ゲリラ1号のいちごブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-06-25

[]英国EU離脱 英国EU離脱を含むブックマーク 英国EU離脱のブックマークコメント

ふたを開けたら離脱だった。

離脱した場合、確かに中央銀行が懸念するように「避難通貨ドル」は不足する可能性はあるだろうし、ポンドは下落しよう。ユーロも多少下落するかもしれない。しかし英国はポンドの下落によりきわめて健全な経済状況になるだろう。

ポンド安は英国の景気にプラス

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160625

2016-06-24

[]プロパガンダ 6/24 プロパガンダ 6/24を含むブックマーク プロパガンダ 6/24のブックマークコメント

https://www.fujimaki-japan.com/takeshi/1758

今の日銀を見ているとドイツのかつての中央銀行・ライヒスバンクを連想する。

役所の縄張りの都合・妥協で歴史の教訓を無視するという知的退廃。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160624

2016-06-23

[]プロパガンダ 6/20 プロパガンダ 6/20を含むブックマーク プロパガンダ 6/20のブックマークコメント

https://www.fujimaki-japan.com/takeshi/1537

6月2日付日本経済新聞記事『消費増税再延期どう見る』で、米金融調査会社MFRの国際ストラテジスト、E・ニッカーソン氏が『ただ増税見送りは一段の景気悪化を防止する効果しかない。融資による企業の投資促進が容易ではない状況で(自国通貨安による景気刺激を目指す)通貨戦争が唯一の方策のようにも見えてくる」と述べている。この意見にこそ100%賛成だ。通貨戦争に勝たねば、日本経済に将来は無い。

国内の投資・消費をせずに円で溜め込もうとするから不況になりデフレになり円が更に強くなってしまうから、円貯蓄を海外に流すことで円安にする政策に真剣に取り組むべきなのに...

5月26日(木)、主要7カ国(G7)首脳会議で『安倍首相が<(世界経済が)リーマン危機に陥るのを警戒>と発言した』との速報が流れた。『おいおい、何を言い出すんだ』とあぜんとした。数ある経済指標のうち、悪い数字だけをいくつか取り出して経済政策を論じれば、ひろしどころか世界中の笑いもの。裏方の振り付けなのだろうが、あまりに無理筋だった。

選挙で勝つための消費税延期の口実としても、一国民としてそんな口実を持ちだされるのは恥ずかしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160623

2016-06-18

[]プロパガンダ 6/4 プロパガンダ 6/4を含むブックマーク プロパガンダ 6/4のブックマークコメント

https://www.fujimaki-japan.com/takeshi/1466

失業率はイエレン議長が「完全雇用」と認識している4.9%よりさらに低い4.7%だ(前月は5.0%)。いつも書くように、完全雇用になったら雇用者数など増えない。

平均時給も前年同期比で2.5%伸びたが、イエレン議長が最後まで気にしていた部分だ。これで労働市場のタイト化がいえる。完全雇用による賃金上げは大きなインフレ要因でもある。

米経済が正常化したならば、金利も正常化するよなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160618

2016-06-15

[]プロパガンダ 6/2 プロパガンダ 6/2を含むブックマーク プロパガンダ 6/2のブックマークコメント

https://www.fujimaki-japan.com/takeshi/1468

国の格下げ懸念材料だが、それに付随して出てくる日本企業、邦銀の格下げ(国が格下になれば、それが天井だから自動的に下がる)の影響の方が気になる。これは大きな「ドル買/円売り」要因にもなりうる。

なるほど。

運転資金のドル調達金利が上がるから、円資産を売って、あるいは円で借り入れた円を売ってドルを調達する動きが出る。円がこの先安くなるならば早めに円を売ったほうがいい。そうなると円安圧力が高まる。

5月26日(木)、主要7カ国会議(G7)で「安倍首相が『(世界経済が)リーマン危機に陥るのを警戒』と発言した」との速報が流れた。「おいおい、何を言い出すんだ」と唖然とした。

こんなこと言いだすようじゃ...

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160615

2016-05-29

[]プロパガンダ 5/23 プロパガンダ 5/23を含むブックマーク プロパガンダ 5/23のブックマークコメント

http://www.fujimaki-japan.com/takeshi/2016/05/post-340.html

よく『マイナス金利政策は効果が無い』という評論を聞くがとんでもない。『マイナス金利政策が効かない』のではなく『マイナス0.1%は効かない』のだ。マイナス10%にすれば、いくらなんでも効くに決まっている。

「マイナス金利政策は効果が無い」という人は、金融引き締めの時、政策金利を1.0%から1.25%にしても効果が表れない時に「金融政策は効果が無い」と言っているに等しい。1.25%の政策金利が効かなくても2%、もしくはそれでも効かなければ3%にすれば効くのだ。マイナス金利も同じ。マイナス0.1%が効かなければマイナス1%、それでも効かなければマイナス2%にすれば良いだけだ。マイナス10%にすれば、いくらなんでも効くに決まっている。

