Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

見えない道場本舗 このページをアンテナに追加 RSSフィード

.      HP(Mail有)  twitter  togetterまとめ twilog 社説を一覧で 読書メーター

2014-02-11 今日は「ことば」が大テーマです

VTJ 4th なんだかんだと好カード出そろう…で、(映像の)視聴手段は何なんだっ?

| VTJ 4th なんだかんだと好カード出そろう…で、(映像の)視聴手段は何なんだっ? - 見えない道場本舗 を含むブックマーク VTJ 4th なんだかんだと好カード出そろう…で、(映像の)視聴手段は何なんだっ? - 見えない道場本舗 のブックマークコメント

http://efight.jp/news-20140210_28008

宇野の対戦相手はSPORTS FIGHTバンタム級王者ジェシー・ブロック(アメリカ/TWISTED GENETIKS)。16勝7敗の戦績で、現在は高校の非常勤講師レスリングコーチシステムエンジニアの資格も持つ。バンタム級ということでフェザー級の宇野よりも一階級下になるが、フェザー級での試合も6戦行っており、体格的に問題はないという。

んで。

アイドルユニット「REGIIIIINA!!(レジーナ)」がVTJラウンドガールに!

 今大会より5人組アイドルユニット「REGIIINA!!(レジーナ)」がラウンドガールに就任!ラウンドガールはもちろん、唄とダンスパフォーマンスを披露してくれます。彼女達へのご声援も宜しくお願い致します。

□REGIIIIINA!! ホームページ

 http://bgm.jp.net/regiiiiina

めざせ21世紀藤谷美和子

そんなのはどうでもいい(ほんとにどうでもいいな!!!)けど、とにかく

扇久保博正vs春日井健士とか高谷裕之vs内村洋次郎とか佐々木憂流迦vs石原夜叉坊とか、過去のVTJとくらべてもなかなかの試合は多い。目玉のカード一発、はないけど。


で・・・やっぱり何度見直しても、周辺のサイトを巡回しても「放送」(ネット配信)に関する情報が無いな!

カード決定がこの時期なのもまあ大概ですけど、放送が無いのも、理由が無くただ無い、ということは勿論無いわな。なにかしらの理由があって、まだ放送・配信が決定しないのだろう、本当にノーテレビのまま当日を迎える、ということに…なるんかな。なりそうだな。


カシアス内藤の息子内藤律樹、日本王者に。

| カシアス内藤の息子内藤律樹、日本王者に。 - 見えない道場本舗 を含むブックマーク カシアス内藤の息子内藤律樹、日本王者に。 - 見えない道場本舗 のブックマークコメント

カシアス内藤Jr.”律樹、父に続き日本王者奪取!/BOX(1/2ページ)

http://www.sanspo.com/sports/news/20140211/box14021105030002-n1.html

 

 ダイヤモンドグローブ(10日、後楽園ホール)日本Sフェザー級1位で、作家沢木耕太郎氏のノンフィクション「一瞬の夏」の主人公、カシアス内藤氏の長男・律樹(りっき、22)=E&Jカシアス=が、同級2位の松崎博保(31)=協栄=との同級王座決定戦に8回終了TKOで勝ち、父に続く王座を獲得した・・・(略)



ソチ五輪で安倍首相「大統領が心血を注いだ…」→訳「大統領が最後の血の一滴まで…」

| ソチ五輪で安倍首相「大統領が心血を注いだ…」→訳「大統領が最後の血の一滴まで…」 - 見えない道場本舗 を含むブックマーク ソチ五輪で安倍首相「大統領が心血を注いだ…」→訳「大統領が最後の血の一滴まで…」 - 見えない道場本舗 のブックマークコメント

駒木明義 @akomaki 朝日新聞モスクワ支局長のtwitterから

https://twitter.com/akomaki

Akiyoshi Komaki 駒木明義 ‏@akomaki 2月8日

安倍首相が「プーチン大統領が心血を注いだソチ五輪の成功を祈っている」と述べたところを通訳さんが「大統領の血の最後の一滴まで注ぎ込んだ五輪」と訳し、ロシア人記者団からざわめきがプーチンさんも軽く驚いたような、ずっこけるようなしぐさをみせました。

 

Akiyoshi Komaki 駒木明義 ‏@akomaki 2月8日

大統領の最後の血の一滴」のくだり、さっそくイズベスチヤが見出しにとっています。ですが、決して否定的なニュアンスでは受け止められていないように思います→ http://izvestia.ru/news/565416#ixzz2sjFjMnta

「最後の血の一滴まで」とか「我が血、我が心臓をささげる!」というのは、自分は中東系の政府支持デモとかでよく聞く言葉…というイメージがあった。あまり日本語には昔からは無い表現だという気もする(あるかな?)が、仮にそうでも「進撃の巨人」ヒットで「心臓をささげる」という言い回しは定着しただろう(笑)

f:id:gryphon:20140211071942j:image

それはそれとして、自分は「エドガー・スノーの大誤訳」というエピソードを思い出した。

エドガー・スノーという、20世紀最悪の独裁者のひとり毛沢東を大好きなジャーナリストがいて…(※かれが好きだった当時はいいひとだったが、その後変わった」という言い訳は、やはり通じないだろう。彼が取材した当時も、残虐な暴君としての片鱗は何度も見せている)

