ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

見えない道場本舗 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

.      HP(Mail有)  twitter  togetterまとめ twilog 社説を一覧で 読書メーター

2017-09-12 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

復旧のための試作



2016-12-24

さらばディファ有明!懸念された「会場終了」が現実に。新会場は市場原理で生まれるか?公共政策が必要か?

| さらばディファ有明!懸念された「会場終了」が現実に。新会場は市場原理で生まれるか?公共政策が必要か?を含むブックマーク さらばディファ有明!懸念された「会場終了」が現実に。新会場は市場原理で生まれるか?公共政策が必要か?のブックマークコメント

情報サイトニュースサイトに伍して、個人であるジャン斉藤氏のツイート情報源として活用された。


さて、自分としてはこれは「ついにか…」の話なんですな。というのは、2013年話題になったからだ。

想像してごらん、ディファ有明が無い世界を…いや、だめじゃん。色々終わっちゃうじゃん。 - 見えない道場本舗 (id:gryphon / @gryphonjapan) http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20131003/p1

 

ケージ問題で、修斗幹部が言及「(金網を設置しやすい)ディファ有明は『存続するか』の問題がある」 - 見えない道場本舗 (id:gryphon / @gryphonjapan) http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20131224/p2

そのもととなったのがカクトウログ(さらにもとは週プロモバイル

東京五輪新設会場の大半が東京臨海部建設へ〜ど真ん中にあるディファ有明は生き残れるか http://kakutolog.cocolog-nifty.com/kakuto/2013/09/post-c406.html 

ようは、生き残れなかったねん。



ディファがホームで、「金網」設置が必須パンクラスはどうする?

http://www.pancrase.co.jp/rls/2016/differariake.html

ついに発表されました。パンクラスホーム会場でもあるディファ有明2018年6月末でなくなります。

かなり前から噂はありましたが現実となってしまいました。

しかし時代の変化でもあり、対応していかなければなりません。

パンクラスは今回の発表を受けてホーム会場を探すことになります。

水道橋選択はありません。

今まで通り、もしくはそれ以上のクォリティを求めることになると思います。

再来年の2018年パンクラスナンバーシリーズは10大会を行います。

2017年2月5日パンクラス284ディファ有明大会で新しいホーム会場と10大会日程を発表できればと思っています。

2016年12月23日  パンクラス代表 酒井正和


そもそもことしは「2016年会場問題」の年だった

ライブ会場不足が深刻化!音楽業界を襲う「2016年問題」とは? - NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2142807372473068701

https://ja.wikipedia.org/wiki/2016%E5%B9%B4%E5%95%8F%E9%A1%8C

2016年問題(2016ねんもんだい)とは、2020年東京オリンピックに向けて、東京都首都圏(特に東京圏)各地の劇場コンサートホール改修工事などのために閉鎖し、コンサート用の施設が不足するとされる年問題である[1][2]。


2020年東京オリンピックに向けて、大型施設の改修や建て替えが重なってしまい、ライブコンサートのみならず、バレエ伝統芸能の公演会場を予約できなくなってしまうと言われている問題である[1]。青山劇場五反田ゆうぽうとなどの閉鎖により、10年間で約2万5,000席分が失われているという。これまでにも新宿コマ劇場東京厚生年金会館九段会館講堂、普門館大ホール、横浜BLITZなど閉鎖が累積しており、それが影響に拍車を掛けているとみられる。[3]

さらに大型の会場(アリーナ級)が使えないため、大規模な公演を行う開催者が中規模会場(ホール級)の複数日程占有に走り、さらにその煽りを受けて中小規模の開催者が、ホール級から小規模な会場(ライブハウスなど)の占有に走る、と言う連鎖的な事象により全体的に会場不足が深刻化していると言う[4][5]。

また、全国ツアー公演を行う開催者にとっては、首都圏関西圏大都市圏以外の地方公演は、大都市圏での公演の利益を元手にして地方公演での利益僅少ないし赤字補填していることが多いことから、首都圏以外の地方会場の存在が、首都圏の会場不足の穴埋めとなるものではないとしている[2]。利用できる会場が減るなかでライブの需要は増え続けており、2014年観客動員数2008年の2倍となっている[6]。



さて「会場が足りない!」なら「造れば儲かる」のか?市場原理で新会場が生まれるか? それとも「公共」が政策として作る必要あるのか?

……ということがわからない。これだけ会場が欲しい、会場ないかなー、という声があると、いっけんじゃあ会場出来れば、埋まって儲かるね!と思うのだが、案外そんなことはないのかもしれんなあ。そもそもディファは「儲けて」いたのかしらね運営会社が。

どれぐらいの広さで、どんな設備を設置して、何より交通アクセス的にどの場所にあれば、黒字経営のディファ規模の会場施設運営できるのでしょう。

これ、ちょっと面白いので

起業家ごっこ」というか、ちょっとした頭の体操経済シミュレーションとして考えてほしい。

既存施設で活用できそうなところはないか?

あるいは「自治体の長」となったつもりで、そういう施設があれば派生効果も含めて得になる、ということはないか?



パンクラスとか修斗の会場にぜひどうぞ」と、郊外自治体からアプローチするのもありでは?

あるいは東京周辺の自治体で、こういう事態になったら多少距離的に辺鄙でも、競争力がつくようになった!と考えて誘致してもいいのではないか?

パンクラスはけっこう、歓迎できるコンテンツだと思うよ。

場外乱闘もイス破壊も火のもちこみもないし(笑)、さらにいうと会場の大きな層が「応援団」なので、たぶん少しぐらい遠くても田舎でも、応援だから来てくれるんだよね、たぶん(笑)

逆にそういうのがあるエクストリームプロレスは、なかなかむつかしいのは承知しているが…


サーカスみたいな「テント興行」って無理なのかね?

実は「シアター!」って演劇小説は、とある事情で常打ち会場ともめた劇団が、テント興行をやるという設定だった。

たしかにテント長期間張って、興行をやる「サーカス」はあるわけだが…

どんなメリットデメリットが実際上はあるかは不明

<!-- google_ad_client = "pub-1913923559279040"; google_alternate_ad_url = "http://d.hatena.ne.jp/altad?mode=468x60&color_border=ffffff&color_ads=ffffff"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 60; google_ad_format = "468x60_as"; google_ad_type = "text"; google_ad_channel =""; google_color_link = "0000FF"; google_color_url = "008000"; google_color_border = "FFFFFF"; google_color_bg = "FFFFFF"; google_color_text = "000000"; //--></script>

src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script>