Hatena::ブログ(Diary)

TABULA-RASA このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-05-09 今日の出来事

[]XUSE 永遠のアセリア

http://www.xuse.co.jp/

とりあえず2周クリアして結構楽しめたのでレビューを。

XUSE本醸造は本格的な遊べるゲームを作る集団。肝心のゲームはどうなってるかな?と思って

やり始めたのが最初だったけど、

これが結構面白い。

システム的には簡単に言えば3対3の伝説のオウガバトル

このゲームは私が小〜中にかけてかなりやりこんだ名作中の名作で、

リアルタイムで行われる敵味方の侵攻、攻撃回数、内容、がキャラ立ち位置によって変化し、

プレイヤータロットカードで支援する戦闘システム

行動によって善悪を判断するカオスフレームの採用など

今までのSLGにはなかった要素を大量に取り入れた凄いゲームでした。

永遠のアセリアはこのゲームシステムに近く、

土地の移動は懐かしいセガサターンドラゴンフォースのようにコマ単位で移動し、

戦闘はアタックブロックサポートの3人に分けてそれぞれの技を使用し、

カオスフレームのような精神状態を示すマインドの採用などなど似たような部分が

たくさんありました。まぁぶっちゃけ劣化コピーといいますかw

でもこのゲームが面白かったのは、1つにゲームバランスがあります。

1周目では最高レベルは30に抑えられ、技の回数、威力ともに少なめですが、

2周目になると最高レベルは60になってキャラ毎の能力の差が大きくなり、より高度な

戦術が必要になります。この辺をどのように乗り越えていくかを考えたりするところに

このゲームの面白さがあると思います。また一度死んだキャラは復活出来ず、メインヒロイン

一人でも死んだら即ゲームオーバーという結構シビアな所もあり、緊張感があります。

シナリオも最初はしょぼい主人公がどんどん成長していく過程がよく表現されていてテイルズ

に似た後味がありました。かなりの数のエンディングがあるので何周もする必要がありますが

それに耐えうるだけの面白さがありました。

ただちょっと残念なのはCG。このテのゲームでは売れなくてもおかしくない出来といいますか

ぶっちゃけ下手といいますか、絵に安定性がありません。

イベントシーンでいきなり顔変わったりとか当たり前にあります。ここがよければこのゲーム

もっと売れたと思います。

(といっても慣れてしまえばむしろこの方が味があって(・∀・)イイ!のかも知れないw

あとメイン以外のキャラの声、というか台詞がおかしいです。

戦闘していて負けると消えるというのに緊張感が全くありません。

ここはマイナスポイントセーブデータは50個保存できるので十分だと思います。

何かレビューにしてはシステムの話ばっかりになってしまいましたが、ゲームとして楽しめた

のでそれなりに評価出来ると思います。クソゲーなら途中で止めてるだろうし。

でも話のスケール、世界観システム、どれをとっても私が崇拝する伝説のオウガバトルには

及びませんでした。こんなシステムゲーム他のメーカーから出してくれないかなぁ…

そんな訳で評価は80点。良作といった所でしょうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guchi_infinity/20060509/p2