彼は毛沢東が天下を取り、10億人の民に君臨したときに再会し、会見記録を書いたが、毛沢東の言葉として…

毛沢東は私に『自分は破れ傘を一本持ち旅する孤独な修道僧だ』と語った

と報じた。

また世界が、若者が「なんという哲人政治家だ!」「必勝不敗の毛思想!」「東風は西風を圧する!」「革命に罪無く、造反に理有り!」と感動しちゃった。

D

…だが毛沢東がスノーに言ったことばって、単に中国の言葉遊び慣用句「和尚帯傘、無法無天(※俺は好き放題の無法者さ、という意味)」だったという。翻訳はある意味、正反対である(笑)

http://www.soshisha.com/book_wadai/08motakuto/

毛沢東エドガー・スノーに向かって語った言葉は「和尚帯傘」だった。通訳は知らなかったのであろう。「和尚帯傘、無法無天」とつづくのだが、「無法無天」は普通は略して語らない。一昔前には常套語であり、「無法」は発音が同じ「無髪」に通じ、和尚は髪がないとなり、傘に遮られて天がないから、「無天」となる。褒めるのとは無縁の成句だ。無理無体だ、非道だ、横暴きわまると非難するときに使う。

エドガー・スノーが延安で書いた『中国の赤い星』のなかで、毛沢東を「痩せて、リンカーンのような容貌の男」と記し、アグネス・スメドレーが『中国は抵抗する』を発表し、毛沢東を「駿馬らばのように頑強で、鋼鉄のような誇りと決意を持った男」と記述したのがはじまりで、毛沢東を賛美する評伝はそのあと数限りなく発表されてきた。それから三十五年のちの毛への賛辞をひとつ挙げよう。スノーは再び毛と会見した。見送りに出てきた毛が最後に、「私は破れ傘を手にした孤独な修道僧にすぎない」と語ったとスノーは紹介した。

 「孤独な修道僧」と謙虚に自己の生涯を振り返ってみせた毛の死からも、すでに三十年近くがたつ。伝記作家、スノー、スメドレーもすでになく、「孤独な修道僧」、「聖人」と請え、礼賛に終始した毛讃歌はいつか見ることができなくなっている。そもそも毛にしたところで、スノーに向かって、自分のことを「孤独な修道僧」と語ったのではなかった。はっきりと明言はしなかったが、言おうとしたことは、幾分か自噺を込めてのことと思えるが、「私は国の定め、党の掟はおろか、世の中の決まりをかえりみることのない無法者でした」ということだったのである

中国の赤い星〈上〉 (ちくま学芸文庫)

中国の赤い星〈上〉 (ちくま学芸文庫)

しかしこれはさすがに、翻訳者の手に余っただろう。スノーは中国語もしゃべれるはずで、ちょっと耳に入ったのかもしれない。

要は寅さんの「結構毛だらけ 猫灰だらけ」「たいしたもんだよカエルのしょんべん、見上げたもんだよ屋根屋のふんどしを訳せ、みたいな話ですからなあ。

このへんって英語で、ほんとにどう訳すのかね(笑)。いや寅さんってたしか、けっこう外国でも見られてるはずだぜ??


まあ、「第一次世界大戦」に続いて翻訳はもうこりごりでござるよー、のわれらが首相というお話。


この特派員氏は、こんなところまでウォッチしていたのでした。

https://twitter.com/akomaki/status/432347880565641217

Akiyoshi Komaki 駒木明義 ‏@akomaki

#ソチ五輪 開会式。習近平さんは中国と香港の選手団に立ち上がって激励。台湾には座ったまま拍手を送っていましたが、日本が入場すると手をひざの上に重ねて置きました。安倍さんは中国選手団にも拍手をしていました。同僚記者と双眼鏡で観察→ http://t.asahi.com/dx64




「田母神票」が可視化した層…これを何と呼ぶか?という議論

| 「田母神票」が可視化した層…これを何と呼ぶか?という議論 - 見えない道場本舗 を含むブックマーク 「田母神票」が可視化した層…これを何と呼ぶか?という議論 - 見えない道場本舗 のブックマークコメント

東京都知事選で、元航空自衛隊ジェネラル田母神俊雄氏は約60万票を獲得した。

この「田母神票」をめぐり、古谷経衡氏の投票前後の評論が注目されている。

そのキモの部分を引用して見よう

投票日前

■田母神陣営の戦いから見る「ネット保守」のゆくえ ポリタス 「東京都知事選2014」を考える

http://politas.jp/articles/73

   

田母神氏の得票数がそのまま、日本の「ネット保守(≒否定的な文脈での“ネット右翼””ネトウヨ”)」やゼロ年代以降、新潮流として登場して来た保守勢力の「趨勢」をそのまま反映させる国勢調査的な意味合いを含んでいる、という事実からも、田母神陣営の戦いとその票数に注目したい。 

(略)

なぜ田母神氏の得票数がそのまま「新保守」の趨勢を意味するというのか。これまで、ゼロ年代以降に生まれた「ネット保守」などの「新保守」の人々の投票行動というのは、ほとんどすべてが自民党候補への投票であった。しかし、今回の田母神氏に対しては、なにより自民党から推薦を受けていない非自民の独自候補であり、いわゆる「ネット保守」層からの熱心な支持のみならず、保守派文化人や知識人、及び非自民傘下の関連団体などから、幅広く強烈な支援を受けている……「新保守」の潮流の中で、史上初めて彼らが自民党などの既存政党に頼らない、独自の候補を擁立するに至った結果、登場してきたのが田母神俊雄氏なのである。だから田母神氏の得票数はそのまま「新保守」の趨勢とイコールであるのだ。

