Hatena::ブログ(Diary)

TABULA-RASA このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-03-09

[]VVAULTがバージョンアップしていたので試してみました

http://vvault.jp/

VVAULTというのはストレージ仮想化ソフトウェア。簡単に言うと、複数のHDDをまとめて1つの仮想

ストレージにするソフトです。

バックアップデータを常に作るところはRAID1と同様ですが、これはソフト的に書き込む場所制御

しているので、HDDの容量や機種などの制限を受けない特徴があります

つの間にかWHS2011でもリアルタイムバックアップ機能無料で使えるようになっていたので

早速試してみました。

以前はなかったのですが、今ではWHS2011のダッシュボードにも対応していますね。

私はほぼ同様の海外ソフト「DrivePool」をメインで使っているので、違いを列挙してみました。

・速度はDrivePoolとそれほど変わりません。RAID1に比べたら遅め。

ライブバックアップ時間指定で行える。DrivePoolは時間設定出来ません。

タイムマシーン機能(過去データを戻す機能)が有る。(DrivePoolにはありません。

不具合があった時にメールで確認できる。(DrivePoolにはありません。

・WHS2011だと無料で使える。(DrivePoolは19ドルだったと思う)

キャッシュ用にHDD毎に10%の空きが必要(DrivePoolはギリギリまで使えたはず

・追加するドライブドライブレターが必要(DrivePoolはNTFS領域自体を指定出来ます

個人的に一番痛いのが最後ドライブレターが必要なこと。

f:id:guchi_infinity:20130309210322j:image

新たにHDDを追加するときは、HDDもしくはフォルダ(管理対象パス)を選択する必要があります

つまり、ドライブレターが一杯になるとそれ以上はHDDを追加できなくなる事になります

正確には、ドライブをどこかのHDDの1フォルダとしてマウントすれば可能ですが、

面倒なことに変わりありません。

しかしDrivePoolは

f:id:guchi_infinity:20130309210323j:image

この様に、ドライブレターが必要ありません。

この差は大きいです。

DrivePoolも是非この仕様採用して欲しいなぁとおもいます