ゲリラ1号のいちごブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-14

[]プロパガンダ 5/13 プロパガンダ 5/13を含むブックマーク プロパガンダ 5/13のブックマークコメント

http://www.fujimaki-japan.com/takeshi/2016/05/1-1.html

賃金も他のモノの値段と同様、需給で決まるはずだ。そこにピントを合わせなければならない。日本人に対する需要が増えれば賃金は上がり、減れば下がるのが道理だ。グローバル化が進んでいる現在、日本人の労働者お金の分捕り合戦をしているのは資本家ではなく他国の労働者だ。

(中略)

だから政府の役目は円安にして外国人給料相対的に高くすることだ。そうすれば日本人労働者の需要は増えて賃金は上がる。

円安はグローバルにみれば貧乏になることだが、不景気・デフレ・円高環境では国内への投資イノベーションも起きないから結局じわじわと貧乏になる。

別に日本企業に戻ってもらわなくともアジアや欧米企業が日本に進出してくればいい。

こういう視点が重要と思う。

「円高が進むと輸出に悪影響が出る」したがって輸出株を中心に株価が下押しするという解説散見される。そういうミクロしか見ない分析だから「円高の弊害」が日本では浸透しない。円高はモノだけでなくサービス労働力全てに悪影響を及ぼす。

なぜこんなレベルの低い解説者が生きていけるのだろう?。日本のリーダー層のレベルが低いからか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160514

2016-05-05

[]メモ Blanchard on Japan メモ Blanchard on Japanを含むブックマーク メモ Blanchard on Japanのブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20160503/blanchard_on_Japan_etc

間もなくJGBの買い手が国内にいなくなる、というのが彼の着目点。

海外の買い手は高金利(普通の金利?)を要求するから資金調達の危機...。

結局、日銀が量的緩和と称して買うことになるのだろう、そして市場がprinting moneyと考えれば円は大きく売られるのだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160505

2016-05-04

[]プロパガンダ 5/1 プロパガンダ 5/1を含むブックマーク プロパガンダ 5/1のブックマークコメント

http://www.fujimaki-japan.com/takeshi/2016/05/51.html

日本は現状、為替介入をしているから円安なのではない。為替介入などしなくても今後の日米金利差で円安ドル高が進む。ドル長期金利は上昇気味だし(一方、日本は金利を上げる方法が無いから未来永劫上げられない)、WTIも27ドルの底値から46ドル弱に上昇してきた。日本の経常収支も再度悪化していくだろう。

金利差、経常収支、両面で円安圧力がかかる。

7月の参議院選が近づいて来れば、政府はなんらかの円高防止の手を打ってくるだろう。このまま円高が続けば株価が大幅下落して選挙を戦えなくなるからだ。(投機家が無いと信じている)ドル買い介入をすればサプライズで投機家は震え上がる。

投機家もそう考えるでしょうから、投機家の疑心暗鬼で円買ポジションが一気に巻き戻すこともあり得るかも。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160504

2016-04-28

[]プロパガンダ 4/28 プロパガンダ 4/28を含むブックマーク プロパガンダ 4/28のブックマークコメント

http://www.fujimaki-japan.com/takeshi/2016/04/post-338.html

12時過ぎに「日銀の金融政策変更なし」の報道と共に為替が3円近く円高に振れた(株式市場は昼休み中である)。

それを見て株式市場が後場明けから暴落した。

まさに「円が急騰した」から「株価が急落」したのだ。

日経225先物は円の急騰と同時に急落しているので、この説明はちょっと...。

でも、為替レートが株価を動かしていると思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160428

2016-04-25

[]プロパガンダ 4/24 プロパガンダ 4/24を含むブックマーク プロパガンダ 4/24のブックマークコメント

http://www.fujimaki-japan.com/takeshi/2016/04/post-337.html

?(この1〜2年) ドル資産購入(ドル買い)+為替ヘッジなし(裸の投資)

これはドル高要因、利回りは為替いかんで異なってくる。

?(昨年末〜今年初めにかけて)

円高が進み始めたので、裸での投資分のヘッジ(円高要因)を開始

この1〜2年間で購入したドル資産分のヘッジなので巨大なドル売り

?(今後)

円高が終われば、昨年末〜今年初めにかけて行った為替ヘッジを解消。

これは、この1〜2年間で購入したドル資産分のドル買い戻しなので、強烈な円安ドル高要因

これドル高が急速に進むと思う理由である。

と、プロパガンダ。

ヘッジすると金利差をエンジョイできないのでヘッジし続けるのは嫌でしょうね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160425

2016-04-20

[]プロパガンダ 4/19 プロパガンダ 4/19を含むブックマーク プロパガンダ 4/19のブックマークコメント

http://www.fujimaki-japan.com/takeshi/2016/04/post-336.html

欧米の経済学教科書には、為替政策が書いてある。日本はその重要性に気がついていないのだ。

なぜ、未だに、その重要性に気づいていないのだろうか。

3月28日の参議院予算委員会では「日銀の米国債(ドル建て)購入」を提案した。

異次元量的緩和で購入する国債を日本国債(¥)ではなく米国債($)にしろ」ということだ。「どうしても量的緩和を続けたいのなら弊害のない上にドル高/円安が進む米国債を買え」と主張したのだ。