投票後

都知事選で見えた「ネット保守」人口=250万人

http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20140210-00032514/

 

「新保守」と「旧保守」の主張は似通っているものの、「旧保守」の文脈、つまり自民党支持基盤や支持組織とは、原則的にまったく関係のない文脈でゼロ年代より急速に生まれてきた勢力……

(略)

分かりやすくざっと約250万人弱が日本全国の「新保守」の人口であることが推定される。

この250万人という「新保守」の人口は、たとえば2013年7月の参議院選挙で獲得した社民党の票数、約120万票の倍、同じく日本共産党の約515万票の半分程度という「勢力」……250万人の「新保守」は国会議員数にして2〜3議席の勢力になっていると言える。

(略)

ネット保守」を否定的にとらえる文脈の中では…を過大に評価する嫌いがあったと言えるが、今回の選挙結果で、日本共産党の約半分の勢力に「過ぎない」ということ……肯定的にとらえる文脈の中では…「日本の世論(保守的な文脈において)の正常化」が叫ばれるが、それはかなり「願望」を含んだ水増し…

田母神票には「主張はよく分からんが、元自衛官なら災害に強いだろう」とか「石原慎太郎さんが推薦してるから(維新票)」「ふだんは自民支持だが、舛添は嫌い」とか「原発を再稼動しないのは無謀だ」とか、そんな票も含んでいるだろうから、かなりざっくりな計算であることは本人も認めているっぽい。

(こういう概数にどんな問題があるかは、政治学者・菅原琢氏の以下のツイートを )

SUGAWARA, Taku ‏@sugawarataku 12時間

RTした記事もそうだが、ネット周辺の現象と現実の票数を結びつける推論は誤謬を多く含む。いわゆる「ネットウヨク」が田母神候補に投票したことが正しかったとしても、60万票がそれで構成されていると考えるのは、「政治好き」を多く見積もりすぎ。これは左右関係ない。

 

SUGAWARA, Taku ‏@sugawarataku 12時間

RTした記事もそうだが、ネット周辺の現象と現実の票数を結びつける推論は誤謬を多く含む。いわゆる「ネットウヨク」が田母神候補に投票したことが正しかったとしても、60万票がそれで構成されていると考えるのは、「政治好き」を多く見積もりすぎ。これは左右関係ない。

が、とまれこの考察は新鮮な視点があるということで

id:finalbvent氏も注目した。

http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2014/02/2014-55a9.html

蓋が開いて驚いたことの二点目は、田母神氏の得票である。610,865票もあった。私は20万票くらいではないかと思っていたので、かなり驚いた。一般的には右派の票がここに固まった、あるいは、石原元都知事の影響があったと見る向きが多い。それ自体は間違いではないだろう。

 この点について蓋が開いてからしみじみ考えさせられたのは、ポリタスに寄稿された古谷経衡氏の「田母神陣営の戦いから見る「ネット保守」のゆくえ」(参照)である。

(略)

結果は約60万票である。

 古屋氏の見方からすると、ざっと、日本に200万人ほど「新保守」がいることになる。

 おそらくこの推定は正しいだろうと思う。というか、この数値に私はけっこう衝撃を受けている。衝撃を受けているのは、古屋氏の理路が正しいと思うからだ。

さらには、おだじまんこと小田嶋隆氏も、昨日偶然聞いたTBSラジオコラムで、この分析に乗っかって語っていた(彼独自の考察かもしれんけれども)。以下の2分25秒ぐらいから。

http://podcast.tbsradio.jp/tama954/files/20140210_oda.mp3

(1週間で削除されます)

と、けっこうな反響を呼んだわけです。

そして、政治学者・吉田徹氏がこう語る。ぼくとの対話形式で。

YOSHIDA Toru 吉田徹 ‏@yoshidatoru 16時間

田母神支持者層が「新保守層」と自称するのは紛らわしいので止めましょうよ。もっと端的で解りやすいネーミングがあるはず(自問中)。

 

 gryphonjapan ‏@gryphonjapan 16時間

ご自身で紹介された諸外国のナショナルポピュリズム運動」そのものとは性質にズレがあるとの見立てですか ?それとも単に日本語では分かりにくいという意味で?@yoshidatoru

 

gryphonjapan ‏@gryphonjapan 14時間

突然用語を出して、他の方は意味不明だったかもですが『@yoshidatoru 氏ご自身で紹介した「ナショナルポピュリズム運動」』とは

http://synodos.jp/politics/1745

…FNが掲げる価値に賛成するとする国民は、世論調査によれば60%以上にも上っている。

こうした主張をする極右政党を、もはや「極右」ではなく、「ナショナル・ポピュリズム政党」と呼ぶべきだとの主張もある

のこと。読み返してみると確かに田母神将軍の運動は「普遍性を看板に押し立て異文化を排除」とは少し違うか。

 

YOSHIDA Toru 吉田徹 ‏@yoshidatoru 15時間

性質上の違いもあるし、わかりにくさもあります。「新保守(neo conservatism)」は1980年代の潮流を一義的には指しますから@gryphonjapan ご自身で紹介された諸外国の「ナショナルポピュリズム運動」そのものとは性質にズレがあるとの見立てですか ?

