Hatena::ブログ(Diary)

TABULA-RASA このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-09-10 今日の出来事

[]Leaf 天使のいない12月

たまには暗いゲームもいかがでしょうか。

システムAVG+一部ビジュアルノベル形式。800x600で

主人公以外フルボイスとなっています。

変化のない日常を送っていた主人公がふとしたきっかけで

クラスメイト少女と知り合い、そしてどろどろとした人間関係が構築

されていきます。

Leaf東京開発室の作品としては、他にこみっくパーティーうたわれるもの

有りますが、それらと比べてかなり異質な作品でした。

まず全体の雰囲気。暗い。12月の灰色の世界

そして登場キャラ攻略可能は5人で様々な性格のキャラ存在しますが、

全て何かしら影があります。

ストーリーも各キャラに有るTrueEnd他2,3有るBadEnd共に救われる話ではありません。

日常に有りそうではないストーリーですが、狂気のストーリーではありません。

このゲームの評価はかなり難しいのですが、気に入ったのは徹底した雰囲気作り。

登場キャラは殆どが黒髪+制服。今やピンク色とか緑色の髪のヒロイン普通に出てきたりする

この業界でこのヒロイン達は逆に斬新です。

そしてBGMも雰囲気重視の静かな曲が多め。CGの色遣いも淡い色メインで総合的な雰囲気を

統一してあります。

CG数は100。シーン数は30。話の中のイベントを考えるとちょっと少なめな気がします。

CGの使い回しが多いのが気になりましたが、なかむらたけしみつみ美里原画甘露樹CG

素晴らしいの一言に尽きます。

また、このゲームを最も良く表しているのが、主題歌の「I hope so」。エンディングを終えてから

静かに聞くと、非常にゲームマッチしている事が分かります。


憂鬱が始まる 長すぎる一日が嫌

孤独が忍び込む 冷めた心の中へ


こういうシナリオマッチした主題歌を持つゲームはどうしても評価が上がってしまいますね。

音楽プレイヤーでたまたま聞いたりするとそのゲームを思い出してまたやりたくなったりします。

他に音楽マッチしたゲームとしては

家族計画(同じ空の下で)

CROSS CHANNEL(CLOSSING)

CLOVER HEART'S

永遠のアセリア

彼女たちの流儀(Red-reduction division-)

さよならを教えて(comment te dire adieu)

等が有りますが、どれも名曲です。多分曲そのものの良さで言えば「名曲」と呼べないものも有りますが、

ゲーム+曲でその評価は大きく変わると思います。他のゲームでも是非見習って欲しい所ですね。

ちょっと本題からずれましたが評価は75。

天使のいない12月を購入

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guchi_infinity/20080910/p2