Hatena::ブログ(Diary)

TABULA-RASA このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-04-09 今日の出来事

[]Baseson 恋姫†無双〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜

http://www.tactics.ne.jp/~baseson/koihime/

かなり間が空いてしまいましたが、ゲームレビューです。

ばばん!今回はBASESONの最新作、恋姫†無双です。

正式には恋姫†無双〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜という

長ったらしい名前かつやる気の無さそうな萌え萌え展開のゲーム

…かと思ったら大違い。三国志を全く知らない私でも思わず三國無双

を買ってしまったほど三国志が楽しくなった元でもある燃え燃え

ゲームでした。やっぱ歴史ファンタジーステキだw

ということでレビューをば。

インストールはDVD2枚組で5.73GB。多分片面一層が2枚という組み合わせです。

システムアドベンチャーパートは特徴のないADVシステム、戦闘システム

陣形を選択後、攻撃兵を選択するという物で、光栄三国志とは全く異なるので注意。

2周目からスキップできるので雰囲気を楽しむという点ではこのシステムは正解かも。

文章の未読/既読スキップは選択可能。メッセージ速度は4種類からしか選べず、速いと

最速の間くらいの速度が欲しかったですね。1周目をクリアすると音楽CG・シーン観賞

が可能になります。

シナリオはいきなり女だらけの三国志の時代にとばされた主人公が蜀(本郷軍)の長となり

全国を統一していくという歴史SFストーリーです。話が割としっかりと作られていて

三国志を全く知らない人でも十分楽しめる出来でした。登場キャラはかなり多いですが、

複数原画で、かつ各キャラ毎に専用ストーリー存在しているのでキャラが被るという印象は

受けませんでした。多少服装がアレなキャラもいますが、それはファンタジーという事でw

本物の三国志演義と比べると話の内容は途中から大きく変わっていきますが、名シーンは

とりあえず収録(張飛が橋で頑張る所とか)。三国志を知っている人は更に楽しめる内容だと思います。

余りにも人数が多いので某掲示板から拝借。簡単な説明付きで。

【蜀】

関羽 真名:愛紗(あいしゃ):メインヒロイン1。ツンデレ

張飛 真名鈴々(りんりん):メインヒロイン2。ちびっこ

諸葛亮 真名:朱里(しゅり):メインヒロイン3.はわわ軍曹ツンデレ

趙雲 真名:星(せい):メンマ好き。属性不明

馬超 真名:翠(すい):バカ+ツンデレ

黄忠 真名:紫苑(しおん):人妻要員

【魏】

曹操 真名:華琳(かりん):魏は基本百合ツンデレ部隊

夏候惇 真名:春蘭(しゅんらん)

夏候淵 真名:秋蘭(しゅうらん)

 真名:桂花(けいふぁ)

許緒 真名:季衣(きい)

【呉】

孫権 真名蓮華(れんふぁ):呉は基本ツンデレ+えちぃ部隊

孫尚香 真名:小蓮(しゃおれん)

甘寧 真名:思春(ししゅん)

陸遜 真名:穏(のん)

周喩 真名:冥琳(めいりん)

孫策 真名:雪蓮(しぇれん)

大喬小喬

【董軍】

董卓 真名:月(ゆえ):静メイド

賈駆 真名:詠(えい):騒メイドツンデレ

呂布 真名:恋(れん):愛犬はハクト

張遼 真名:霞(しあ):大阪弁

華雄

【袁軍】

袁紹 真名:麗羽(れいは):バカ+高ピー

文醜 真名:猪々子(いいしぇ):バカ

顔良 真名:斗詩(とし):ツッコミ

【その他】

公孫賛

璃々:子供

貂蝉マッチョ

左慈:ヒイロ

干吉:ゼクス

原画家

片桐雛太

八葉香南

日陰影次

かんたか

さえき北都

声優に関しては女性陣より男性陣が素晴らしい!

緑川+子安さん+アナゴでほぼパーフェクトwもちろん女性陣も有名人を大量に起用。

この点に関しては全く文句の付け所がありません。

全般を通じて言えることはツンデレ多すぎって事位ですかねw

そして魅力的なキャラクターが多いのがとても良かったです。

特に良かったのは袁軍の3人。バカ+バカ+ツッコミコンビは飽きずに楽しめます。

それと趙雲。慕っているけどデレデレしないけどやるときはやるという位置づけが難しいキャラ

話を面白い方向へ持って行ってくれる良いキャラでした。

CGの実質枚数は、それぞれ差分無しで

関羽15/張飛13/諸葛亮14/趙雲13/馬超9/黄忠

魏軍16/呉軍27/董卓軍25/袁紹軍15/その他7

必要十分な量だと感じました。話自体は超大作というほど長くもないので

一つのショートストーリーに1つあるかないかという感じです。

えちぃシーンは

関羽5/張飛4/諸葛亮5/趙雲5/馬超5/黄忠

魏軍6/呉軍11/董卓軍10/袁紹軍7/その他0

やはり本郷軍のキャラが多めになっています。しかしこのゲーム、話としては

どちらかと言えば萌えというより燃え路線のストーリー展開なのですが、

話の途中途中にショートストーリーの選択があり、そこでのみえちぃシーンが

発生するので、どうもメインの話に勢いが無い気がしました。話自体は一本道に

進んでいくのに寄り道が多すぎるというのは、読み手としては話の筋道が立てにくく

結果として熱が冷めてしまう事がありました。ここは改善して欲しい所です。

さらに残念なのは個別エンディングが実質3つ(関羽張飛諸葛亮のみ)+ハーレムということ。

魅力的なキャラを生かせずに終わってしまうショートストーリーが多い事が心残りでした。

そしてエンディング自体も「果たしてグッドエンディングなのか?」と思ってしまう物が多い事も

残念な要素の一つ。この辺ははがき発送でもらえるファンディスクに期待しましょう。

曲はボーカルが4曲(片霧烈火他)曲数38で、中華な曲が多いけどシリアス系から熱い曲のんびりした曲など全般的にそろっている。雰囲気がテイルズ系に似ている気がしました。良い意味で。

特にOPエンディング前の挿入歌は(・∀・)イイ!!

色んな事を書こうと思って少しずつ言葉を増やしていった結果、このようなぐちゃぐちゃな

文章になってしまいましたが、簡単にまとめると

(・∀・)イイ!!

魅力的なキャラが多い

三国志っぽい歴史物の雰囲気を萌え路線で楽しめる

(・A・)イクナイ!!

エンディングが少ない

話の筋を折るような間間のシーンはシステム的に問題有り?

特に致命的な欠点などもなく良作かと。

点数は88点。

もう少しキャラを生かせばもっと良作になっていたと思われます。次回作にも期待。

購入はこちらから

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証