 

ということで、これをどう「命名」するかは今はやいもんがち、うまいこといったもんがち…になりそうだと。

古谷氏の見立て、定義に沿って自分が力技で名称を考えたら

【新興非自民保守】

になったが、そのまんますぎるわおもしろくないわで。別に古谷氏の定義に沿う必要も無い…まあ、こういう新語づくりが面白い、ちゅう話。





「中台分断」(中台分裂)という用語は正しくない(いつ中国と台湾は”分断・分裂”したんだ?)という議論。

| 「中台分断」(中台分裂)という用語は正しくない(いつ中国と台湾は”分断・分裂”したんだ?)という議論。 - 見えない道場本舗 を含むブックマーク 「中台分断」(中台分裂)という用語は正しくない(いつ中国と台湾は”分断・分裂”したんだ?)という議論。 - 見えない道場本舗 のブックマークコメント

モミー会長率いるNHKがツイート

NHK国際部 ‏@nhk_kokusai 56分

台湾で中国政策を担当する閣僚が中国を訪問し、1949年の中台分断後、初めてとなる閣僚級会談を行う予定で、双方が政治面での関係強化に向けて一歩踏み出すことになります。 http://nhk.jp/N4Bs6MXS

東京新聞共同通信?)も。

台が初の公式会談へ 台湾閣僚、2月訪中 

2014年1月28日 13時17分

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014012801001712.html

 【台北共同】台湾の対中国政策を主管する大陸委員会は28日、王郁キ主任委員(閣僚)が2月11〜14日の日程で初訪中すると発表した。11日に江蘇省南京市に入り、中国国務院(政府)台湾事務弁公室の張志軍主任(閣僚級)と公式会談を実施する。

 中台政府間の公式会談は1949年の中台分断以降、初めてとなる。

毎日新聞も。

http://mainichi.jp/select/news/20140129k0000m030051000c.html

11日に江蘇省南京で中国の対台湾政策を主管する国務院台湾事務弁公室の張志軍(ちょう・しぐん)主任(閣僚級)と正式会談する。中台政府間の正式会談は1949年の中台分断後初めてとなる。

 

この「中台分断、中台分裂」という用語に異議を唱える人たちがいる。

2005年にその主張をこのブログコピペしてるから、

再度引用しよう。

台湾の声編集部

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050427/p6

……「1949年の中台分裂(分断)」という文句を用いているが、これは歴史事実に照らせば誤りである。つまり台湾と中国が一つの国であるとの間違った前提に立っているから、そのような報道ミスを犯すのだ。

そもそも「中台の分裂」(支那大陸政権からの台湾の分離)は1895年のことである。つまり下関条約で清国が台湾を日本に永久割譲した例しかないのだ。

それ以降、台湾は国際法上、支那大陸政権に帰属することはなく、「分裂」というものは起こりようがないのである。

たしかに支那大陸中華民国政権は1945年に台湾を軍事占領した際、終戦のどさくさに紛れる形で台湾の中国復帰を宣言したが、当時まだ台湾は、国際法的には日本の領土であり、この「中国復帰」には何の法的根拠もなかった。

その後たしかに1949年、支那大陸では中華人民共和国政権が樹立され、中華民国政権は不法占領中の台湾に亡命したが、台湾は当時、依然として日本の領土であり、これを以って「分裂」というのは正確ではない。

日本が台湾に関する主権を放棄するのは後年のサンフランシスコ講和条約によってである。同条約では放棄後の帰属先に取り決めがなく、当然台湾の住民に帰属するものと考えられた(しかし中華民国亡命政権は住民自決を許さず)。

しかしこの事実を中華人民共和国は断じて認めようとはせず……(略)「分離」とはこのように、中国が台湾欲しさに、歴史を捏造し、法理を歪曲して使っている言葉なのである。(略)

より詳しくは台湾地位未定論という項目がウィキペディアにある。

いや、自分もいま見つけてびっくりだ。

……1951年9月8日、日本は連合国の諸国48ヶ国とサンフランシスコ平和条約を締結し、正式に戦争状態は終結した。しかし、この条約の第2条b項では「日本国は、台湾及び澎湖諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。」とされたが、放棄された台湾の主権がどこに帰属するのかは明確にされず、同条や第21条のいわゆる「朝鮮条項」のように、直接独立が認められることもなかった。

(略)

1952年4月28日、日本と中華民国日華平和条約を締結した。この第2条では、日本がサンフランシスコ平和条約に基づき台湾、澎湖諸島新南群島および西沙群島の一切の権利や請求権を放棄することが改めて承認された。しかし日華平和条約でも放棄された台湾の主権がどこに移ったのかが明らかにされなかった。

これらサンフランシスコ平和条約および日華平和条約における台湾の地位に関する条文の内容が、台湾地位未定論が立脚する基礎となっている。

ふむ…。

で、用語としての「中台分断」は、どーしますかね?

