Hatena::ブログ(Diary)

TABULA-RASA このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-30 今日の出来事

[]BLACK CYC ゴア・スクリーミング・ショウ

http://www.cyc-soft.co.jp/index.htm

ブラックサイクの最新作、GSSの簡単なレビューです

インストール容量は1.51GB

メインシステムは800x600スクリーン、未読/既読スキップ、バックログ、オートモード

キャラ毎の音声のON/OFFが可能です。またこのゲームの特徴として

GFL(Gore Filtering Level)の調整が可能です。コレは簡単に言えばグロさのレベルを

3段階に調節出来る設定です。グロいのが嫌いな人は1で、好きな人(笑)は3でお楽しみ

下さい、ということで。(私はゲームを吟味するために3でやりました

システム的には基本がしっかりしているので特に悪い部分は感じられません。

メニュー画面でも背景がざらついたエフェクトがかかったりして、細かい演出が格好いいです。

シナリオは簡単に言えば「小さい頃虐められた少女が仕返しする」という簡単な物ですが

シナリオが色んな分岐をするので結構楽しめました。エンディング数は14。

メインキャラである赤青黄の三人が各3つずつ。さらに黒が1、紫が3、白が1。

(色はキャラを表しています。詳しくはHP

CG数は差分無しで133。携帯電話や鏡などのグラフィックを含みますが、えちぃシーンが

多いせいか差分が1枚当たり3〜5枚程度有るので相当数の枚数です。

音楽は前作MinDeadBloodを思い出すロック系がメイン。これはBLACK CYC作品でしか

聞けないような、他のメーカーには無い曲の感じなので、新鮮味があります。

えちぃシーンは55。そのうち数種類がGFLによって分けられているので、実質40後半です。

内容は…前作からグロさUP・えちぃさDOWNという感じでした。

前作の東先生のような良悪役キャラがいなかったせいか、ゲーム全体としては残念ながら

前作の方が上のような気がします。内容が気になる人は話を聞くより実際にやってみる方が

いいかと。初めてにはつらいかもしれません。

ゲーム総評として

基本がしっかりしていて、エロゲーの中ではシナリオもしっかりしていたけど、

話のメインである2つの石、ゴア・スクリーミング・ショウの由来、桃音(紫の妹)の

老化の謎、真白の存在理由など疑問点が残る部分が多く、せっかくのシナリオをうやむやに

しているという印象を受けました。もう少しいろんな部分で説明が欲しかったです。

前作みたいにフルコンプ後に何かあるのか?と思いましたが、最終シナリオまで終わって

シーン、CGともに100%orzかなり残念です。

この点以外は全ての面で満足のいく点数が付けられました。評価は86

F&C こなたよりかなたまで

http://fandc.co.jp/konakana/

クリス編2周、佐倉編クリア。

正直なところ、何が面白いのか、何がそんなに良いのかよく分からない。

自分に合わないだけかもしれないけど、それ以前に話として面白くない。

もっと深い話だと思ったのに…残念

一応フルコンプするけどw

灼眼のシャナ

実は気になって1巻だけ買ってきた。

微妙アニメの方が上っぽい

[]W-ZERO3いろいろ

f:id:guchi_infinity:20051214214940g:image

http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/

TABULA-RASAはW-ZERO3を応援しています。

が、最近悪い話ばっかり…

これはW-ZERO3完璧マシンじゃないよーというのをアピールするのと

シャープウィルコムに改善してほしいから、ということで(汗

W-ZERO3のマスストレージ対応

http://blogs.yahoo.co.jp/ut6org/24225810.html

Active Sync等はPC本体にソフトウェアを導入しないといけなかったけど、

マスストレージならSDカードを挿すみたいな感じで勝手に外部メモリとして認識してくれる

ので、Outlook等で同期をしていない人にはかなり便利になりそう。

ってかOSの設定いじるだけで対応出来るとか、やっぱりWindowsは面白いな〜