Hatena::ブログ(Diary)

TABULA-RASA このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-12-06

[]レッツノート時代は終わった? Let's Note AXレビュー

Panasonicレッツノートといえば、大学では絶大な人気を誇ったノートPCです。

厚めの本体ですが、ボンネット構造で強固。他社の追随を許さない電池の持ち、

パワーポイント表示に最適な4:3液晶パームレストが開くドライブなど、他には

無い良さをたくさん持った名機でした。

今回、最新のLet's Noteを頂くことになり、最新のOSレビューをしましたが、

触れば触るほどOS側ではなく、PC側の残念な所が見えてきました。

購入検討されている方に参考になるよう、レビューをしてみましたので、お時間有る方はご一読下さい。

はじめに

基本スペックはこちらからご確認下さい。今回レビューするのはCF-AX2QEBJRになります

http://panasonic.jp/pc/products/ax2q/

本体外観とか付属品とか

f:id:guchi_infinity:20121123120052j:image

Panasonicロゴ印刷となっています。ぱっと見はMacみたいなアルミっぽい雰囲気ですが、これは

マグネシウム合金製ですね。ボンネット構造は健在ですが凸凹は小さめで、良い意味レッツノート

っぽくない高級感が有ります。この外観は非常にGood。ちゃんと耐圧(100kg)設計みたい。

f:id:guchi_infinity:20121123133949j:image

重さは1116g。ほぼMacBookAir11"と同等ですね。

f:id:guchi_infinity:20121123134109j:image

ACアダプタはケーブル全部込みで241g。ケーブルではなく直接コンセント差し込むタイプを使うと200gでした。

ACアダプタは昔のレッツノートより高級感が無いというか、小型化の頑張りが見えないというか、

まりインパクトのあるサイズじゃなかったのが残念。

キーボード

f:id:guchi_infinity:20121123150201j:image

ただでさえ小さい本体なのに、更に小さな領域に配置されるキーボードしか無駄にデザインの凝った

アイソレーションキーボード

↓MacBookAir

f:id:guchi_infinity:20121123150209j:image

レッツノートは全体的にキーが押しにくくて使いにくい。中途半端な位置に半角/全角きーがあるため

日本語英語の混在する文章には最悪の打ちにくさを発揮。よくこんなに使いにくいキーボード設計したなぁと

驚くレベル。もちろんキーボードライトなんていう高機能は持ちあわせていません。

液晶

私がこのPCで一番残念だと思ったのがこの液晶。元々レッツノート液晶はかなり残念な出来で、やれ45Hzで動いてるとか

色数を落として電池持ちを良くしているとか、本当か嘘か分からない話も有りましたが、総じて「液晶が残念」という話が

ありました。

今回のAXシリーズタブレット意識したマルチメディア重視のモデルだったので当然視野角の広い、見やすい液晶

搭載されているはず…と電源を入れるまでは思っていました。

結論:いつもの残念液晶でした。

f:id:guchi_infinity:20121123142742j:image

MacBookAir(MBA)との比較写真ではレッツノートの方がよさそうに見えますが、実際は青っぽい表示で色合いがダメ過ぎる。

バックライトMBAの方がかなり明るいです。

f:id:guchi_infinity:20121123143055j:image

iPadを追加して撮影。一番元の色に近いのはiPadですね。


それと、タブレットスタイルとか言ってるくせに視野角が狭すぎる。

縦で持って両目で見続けると色差があって気分が悪くなる。

f:id:guchi_infinity:20121123150833j:image

これ、何色に見えます

実は標準の壁紙(ピンク)です。上の写真のように色が全然合いません。

すぐに青っぽくなります

そして、壁紙の出来が悪すぎます

標準の壁紙は、横から見るとJPGの圧縮ノイズが酷すぎて使えません。

よくこんな壁紙を標準搭載にしたもんだと驚きでした。

タブレットスタイル

f:id:guchi_infinity:20121123143543j:image

ノートPCスタイルから

f:id:guchi_infinity:20121123153310j:image

180度を超えて…

f:id:guchi_infinity:20121123153402j:image

タブレットスタイルに!

ヒンジが二軸になっていて、ほぼ360液晶を曲げることが出来ます

当然裏面は

f:id:guchi_infinity:20121123153354j:image

こんな感じで、キーボードむき出し。外からダメージは完全無視

タッチパッドはタブレットスタイルの時は動作しなくなります

そしてこのPCは片手で持つようなデザインになってます

1.1kgを片側だけで持つのはしんどい

更にこいつはファンが付いていて、常に排気を外に出しています

静かな所で使うと鬱陶しいことこの上なし。

二軸ヒンジも出来は微妙で、パチパチ、カチカチとPCが軋む音が聞こえたり、

f:id:guchi_infinity:20121123150856j:image

写真の部分を押すと軋みが発生する等、構造的に残念だと思うことも多いです。

つづく

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guchi_infinity/20121206/p3
リンク元