ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

見えない道場本舗 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

.      HP(Mail有)  twitter  togetterまとめ twilog 社説を一覧で 読書メーター

2018-02-19

結局、雑誌の漫画は何を(ネットで)無料公開し、何を有料や会員制にすればいいのか?たぶん「サンデーうぇぶり」は試行錯誤中…

| 結局、雑誌の漫画は何を(ネットで)無料公開し、何を有料や会員制にすればいいのか?たぶん「サンデーうぇぶり」は試行錯誤中…を含むブックマーク 結局、雑誌の漫画は何を(ネットで)無料公開し、何を有料や会員制にすればいいのか?たぶん「サンデーうぇぶり」は試行錯誤中…のブックマークコメント

別の記事で紹介した

久米田康治が元弟子・畑健二郎の新連載で掲載した”特別読切”が『トニカクヤバイ』〜「ガチ」「久米田砲」「流れ弾ひどい」「でも結婚無効化された」 - Togetter https://togetter.com/li/1200626

に加えて

今現在、漫画の公式アプリとか電子書籍アプリはどんなのがあるのか〜漫画家・村岡恵先生がざっと紹介 - Togetter https://togetter.com/li/1199204

というまとめも作った関係で、「サンデーうぇぶり」サイトを見に行った。

すると、へんなコインポイントとかもありつつ、無料公開コンテンツが自分の予想よりトニカクオオイ。


保安官エヴァンスの嘘』『ふたり生徒会』はじぶんが2017年マンガ10傑に選んだ作品じゃ

【完成】「2017年マンガ10傑」を選定します。第2回「内山安二賞」なども併せて授与。 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20171202/p1

https://www.sunday-webry.com/series/1143

https://www.sunday-webry.com/series/562

ま、それはそれとして、ちょっと驚いたのが「レジェンド連載」ってやつです

https://www.sunday-webry.com/#legend


連載中の漫画まで、過去の作品が「毎週掲載」され「無料で読める」



ここで、一丁目一番地を押さえておかねばならない。

・「雑誌」というものはそもそも殆どの出版社が赤字。じゃあなぜ載せてるか? どこかで連載を持ってないと、単行本も作れない(同じペースで描きおろしなんかできっこない)。儲けは単行本で出す。雑誌はその「連載」の器であり、単行本の「広告」なのじゃ。


・「読者は虱に似て、死んだものからは離れていく」(山本夏彦)。 長期連載していくと、あるいはかつて大ベストセラーだった「往年の名作」も今現在では売れなくなったり、たとえば連載初期の単行本の売り上げは落ちたりする(逆に百何巻も出たシリーズは、徐々に部数が落ちていくこともも多いとか…)

すべては、電子書籍を含めて単行本を売るためのプロモーションであるとするなら…

「往年の名作、いまも連載中の名作の初期版を、かつての連載と同じように週一本ずつ無料で読めるようにする。連載リバイバルをする」のも、雑誌連載に負けないほどの十分な「プロモーション」になるだろう。

ただ…

「既に単行本出てるんだろ?ネットリバイバル掲載したら単行本の売れ行き落ちない??」

という疑問も当然出てくるだろう。



思うに、出版社も、何をどのようにすれば新人の作品も、往年の名作も一番単行本の売り上げにつながるかの正解やベストミックスを把握できず、いま手探り状態なのだと思う。

その手探りの中で、こういう試みを積極的に行うのならば歓迎だ。そして、何が一番、出版社にとってオトクかのノウハウ、結論はどうなるかも興味深い。