量的緩和からの出口を考えている日銀は円の金利を上げたいのであり、ドルの金利を上げたい(=ドル国債の値段を下げたい)わけではない。誰かが日銀が売却するドル国債を買ってくれる。したがって日銀のバランスシートを縮小出来る(=出口がある)のだ。

出口がある金融政策をやってもらいたい...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160420

2016-04-17 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

[misc]雑感

http://news.livedoor.com/article/detail/11422155/

日本は「単線路線エリート」が多いのが問題なのです。大半の日本人は、大学を出て企業や役所に就職すると、ずっとその組織に所属し続け、年功序列出世することが当然だと考えます。

そして「単線路線」において出世するためには、「何もしない」ことが最も重要になってきます。

日本では異論を言う人間、組織に同化せず自ら行動する人間は左遷されてしまうのです。それがわかっているから、多くの人は異論を言わず、ひたすら上司の顔色をうかがい、前例踏襲する。

司法、立法、行政、これらすべてにおいて、この病は蔓延しているんです。

経済政策も財政政策も、これですね...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160417

2016-04-14

[](波聞風問)アベノミクスの岐路 「とりあえず現状維持」の怖さ (波聞風問)アベノミクスの岐路 「とりあえず現状維持」の怖さを含むブックマーク (波聞風問)アベノミクスの岐路 「とりあえず現状維持」の怖さのブックマークコメント

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12305203.html?rm=150

財務省や日銀の関係者に、その疑問をぶつけてみた。全員が「一刻も早く出口を迎える方がいいに決まっている」と言って否定した。ただ、何人かはこんな言い方で付け加えた。「一人一人はそう思っている。ただ、組織としては結果的に今の状態が楽だという気分になりかけている」

日銀が新規国債の2倍もの量の国債を毎年買い続け、事実上の「財政ファイナンス」に乗り出したからだ。歴史が教えるそういう金融政策の末路は、物価が何十倍、何百倍となる超インフレである。

安易な方向に邁進しているから、結果は超インフレということだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160414

2016-04-09

[]プロパガンダ 4/7 プロパガンダ 4/7を含むブックマーク プロパガンダ 4/7のブックマークコメント

http://www.fujimaki-japan.com/takeshi/2016/04/post-334.html

私は議論の1つとして「マル外(ガイ)」を提案させていただいた。昔、300万円まで預金の利子所得を非課税とする「マル優」という税制があったが、それに倣ったものだ。一定金額までの外貨預金の為替差益を非課税にするという案だ。

賛成です。

市場経済で個人が外貨を買うのは為替介入じゃないですからね。

短期の為替の動きに捉われずに、粛々とドル資産積み上げに動いていればいいと思っている。

早かれ遅かれFRBは金利正常化せざるを得ないですからね。

ドルMMFを売却した人が、すぐ買い戻せば、為替にはニュートラルだが、ドル下落に弾みがついているので、買い戻しを渋った。それでドルの需給が崩れた。

そんなところかもしれませんね。

円高が進んだ今はその絶好のチャンスだ。財務省はどんどんドル買い介入をして、日銀が刷りまくっている紙切れ(今は幻想で高く買ってくれる)と引き換えに基軸通貨のドルを手に入れるべきだ。

財政破綻した時、ドルを売って何とかしのぐ...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160409

2016-04-03

[]プロパガンダ 4/1 プロパガンダ 4/1を含むブックマーク プロパガンダ 4/1のブックマークコメント

http://www.fujimaki-japan.com/takeshi/2016/04/post-333.html

円安誘導は、お金を使わずに出来る、安上がりで最も強力な経済政策だ。それなのにそれを理解していいないこと、そして『為替は動かせない』と思い込んでいることが日本の経済対策の誤りだ。だから日本は効果の少ない過激財政出動に頼りすぎ、財政危機に陥ってしまったのだ。

これは藤巻さんの長年の主張。

量的緩和を終わらせる」という最悪かつ史上もっとも困難な仕事が待っている。黒田日銀総裁に後始末までやっていただかなければならない。

これは藤巻さんの最近の見解

再度の円安が必要だ。だから私は本国会で、「麻生大臣が『円安が必要だ』と大声で言え」、「マイナス金利有効だ」、「丸外を創設せよ(来週火曜日の週刊朝日に詳細を書いた)」「量的緩和なら日本国債を買わずに円国債を買え」と主張してきた。安倍総理には「財政悪化の時に財政出動など考えるな」「金を使わず頭を使えば景気対策になる」と申し上げておいた。

頭を使うかなあ。

平成10年末までの国債には「繰り上げ償還することがある」との記載がある。要はput optionがついていたということだ。発行者(=国)に有利な条件が付いていたのだから国はこの条項がつかないときより高い金利を支払っていたことになる。それがオプション行使できる時期になったら、「行使しない」と言うのだ。

こういう頭だからなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160403