きめのデータで。

f:id:gryphon:20170508065942j:image:w640


そして例によって連動するtogetterまとめをつくった

「本当は怖い竹下登」 - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1108262

「証言UWF 最後の真実」という本が、宝島社から出るそうだ。

| 「証言UWF 最後の真実」という本が、宝島社から出るそうだ。を含むブックマーク 「証言UWF 最後の真実」という本が、宝島社から出るそうだ。のブックマークコメント

分裂とか、結成時の話とかはいくらでも語るし「UWFは〜」までは語るかもだが、たとえば「リングスは」の話なんかも聞けるのだろうか。

プロレスか、格闘技か。アングルなのか、シュートなのか――。

過激仕掛け人として新日本プロレスを人気団体に育てた新間寿が“復讐"のために設立したUWFは、

タイガーマスク佐山聡が加わったことで、リング上では格闘技のテイストを強めていく。

しかし、その実態は「プロレス」であり、それは第二次UWFにおいても変わることはなかった。

プロレス格闘技の間で漂流し続けたUWFの内幕を、レスラー、関係者の証言開陳する。UWF本の決定版!

通りすがり通りすがり 2017/05/08 19:53 グリフォンさんも読んでいるとは思いますが、最近ニコニコの『Dropkick』チャンネルでリングスについての踏み込んだインタビューがありました。「『1984年のUWF』には描かれなかったリングスの実態……■金原弘光」
「UWFルール」「競技ルール」という言い方をしています。フリーではない所属していた選手がここまで踏み込んだのは初じゃないかなと

gryphongryphon 2017/05/09 00:19 書いてましたね。ヴォルク・ハン招聘にともなう金原-前田の絶縁が回りまわって歴史の真実を暴くとは(笑)

PoetPoet 2017/05/09 09:56 前から言っていた「ヤオガチ混ぜていると、後世の歴史家にはリングスのでの勝敗は全てなかったことにされてしまう」
という呪縛が、金原にも降りかかっていますよね。
ただ、金原のリングス移籍は1998年だから、柳澤氏の書いていることとは全然矛盾していない。柳澤氏が書いたのは、
正道会館離脱、後楽園実験リーグが開催減、終了の1993,4年あたりの状況でしょう。
1995-7年頃は、リングスファンではない自分の目からすると、田村と高阪ばかりガチやらされてるなーと感じてたけど、
金原や山喧から見ると、Tさんはガチを避けているなんですねー。

gryphongryphon 2017/05/09 10:07 いまから申告するのもむつかしいしねー。ただ吉田豪さんの論陣だけど、リングスはたしかに決めてたかもしれない。だけどオランダやロシアの連中は気が荒くて、意思疎通もあいまいで、プロレスのこともわかってない人たちで、一応は決めても、信用は限りなく低い。そこで「一応は決めてるけど、仕掛けてくるならきやがれ!そしたら対応したるけんね」という警戒をしながら戦った。
それはそれで緊張感のある試合をしたという勲章ではないか・・・・・・てな感じですね。
これが「2017年のリングス史観」で、主流になりつつある考えっぽい。

PoetPoet 2017/05/09 10:34 そうそう、最近は、そういう論陣はる人が多いけど、昔の試合を見返してみると分かるけど、やっぱり緊張感ないですよ。
だからこそ、ヤオガチ見分けるのが簡単だったわけだし。
特に、オランダ人同士、ロシア人同士の試合はひどいもので。選手側の意見としては、また違うのでしょうけどね。
昭和の新日プロで、闘いの緊張感を出すために、試合前に対戦相手が会わなかったというのも、確かに効果があったようですね。
ハンセンと猪木とは、ほとんどリング外で会ったことがない(だから、ババさんとのような人間的信頼関係はない)
とか、ブラックタイガーことマーク・ロコが、タイガーマスクの正体を知らずに試合をして、途中で気がついたとか
驚愕ものです。

gryphongryphon 2017/05/09 10:51 ああ、違う国の選手によるマッチメークとは別に、同国人同士、同じサークル同士の話があったか。