Hatena::ブログ(Diary)

TABULA-RASA このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-08

[]Leaf 誰彼

Leaf東京の迷作?誰彼(たそがれ)のレビューです。

何故いきなりこんな古いソフトレビューをしたのかというと、

通販サイトで40円という値段で売られていて、誰彼100円の話も聞いたことがあったため、

どんなゲームなのかと気になったからであります。

http://d.hatena.ne.jp/guchi_infinity/20090903/p4

現在は値上がりしてるっぽいですね)

それでは、以下からレビュー開始。

システムは640x480の普通のAVG。しかし、エフェクトが意外と頑張っていたり、動きの割に

軽い動作をするなど、結構秀逸なソフトウェアですね。

しかし、やはり古いため、設定項目が少ないのが気になる所、特に

・未読スキップ不可(Ctrlスキップは可能)

・オートモード無し

これは痛い。

モードクリアしていく毎に増えていき、最終的にはCG、シーンリプレイ音楽鑑賞モードなど、

一通りは揃っていました。

気付いたら50年後の世界超人能力を持った主人公は自分と同じ名前を持つ老人に会い、謎を解き明かすべく

調査を始める。

こんな始まりの本作ですが、シナリオのまとまりが無く、各エンディング後、結局何がしたかったんだ…と

疑問に思うような展開が結構ありました。

また、後付の特殊能力とか、そういう設定の薄っぺらい所が見え隠れしていて、シナリオの完成度は低く感じました。

主人公めっちゃ強いのは分かるけど、相手が銃を持っていると分かっていて特攻して、案の定銃でやられたり、

「銃は弾は早いが、光を見てからよけられる」みたいな不思議発言をしたりとネタ豊富

(殺してもかまわないと言われたのに何故か殺さずに去るシーンが沢山あったり)

実際、フルコンプしても謎が多く残り、中途半端な終わり方の割に、シナリオとは無関係のおまけシナリオがあるなど、

プレイヤーを苛立たせる所もしばしば(笑 そんなの作る暇があるならシナリオ完成させてくれよーと。

フルコンプで6時間程度。物語の大きさ的には問題ない時間だとは思いますが、如何せん必要な所に時間を割かないこの

シナリオには問題が有ると言わざるを得ません。

しかし、全然面白くないか?と言われればそういう訳ではなく、少なくともギブアップしようとは思わなかった所を考えても、

引き込まれるような展開が有ったのは確かです。上では色々文句言ってますが、世間で言われているほど酷いとは感じませんでした。

これより酷いシナリオゲームなんて、フルプライスのものでも結構あります。多分Leafが出したから叩かれたんでしょうね。


登場キャラは一応ヒロインぽい三井寺 月代(ED2つ)、その親友の砧 夕霧メガネ。ED無し)過去の知人きよみ(ED2つ)、家事手伝いの桑嶋 高子(ED1つ)

謎の病院の院長 石原 麗子(ED1つ)、あと敵キャラ石切さんでED1つ。

EDの数だけ見れば結構有りますが、実際短いエンディングばかりで、ホンモノのエンディングは2つ…かな。

まー色々分岐する割には似たような展開が多く、逃避行エンドが多いため、不満が残りました。

ボイスは全く無しですが、無駄に合わない声着けるよりは無しで十分かなと。BGMが良い事もあって特に不満は感じませんでした。

音楽ボーカル曲合わせて23。意外と良い曲が多いのですが、シナリオ微妙さに見事に消されている感じです。

あと、このテのゲームでは珍しく、OP,ED共に男性ボーカルの曲が採用されています。

OPはアニメーションもあって、これだけで40円位の価値はあるんじゃないかな(笑

CGは差分無しで76。カワタヒサシさんの絵+独特の塗りには不思議な魅力が有りますね。BGMと相まって伝記物的な雰囲気が

よく出ていると感じました。最近アニメ塗りのゲームが多いですが、個人的にはこういう塗りの方が好きですね。

同じ原画でも「誰彼」と「Routes」ではかなり絵に違いが感じられます。

ちぃシーンは10。特殊能力者の血を浴びることで性欲が強化されるという不思議設定のため、唐突にはじまるえちぃシーンは

これ、必要あんのか…と疑問に思う事もしばしば。メガネサブヒロインなんてやられ損ですよ。

ということで全然まとまらなかったレビューですが、CGヨシ、雰囲気ヨシ、BGMヨシ、でもシナリオが…ということで、改めて

シナリオが大事だと分かりました。まーCARNELIAN、TONY作品などを購入している人はよく分かると思いますが。

逆にシナリオが良ければ絵は後でどうにでもなるという事もあります。ひぐらしとかKanonとか。

完全版とかが出ていればまた違った評価になったのかなと思うと、少し残念ですね。

点数は59。お気に入りは高子さん。


どうでも良い話

プレイしていると、「画面に光りが見えたらクリックを押せ!」みたいなイベントがあって、ぱっと光ってからすぐクリックしました。

主人公はよけたみたいな話になったのですが、ちょっと気になったので計算してみることにしました。

ゲーム中に出てきた銃は、主人公がオーストリアがどうこうとか、プラスチックが云々という話が出ていたので、恐らくグロック17。

wikipediaで見ると初速は379m/s。相手までの距離は確か20mとか言っていたので、光が0秒で目に入ったとすると、主人公に弾が到着

する時間は1/(379/20)で約0.053秒。うーん、毎秒16連射するより厳しいスコアだ。どう考えてもおかしい。まーどうでもいい話ですけど。

誰彼ホームページ

誰彼-たそがれ- リニューアルパッケージ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guchi_infinity/20090908/p1