銀行システムがマイナス金利に対応できるようプログラムができていなくて預金金利をマイナスにできなくて、経営が苦しくて「マイナス金利は効かない」とマイナス金利に反対しているのでは...。

円預金なら金利を取られるがドル預金なら金利をもらえる。急速なドル高円安で景気は急回復だ。

国内に資金需要が無いから金利が下がりうるのだから、円ではなく外貨資産で貯蓄したくなるまで金利は下がるべきであり、その過程で円が安くなることで資金需要が生じて円の金利が上昇して普通の金利に回帰する。

FRBは6月に利上げがあると思うが、まだ市場には織り込んではいないようだ。今年に関しては、その後も最低1回は利上げをしよう。

少なくとも2回という説。

マスコミや日本政府は「世界経済の先行きが不透明」と頻繁に言う。今頃、そんなことを言っているのは日本のマスコミと日本政府のみだ。

「リーマンショック前夜」には驚いた。

ドル/円の方向がすでに円安/ドル高へ逆転しているからだ。日米金利差が拡大し続けるがゆえにドル高/円安が自然の流れで、日本政府のドル買い介入など不必要もいいところだ。それよりドル高が止まらなくなる方が心配だが、為替介入はいけないそうだから、ドル高を止めるドル売り介入も出来ない(皮肉)。

そうして行きつくところへ...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160529

2016-05-28

[]リーマンショック前夜 リーマンショック前夜を含むブックマーク リーマンショック前夜のブックマークコメント

「リーマンショック前夜」と言うからにはその前提にリーマンショックの規模のショックが来るかもしれないという含意があることになるのだが、日本政府の財政破綻を念頭においているのかしら...、そうじゃないのならメデタイな....。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160528

2016-05-14

[]プロパガンダ 5/13 プロパガンダ 5/13を含むブックマーク プロパガンダ 5/13のブックマークコメント

http://www.fujimaki-japan.com/takeshi/2016/05/1-1.html

賃金も他のモノの値段と同様、需給で決まるはずだ。そこにピントを合わせなければならない。日本人に対する需要が増えれば賃金は上がり、減れば下がるのが道理だ。グローバル化が進んでいる現在、日本人の労働者お金の分捕り合戦をしているのは資本家ではなく他国の労働者だ。

(中略)

だから政府の役目は円安にして外国人給料相対的に高くすることだ。そうすれば日本人労働者の需要は増えて賃金は上がる。

円安はグローバルにみれば貧乏になることだが、不景気・デフレ・円高環境では国内への投資イノベーションも起きないから結局じわじわと貧乏になる。

別に日本企業に戻ってもらわなくともアジアや欧米企業が日本に進出してくればいい。

こういう視点が重要と思う。

「円高が進むと輸出に悪影響が出る」したがって輸出株を中心に株価が下押しするという解説散見される。そういうミクロしか見ない分析だから「円高の弊害」が日本では浸透しない。円高はモノだけでなくサービス労働力全てに悪影響を及ぼす。

なぜこんなレベルの低い解説者が生きていけるのだろう?。日本のリーダー層のレベルが低いからか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160514

2016-05-05

[]メモ Blanchard on Japan メモ Blanchard on Japanを含むブックマーク メモ Blanchard on Japanのブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20160503/blanchard_on_Japan_etc

間もなくJGBの買い手が国内にいなくなる、というのが彼の着目点。

海外の買い手は高金利(普通の金利?)を要求するから資金調達の危機...。

結局、日銀が量的緩和と称して買うことになるのだろう、そして市場がprinting moneyと考えれば円は大きく売られるのだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160505

2016-05-04

[]プロパガンダ 5/1 プロパガンダ 5/1を含むブックマーク プロパガンダ 5/1のブックマークコメント

http://www.fujimaki-japan.com/takeshi/2016/05/51.html

日本は現状、為替介入をしているから円安なのではない。為替介入などしなくても今後の日米金利差で円安ドル高が進む。ドル長期金利は上昇気味だし(一方、日本は金利を上げる方法が無いから未来永劫上げられない)、WTIも27ドルの底値から46ドル弱に上昇してきた。日本の経常収支も再度悪化していくだろう。

金利差、経常収支、両面で円安圧力がかかる。

7月の参議院選が近づいて来れば、政府はなんらかの円高防止の手を打ってくるだろう。このまま円高が続けば株価が大幅下落して選挙を戦えなくなるからだ。(投機家が無いと信じている)ドル買い介入をすればサプライズで投機家は震え上がる。

投機家もそう考えるでしょうから、投機家の疑心暗鬼で円買ポジションが一気に巻き戻すこともあり得るかも。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20160504