Hatena::ブログ(Diary)

日々、程々に。

2005-06-28 空色栄えて 沖つ辺に

カメラ飲む

通院3日目。

本日の検査内容を淡々と書いてみる。

再来受付を済ませ、まっすぐ地下の内視鏡検査室へ向かう。

待合室で胃の泡(なにそれ)を消すシロップを飲む。

のど麻酔なる液体を口に含み、3分待つ。変に甘くてマズィ。

看護士さんに「飲んでもいいですよ」と言われるが飲めないってこんなん。

だんだん喉が、ってより舌が痺れてくる。3分経って吐き出すとねっちょりしてた。

別室に呼ばれ本日のメインイベント胃カメラ開始(ノД`)ノ

まず左肩になんとかっていう(←忘れた)注射をプスリっ。

うお、痛くねー。採血した時も思ったけど最近の注射は痛くないのか?

診察台に左横向きで寝かされ、ヨダレ用前掛けを首から下げる。

思った以上に太い内視鏡カメラの説明を受ける。お、先っちょ綺麗だなカメラ

上手く飲み込むコツは

1.力を抜く。

2.鼻から息をして口で吐く。

3.ヨダレ垂れ流せ。

以上。

何だ簡単じゃまいか、

ダラダラしながらどっかの陵辱ゲームの様にヨダレ流してりゃ良いんだな(違う。

ん?このマウスピースをくわえろって?こほれふか?(←くわえてる。

後は実際入れるだけだね、オーケーオーケー。

んじゃ心の準備をして・・・あ、いや、待って、まだ心の準・・・うがあああああ


痛い痛い痛い痛いって言ってんだろ!ヽ(`Д´)ノ!(心の中で



1.力抜けない。

2.よくわからん。

3.逐一飲み込んだ。

もう涙目でモゴモゴする。その間の俺のセリフは「モガ、モガー」

それでも喉を過ぎれば痛みは無いものの、やっぱりちょっと苦しい。

あー内視鏡が俺の内側を出たり入ったり・・・触手プレイってこんな感じなのかな。

とか思ってる内にどんどん奥へ入っていくカメラ

胃の中で空気入れてみたりもした。

なんかだんだん変な気分になってくる頃、カメラをグイグイ引っ張り抜いて終わり。

抜く時には痛みは無かった。

後は検査結果を聞いて終わり。結果はかる〜い胃炎があるだけで目立った異常は無かった。

ちなみに検査カメラ画像を観ることが出来るが、そんな余裕は無い!

最後に検査費4110円を払って終わり。

AM 9:10 に予約入れてすぐに開始、検査全体で20分かからなかったかな。

まあ、良い体験になったかな。でもまあ、出来ればもう受けたくないよ・゜・(ノД`)・゜・

次回、通院4日目「後ろの処女奪われる」に、つづく!