ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

gumi Engineer’s Blog RSSフィード

2014-09-26 gumiStudy#20を開催しました。 このエントリーを含むブックマーク

9月26日(金)にgumiStudy#20を開催しました。

gumiStudyでファシリテーターをさせていただいている高柳です。

前回の#19ではgumiのリリースしたゲームについて、関わる職種を横軸に全部見せる構成で、

ディレクター・デザイナー・エンジニアの視点からお話させていただきました。

今回は、Ver.Techと称してエンジニア視点でgumiの開発を語ってもらう場を作りました。

内容は…。gumiのiOS版『ドラゴンジェネシス -聖戦の絆-』のあるイベントに持ちいられた

AIという機能についてと、ソーシャルゲームにおけるデータの扱いを分割や整合性という面で

実例を語ってもらうという内容でした。


講演1:分割と整合性をがんばる話 ソーシャルゲームの整合性対策 gumiStudy版

登壇者:清水 佑吾氏(gumi Specialist Engineer)  

他の勉強会で話した内容をgumiStudy版としてコンパクトにまとめて話をしてもらいました。


講演2:“Erlang/OTPと組み込みLuaによる簡易AIシステム”

登壇者:@voluntas(時雨堂)  

今回のVer.Techのメインテーマを提案していただいた一緒に仕事をさせていただいている@voluntasさんにも話をしてもらえることになりました。Erlang、Lua、そして簡易AIという魅力的なキーワードでの講演は、参加者のうなずき度も、話から得た情報の発見度もさすがの内容でした。

当日資料:https://gist.github.com/voluntas/93ef96fb019ae73076d2



講演3:「Luaで構築するゲームAIとその実例」

登壇者:田村 祐樹(gumi corporate officer)

@voluntasさんの話に対を成す話として、ゲームにおけるAIという視点も含めてgumi側の観点で話をしていただきました。

当日資料:公開次第掲載します。

当日は参加者の方のつぶやきで補完することができますので、まとめも活用下さい。

まとめ:http://togetter.com/li/724336?page=1


3ヶ月に1度のペースで行なうように頑張ってきたgumiStudy。次回は12月を目指して興味ある、そして学びのあるコンテンツを提供していきたいと思いますので、今後の情報もconnpassでの情報、Twitter、ニュースリリースの情報をお待ちください。