大技「ひとりでも傷つく当事者がいるときはそれに配慮し…」もあるぞ(笑)



新語「IBJs」をご存知ですか・・・「アメリカに捨てられた旧同盟諸国(イスラエル、英国、日本)」のことです(笑)〜池内恵、文芸春秋より

| 新語「IBJs」をご存知ですか・・・「アメリカに捨てられた旧同盟諸国(イスラエル、英国、日本)」のことです(笑)〜池内恵、文芸春秋より - 見えない道場本舗 を含むブックマーク 新語「IBJs」をご存知ですか・・・「アメリカに捨てられた旧同盟諸国(イスラエル、英国、日本)」のことです(笑)〜池内恵、文芸春秋より - 見えない道場本舗 のブックマークコメント

この前ちょこっとtwitterで紹介したのかな?新鋭中東学者・池内恵はブログを最近恥待ています。はてなアンテナ推薦。

■中東・イスラーム学の風姿花伝

chutoislam.blog.fc2.com

池内恵(いけうち さとし 東京大学准教授)が、中東情勢イスラーム教やその思想について、日々少しずつ解説します。有用な情報源や、助けになる解説を見つけたらリンクを張って案内したり、これまでに書いてきた論文や著書の「さわり」の部分なども紹介したりしていきます。

ただ、今回はこのブログじゃなく、10日発売だった文芸春秋に載った氏の記事が面白かったという話。

http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/959

大国なき後の戦略を作れ

アメリカの覇権にはもう期待できない   池内恵

世界中、とくに中東で、アメリカが…いい悪いというより「弱い」「頼りにならない」という目で猛烈にみられ始め、中東諸国の「米国離れ」が猛烈なスピードで始まっている、という話で・・・

まあ弱くなったのはオバマ政権のせいより、弱くする戦争を始めた前のブッシュ政権のせいじゃないか、うんぬんの話もできるのだが、池内氏は

日米関係の悪化というが、そもそもオバマ政権はあらゆる国と関係を悪化させている」(大意)と。

ぼくも以前、そんな気がしてブクマでコメントしてたので印象に残っていた。

イスラエルとの軋轢増は本来不可避で米国に同情はするんだけど、オバマ政権自体の外交パワー喪失は間違いない。特に2期以降、オバマ政権信頼関係を深めた国ってイランと、あと…?

ただ、池内氏は、『要はオバマ大統領は、日産のゴーン社長のような「コストカッター」なのだ。負担になることをどんどん切り捨てて、コスト負担を減らそうとしている。切られるほうからみたら不信を呼ぶ・・・』という、構造上の問題がある、とある意味オバマ氏に同情している。

そしてタイトルの「IBJs」と・・・ようは「BRICs(ブラジルロシアインド、中国)」みたいなノリで、「アメリカとの同盟が最近ギクシャクしてきた『旧同盟諸国』」ということらしい(笑)。池内氏はサウジアラビアエジプトなども含めたまた新語を提案してたような気がするが、そっちは失念した。

 

まだ「IBJs」でふつうに検索してもこれにそった用法は出てこない。

「日本 イギリス イスラエル」で検索すると、ちょっと関連記事が出てきた。

http://blog.livedoor.jp/doyasoku2ch/archives/22298796.html

アメリカの政治専門家であるイヤン・ブレーマ氏が、「アメリカは現在、日本、イスラエルイギリスといった国際同盟国3カ国を必要としているが、これらの国自身もいつの時代にも増して支援を必要としている」としました。

コンサルティング会社ユーラシアグループの社長を務める、ウォールストリート・ジャーナルの政治専門家であるブレーマ氏は、12日土曜、「現在、世界では、中国の台頭、中東での反乱、ヨーロッパの復活といった三つの出来事が生じている。このうち、日本、イスラエルイギリスは、順に、より多くの損害を蒙るだろう。これらの国は、世界の様々な地域におけるアメリカの最も信頼できる同盟国でもある」としました。

このへんか。ちなみに伝えた記事の元ネタは「イランラジオ(笑)

ああ、やっぱりこのイアン・ブレマー氏が造語者でいいようだ。

日本、イスラエルイギリスの共通点 #BLOGOS

http://blogos.com/outline/55228/

日本、イスラエルイギリスの三つの国のかしら文字をとってJibsと命名したアメリカのイアンブレマー氏のその意図するものはそれぞれの地域で建設的な役割が果たせない国ということのようです。


というわけで新語好きとしてはこの「IBJs」をおぼえた、と。




「プロフェショナル・ビクティム」(文芸春秋座談会)

| 「プロフェショナル・ビクティム」(文芸春秋座談会) - 見えない道場本舗 を含むブックマーク 「プロフェショナル・ビクティム」(文芸春秋座談会) - 見えない道場本舗 のブックマークコメント

Yuki Asaba(浅羽祐樹)@冬眠

‏@YukiAsaba 非公開ツイート

https://twitter.com/YukiAsaba/status/432830765257080833

宮家邦彦「アメリカの友人は、韓国のことを『プロフェッショナル・ビクティム』、プロの犠牲者だと表現…日本の犠牲者という立場をとり続けることが、韓国の存在意義になってしまっている。」座談会「靖国参拝 激怒するアメリカ、暗躍する中韓」 http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/959?cid=toppage

宮家氏の「アメリカの友人」って、のが怪しもうと思えばあやしむに足るが……わざわざ専門家の浅羽教授が引用するなどしており、これも新語の予感がするので記録。別に一国に限らず、普遍的な意味も考えるに足るかもしれないし。


