ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

見えない道場本舗 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

.      HP(Mail有)  twitter  togetterまとめ twilog 社説を一覧で 読書メーター

2017-11-15

「シン・ゴジラ」の「国民は撃てない!」から、60年安保の赤城防衛相…そしてその裏の衝撃秘話「警官は死んでも仕方ない」を再論

| 「シン・ゴジラ」の「国民は撃てない!」から、60年安保の赤城防衛相…そしてその裏の衝撃秘話「警官は死んでも仕方ない」を再論を含むブックマーク 「シン・ゴジラ」の「国民は撃てない!」から、60年安保の赤城防衛相…そしてその裏の衝撃秘話「警官は死んでも仕方ない」を再論のブックマークコメント

最後のツイートが、思いがけずリツイートが多かったので、ブログ記事でも再論する…再論というか、もう一度書いているので、それを。

60年安保秘話。自衛隊出動阻止の「ハト派政治家は「警官は死ぬ、それはしょうがない」と思っていた。銀英伝のレべロ的に… - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160329/p1

銀英伝のレベロ的に」がわかんない人はおいてきます(笑)義務教育や無いんやからねっ。

ま、それはそれとして、再度画像を。

f:id:gryphon:20160329093001j:image:w640

(略)

椎名悦三郎と、赤城宗徳は集まって相談し、「自衛隊の治安出勤は見送る」という決定をし、それを岸に突き付け、岸は安保成立と引き換えに退陣した…とされる。

これは未来というカンニングペーパーを手にしてみれば、実に妥当な判断だったと思うのである。

(結果的に、警官側に多数の死者が出ることはなかった。まあ自衛隊が出たときに死者が出たか…も歴史のIfだが)


だが、、この決定を支えたのは、上の画像にあるように

『ともかく巡査は何人殺されても殺されたで済む。それは我慢してもらう』

という、とんでもなく血も涙もない決断、切り捨てによって選ばれた決断であったのだ。

(略)

赤城氏は、この「自衛隊出動せず」という決断によって、今でも「ハト派政治家」という冠を付けられ、好意的に書かれることが多い。

しかし、その「ハト派」の決断をするためには(福本証言によるなら)「警官は、何人殺されてもまあしょうがない。それはなんとか我慢しよう」という非情の発想があった、ということだ(結果的な警官の犠牲の有無はこの場合、無関係である)。もちろん警官一人ひとりに人生も、夢も希望もあり、家族がいることは言うまでもない。


政治本質的にいやなところは、そういう形の犠牲も間違いなく強いていて、手を汚さないでいることが不可能だからだ(といって、誰もやらないわけにいかないのもまた事実)。

=======================

以上が過去の記事だが、これは敷衍していくと「作為の悪と、不作為の悪」ともいえます。

なので、こういう記事にも関連していきます。

銀英伝5巻のユリアンとシェーンコップの議論を、「不作為」の問題を混ぜて拡大してみる。 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160921/p2

 

「『たった10人』殺されてPKOが逃げたのがルワンダ虐殺に繋がった。増兵すれば止められた」(井上達夫氏、朝生で語る) - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20170813/p1

そんな話題につながる、シンゴジラの名場面というか印象的な場面でした。

jinsukujinsuku 2017/11/15 19:35 ブログ、拝読いたしました。
  
分かっていたことですが、はてなサヨクと言われる人たちは、あまり話が通じないのだなと思いました。私のほうに返信は来ていませんが、gryphonさんのこのブログ記事への反応でよくわかります。
「辻元はデマ被害者だ」→「辻元を批判するものはデマの擁護者だ」という短絡的な思考なのでしょうか。
  
たしかにSNS上には、「飲み会自粛令」が永続的なものであるとする情報が飛び交っています。
彼女はそのデマ情報の被害者ですから、そこは同情するべきです。
しかし、彼女が「一部メディア」の「完全な誤報」などと言って、当てこすりで産経新聞を攻撃していることを私は許せません。産経新聞は事実を提示した上で、その論評として「自粛令」という皮肉めいた表現を使っただけだし、しかもそれが最初のうちの一時的なものだと明記しているのだから、今回は誤報していないのです。

匿名ブログ(追記)のほうにも書きましたが、今回辻元がやっていることは安倍首相とそっくりです。私はとても気分が悪くなりました。
2014年におこった、安倍首相の「撃ち方やめ」発言にまつわる騒動を想起させます。

あと、国対が"指示"を出した事件といえば、2016年9月、安倍首相の所信表明演説における「起立拍手」事件があります。
あのときは、たしか、国対メンバーが若手議員たちに起立拍手をやってほしいと"指示"していたはずです。
上の立場にある者が、下の立場のものに意向を伝えたら、それは普通は"指示"と報道されます。強制力があるかどうかは別として、多少なりとも圧力になる方法で意向を伝えれば、それはあきらかに"指示"です。

crewcrew 2017/11/15 21:07 藤原芳秀氏の初連載は終点高校の筈では
初の週刊連載は拳児ということでしょうかね。終点高校は月刊のサンデー増刊号連載でしたし。

gryphongryphon 2017/11/16 01:40 自分は「終点高校」って全然知らないのですが、「初の連載でこんなに巧いかねえ?」と思いました(笑) ただ、はっきり「初めての連載」とは書いてます。おそらくは”週刊誌連載”の含意でしょうか

gryphongryphon 2017/11/16 01:49 >jinsuku 様
まあ、なんにせよ会合の録音公開が待たれます。