Hatena::ブログ(Diary)

世界は名言・格言で出来ている

2012-03-15

攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL)の名言

「世の中に不満があるなら、自分を変えろ。それが嫌なら耳と目を閉じ口をつぐんで孤独に暮らせ。」
草薙素子の名言

「夢は現実の中で戦ってこそ意味がある。他人の夢を自分に投影するだけなら死んだも同然だ。」
草薙素子の名言

「そうしろって囁くのよ。私のゴーストが。」
草薙素子の名言

「あなたもゴーストが囁くようになったのかしらね。」
草薙素子の名言

「文学は現実を模倣する。だったらその逆だって。」
トグサの名言


「それが公安9課だよ。」
荒巻課長の名言

「我々の間にはチームプレイなどという都合の良い言葉は存在せん。あるとすればスタンドプレイから存在するチームプレイだけだ。」
荒巻課長の名言

「今は嵌まるあての無いピースについて考えるのはよそう。明日からまた壮大なパズルを一から組み直しだ。」
荒巻課長の名言

「辻崎とは親友などではなく、ただの戦友です。」
荒巻課長の名言


「機械にも愛を!」
タチコマの名言

“I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes.”
「私は昔にやってみようと思った、耳と目が聞こえないふりをする人間になろうとした。」
笑い男の名言



攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL)は日本の漫画、アニメーション。
アニメが世界的な評価を得るだけではなく、押井守による映画も世界的に極めて高い評価を得ており、追従・模倣する作品は数知れない。

作品の中で出てくる「笑い男(The Laughing Man)」はJ・D・サリンジャーの短編小説「ナイン・ストーリーズ」に収められている小説がモチーフとなった。印象的な笑い男のロゴをデザインしたのはイギリス在住のデザイナー・ポール・ニコルソン。
AR技術などをアニメ内にで導入した「東のエデン」の監督神山健治がアニメーション版の監督として携わっている。