故野村秋介氏は「暴力団幹部」?「新右翼」?「民族主義者」?「新浪漫派」?<追記>有田芳生議員、野村氏の肩書きを修正していた

| 故野村秋介氏は「暴力団幹部」?「新右翼」?「民族主義者」?「新浪漫派」?<追記>有田芳生議員、野村氏の肩書きを修正していた - 見えない道場本舗 を含むブックマーク 故野村秋介氏は「暴力団幹部」?「新右翼」?「民族主義者」?「新浪漫派」?<追記>有田芳生議員、野村氏の肩書きを修正していた - 見えない道場本舗 のブックマークコメント

まず、この映像を。冒頭部分です。

D

1993年朝日新聞の社内で野村秋介さん−暴力団の幹部】ですが、拳銃で自殺しました」(冒頭〜25秒まで)

ウィキペディアによると

野村 秋介(のむら しゅうすけ、1935年2月14日 - 1993年10月20日)は、日本の右翼活動家・運動家。戦後新右翼の代表的な論客として知られた。

東京生まれ、横浜育ち。神奈川工業高校中退後、愚連隊に入り、若年の頃は、出口辰夫の舎弟だった。網走刑務所で服役中、五・一五事件の三上卓の門下生と出会ったことを機に民族主義者となり、自らも三上の弟子となる。

(略)

1961年に憂国道志会を結成し、大悲会会長に就任した( 「大悲」とは、仏・菩薩が、万物に灌ぐ宇宙的な悲しみ(慈悲)のこと)。

とある。「出口辰夫の舎弟」というのが、亡くなるまで続いていたという意味合いなのか、ほかに暴力団とのかかわりがあるのかはわからんし、有田芳生氏の国会での指摘が正しいのかもそもそも分からん。ただ、一水会木村三浩氏が政治フィクサーとして活動し、お礼の報酬だか借金?だかを得ていたなんてことは猪瀬直樹氏の辞任まで知らなかったからな。有田氏は何か情報をつかんでいるのかもしれない。

それは不明とした上で。

【追記】関係する記事か??有田議員のブログでこんな記述を発見

http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2014/02/post_9949.html【お詫び】質問のなかで基本的なミスをした。野村秋介さんの肩書きとピーター・バラカンさんのお名前を間違えたことだ。いずれも翌日に書類を提出し、議事録には正確な内容に訂正された。野村秋介さんの門下生代表である蜷川正大さん、湯川れい子さんを通じてピーター・バラカンさんにも了解をいただいた。記してお詫びしたい


自分は、有田氏の質問中の故野村氏の肩書きについては2月7日にも気づいてツイッターで書いたのだが、なるほど変更されたのは、まさにその部分かもしれない。あとで議事録を確認して、さらにその結果を追記しておこう。

2014年02月07日(金)2 tweets

source

2月7日

gryphonjapan@gryphonjapan

1993年朝日新聞の社内で野村秋介さん−【暴力団の幹部】ですが、拳銃で自殺しました」(冒頭〜25秒まで) / “02.05 参議院予算委員会 有田芳生 民主党新緑風会ニコニコ動画:GINZAhttp://htn.to/qoADP5

https://twitter.com/gryphonjapan/status/431786124030140417

posted at 22:46:48

2月7日

gryphonjapan@gryphonjapan

先日の参院予算委員会

1993年朝日新聞の社内で野村秋介さん…【暴力団の幹部】ですが拳銃で自殺しました」という言葉( http://www.nicovideo.jp/watch/sm22820167 開始10秒)への批判を目にした。故野村氏の肩書は「大悲会」代表と聞いているが、警察などの定義はどうだったかな。

https://twitter.com/gryphonjapan/status/431785358175383552





またウィキペディアに戻ると

マスコミは、野村のことを「新右翼」と呼んだが、平成に入って以降当人はこれを好まず「新浪漫派」(文学運動の新浪漫派とは異なる)と自ら名乗り、独自の運動を展開しようとした。

以前から「自称、他称」ということに興味を持っているのだが…

ミャンマー

ラカイン州はかつて仏教国ラカイン王国が栄えた土地だ。その末裔(まつえい)は「ロヒンギャ族」の大半を不法移民とみなし「ロヒンギャ」という呼称も認めない。

(略)

ラカイン暴動調査委は報告書で「ロヒンギャ族」の呼称を使っていない。理由をこう説明する。「(彼らは)『ロヒンギャ族』の呼称を国内外で認知させようとしている。この動きがラカイン族の怒りを募らせ、宗教暴動を燃えあがらせている」

 アウンサンスーチー氏へのインタビューで私はどちらの国名を使うべきか迷った。旧軍政は89年、英植民地下で採用された「ビルマ」を「ミャンマー」に変更したが、スーチー氏は「ビルマ」にこだわり続けている。「ミャンマー」を使って彼女の機嫌を損ねはしないか、一抹の不安があった。

 インタビュー前日、オバマ米大統領がこの国を訪れ、テインセイン大統領との会談後、こう述べた。「大統領が始めた『ミャンマー』での改革は素晴らしい可能性につながる」。米政府が使用してきた「ビルマ」ではなく、公の場で初めて「ミャンマー」と言及し、テインセイン大統領に最大限の敬意と配慮を示した

 

バチカン

Q:「ローマ教皇」と「ローマ法王」、どちらが正しいの? †

正しくはローマ教皇のようです。カトリック中央協議会によれば「教え導く」という表現がもっとも正しく使われているためだとしています。

カトリック中央協議会

http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/memo/pope.htm

マスコミや関係各社などにも「教皇」と表記するように申し入れているようなのですが、混在状態は続いています。

 

フランス

ビシーを巡る一本の法案が国民議会(下院)に提出された。起草者は地元選出のジェラール・シャラス下院議員(68)。「ビシー政権」の通称を公的文書で「ペタン独裁」に改めることなどを求める内容。

 

要は、「自分たちをこう呼んでくれ」と当事者が決めたら、それに従うってことでいいのか?ちゅう話ですな。NHKの騒動で最近、「野村秋介」の名前がメディアにひさびさに踊ったが、「朝日新聞社内で自殺した新浪漫派の運動家…」などと書いたところは、おそらく皆無だった。ま、そりゃそうで、「そう自称してるんだから」というのも万能じゃないっぽいな。


これ、上に記事にした

「田母神票」が可視化した層…これを何と呼ぶか?という議論

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20140211/p4

にもつなげて考えているのだよ。




「音楽(メロディ)で思想は表現できないんじゃないか?歌詞しだいで軍歌にも賛美歌にもなるし「HIROSHIMA」って名づけりゃそうなるし(笑)」・・・って議論

| 「音楽(メロディ)で思想は表現できないんじゃないか?歌詞しだいで軍歌にも賛美歌にもなるし「HIROSHIMA」って名づけりゃそうなるし(笑)」・・・って議論 - 見えない道場本舗 を含むブックマーク 「音楽(メロディ)で思想は表現できないんじゃないか?歌詞しだいで軍歌にも賛美歌にもなるし「HIROSHIMA」って名づけりゃそうなるし(笑)」・・・って議論 - 見えない道場本舗 のブックマークコメント

を、togetterにまとめた。中心になって語るのはもちろん軍歌研究の第一人者・辻田 真佐憲氏(@reichsneet)

メロディ(曲)にはイデオロギーや思想を、込めたくても込められないのでは?という仮説 - Togetterまとめ

http://togetter.com/li/627956

元々はソ連国歌でスターリンを賛美していたメロディが、現在はロシア国歌になって「神」に言及している。音楽批評家がいろいろ述べているにも拘わらず、メロディというのは思想を表しにくいのではないだろうか。例のゴーストライターの作品が、いきなり「HIROSHIMA」になってしまったように

詳しくはリンク先へ。では一例をば、初音ミクさんに歌ってもらいましょう。

D

D



英国国歌「May she defend our laws」をどう訳す?/追記 大屋雄裕氏の論考紹介

| 英国国歌「May she defend our laws」をどう訳す?/追記 大屋雄裕氏の論考紹介 - 見えない道場本舗 を含むブックマーク 英国国歌「May she defend our laws」をどう訳す?/追記 大屋雄裕氏の論考紹介 - 見えない道場本舗 のブックマークコメント

ホットエントリにも入った、おもしろいはてな記事。

■ 「君が代」とイギリス国歌はこんなに違う - 読む・考える・書く

(id:Vergil2010 / @vergil2010)

http://d.hatena.ne.jp/Vergil2010/20140126/1390715725

 

イギリス国歌の1番は、女王の幸福と長命を願い、「神よ女王を護りたまえ」と歌っているので、君が代と大差ないと言っていいだろう。

だが、イギリス国歌にはまだ続きがあり、特にその3番が重要なのだ。

3. Thy choicest gifts in store

  On her be pleased to pour

  Long may she reign

  May she defend our laws

  And ever give us cause

  To sing with heart and voice

  God save the Queen

憲法学者星野安三郎の解説[1]を聞いてみよう

A 「メイ・シー・デフェンド・アワー・ローズ」は「女王をして我らの法を護らせよ」というのであり、「民と共に法を守り」と訳すのは正しくない※。三番を訳すと次のようになると思うよ。「女王をして、われらの法を護らせよ。われらが心から声高らかに、神よ女王を護りたまえといつでもうたえるように」

B そのとおりと思うよ。「女王をして我らの法を護らせよ」というのは、われらの代表である議会が制定した諸法を女王に守らせよということになる。いいかえれば、三番の背後には、国民の代表である議会が定めた法律を王が守らず、国民が心から声たからかに「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」と歌えなくなったときは、王冠を奪い、王位から追放するというイギリスにおける清教徒革命ピューリタン革命)以来の民主的思想がある。

所功『国旗・国歌の常識』東京堂出版)における訳


実はここから、この前の、安倍首相が国会でやった「憲法は権力をしばるもの、という考えは絶対王政の・・・」うんぬんに関係して考えたいと思ったのだった。

というのは、この解釈あ仮に正しいとするなら

このイギリス国歌3番はまさに「あなたが王であり、主権者である」←→「そうみとめるからその引き換えに、あなたは議会が定めた法を守り(護り)なさい」という関係にあるのではないか、ということになるんじゃないかと。

だから主権者が名目上でも国民になった場合は「主権を持つお前よ、この法を守れ(護れ)!・・・あ、主権者は俺だったか?」という「粗忽長屋」状態になるかと。ただし、誰のたとえだったか「船の行き先は一等室の連中だけで決め、一等室の客だけいい食事と酒を楽しみ、その他大勢が最下層に閉じ込められて…それで船の名前が『人民の船』なら平等なのか?」って話もある。「権力者」と「主権者」はまた別物っちゃ別物。そのへんのことを考える材料になるかと思った。

そのへんは過去の記事の

■「朝まで生テレビ!」から。 国民の権利と義務 -

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20051106/p3

  

■「憲法は国家権力への制約。義務規定はおかしい」←「それは妄言俗説です」と大屋雄裕氏。その理由は?

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20120503/p4

  

■「天賦人権説」の議論(否定論)について、ちょっと資料を記憶で紹介しつつ - 見えない道場本舗

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20121216/p2


ただ、その前に…

「May she defend our laws」

とは 

「女王陛下が、我々の法を【外敵から】しっかり護ってくれるように!!」

という意味なのか

「女王陛下が、我々の法を【法を破る独裁者にならずに、】しっかり(自らが)守ってくれるように!!」

という意味なのか、まだ決着がついてないような・・・。


これは「defend」の用例、文脈、語感・・・…がわからんとわからないんだが、少なくともリンクブログでは「憲法学者星野安三郎」の説と「『国旗・国歌の常識』著者・所功」の説がそれぞれある、というところまでしか、語っていないし。

もう一回繰り返す、

「May she defend our laws」

 

総理大臣は国を守れ」というのは、国を外敵から守れ、という意味か、お前が壊すな、という意味か。あ、固有名詞がだれかはこの際かんけいないぞ(笑)

うちのブログを(たまに)読んでいる人で英語に堪能なのはPoetさん、OMASUKI FIGHTさん、格中エディさんらがいるが、イギリス英語って部分もあるしな・・・…


twitterですれ違うことがあったら、法律の問題でもあるし、イギリスに行った経験も多い大屋雄裕氏にでも聞いてみたいが、いま長期海外出張中だとか。あ、でもまさに、その出張先がイギリスだよ!!直訴してみようかな??

https://twitter.com/takehiroohya

Takehiro OHYA ‏@takehiroohya 24時間

https://twitter.com/takehiroohya/status/432683334896865280

なお関係はありませんが今日から10日ほど海外出張に出ております。ロンドンエディンバラですが完全に大学の公務で、自分の研究とは何の関係もないという。

【追記】そしたら本当に返答があった!!!

「護る」と「守る」

http://www.axis-cafe.net/weblog/t-ohya/archives/000928.html





「言葉」テーマの最後に。定義や名づけがパワーを持つという話(夢枕獏「陰陽師」)

| 「言葉」テーマの最後に。定義や名づけがパワーを持つという話(夢枕獏「陰陽師」) - 見えない道場本舗 を含むブックマーク 「言葉」テーマの最後に。定義や名づけがパワーを持つという話(夢枕獏「陰陽師」) - 見えない道場本舗 のブックマークコメント

「うむ。この世で一番短い呪とは、名だ」

「名?」

「うん」

晴明がうなずいた。

「おまえの晴明とか、おれの博雅とかの名か」

「そうだ。山とか、海とか、樹とか、草とか、虫とか、そういう名も呪のひとつだな」

「わからぬ」

「呪とはな、ようするに、ものを縛ることよ」


「たとえば、博雅というおぬしの名だ。おぬしもおれも同じ人だが、おぬしは博雅という呪を、おれは晴明という呪をかけられている人ということになる-」

しかし、まだ博雅は納得のいかぬ顔をしている。

「おれに名がなければ、おれという人はこの世にいないということになるのか-」

「いや、おまえはいるさ。博雅がいなくなるのだ」

「博雅はおれだ。博雅がいなくなれば、おれもいなくなるのではないのか」

肯定するでも否定するでもなく、晴明は小さく首を振った。

「眼に見えぬものがある。その眼に見えぬものさえ、名という呪で縛ることができる」

「ほう」

「男が女を愛しいと思う。女が男を愛しいと想う。その気持ちに名をつけて呪れば恋-」

陰陽師(おんみょうじ) (文春文庫)

陰陽師(おんみょうじ) (文春文庫)

以上は

名前や肩書が人の考え方や行動を縛ることに陰陽師を読んで気付いた

http://shirousagi.hatenablog.jp/entry/onmyoji/

から孫引き。自分はこれまでも何度かこの話を紹介していたが、より正確な引用をしてあるが最近評判になったので、孫引きした。

ちょっとした総括として。





gryphongryphon 2014/02/11 10:06 1日のブログ記事を、共通テーマで貫くのは雑多が売りの当方ブログでは珍しいが、ひさびさにやってみた。

つぶやき三十朗つぶやき三十朗 2014/02/11 23:52 記事と関係なくて申し訳ありませんが
こんなニュースがありました。
http://jin115.com/archives/52001935.html

gryphongryphon 2014/02/12 21:13 レスリング業界は自由ですなあ

HAGANEHAGANE 2014/02/14 10:50 「言葉」といえばここ数年気になるにが「左巻き」の誤用について。 例えばtwitterで「左巻き」を検索するとほぼ全ての人が左翼に対する蔑称としてこの言葉を使ってますが、この中で意図的に誤用してる人は一体どれくらいの割合なんだろう? ネット社会成立前(平成初期)における「左巻き」という言葉の使用頻度の低さを考えると、おそらく殆どの人は「左巻きという言葉は元々そういう意味の言葉だ」と思ってるんじゃないかなぁ。という気がします。

gryphongryphon 2014/02/15 15:40 はじめはダブルミーニングだったはずなんですけどね。で、ダブルミーニングの場合って片方の意味が取れた時期の特定は実にむずかしい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。